井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2010年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

反対するのは共和党

 政府は、最低賃金について時給千円という公約を20年までに実現する方針を立て、これで労使ともに合意したという。
 今どき時給千円くらいでないと、というのはこれまで共産党が労働側の立場から一生懸命主張してきたことで、対して自民党は使用側(企業)の立場から一生懸命ダメだと言ってきた。これを民主党は、実現は先の話になるけれど、ということで双方の合意に至ったという、わかりやすい図式だ。
 ここで笑ってしまう話がある。左翼(自称)たちのなかには、時給千円にケチをつけてきた人たちがいる。共産党がなんとなく気に入らないというだけの良くある難癖だ。労働者の味方だと言うけれど、日本の多くの労働者は時給千円も払えない零細企業で働いているから、給料が上がるどころか勤め先が潰れて失業者になると言う。こう、うそぶいて得意になっている人を見た人もいるだろう。
 だが、これはアメリカの共和党の屁理屈だ。労働組合の支持が多い民主党が、賃金を上げる政策を打ち出すと、大企業の支持が多い共和党が反対し、その方便として、数としては大企業より中小零細企業が多いのだから、それを保護するため低賃金でも良しとしないと倒産や失業者が増えると言う。
 つまり、日本共産党を批判してアメリカの共和党に同調しているのも同然なのだが、それで良いのか、と指摘されると、だいたい日本の左翼たちは困って口ごもり、せいぜい「中小零細企業保護が同時に必要だと言いたかった」と後付の言い訳をする程度である。日本の左翼が、経済を考えておらず、為にする批判を好む、ことがよくわかるというものだ。

 人気ブログランキングへ投票クリックしてください。



 
 

 Excite エキサイト : 経済ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-03 21:57 | 経済 | Comments(0)
 もともと、民主党は菅直人を総理大臣にするために結成されたようなもの。市民運動出身者にしては珍しく総理候補に挙げられるまでになった人がいて、それならぜひにという声が多かったから。
 けれど、永田町や霞が関の論理に毒されていない市民派なのは結構だが、そのかわり政権を取るノウハウは持っておらず、だから、元は自民党の七光りだけど仕方なく、まず鳩山が相方となり、さらに小沢がチーママとして招かれた。
 そして、やっと菅総理が実現しそうなのは、もう十年以上前から悪戦苦闘したり遠回りしたりの末に今やっと周辺が整ったということであり、代表選挙をしてわざわざ対抗候補者を当てるのは、いちおう形式だけ、というのすら無駄なくらいだ。
 それなりの資質や才能を持つ芸人でもスターにするまでは大変だが、それが一国の宰相となると、もっと面倒だったということだ。

 人気ブログランキングへ投票クリックをしてください。

 Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-03 21:22 | 政治 | Comments(2)
 昔から、児童性愛の描写は小説などにあった。こうした文章表現はほとんど想像力だけで作られるものだから、内容になにか問題があっても、直ちに人権侵害とはならない。(ただし、昔は人権という発想も無かった)
 ところが、後にカメラが出来たため、被写体が必要となり、そこから人権問題が発生するようになった。また、昔は一部の人が嗜好するだけで流布の範囲は狭かったが、それが次第に、印刷ができてインターネットが出来て、と技術の進歩により拡大した。
 そういう日進月歩の物事への対応を問題にするなら意味があるし、唯物的なので客観性とか冷静さ公平さが保てるけれど、内容すなわちハードウエアではなくソフトウエアについて云々するのは価値観によるものだから、客観性とか公平さ冷静さが保てるわけがなく、それに権力が介入すれば必ず問題が起きる。
 今回、白紙になった都の性描写規制条例案も、対象がマンガとアニメであるから作製の時点で人権侵害が発生するものではないのに、流通などではなく描写を問題にしていたから、発想が根本的に間違っているものであり、そのうえでの対策など論外であった。
 
 人気ブログランキングへ
 
 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-01 19:38 | 社会 | Comments(2)

悪いのは子供なのか

 「こころを見つめる集会」が開かれ、保護者や地域住民らが参加し、命を守る心の大切さを児童に呼び掛けた、というからには、悪いのは子供ということなのか。
 これは、長崎県佐世保市立の小学校で、6年生の女の子が同級生の女の子に殺害された事件から丸6年となる1日、同小学校でのこと。
 いちいち挙げていたらきりがないほど、命なんて、特に子供の命なんて、ちっとも大切ではない、という社会の現実を示す例があるのに、なにか事件や問題が起きると、大人が自らの責任を省みるより、表面に浮かんだ現象でしかない事件や問題について、それをたまたま起こした不運な子供を責め、同時に他の子供たちには空々しい説教をすることで、指導はしておいたという今後のアリバイ作りをする。
 だから、いつも実態の伴わない美辞麗句だけが、虚しく踊ることになる。

人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-06-01 19:10 | 社会 | Comments(0)