コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2010年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

開かずの踏切

 「開かずの踏切」解消のために99年から進めていた中央線三鷹―立川の高架化工事が11月7日朝に終了するとJRから発表があった。これで東京―立川では踏切ゼロになる。東京都によると、18カ所のうち16カ所は、朝夕ラッシュ時の1時間には40分以上閉まったままの「開かずの踏切」だった。
 この「開かずの踏切」と高架の問題は、他の私鉄でも長く揉め事となってきた。そのなかで興味深いのが小田急線である。
 踏切問題を解決するべきだが、しかし高架は、日照や騒音への不安が付きまとう。だから地下鉄にという意見があるのだが、鉄道会社は予算や工法から難があると言って受け入れず、これを革新系の市民団体と政党と議員が批判するとの図式があった。
 例えば小田急線の通る世田谷区では、社会党系無所属の若手議員が協力して住民訴訟を起こしたが、東京高裁の鬼頭季郎という判事が大企業に偏向した訴訟指揮をし、抗議に対して警備員を動員して法廷から議員や住民らを強制排除した。 この鬼頭はその後ホリエモンの味方をするなど色々としたうえで内閣府へ「渡り」という進路である。日本の現状では司法に救済を求めても無駄であった。
 また、道路の方を線路の下にくぐらせる方法は、建築関係の人たちは口を揃えて、強度に問題があると言う。いずれ解決できるかどうかは不明だが、現状ではどこの線路でも道路でも陸橋にしており、完全な地下道とか地下鉄にすると費用がかかりすぎる。
 それでだいたい革新系は、鉄道会社が金を惜しんでいると批判する。
 しかし大企業とはいえ、旧国鉄と同じように公営でも私鉄でも旅客部門は赤字であり、それを宅地開発や駅ビルテナントなどで埋めてる。そんなことは無視して、「とにかく我々は大資本批判して偉いんだ」と自己満足するばかりで結局何も解決できないとの図式から「革新」は支持を失ってきた。
 隣の狛江氏も、同じ踏切問題を抱えてきた。
 狛江駅近くの踏切では、小学生が遅刻しそうになり焦って遮断機をくぐり抜けようとして事故になっている。 そこへ、共産党狛江市議団長が「反対ばかりの革新」では駄目だと言い出した。 高架は問題大ありだが、しかし地下鉄にするのでは工法を国が認可していないうえ、仮に認可されても地下は高架の三倍くらいかかってしまうから絶対に無理と鉄道会社は譲らないので、ここをいくら押しても動かせない。では「開かずの踏切」が続くのと、問題ありだが高架で解決とどちらを選ぶかと市民にアンケートをとるよう、当時の保守系市長に申し入れて、渋る市長を粘って説得した。
 そして、高架で影響がある沿線住民には全員、直接の影響はない離れた住民には無作為抽出でアンケートをとったところ、高架で解決しても「開かずの踏切」が続いたままよりはマシだから工事に賛成するという意見ばかりだった。
 それで、混乱する隣の世田谷を尻目に狛江は工事が始まり今のような高架となって、先に解決したうえ結果に多少の難があっても文句を言う者はいなかった。
 これにより、市民の意見を聞きながら現実路線も推進して問題解決につなげたということで、この共産党狛江市議団長だった矢野裕氏は、革新から無党派さらに保守までの市民から高く評価され、そして後に狛江市長となり、現在まで四期も続く長期政権となっている。
 
 ついでに言うと、共産党はこれと同じことがどうして他ではできないのかと、みんなが疑問に思っている。実は選挙で失敗して議席を減らしては志位委員長が言い訳している一方で、同様の共産党市町村長が各地方に点在している。これは明らかに共産党の人材難を示している現象である。

人気ブログランキングへ


社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-10-30 04:48 | 政治 | Comments(10)

タコなんて食ってしまえ

 2010年ワールドカップの勝敗を占い、全て的中させたタコの「パウル君」が死亡したら、敗北を予想されて実際に負けてしまったアルゼンチン代表の監督だったマラドーナ氏はtwitterで「俺はあのサイキックタコが死んでハッピーだぜ! 俺らが負けたのはあいつのせいだからな」と発言したそうだ。
 もちろん冗談としても、敗北をタコのせいにするのは情けない。
 プロ野球の落合監督は現役選手だった当時、ここぞという場面で期待されながら打てず、ふがいない結果となってしまい、麻雀などでだらしないというときに使われる「タコ」の罵声を浴びせられてしまい落ち込んでいたら、婦人がタコ料理を作って食べさせたそうだ。悔しくても、気にするのではなく、逆に食って栄養にしてしまえということだった。
 よい心がけである。

人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2010-10-28 15:04 | 体操 | Comments(1)
 あの「初音ミク」が海外メディアから「地球最大のポップスター」と賞賛されたそうだ。(エンタメ総合 - エキサイトニュース)
 宇宙戦艦ヤマトなどの石黒昇らが作った八十年代のSFアニメ『メガゾーン23』では、実在しないアイドル歌手が描かれていた。姿も声もコンピューターで合成されているのだが、そうとは知らないファンたち。
 戦争が勃発して反戦の世論が沸くと、政府筋は“彼女”を利用し、新宿のスタジオアルタの大画面に日の丸がはためき続いて“彼女”が戦意高揚の演説をぶつ。これに乗せられて、政治に無関心な若者たちが続々と参戦志願する。
 しかも、そんなみんなが住んでいる“八十年代の日本”すらも、実は非現実の世界で、未来から見ると過去で最も幸福だった時代を再現したセットだった。これを見た当時、その八十年代である今は、そんな良い時代なのかと疑問だったが、当時は天下太平のようでいて実は冷戦による核軍拡が盛んだった時期でもあり、それに対する風刺だったのだろう。 
 こうしたテーマで過去に著書を出していたのだが、それを誤解されて出版社の社長から「もとはオタク系ライターだった」と偏見に基づいて紹介され苦笑したことがある。
 それはともかく、今の情勢から振り返ると、それでも八十年代は良かったと思う人たちが少なくない。そう思わせる八十年代の消費社会の象徴だった松田聖子が当時のテレビで「恋愛至上主義」といわれる内容の歌の数々を唱っている姿を、誰かが録画してyoutubeに投稿していると、コメント欄には八十年代当時に十代か二十代だった人たちの「あの頃は良かった」「あの時代に帰りたい」というコメントがいっぱいである。
 しかし、この先もしかすると、「松田聖子って実在の歌手だったっけか?」なんて言葉が交わされることになるのかもしれない。

人気ブログランキングへ
[PR]
by ruhiginoue | 2010-10-28 00:36 | 音楽 | Comments(5)
 痴漢冤罪の被害に遭わないためには、疑いをかけられても言いなりになって連行されないようにするべきだという、もっともな指摘をエキサイトコラムがしている。
 また、満員医電車で女性の近くに立つなとか両手をあげていろなどと言われてきたが、これを組織的に徹底していた団体がある。
 それは共産党である。警察が自作自演で逮捕し、脅迫して離党と転向を迫ることが相次いだからだ。このため痴漢冤罪事件に熱心に取り組んでいるのは国民救援会という共産党と密接な関係にある人権擁護団体であることはよく知られている。
 そういうことがもともとあるので、共産党以外でも経済学者の植草氏など政府批判している者たちが相次いで逮捕されては、陰謀だと騒がれるのだった。
 そして逮捕されたら自動的に有罪となり、そこでは疑わしきは罰せずの原則はもちろん潔白を証言する目撃者さえも無視される。しかし防衛医大教授であれば到底くつがえせない実刑判決を最高裁が逆転無罪にしてくれる。
 こうした背景があるのだから、女性専用列車など虚しい話である。これが導入されたさい、当時の報道で今は亡き筑紫哲也氏が「かつて検討されたが実現しなかったのは、他の車両に乗ったら痴漢に遭っても仕方ないという意味になりかねないという問題があったからだと言い、また、そのとき映画の話題で出演していた‘おすぎ’が、「そうよ、それにオカマはどっちに乗れば良いのかしら、アタシだとか」とも言っていたが、筑紫氏は「小手先の対策だけでなく一極集中など社会全体の問題をなんとかしないと根本的な解決が出来ない」とも指摘した。
 その根本的な解決だが、まず異常な満員電車については、インターネットなど通信手段の有効な利用をしたりシフトの工夫により出勤時間をずらしたりしての「オフピーク通勤」を実施して分散を図り、なんでも一斉にやらないといけないかのような日本の社会と会社の発想を改めることが必要だ。
 そして、司法問題としては、警察が野党支持者を弾圧したうえ裏金づくりで選挙資金を作ってキャリア組が自民党から政界入りしたり、裁判官も検察官も癒着と馴れ合いをしたうえ「渡り」や「天下り」をするなど、そうした前政権時代の腐敗体質を改めることだ。
 この腐敗の原因は、自民党だからではなく長期政権だからである。どの党でも、長期政権では腐敗と癒着が起こって当然だ。なので今の民主党政権が良いわけではないが、定期的に政権交代することが必要であり、つまり痴漢に限らず冤罪を無くすには、日本が先進国となればよいということだ。 

 人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
  
コラム総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-10-27 23:34 | 司法 | Comments(7)

楊外相と前原外相

 中国外務省の胡正躍次官補が、日本の前原外相を厳しく批判したそうだ。前原外相は中国に対して強硬な態度をとっているが、そのさい極端な発言をしているという。
 前原外相に信念と戦略があってのことなら、強硬でも極端でもどんどんやれば良い。しかし彼の資質から、ただのウケ狙いと人気取りでしかない可能性が高い。そうなると国益を損なう。
 大阪府知事などに見られる通り、政治家はポピュリズムに迎合しがちである。無能でも不真面目でも、人気取りがうまくいけば当選して地位を得られる。
 ところが中国では政治家も官僚に近いから、民意とか世論など無視して仕事の実績だけで評価される。これを民主的でないと非難しても、外交交渉では勝敗がすべてだ。低い民度に合わせる必要がない分、中国は有利だ。
 では中国のようにするのが良いだろうか。これについては、中国で翻訳され最も人気があるSF小説『銀河英雄伝説』の一場面を連想する。ラインハルト皇帝から衆愚政治に至りがちな民主主義の欠点を指摘され、無能だと困るが有能な者によるなら独裁体制のほうが優ると詰め寄られたヤン提督は、明確に反論する。それでは人民が社会にたいして失敗に責任を負わず、成功でもその恩恵はただのおこぼれでしかなく正当な対価とはならない。
 ところで中国はヤン外相で、名前は皮肉かつ手強そうである。

人気ブログランキングへ

国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-10-22 02:09 | 国際 | Comments(3)

対米関係について

 「中国に強く出られるか」へのトラックバックとともに、それへの感想を求められたので、お答え。
 アメリカ不信なので独力防衛すべきという主張は、大昔すでに問題となっていた。
 例えば日本共産党の代表だった当事の宮本顕治氏は、政権に就いたら憲法9条と自衛隊はどうするかとの問いに、「改憲し自衛隊廃止と人民軍創設」と答えていた。なぜか。
 自衛隊があるのは、まずは治安維持すなわち在日アメリカ人保護のためと革命が起きて反米政権が出来ないようにするためで、次に軍事で米軍の下請け。
 だから、憲法が謳う戦争放棄の実質はアメリカに歯向かうのは駄目だけど協力するならいいとの規定になってしまっている。それで憲法の規定を、侵略はせず自衛だけと変え、軍隊は人民に奉仕する組織に変える。
 しかし。それでは一般大衆の支持が得られなかった。現実の体験から、軍隊への不信と、戦争は懲り懲りという意見が多かった。それで、憲法の枠内での自衛およびそこからはみ出す原因の日米安保条約は改訂さらに廃止を求めるという方針に転換した。
 また自民党でも、アメリカから完全独立するとしたらどうなのか様々な検討をしたところ、軍事力が膨張したうえ改憲や核武装にも行き着くはずで、では倫理的問題を抜きにして、それは可能かどうか、可能だとしても得策かどうかと検討したところ、国際的には周辺のアジアはもちろん欧米にまで新たな緊張をもたらし、国内的には核管理の重圧など負担が激増し、得られるものと損失とでバランスシートにかけると現実的とは言えないとの結論だった。
 そうなると、すぐには実現できないけど努力して少しずつ近づいてゆく理想ということになり、だったら、武力によらない平和というのと同じであり、それなら後者を選んだほうが遥かに良いという当然の結論。これで党派すべて一致しているのが日本政治の実態というべき。
 この前提を欠いた議論は無意味どころか有害である。

人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2010-10-20 22:24 | 政治 | Comments(3)

「恋愛に疲れた」なんて

 「くたびれたなんていうのはな、何十遍も失恋した男の言う言葉なんだよ。お前、まだ若いじゃないか。燃えるような恋をしろ。大声出して、のたうち回るような、恥ずかしくて、死んじゃいたいような恋をするんだよ」      『男はつらいよ 拝啓車寅次郎様』で寅さんが、失恋が続き疲れたと言う甥を叱って説教。
 
 「恋愛に疲れ果ててしまったら……」というコラムが掲載されて(コラム総合 - エキサイトニュース)いて、どうも若者向けっぽいのだが、その対策よりも前の問題として、寅さんのように何十編も失恋してからでないと「恋愛に疲れた」と言うべきではないはずだ。
 そして、恥ずかしくて死んでしまいたくなるほどの思いを若いうちにしておくべきで、そうしておかないと、前に拳銃自殺した警官とか、今ちょうど裁判が始まった男のように、分別盛りと言われる年齢になっていながら、客として行った店の女性に夢中になるまではいいが、ふられたら手前のアプローチ下手を省みることなくストーカーと化したあげく逆ギレ殺害してしまうような者になってしまうのだ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by ruhiginoue | 2010-10-20 05:13 | 雑感 | Comments(1)
 資金管理団体の収支報告書虚偽記入事件の中身にも、小沢一郎という政治家の活動内容とも、検察審査会とかその強制起訴とかは無関係である。
 今回の強制起訴議決について、小沢氏側はその中身を問題として執行停止や検察官役の指定弁護士選任仮差し止めの申し立てをしていたが、これに対し東京地裁は却下すなわち中身がどうかではなく門前払いする決定をした。(追記 高裁も、この判断を追認した。)
 これに小沢氏側は「非常に遺憾だ」として即時抗告する意向だが、地裁は決定理由で「刑事裁判の中で判断されるべきだ」としており、これは制度の意義からして当然だろう。
 検察が起訴しないことは間違であるかどうかを、陪審員のように一般から選ばれた人たちが審議し、場合によっては起訴を強制する制度があるのはなぜか。それは、とくに本件がそうだが、政治家など権力を持つ者が被告となるとしたら、その影響力により検察官が及び腰となってしまうことが考えられるので、官僚に任せっきりにはせず一般人の見識も導入して監査しようということなのだ。
 だから、一般人が弱いもの虐めでつるし上げされているのならともかく、政治家それも総理大臣になろうしたほどの力を持つ国会議員である小沢氏が、その政治活動に関っての疑惑を持たれたので、それについて強制起訴と決まった以上、その中身に間違いがあったとしても、それは裁判で争い証明することであって、いちおうは市民の見識という形での起訴なのだから、これがどんなに間違いであっても起訴の段階でそれを官僚である裁判官が止めることは許されない。
 そもそも、間違いは玄人にもあり、まして素人は当然なのだけど、それでも市民の見識が必要なので、たくさん間違うことを前提として制度があるのだ。
 なので起訴せよというのが間違いでないとは言わないが、それを正すとしても、それをする場所が違うということだ。こりれにより小沢氏の弁護士は、奇策に出たつもりだろうが、失敗しただけでなく弁護士としての資質まで疑われてしまった。もちろん、官僚独裁を是とする裁判官が高裁には多いのて、それを期待しているのかもしれないが、そうだとしても問題は同じである。

人気ブログランキングへ


社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-10-19 00:08 | 司法 | Comments(0)
 中国と商取引して大儲けしている日本の大企業はユニクロだけではなく、そうしていない大企業を探すのは不可能と言って良い。日本政府に経団連から対中国について申し入れがすでにあったはずだ。
 アメリカの後ろ盾があれば大丈夫だから北朝鮮のこともあるので、アメリカには常に従うべきで、そうしている自民党政府を批判してはならないと、自民党をやめたふりしていた森田健作千葉県知事とか機密費から賄賂もらっていた三宅久之だの竹村健一だのといった“評論家”たちは必死の形相で言いまくっていたが、北朝鮮がロケット発射して人工衛星というがミサイル実験ではないかと騒動になり、日本政府は国連安保理で非難したものの、中国が同盟関係の隣国をかばう態度とるなり、日本は賛助を期待したアメリカにあっさに裏切られた。
 アメリカの大企業だって、広大な国土と膨大な人口を抱える中国を相手に商売をしているうえ、大消費地だから大得意様でもあり、その企業ロビー活動はアメリカ政府に大変な圧力をかけており、それにもかかわらず人権問題を優先させようとするのはドラマのマーチン=シーン扮する大統領くらいである。
 しかも、アメリカ政府自体が、長年の放漫財政のため中国に莫大な借金をしている。だから、尖閣諸島問題でアメリカはいちおう日本支持と言ってはいるが、北朝鮮の問題と同様に裏切る可能性大。これでは日本政府もへっぴり腰になって当然だ。
 政府、民主党は中国漁船衝突事件の状況を撮影したビデオ映像について、衆院予算委員会の求めに応じて国会へ提出する方針を決めたが、その公開時期や方法は国会の判断に委ねるとし、事実上の慎重姿勢を維持し、一般公開は控える方向で調整する方針らしい。
 政権が変わっても、前から続いてきたことが直ちに転換されるわけではないし、そもそも大昔から戦略とか知略についての伝統が違う。
 アメリカは大国とはいえ歴史が浅い。たかが二百年ちょっと。日本は二千年で、中国は四千年だ。だからアメリカは大学でセンセイと優等生たちが「正義」について青臭く語って自己満足しているだけ。それより十倍も古い日本だが、さらに倍も古い中国は「論語」「孫子兵法」で、日本は「つれづれなるままに」「はるはあけぼの」である。
 また、正式に言喭として認知されていたのではないが一部地域での言い伝えが、あるきっかけで言喭かと間違えられるほど知られるようになったものがある。
 それは中国だと、四川で言われていたが当地出身の政治家・鄧小平が政治経済にからめて言い、それが今の中国の基になったので世界的に広まった「白猫も黒猫も鼠を捕るのが良い猫だ」である。
 これが日本の場合、もっとも有名なものは、福島県で言われていたが当地出身のアニメ関係者がネタにして受けたため、全国的に広まった「豚も煽てりゃ木にのぼる」である。
 こういう落差の現実を認識したうえ、知恵を搾って中国と対峙するべきである。そうしないで無闇に騒いでも、手首を捻られるだけであろう。

人気ブログランキングへ

 

政治 - エキサイトニュース

政治 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-10-18 23:07 | 政治 | Comments(1)
 プロ野球横浜球団の買収交渉を進めている住生活グループの潮田会長は、神奈川県の松沢知事が「会社の宣伝さえできればいいという論理には違和感を覚える」と批判したことについて「ちょっとうっとうしいな」と不快感を示したそうだ。松沢知事は、潮田会長が買収の目的を「ブランド知名度の向上」としたことについて批判していた。
 知事のように批判するなら、なにより読売のナベツネとか西武の堤サンに向けられるべきだが、そもそも営利企業がスポンサーになるのは宣伝が最大の目的で、宣伝になりさえすればいいといってもその中身が問題になる。
 プロ野球の本元である北米では、球団はあくまで地元とファンのものだから、スポンサーは企業名や商品名やロゴを球団名にもユニフォームにも付けては駄目で、しかしスポーツ振興と文化事業と地域社会とに貢献しているということで社会的に好印象となり、それが宣伝とブランド知名度の向上となる仕組みだ。
 この点が大違いの日本は、球団はしょせん企業の所有物でしかなく広告塔にすぎず、その実態を知らないアメリカ人から「“ヤクルト”とはどこの地名?」と真面目に質問されてしまったり、産業構造の変化による企業の浮き沈みから当然のことなのに、「球団身売り」といちいち大騒ぎしたりする。
 そして、たかがスポンサー経営者というだけのナベツネなのに、その発言は野球そのものより騒ぎになり、本来のスターである選手に向かって、古田捕手の選手会長としての活動に対して「たかが選手」と言い放つ。
 また、野球なんて宣伝のためと割り切り、決勝戦を放ったらかして自分が好きなアイスホッケー試合の観戦に行くオーナーの堤サンは、たくさん金を出してやったのにAクラスではあるが優勝できなかったのが面白くなくて、「やりたかったら今年もどうぞ」と記者会見席上で監督を侮辱。
 しかしその森監督は、後にちょうど今話題の横浜の監督に迎えられたが、西武と同じようにやってくれと頼まれたからそうしたけれど、西武と違って金もなく体制も整っていないから優勝できる訳が無かった。
 こういう日本のプロ野球だから、いまさら宣伝だとスポンサー批判してもしょうがないし、同時に知事の言いたいこともわからなくもない。それなら、神奈川県あるいは横浜市が、貧乏球団を市民の協力で育て「カープ」ではなく「広島」と呼んでも文句がない球団のようなことを、してみたらどうか。何もしないで企業の批判だけでは駄目だろう。

人気ブログランキングへ
 
野球 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-10-18 14:20 | 体操 | Comments(0)