井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2010年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 鈴木もと都知事が死んだ。しかし彼が手を貸して死に追いやられた大勢の人たちのことを知っていれば、彼が都知事を最も長く務めたことについて、日本の社会について最も暗澹たる気持ちとなるはずだ。

 彼は生粋の官僚だったが、戦前は荒唐無稽な防空演習を指導し、このため東京大空襲で都民が亡くなることになる。ところが戦後になってこの保障はなされなかった。ドイツではドレスデン爆撃の被害者を救済しているのに。

 また、彼は残酷な人体実験で有名な731部隊にも勤務していた。中心人部の石井四郎は晩年に悔いていたらしいが、鈴木俊一は平然とし続け政界進出する。
 その都知事選挙では、自分の演説の場を確保するなどのため暴力団を使っていたことを、野坂昭如らが問題にしていたが、圧倒的な自民党らの勢力とマスコミ懐柔によって、批判の声は圧殺された。

 そして、何もせずにケチケチしていただけなら誰でもできるという財政黒字についても、テレビで『共同』とか『時事』とか昔から権力にすり寄る通信社の御用論説委員が「最も優秀な知事」と歯が浮くような絶賛を繰り返した。

 そのうえで、最後にはあのスターリン建築と海外からも言われた都庁舎を建設し、あれだけケチをやっておきながら税金無駄づかいと批判され、表向きの政策とは異なり巨費を投じて豪華建築をしたということで、鈴木都知事はルーマニアのチャウセスク大統領と同じだと、落合信彦らに皮肉られた。

 このように、最悪の人物が中枢に食い込んでいたことは、日本の政治の暗部を象徴している。HIVや肝炎などの薬害と、その原因に「731」との関連で人命軽視体質があったことを指摘されているが、鈴木俊一が首都の知事になるのだから、無理もない。

 この鈴木都政を批判して青島幸夫が選挙で圧勝し知事となるが、大変さに参って中途で投げ出し、石原都政を招いたのだから、批判する側にも問題があったことは。言うまでもない。

[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-15 10:09 | 政治 | Comments(2)
 知人の記者によると、鳩山総理がマスコミで発表される支持率の低下について危機感を見せないのは、鈍感なのではなく根拠があって落ち着き払っているからだそうた。
 鳩山総理はtwitterを活用するなどして世論を調べているが、それによると多くの有権者はマスコミの騒ぎを真に受けておらず、あれはしょせん自民党の差し金でしかないと冷めているようだ。
 たしかに、長期にわたり自民党政権が続き、マスコミは手綱を握られてきた。
 そして一時的に政権交代があったときも、『テレビ朝日』の椿という重役が、長期政権は腐敗のもとで政権交代は必要だから、報道も新政権寄りにしたほうがバランスが取れるという趣旨の発言をしたことを、自民党政府の御用新聞を自認する『産経』が内部リークからすっぱ抜いて批判し、これに呼応して自民党は椿氏を国会で証人喚問し吊し上げた(いわゆる椿発言事件)。
 この事件について、欧米のメディアの特派員たちは、問題があると言っていた。同業者でも批判するのはガッツがあることだけど、その後も新聞自らが批判すべきで、政府による吊し上げには断固反対しなければならないのに、これではただのタレコミだ、と。
 このような過去が日本にはあるので、今もっと本格的な政権交代があったところへマスコミが批判のキャンペーンを始めたら、マスコミは自民党と癒着したり、自民党に怯えてきたり、という連続だったのだから、信じない人が大勢いるのは当然だろう。
 またマスコミの中にも、以下のように言う人が大勢いるそうだ。米軍基地は移転ではなく廃止にするべきで、フィリピンだってそれを実現した。だから、そうしない日本政府は駄目だとは思う。けれど、今言われてる「政治と金」は政策と無関係なうえ、自民党だって「目くそ鼻くそを笑う」なのだから、今さらそんな話は馬鹿げている。だから圧力で仕方なくみたいな社説はどうか無視してほしい。

人気ブログランキングへたのむクリックを

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-14 19:22 | 政治 | Comments(0)

これは整形顔だな

 「元ミス ユニバース森理世、1億6700万円の豪華ジュエリーでセクシーさ倍増!」というカンヌ映画祭の記事だが、この人は整形顔だな。
 おそらく鼻は元モデルの女優・小雪と同じようにシリコン製の詰め物で、仮に手術ではないとしたらアクアミド注射による「プチ整形」だろう。ワキも豊胸手術したような形跡が見受けられる。
 彼女に限らず、今のミスコンはサイボーグコンだが、発ガン物質を体内に埋め込んでるわけだから、彼女たちは長生きできないだろう。

人気ブログランキングへ投票クリックしてください。

Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-14 18:20 | 芸能 | Comments(0)
 機密費が「政治評論家」たちへの賄賂として使われていて、国費により密かにマスコミ人たちを買収し、政府に都合の良いことを言わせていた。このことが野中広務氏の暴露により判った。
 もらったと名前があがっているのは、竹村健一、藤原弘達 、田原総一郎、俵孝太郎、細川隆一郎、早坂茂三、三宅久之など、いかにもと言う人たち。
 田原総一郎は、差し出しても受け取らなかったことがあると言われたことで、得意になっているが、一切もらっていないとは言えず、まだ疑惑は残っている。
 三宅久之は、もともと自民党の御用であると自他共に認めていたが、年間二千万円のお手当があったという疑惑とともにtwitter登録が抹消されたから、自認したも同然と言われている。
 また、自称・正義の味方の元東京地検・特捜部長 河上和雄も、渦中の人である。もと検察官たちはマスコミに出ては古巣のために敵対する弁護士を誹謗するなど司法の腐敗を促進させている。
 後ろ盾から後押しされることよってマスコミとくにテレビに出てギャラをもらっているだけかと思ったら、実は機密費により直接政府から買収されていたわけだ。
 政権交代した今、政府は前政権のこうした不正を明らかにするべきだろう。


人気ブログランキングへクリックおねがい

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-14 14:13 | 政治 | Comments(0)

花の名前

 友達に戻りましょうというのは、ありふれすぎた切り出し方で、誰でも、自分だってやるくせに、相手から先に言われたら気分が悪いもの。
 そうではなく、つきあう気は無くなったけど、絶交するには惜しいことがあるので、コネだけは残しておきたいとの計算が働いていることがある。
 それは人生経験から次第に悪知恵が備ってくるからだけど、それを若いうちからやって、若いから上手なやり方ではなく露骨にやってしまう人もいる。
 前に数ヶ月だけ親しくしていた女性がそうだった。彼女は素人劇団にいて、一緒にいると映画やテレビの関係者と会えるから、という意図がはっきりしていた。
 でも、こちらは映画やテレビの仕事そのものではなく、そこにいる進歩的な文化人のなかで平和とか人権擁護の運動に熱心な人たちと、その方面でも関わりがあったから、特に親しくさせてもらえたのだった。
 そんなこと彼女は無関心どころか軽蔑していた。でも、コネにはなると期待していたわけ。
 いい女だったけど嫌な女だった。たまたま名前が「エリカ」だった。ほんとうに戸籍もカタカナで。
 最近の芸能ニュースのせいで、何年も前のことを思い出してしまった。

 実話か、ネタか、ご想像にお任せする。

人気ブログランキングへ


Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-14 13:50 | 芸能 | Comments(0)

レジ打ち

 人気アニメの主人公(えばのしんちゃん)が、レジ打ちバイトしてたという、どうでも良いコラムがサイト上にあったので思い出した。
 このバイト、かつて自分もやったことがある。けっこう早いと客に評判だった。
 どれくらい早かったかというと、だいたいこれくらい↓だった。



 ところが、レジスターが新型に入れ替わりバーコードで「ピッ」ということで、超絶技巧も無力化したのだった。


人気ブログランキングへ



Excite エキサイト : コラムニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-13 21:20 | 雑感 | Comments(0)

同じ内容で逆の判決

 この件だが過日は、同じ内容の裁判で、高裁が逆転無罪判決だった。
 ただ、ほぼ同じ訴訟の内容でも、訴訟の戦術によって引き出せるか否かの差は出る。本件は、先の逆転無罪判決を研究したか、細かいところで疑問が残る。例えば、憲法の謳う自由について拘り過ぎていないか、など。
 もちろん、裁判官の違いもあるし、政治情勢の影響もあるだろう。逆転無罪のときは政権交代があってまもなくの高揚感があった。今は自民党がなりふり構わず巻き返しに出ている。これで裁判官も恐くなったかもしれない。
 もともと、公務員の政治活動禁止については、共産党だと公務員の地位とは無関係のビラ配りで違法だが、自民党は役所ぐるみで選挙をやって当然になっているという、とんでもない実態である。
 けれど、裁判では問題が矮小化されるものだ。
 してみると、今回の判決は、公務員の政治活動禁止が合憲なので罰金だというものだが、前回の逆転無罪は、公務員の政治活動禁止それ自体が違憲なのではなく、その制約が行き過ぎであるというものだった。
 今回の被告と弁護士がどうだったか詳細はまだ不明だが、このような思想信条にかかわる裁判(他にも例えば日の丸君が代問題)は、だいたいの傾向として、「仮にそうだとしても、ここまでやるのはゆきすぎだ」という主張なら通りそうなのに、「絶対にそうではない。それを全面的に認めさせるまで一歩も退かないぞ」というようにやって、完敗したうえ「不当判決」というものになりがちだ。
 それでは駄目だということを、現実が何度も証明してるのに、理解できない人が多すぎる。
  
人気ブログランキングへ
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-13 13:18 | 司法 | Comments(0)

「護憲」より「活憲」

 五月といえば憲法記念日があるので、法律関係中心ブログとして触れないのは不適切ではあるが、特に取り上げたことがなかった。
 憲法が謳う「自由」「平等」「権利」「平和」は、題目を唱えて実現するものではない。絵に描いた餅は食べられない。
 そもそも憲法とは、餅なら絵を描いたのではなく作り方を書いたものであるから、読んで蒸して捏ねて搗くことだ。だから食べられる。
 というわけで、憲法の理念を大切に思うなら、それを護る「護憲」よりも、それを活かす「活憲」の精神と行動が必要である。
 これを熱心に説いて講演してまわっているのが、伊藤千尋氏である。彼は元朝日新聞ロサンゼルス支局長の国際関係記者である。その講演集が出版されているので、紹介したい。

 f0133526_17373384.jpg
f0133526_17375346.jpg


 実は自宅が近所なので、サインしてもらったのだった。

人気ブログランキングへ投票のクリックをお願いします。
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-12 17:41 | 司法 | Comments(2)

ポスト登小平

 かの登小平は、アメリカのブッシュ大統領(父)に向かって、「私は六十年以上タバコを吸い続けたおかげで、このとおり長生きできました」と言った。
 ところが、中国は禁煙の政策を進め、来年からはあらゆる公共施設と公共交通機関で全面禁煙とするそうだ。
 もっとも、登小平はブッシュ大統領が健康オタクであることを皮肉ったかもしれず、そのブッシュ大統領はあのアーノルドシュワルツェネガーの指導を受けて保健体育の実践に熱心で、テレビでは「国民のみなさん、テレビを観る時間を一日一時間減らしてジョギングなど運動をしましょう」と呼びかけ、それで自分はジョギング中に心筋梗塞で倒れ、来日のさいアマコスト駐日大使らとテニスをしたあと晩餐会で倒れ、もうだめだと国民から見限られて直後の選挙で落選してしまった。
 しかし、やはり中国も時代の流れで変わったということだろう。

 (登は正確にはこざとへんが付く)


人気ブログランキングへ一日一度のクリックをお願いします。


 Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-10 17:20 | 国際 | Comments(0)
 柔道の谷亮子選手が、民主党から立候補するそうだが、この人は前は自民党を応援していた。あの不評すぎて保守の中ですら孤立気味だった森総理を励ましに行った様子はテレビでも放送されている。
 つまり、スポーツ選手は政権与党に媚びるということだ。大学で体育会というと当局の御用学生集団と嫌われたりするが、それは補助金のため仕方なくだとみんな自覚しているのと同じこと。「最高で補助金、最低でも補助金」というわけだ。
 かつて米ソ対立のさなかモスクワオリンピックのボイコットをアメリカが日本に同調の要求をしたとき、スポーツと政治を変にからめるべきでは無いという批判が起きたし、もっと切実な話として、選手としては四年に一度の最大の舞台で、特にキャリアや年齢的に最盛期であるとか最後の機会という人にとっては、これに出るなというのは残酷すぎて、涙を流して泣いている選手も大勢いて、柔道のチャンピオン山下選手らが政府に抗議したが、お馴染みアメリカ追従の日本政府は、どうしても逆らうなら補助金を削減すると脅したら、あれだけ反発していたはずなのに、あっさりと体育界は主張を引っ込めたではないか。
 一方、「たちあがれ」とか言う変な名前の政党から、もとプロ野球選手の中畑氏が立候補するそうだが、こちらはとうに競技から遠ざかっており、引退したら福島出身だからと電力会社の原発宣伝に出て、貧しい土地が危険なものを受け容れていることなど故郷の恥とは思わない人。スポーツ振興とは無関係であり、もうほんとうに過去も過去の人だから後輩のためですらない。だから野党でも構わないし、「立ち枯れ」と皮肉られる老人集団の党というのもギャグとしては面白い、ということだ。


 人気ブログランキングへ一日一度のクリックをお願いします。

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-10 17:00 | 政治 | Comments(0)