井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2010年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

国際条約の重要性

 条約を結んで批准するなど国際間の約束は、その国の憲法に次いで拘束力がある。この当たり前のことを知らない人は、靖国参拝への苦情は内政干渉などと阿呆なことを言ってきた。
 かつて中曽根首相は、靖国参拝を強行したにもかかわらず、中国などから苦情があったので翌年から取りやめたが、
 それはまず日本国内の問題として政教分離原則に反している疑いがあるが、これは同時に、A級戦犯合祀をやめろと国から一宗教法人である靖国神社に命令とか要請はできないということでもあり、
 また中国としては日本の憲法に規定されている政教分離原則については内政干渉となるから口出しできないが、国交を結ぶにさいして戦争で日本が中国に迷惑をかけたことを前提としているので、ただ兵士を追悼しているだけなら、政教分離は日本国内の問題であるから外国である中国が関知することではなく、中国の代表者が靖国参拝してもよいのだが、
 しかし戦争の責任者であるA級戦犯が合祀されているから、そこに個人の資格ならともかく国の代表者が参拝することは両国とも約束違反となってしまう、
 ということで、ようするにいわゆるパラドックスであるから解決できないのだ。
 なのに小泉総理などが、自分の頭が混乱してしまうから考えるのはやめようと言い出し、しかも宗教が自分にとって票になるとしか考えず、どんどん外交がずさんとなり国益を損ねる。だから中曽根元総理の盟友である読売のナベツネ氏が、まずは国益優先して参拝は控えるべしと政府に苦言を呈したのだ。
 菅総理は、在任中に靖国参拝はしないと言うと同時に、米軍基地の問題にも言及しているが、そうした中国とアメリカという二大国との関係で、日本は慎重に考慮した外交を展開しないといけない現実があり、だから慎重になるのは当然のことだ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-15 20:15 | 政治 | Comments(0)

AKB48は経済に悪影響

 買い物が投票になる方式で売り上げを伸ばしているアイドル集団AKB48は、その方法に対してえげつないと批判する者がいるけれど、もっと問題なのは経済への悪影響だ。
 この売り上げが多いことだけをもって経済効果200億円と持ち上げている人たちがいるが、品質と無関係な購買は「ジャンク・ショッピング」である。
 ちょうどアメリカの人気テレビドラマ『大草原の小さな家』で、田舎の人たちが退屈だからと必要でもないのに買い物それ自体を楽しんで金を出している場面がよく描かれているが、それと同じことである。
 これは文化の底が浅いアメリカならではの習慣で、こうしたアメリカ人の屑物買い好きは、必要な物であるとか品質の良い物だから売れるという本来の在り方ではないから、何が売れて、何を作り売るべきか、などが混乱する。そして実際にアメリカ製品が世界から次第に信用を失い、経済が衰退してしまった。
 景気が良くなくて商品が売れない時期に、それでもやはり良質で必要なものは売れるということが判るはずだが、そこで品質とは無関係な商品が莫大な利益をあげるとすれば、その悪影響について言うまでもなく、趣味の問題とか金を出す人が損するだけでは済まされない。なのに「日本経済に数少ない好材料?」と「?」付きでも書いてしまうゲンダイネットの記事は、軽薄すぎる。

人気ブログランキングへ投票クリックよろしく


 

エンタメ総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-14 18:51 | 経済 | Comments(6)
 梅雨入りしたが「ジュンブライド」の季節で、知人があいついで結婚すると、祝儀などの出費がかさみ真面目な話、すべてに付合っていたら生活できなくなってしまう。これが高齢者だと香典になってしまう。
 そのためもあって「老齢加算」があったのだが、これを廃止したのは違法として、北九州市に住む74〜92歳の男女39人が、市の生活保護変更決定の取り消しを求めた訴訟を起こしていた。
 そして控訴審判決で福岡高裁は、合憲として請求を棄却した一審福岡地裁判決を取り消しての原告逆転勝訴。そもそもは国の政策が影響しているのだが、とくに北九州市では福祉がらみで悲惨な事件や陰険な役所対応など問題が相次いでいたから、今回の判決は意義が大きいはずだ。
 こうした福祉などの社会政策は、事情あって困っている人にささやかな配慮をするものなのだが、それに反発する人たちが常にいるものだ。それは社会の負け組となってしまった人たちだ。
 そんな人たちは、事情あって困っているのでもないのに情けない状態となった自分の無能あるいは不運を棚に上げ、また、事情あって生じたのとは違う社会格差の問題について考えることができず、社会的弱者が優遇されているかのように錯覚して八つ当たりするのだ。インターネット上でも、よく見かける。
 それでは駄目なんだということを、選挙の投票に際して再確認しておきたいものだ。

人気ブログランキングへ投票クリックよろしく

 社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-14 18:29 | 司法 | Comments(0)

右翼による利敵行為

 調査捕鯨妨害のべスーン被告の論告求刑があった裁判所前で、ある右翼団体が騒いでいたのだが、その一部が乱暴な行為に及び警官に止められたうえ、それも振り切った者が取材にやってきた女性の外国人記者に暴行を働いた。
 日の丸とともに軍艦旗を掲げてのことで、海外のテレビ局にとって格好の被写体となっていた。
 これでは、被告を糾弾する日本人は狂信的で暴力的だという悪宣伝をしてくださいと外国メディアにネタ提供するようなものだ。
 そうなると、裁判所も判決で刑を重くしにくくなるから、利敵行為でしかない。
 
 
人気ブログランキングへ

 社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-10 19:32 | 司法 | Comments(5)

菅直人について

 昨日、霞が関で、自分の医療裁判を担当した弁護士と偶然会ってほんの少し話たのだが、かつて彼は菅直人を批判する文を書いて機関誌上に発表していたのを思い出した。
 裁判をやっていた最中の時期だった。ちょうど民主党の結党があり、菅直人を総理にという意気込みだったけれど、そのさい菅直人は、自分が薬害エイズ問題に厚相として貢献したことを売りにしていた。
 しかし、原告や支援者など大勢の人たちの大変な努力があったのに、まるで自分一人が英雄気取りで人気取りとは「いいとこ取り」ではないか。そう批判していた。
 それを言ったら小林よしのりに桜井よし子の便乗もひどいものだし、さらに川田母子の醜態により、比して菅直人なんて批判するほどではなくなってしまったが。
 そんな菅直人が、ついに総理となったけれど、彼は小沢一郎の力を借りながら、内心では、カラヤンがフルトベングラーに「せいぜいベルリンフィルをまとめあげてくれ。私は待つだけでいい」と思っていたのと同じだと言われている。小沢一郎の心臓は、彼がいつ小渕総理や橋本もと総理のようになってもおかしくない状態だからだ。
 しかし、小沢は内部ではなく外部からの攻撃を受けたわけで、これをはね除けて更に活躍できるかどうかは、彼自身の闘いにかかっていることであり、菅とは無関係だ。
 今回の支持率急回復は、自民党が不評の森に代わって小泉で逆転したことと似ていて、森も小泉も同じ自民党しかも同じ派閥の仲良しだったじゃないか、という指摘がある。
 しかし、小泉は厚相となったら厚生官僚たちに「菅さんじゃなくなったからと安心するな」とタンカを切ってみせたが、彼が厚生族として利権をむさぼって贅沢三昧していることは有名で、騙されやすい庶民とちがい官僚たちは大いに安心していたし、菅は厚相として陳情の手紙をもらうと、秘書の代筆ではあるが必ず返信していたのに、小泉はまったく返信をしなかった。
 だから、菅直人は特に良くはないけれど自民党よりはずっとマシというところだ。
 
人気ブログランキングへ

政治 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-09 18:06 | 政治 | Comments(0)

墓地と米軍基地

 天照大神のこともあるから、これが神社だったら神様を呼び出す宗教行為と言うこともできたかもしれないし、墓地だって性的好奇心が旺盛な霊なら悦んだかもしれない。
 しかし、霊園の墓所で女性モデルのヌードを撮影した写真家の篠山紀信氏は、礼拝所不敬と公然わいせつの罪で罰金30万円となったそうだ。
 これは、表現内容ではなく、表現するための製作過程が違法とされたものだ。表現内容がこの程度では今どき問題にできず、撮った場所が悪いからということで。
 しかし、かつて映画『黒い雪』は逆だ。これは日本の伝統芸能を駆使した芸術的ポルノだったが、表現内容が猥褻で違法だからと武智鉄二監督は刑事被告人となった。結局は無罪だが、これは米軍基地前で裸の女性が走る場面をゲリラ撮影しており、しかも米兵に襲われる日本人女性ということだったからアメリカ軍が怒り、その圧力を気にしたのが本音だけど、米軍不敬罪とはできないので猥褻図画公然陳列罪となった。
 つまり、どんな行為を摘発したいのかと、どんな法律を適応したのかは、一致しないことが良くあるということだ。それを常に念頭に置いておかなければ物事の本質を見誤ってしまう。


人気ブログランキングへ


社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-09 17:27 | 司法 | Comments(0)

沖縄の現実

 もちろん田中康夫は噂の真相系文化人で、その田中の盟友だった浅田彰は噂の真相を全共闘雑誌とコケにしていたけれど、今度は亀井静香と組む田中は誰とでも相手構わずなのだろうか。
 もちろん、政治は駆け引きの世界だから、効力とか意義かあれば結構なことではある。しかし、果たしてどうだろうか。
 それでも社民党のように、民主党とは意見が対立する部分がかなりあると判っていて組み、それで拒否だ罷免だ離脱だとやっているよりはマシなのかもしれない。
 あの基地問題では、確かに鳩山内閣の対応はよくなかった。だから筋を通して拒否して罷免された、までは評価する人も少なくないだろうが、それで政権を離脱するとなると社民党内から反対論が出たのも当然だし、そのうえ選挙協力もしないと言い出すに至っては、筋を通すというより自分だけいい気になっていると批判を受けてしまったが、やはりこれも当然だ。
 先日、沖縄の那覇から知人が来たけれど、基地問題については、一筋縄では行かない現実があって、単純にどうこう言えるわけがないと指摘していた。
 もちろん、誰だって基地については怒っているけれど、テレビで報道されている地元の声として短時間に録画やインタビューとしてまとめられているものはステロタイプで、これはちょうど東京でいうと、新橋でサラリーマンに訊きましたという、あのよくあるものと同じことらしい。
 だから地元に来てくれる党首はありがたいけれど、それでほんとうに理解したのであれば、あのような単純な対応をするわけがなく、身体は来たけれど頭の中はステロタイプの報道と同じ認識でしかないのではないかということだ。
 
人気ブログランキングへ投票クリックお願いします

 
 もらったおみやげ 
f0133526_520371.jpg



Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-08 05:16 | 政治 | Comments(0)

上映中止はバカ

 『アバター』が大ヒットしながらアカデミー賞を逃したのは、監督が日本の被爆者に会うなどし反戦の意図を込めていたからで、当てつけとして日本のイルカ漁を批判した『ザ・コーヴ』が受賞したのではないか、と穿った見方がある。
 ところで、その『ザ・コーヴ』が相次いで上映中止になっている問題で、ジャーナリストや映画監督らが、日本の配給会社や映画館に、言論表現の自由を守るよう申し入れたそうだ。
 あの『YASUKUNI』の時もそうだったが、内容がどうであれ、その評価をする場を奪うことがまず問題であるし、国際的に話題になっているものを発表できないとしたら、内容を批判しようにも、そのための具体的な反論が出来なくなってしまう。
 そんな簡単なこともわからず、上映に抗議したのはバカな奴らだし、そんなバカの妨害を恐れては日本の社会全体がバカになってしまう。

人気ブログランキングへ投票クリックをお願いします

 

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-08 04:49 | 映画 | Comments(2)
 新内閣ができるにあたり小沢一郎は、菅直人から求められても面会を断ったそうだ。
 これは、小沢悪者印象づけキャンペーンがある程度の成果があったから、出来あがってしまった現実を重視したのではないだろうか。選挙を控えているので、民主党政権は内閣の構造を刷新したとの印象づけを狙って。実際に支持率は回復している。
 小沢一郎という人は、一旦は泥をかぶってしまい、泥を落としていては間に合わないと判断したら、付いた泥が不快でも、自分が引き受けることで他の仲間にかからないようにし、自分が退いてその間に他の仲間に代役をさせ、今は気分が悪くても最後に勝てばいいんだ、というような発想ができる老獪さをもっている。
 そんな小沢だから、彼はすぐれた政治家だと思い応援している、と言ってきながら、今回、小沢を菅が切ったと思って菅を攻撃している人が見受けられる。それは短絡的であり自己矛盾だ。
 
 人気ブログランキングへ


Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-07 04:24 | 政治 | Comments(0)
 今の口蹄疫みたいに、病原性大腸菌O157が騒動だったとき、カイワレが原因だと言い出した厚生省(現厚生労働省)は、それは荒唐無稽と批判されても、言った以上は引っ込みが付かなくて、そのせいで、生産業者が大打撃となってしまったものだから、当時の菅直人厚生大臣は記者会見を開き、安全だと言ったうえ、なんとその場で食べて見せた。大量に口に入れバリバリとやり、少しカラそうであった。
 これがテレビに写されると受けたものだから、後に政治家たちが、何か食品が問題になると、それをカメラの前で食べて見せるのが流行した。今は亡き小渕総理など、東海村放射線漏れ事故で汚染が心配されている食品を食べて見せ、「美味しい。放射能に汚染されてないと思う」とコメントし、ほんとうに判るなら優れた味覚どころか超能力だと言われたものだ。
 そして薬害エイズ騒動では、それまでの厚生大臣が、製薬会社と天下り癒着した厚生官僚だちに引きずられてばかりだったのに対し、徹底調査を指示して解決に貢献し、名を挙げた。だから次に腐敗厚生族の典型である小泉純一郎が厚相となったら、官僚たちは大喜びしたものだ。
 ところが、小泉さらに川田龍平と、お調子者たちが上手にやっているのに、菅直人は悪戦苦闘の連続で、小泉純一郎にも同情されていた。
 前にも言ったとおり、そもそも民主党は菅直人を総理大臣にするために結成されたようなもの。市民運動出身者にしては珍しく総理候補に挙げられるまでになった人がいて、それならぜひにという声が多かった。
 けれど、永田町や霞が関の論理に毒されていない市民派なのは結構だが、そのかわり政権を取るノウハウは持っておらず、だから、元は自民党の七光りだけど仕方なく、まず鳩山が相方となり、さらに小沢がチーママとして招かれた。
 そして、やっと菅総理が実現である。今さら何が出来るのか、と誰でも思うが、これまでの経緯から、それでもやっと総理になって良かったと安堵している人は多いだろう。韓国で金大中がやっと大統領になった時と同じだ。
 ただ、遠回りしたけれれど金大中よりは筆舌に尽くしがたい労苦があったわけではなく、ずっと力がある年齢での就任だから、唯一の救いではあると同時に、遅くなって苦労で体力が落ち歳もとってしまったという言い訳は通用しない。

人気ブログランキングへ菅にご祝儀のクリックを

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-04 20:42 | 政治 | Comments(1)