井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2010年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

芸能人の夫婦

 アカデミー賞を獲得した女優はその後離婚する傾向があり、これは男優が獲得してから離婚とは比較にならないほど多いという統計から「アカデミー賞の呪い」と言われているそうだ。
 もともと、成功と収入の不均衡は離婚の原因ともなるが、芸能人だと女性のほうが男性より売れていると破局しがちである。結婚した当時は釣り合っていても、そのうち片方だけが成功か没落をして、もう片方が取り残されると、ギクシャクし始めるわけだ。これは両方が売れていてすれ違いとなるより悲劇である。
 この最大の存在は、ロナルド=レーガン・アメリカ合衆国大統領だろう。彼は政治家になる前は売れない西部劇役者で、当時結婚して子供もいた相手は女優ジェーン=ワイマンであった。ワイマンは『子鹿物語』でグレゴリー=ペックの妻役などで順調にキャリアを積み、アカデミー賞まで受けたが、一方レーガンは成功に見放されていた。そして離婚に至る。
 失意のレーガンはテレビの司会者の仕事をしたところ、大根役者だが喋繰りは上手で、年間契約をもちかけられた。収入など大変良い条件だが、映画の仕事が来ても受けられなくなってしまう。このとき彼はあの『カサブランカ』でハンフリー=ボガードが扮した主人公の候補の一人でもあった。選ばれるかどうか、また主演したとしてもヒットするかは、わからないが。
 結局、レーガンは確実性の高いほうを選び、テレビ司会者に転向した。そこから次は選挙の演説会で司会を依頼され、後の大統領ニクソンの応援演説などを務めた。そのうち、ニクソンの属する共和党から、自ら立候補しないかと誘われ、引き受けて、知事さらに大統領へと登りつめる。
 しかし彼はもともと民主党支持者で、どちらかというとリベラル派であった。なのに確実な方を選択しては迎合し続けた結果、社会の弱者を助ける立派な人になりたいと言ってきたのが急変し、金持ち優遇政策を官僚の言いなりになって推進したあげく、弱者は自業自得だと言い放ちまでした。
 そして家庭では、再婚した相手のナンシー夫人は、前の妻とは大違いで美人にはほど遠いいが、富裕な家庭の出身のお嬢様であった。良き夫、良き父親としてふるまい、伝統的価値観の尊重を説いて保守層や宗教団体から支持を受けた。
 このように社会的な成功者となり、没後も空母ロナルド=レーガンなど名を残したのだが、その一方で、西部劇最大のスター・ジョン=ウエインが死去したら、当時のジミー=カーター大統領は西部劇ファンなので追悼の声明を発したが、知事だったレーガンは「ああ、彼と共演したかったな」としみじみと言い、俳優への未練を見せた。
 さらに、彼とナンシー夫人との間の息子が衝撃的な発言をした。「父は母を愛していませんでした。父が最後まで愛し続けたのはジェーン=ワイマンでした」
 ほんとうは、ジョン=フォード監督の映画に出て、ジョン=ウエインと共演し、アカデミー受賞式でトロフィーのオスカー像を手にしながら「妻に感謝します」などとスピーチしたかったのだろう。そしてリベラルなスターとしてチャリティーなどで熱心に活動し、その方面で表彰されたりしたかったはずだ。
 
マルコ福音書3章「全世界を手に入れたとしても、自分を失ってしまったら、何の意味があろうか」

人気ブログランキングへここをクリックで投票してください

%u6D77%u5916%u82B8%u80FD - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2010-12-31 06:42 | 芸能 | Comments(3)
 『奥飛騨慕情』で知られる「全盲の演歌歌手」竜鉄也氏が死去したそうだ。
 彼は歌うと同時に、全盲であることで悔しい思いをした体験を語ってもいた。例えば、タクシーに乗ったら遠回りをされてボラれたという良くある不正はもちろんのこと、料金表示が見えないことに付け込まれて実際より高い料金を請求されたり、壱万円札を渡したら五千円札だと言われ、違うと言うと運転手はせせら笑う口調で「旦那ァ、目明きをからかっちゃいけませんや」と侮辱して言われたりもしたそうだ。
 こうした不良運転手はいつも問題になるが、なんであろうと身障者虐めは最低であり、こういう差別を無くさないといけないと考えて、竜鉄也氏ら身障者の芸能人を招いてチャリティー・リサイタルを企画したのが、ゲイ雑誌発行人の東郷健氏だった。
 この東郷氏は選挙に出てマイノリティーの人権を訴えることでも有名だが、彼はチャリティーに協力を求めチケットの購入を頼んで廻っていたところ、障害者への偏見を露骨に示して拒否した人もいたそうで、だからそのような差別を無くさないといけないと、政見放送で訴えた。
 そのチャリティーには、竜鉄也氏とともに、事故で車椅子生活となり俳優を廃業した八代英太氏も出演することになっていたのだが、それを聞いて「メッカチ、チンバなんて見たくない」と視覚障害者と肢体不自由者への差別用語を使い嫌悪感を剥き出しにして言った人がいたそうだ。
 「こんな偏見と差別を早く無くさないといけません」と東郷氏は政見放送で訴えたのだが、なんとNHKは、差別用語だからとその部分の音声を無断で消してしまい、このためその部分は東郷氏が何を訴えているのか判らなくなってしまった。内容を考えずに機械的対処をしてしまったわけだ。
 これを問題として東郷氏はNHKを訴えた。あの遠藤誠弁護士が義憤にかられ無報酬で訴訟代理人を引き受け、一審判決は、そのまま放送すべきと規定があるのに削除したのは公職選挙法違反であるとしてNHKに賠償命令を言い渡した。
 これに対しNHKは控訴したが、NHK側の弁護士は、控訴しても結果は同じだと思うからNHKとしては強制執行される前に支払っておくと、遠藤弁護士に伝えてきた。
 しかし遠藤弁護士は、警戒していた。一審より二審にタチの悪い裁判官が出てきて逆転させることが多い。権力へのゴマスリや弱い者虐めした功績により、地裁から高裁さらに最高裁へと昇進する悪しき官僚機構となっているからだ。
 そこで遠藤弁護士は知り合いの法学者に頼んで意見書を書いて貰い主張に補足をしたのだが、危惧した通りとなってしまった。差別を未然に防ぐための措置だからNHKは正しいと言う。とんだ屁理屈だと遠藤弁護士は怒り、法学者たちからも批判の声があがった。こんなひどい差別を無くせという主張をする中で、そのひどい差別の実例を挙げたというのに、この判決は無茶苦茶すぎる。
 ただ、このあとNHKは騒動で懲りたのか何を政見放送で言っても削除はしないようになり、「NHKなんて要らない」だから「受信料の不払いをしよう」「放送センターに放火しよう」とまで言ってもそのまま放送されるようになったから、騒動になった意義はあった。
 それはともかく、悪どすぎるタクシー運転手とか、差別用語を言い放つ者とかは、たまたま不良とか無神経がいたのではなく、NHKや裁判所も含めた社会全体の構造から、出るべくして出たのだ。
 そうしたことも教えてくれた竜鉄也氏。ご冥福を。

人気ブログランキングへここをクリックして投票をお願い
[PR]
by ruhiginoue | 2010-12-29 09:58 | 芸能 | Comments(2)

昔の日本と同じ

 食の安全で問題の中国製品が、今度はインチキ豆腐だそうだ。しかし付けられた品質保証の札は本物だったらしい。
 インチキ食品の詐欺行為や汚染食品による健康被害は、かつて日本がよく問題を起こしてきた。そこで、国をあげて規制をし、業界でも自主規制を厳しくして、国際的にも信用を得たはずだった。
 ところが、「喉元過ぎて熱さ忘れ」たころあいを見計らい、「規制緩和」をむやみに叫ぶ人たちが登場し、「新自由主義」の流れに棹さしたわけだが、そのさい決まり文句が「社会主義ではない」だった。
 そして、日本では規制するなら食品や工業製品ではなく漫画のほうだということになり、中国は社会主義のはずだが規制が甘すぎるので問題となっている。しかし中国の作ったものを中国で消費しているだけなら、自業自得だから国際的な騒ぎにはならないのだが、中国からの輸入に日本も欧米も頼りきってしまっている。
 そこで「産業の空洞化」で困っている国内の業者は、この問題に便乗して販売促進するため「安心の日本製」「すべて国産」という札やステッカーを付けているが、それも近いうちに中国で印刷されるだろう。現にアメリカでは、「MADE IN USA」の印刷はメキシコで行われているという。
 このようなことがあるから、安あがりだからと外国に依存することは問題であると早くから指摘したのは、皮肉なことにマルクスであった。

人気ブログランキングへここ投票クリックおねがいします 


%u4E2D%u56FD%u793E%u4F1A - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2010-12-28 17:04 | 経済 | Comments(0)

インフルエンザ大流行

 厚生労働省が、インフルエンザ大流行で子供に深刻な被害という発表をしている。
 予防接種の副作用で子供の頃に生き地獄を味わわされた者としては複雑な心境なのだが、ただ、お役所がこのような発表をする直前に、製薬会社の株に買い注文が殺到というのが常でもある。
 ギャングの大ボス・アル=カポネが言っていた。
 「密造酒には手を出しても、株には手をださねえよ。あれは仕組まれたトリックだからな」

人気ブログランキングへ投票クリックよろしく 
 
%u6559%u80B2 - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2010-12-24 19:32 | 社会 | Comments(4)
 12月22日午後5時50分ごろ、京王線新宿方面行きの電車内で携帯電話の通話をしている老人がいた。しかも、電源も切りましょうという「おもいやりぞーん」のところで。
 かかってきて出るだけでなく、自分からもかけていた。 
f0133526_534574.jpg

 これはマナー違反であり、また信念からあえて表示に逆らうことがあるというレベルのことでもない。だから周囲の人から軽蔑の視線を向けられていたのだが、老人はお構いなしだった。
 それでこちらもまずは証拠と、自分の携帯カメラで撮影した。
 見ると「おもいやりぞーん」の表示のあるシールの色が背景にあるのが判る。
f0133526_5455548.jpg

 この老人は、上等そうな背広を着た立派な身なりの男性で、社会的地位も分別もそれ相当という感じなのだが、社会道徳は堂々と無視して憚らない。
 中央線車内で携帯通話を注意したら逆ギレされ「この人は痴漢」と言われ逮捕されたと言う会社員がいたが、そうではなくても、見た感じは真面目だが実は危ない人だということだってある。暴力団の上の方にいる人だったら、権力とつながりがある人だったら、取引先の上役だったら、などといくらでも考えられる。
 だから当たり前の注意をすることも、躊躇してしまう。
 ただ、昔は子供が不作法をすると年寄りに注意されたもので、それが年長者の役目だったのだが、最近では、子供でも守っている規範を年寄りが破っていると言われている。これもその一つだろう。

人気ブログランキングへ近頃の年寄りは・・と思ったらクリック
[PR]
by ruhiginoue | 2010-12-24 06:00 | 雑感 | Comments(6)

毛髪が食品の原料

 中国の不良業者が、醤油の原料に髪の毛を使用していたという暴露があったが、これは日本の大手業者を模倣したとも言える。
 日本ではパンなどで、醤油と同様に発酵を省略する手抜き原料として、毛髪が利用されているのだが、模倣や盗作で騒がれる中国業者とはいえ、こんなことまで模倣したのはなぜか。
 それは日本の食品業者が中国から毛髪を輸入したからだ。カツラを作るなどするのではないから長くなくても揃ってなくてもよく、それで床屋から出る廃棄物の毛髪をかき集める。だから、そんなもの集めて何に使うのかという疑問から「なるほど、そういうことか」と言う具合に知ったのだろう。
 しかし、どうして日本の業者がわざわざ中国から輸入するのか。中国だから大量に安く手に入るというならともかく、日本でも廃棄物として床屋や美容室から大量に出るのだから、輸入なんて面倒なことしなくてもタダ同然で手に入るはずだ。
 ところが、日本人の髪の毛は使えない。根っこから化学物質に汚染されていて、食品の原料にはできないそうだ。だから、外国からわざわざ輸入しなければならず、それでいちばん入手しやすい先の中国からという訳だ。
 つまり、中国の不良業者を不衛生と批判するなら、清潔のつもりで化学物質まみれの日本の現状も心配しなければならないのだ。

人気ブログランキングへここを投票クリックお願い

  
%u4E2D%u56FD%u793E%u4F1A - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

%u30DE%u30CD%u30FC%u30FB%u5E02%u6CC1 - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2010-12-20 17:17 | 国際 | Comments(6)
 親がいなくても、万引きなどで子供は生きていける。そんなこと終戦直後にはざらにあったし、その後も家庭の事情からそうして生きてきた人たちがいることは、例えば内田春菊氏らが体験談を披露しているとおり。
 そうした子供たちを利用している悪い大人がいて、それはヤクザなどの犯罪者だが、それでも孤児院など社会の公的な制度より遥かにマシだったりすることは「オリバーツイスト」などに描かれている。
 しかし、教育は違う。万引きした本を熱心に読んで勉強し、たいへんな知識を持ったとしても、それでは認められない。学校を出たり資格をとったりするから、就職したり開業したりできる。
 これは給食も同じこと。給食は食べるだけのものではない。学校給食法により、教育の一貫と定義づけられているから、栄養の摂取だけでなく、その知識に興味をもつきっかけとし、食事作法や集団生活を学ぶのである。だから親が費用を滞納しようと、子供には給食を提供しなければならないのだ。
 そうしてみると、「子供手当」がいかに馬鹿げているかが解る。親に渡したらパチンコ代などに消える家庭は論外だが、生活費に消えても間接的に子供のためになるじゃないかという親が少なくなく、それは、子供にただ食わせれば親の義務を果たしたと錯覚している人が今も多いという情けない状態であり、そんなところへばらまいても、子供のためになるはずがない。
 そして、給食費滞納の親に困っているところが多いため、それを子供手当から差引きしようということになったが、それより給食費を無償化するべきだろう。給食は教育なのだから。
 さらに学校教育自体も、義務教育だけでなく中等教育(高校)も高等教育(大学)までも無償とし、家庭の財政とは無関係に、誰でも自由に教育を受けられるようにするべきだ。
 そうすれば、「子供手当」なんて不要であり、無責任な親が、単に子供が餓死しなかっただけなのに、「でも育ててやった」と言い訳することもなくなるだろう。

人気ブログランキングへ投票クリックお願いします 
 

政治 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-12-18 23:15 | 社会 | Comments(2)

男ならウイスキー?

 最近、自宅で酒を飲む「宅飲み」が流行で、それは安上がりだし誰かと一緒だと親睦も深まるかららしい。
 その件で「ブラックニッカクリアブレンド」の話が出ているが、これは安いうえ味の点でも飲みやすい。
 だからなのか、その販売促進のキャンペーンでは、未婚女性を対象にした調査をしている。それによると「『宅飲み』をしていて恋愛に発展したことはありますか?」という質問では、26.0%が「はい」と回答したそうだ。
 飲みやすいから女性にも向いているウイスキーということだが、もともとウイスキーは男性向けの印象だった。
 かつて黒澤明監督が言っていたのだが、映画関係の用事でヨーロッパへ行ったさい、ロンドンにあるホテルのラウンジで「葡萄酒」を飲んでいたら、そこへ「ヘイ、アキラ」と言って近づいて来た人がいて、顔を見たらあのジョン゠フォード監督だった。
 フォード監督はウイスキーの瓶と二つのグラスを持っていて、黒澤監督の前に座ると、ウイスキーとグラスをテーブルに置き、グラスの一つを勧めながら黒澤監督のワインに「そんなものは飲むな」という感じだったそうだ。
 「男はワインじゃない、ウイスキーだ」と、ジョン゠フォード監督なら人と作風からとても似合う。
 しかし、もともとワインもウイスキーも男も女も関係ないのだが。

人気ブログランキングへ投票クリックお願いします


 
%u30DE%u30CD%u30FC%u30FB%u5E02%u6CC1 - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2010-12-18 20:47 | 雑感 | Comments(13)

フランスは宿題禁止

 フランスでは、公立学校で宿題が禁止されている。家庭の事情により、宿題を出来る者と出来ない者がいて、教育成果に不平等を招いてしまうからである。
 家庭はさまざまで、いろいろな親がいるし、片親の場合もある。それに親が保護者になっているとは限らない。職業もいろいろ。そのため、家事をしなければならない子供がいるし、家業に子供がこき使われている場合だってあるし、貧しさゆえバイトしてる子供もいる。小さい弟か妹または病気の両親か祖父母の世話をしなければならない子供もいるし、親が飲んだくれとか、両親の夫婦仲が悪いとか、家庭で勉強できる雰囲気でないこともある。
 そうした家庭環境の違いがあって当然なのに、宿題を前提に授業をしては、きちんと理解できる者と、そうでない者が作られてしまう。
 それを、遅ればせながらドイツも配慮するようになったようだ。ドイツのノルトライン・ウェストファーレン州議会で、教育改革法案が成立したら宿題が無くなるらしい。同州の教育担当大臣は先の15日にデュッセルドルフで行われた州議会で、現在学校で生徒に課されている宿題はすべて授業に組み込むべきだとし、宿題を撤廃すべきとの考えを明らかにしている。
 日本も、それに習うべきだろう。あまり言いたくない家庭の事情により宿題をやってこなかった子供が、教師からいじめられるのは、もうたくさんである。教師には、自分が恵まれていたので事情がある子供のことを理解できなかったり、あるいは判っているのに意地悪をしていたり、タチの悪い者が少なくない。
 これはかつて自分でも体験したり目撃したりしているが、さすがに最近では無くなったかと思ったら甘かったようで、学齢期の子供がいる人に聞いたら、相変わらずであるそうだ。

人気ブログランキングへここをクリックして投票おねがいします

ドイツ西部で「宿題のない学校」誕生か、教育改革で(ロイター) - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-12-18 00:28 | 国際 | Comments(6)
 「木の上に立ち見る」と書く。下に降りてきてはいけない。
 栃木県の中学校でいじめがあり、いじめられた生徒の父親が怒って、いじめた生徒に平手打ちを食らわせてしまったそうだ。
 学校としては、当事者を引き合わせたのは誤った対応だったと認めている。
 ただ、もともと、話し合いがしたいというので学校側は面会を認め、担任教師が立ち会っていたというのだから、それを無茶苦茶にした父親は、教師にも自分の子供にも恥をかかせてしまったわけだ。
 どうしても腹が立って我慢が出来ないなら、指導がなっていない教師を平手打ちすべきだし、直談判したければ、いじめた生徒ではなくその親のところに行くべきだろう。
 そうしないで、子供に向かって大人が単純な形の行動に出たのである。これでは下に降りてしまったというしかないだろう。
 また、相手を殴りでもしないと面子が保てないという場合も無くはないが、それなら子供に殴り方を指導するべきで、親が代わりに他所の子供を殴ってはいけない。
 人を殴るのはけっこう難しい。それで喧嘩になったら勝つようにしなければならないし、加えて、喧嘩することに周囲の支持を取り付けなければ、一時は勝っても最後は負けとなってしまう。戦争は武力だけでなく政治力が要るというのは、個人レベルでも同じである。
 さらに、親が暴力によって自分の問題を解決してくれたというのでは自立心と自尊心が育たないので子供の教育上悪い。
 だから、冷静に観察して指導するのが親である。熱くなって実力行使では駄目だ。

人気ブログランキングへここをクリックして投票して!

 
  
社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-12-15 16:39 | 社会 | Comments(2)