コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 男性型脱毛症の治療に進歩が見られ、完治の希望もあるといわれているのは結構なことであるが、この男性型脱毛症の原因である男性ホルモンの一種は、前立腺肥大という病気の原因でもあるといわれる。
 これに関連して、元爆弾事件被疑者について述べたことがある。彼は、髪型とともにチョビヒゲとメガネまでが磯野波平と同じで、前立腺肥大で長期治療をしていたが、その直後から、人権擁護運動の場で異常な行動を取り始めたという話だった。
 彼は、自分の爆弾容疑は無実の不当逮捕であると主張し、それで無罪になったから他の冤罪の救済に取り組んでいると言うが、実際にしているのは、より深刻で悲惨な被害を受けた人を嘲り笑うことであった。
 それも、大声を出して身振りも加えながら、相手を指差して「ドヒャー」とか「ゲヘヘヘヘ」とか「ギャハハハ」という狂気に満ちたものだった。一般的に、逮捕拘束された人には、その後、精神に異常を来してしまったと思われる行動をとる人が少なからずいて、他人を傷つけたり、反対に自傷行為におよび自殺する場合もある。
 ただ、先日、俳優の内野聖陽が、スキャンダルの心労により白髪が出たという話を自らのサイトで告白しているが、それと同じように、冤罪とか国家賠償とか権力犯罪と闘っている人たちは、大変な労苦であることは言うまでもなく、もちろん白髪が出る人ばかりなのだが、それについてもゲラゲラと指差して笑っていて、それではいったい何のために運動しているのかと疑問だが、しかし彼は自分が脱毛症であることから、他の人を嘲笑して気を紛らわしているのではないかと思われた。
 そうしたら、同じことをしている人が他にもいて、その人は五十代なかばの男性で脳性の全身の障害者であった。彼は興味本位で裁判の傍聴に行き、被害者とか被告を見て面白がっているのだが、美容外科の被害を受けた女性が笑われたという話も聞いた。彼は身体の動きだけでなく言葉も不自由であるが、不自由そうな独特の歩き方をしながら近寄ってきて、「ううう」「あああ」などと言いながら懸命に声を絞り出すようにして「しゅっ手術」と、その被害を受けた顔を指差しながら言うので、失礼だなと感じはしたものの裁判に興味があって質問があるのかと思い「何か?」と言ったら、なんと彼は顔の表情を歪ませながら笑ったそうだ。「何が可笑しいの」と問うたら、さらに大きく笑って、また独特な歩き方をして立ち去った。
 また、映画『それでもボクはやってない』では、裁判傍聴マニアが出てきて、性犯罪ばかりに興味を持つ悪趣味の人から、主人公がイヤな思いをさせられる場面があるけれど、これと似たような感じで、精神病の人たちが裁判を傍聴に行き、それは社会的な関心からではなく、被告人を見物して面白がり、それをホームページに記載して、はしゃいでいたりもする。
 そんな気晴らししかできない人がいることはわかっているが、内容的に深刻であり当事者を深く傷つけることなので、そんな恥ずかしいことをする可哀想な人になっては駄目だという世の中の雰囲気を、なんとかして醸造できないかと思案しているこのごろである。

人気ブログランキングへ投票クリックしてください
 
%u30B3%u30E9%u30E0%u7DCF%u5408 - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2011-01-31 21:58 | 社会 | Comments(2)
 昨年の映画興行収入は過去最高で、やはり過去最高のヒット作『アバター』の貢献があったからだそうだ。
 これは面白かった。凝った映像に注目が集まっていたが、内容も面白かった。なぜ面白かったというと、おそらくこの内容のため、大ヒットしたのにアカデミー賞を逃したのだろうと納得させられるものだったからだ。
 これはどう考えても、アメリカ批判である。しかも、「移民」「開拓」の時代から、「資源開発」する現在までのアメリカそのものを全批判している。他の星に見立ててはいるが、すぐ判る。まるで『ダンス・ウイズ・ウルブス』をSFにしたような開始で、しかし史実ではないから、なんと異星人とこれに同情した地球人のパルチザンが勝利して、横暴な地球人を追い払ってしまう
 よくアメリカ映画が、こんなことをできたものだと感心してしまった。だから映像だけでなく物語も面白かった。

人気ブログランキングへもう一手間の投票クリックをぜひ

%u30A8%u30F3%u30BF%u30E1%u7DCF%u5408 - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2011-01-27 18:00 | 映画 | Comments(0)

埃とカビの経済学もどき

 ネットウヨ向けネタ提供者だったはずだが、なぜか「経済評論家」の肩書きで三橋貴明という人が、多くの経済学者や企業家らの意見に反して、バブルは悪くないと言っている。
 ところが、バブルを煽った代表格の「経済評論家」長谷川慶太や、それを批判するだけで同じく「経済評論家」を名乗った佐高信などとは違い、何か新しいことを新しい世代の人が言うかと思ったら、なんと、バブル経済で地価などが上昇して社会問題になったことが、日本全体の資産が増え経済活性化して良かったというもので、これはバブル当時に、御用経済学者の代表だった加藤寛(あの『時事放談』のセミレギュラー)が説いて、経済学会でもひんしゅくと物笑いだったことのデッドコピーである。
 当時から、実際の価値以上に値上がりしていることが問題になっていて、だから泡=バブルだったことは、言うまでもない。
 こんな埃やカビで咳き込みそうな話を、よくも平気で引っ張り出せたものである。

人気ブログランキングへ

 %u793E%u4F1A%u7DCF%u5408 - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2011-01-24 21:58 | 経済 | Comments(0)

場当たり公務員批判

 公務員の給与が高いなどと文句を言うのは「親方日の丸」という言葉がある日本だけではなく、外国にもあるというごく当たり前の話題が評論サイトに出ているのだが、好景気のときは公務員の薄給を見下していたのに、不景気になると途端に公務員の給与が高いなどと愚痴を言い出すのは、日本の特徴かもしれない。
 また同サイトで藤田正美という元ニューズウイーク日本版編集長が、その過去の肩書きに相応しいことを述べている。労組の支持を受けた政権は公務員の給与削減などできないと、欧米など引き合いにも出しながら言うのだが、これは実はアメリカで共和党が民主党を攻撃するときの古くなった常套句の剽窃で、これが日本で持ち出される場合、民間企業の多くが経営基盤脆弱で労組は御用とか存在すら無いなど環境劣悪であるだけなのを、公務員が特別に恵まれていると錯覚させ怒りの矛先を逸らし、また、無駄な公共事業や天下りなどの最優先課題を隠そうという、手あかの付いたトリックである。
 どうも、このごろ古いネタを引っ張り出す人が目立っている。


人気ブログランキングへ

 %u7D4C%u6E08%u30B3%u30E9%u30E0 - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2011-01-24 21:30 | 経済 | Comments(0)
 宮城県で、再犯のおそれありと判断された性犯罪者などに衛星監視装置やDNA採取をする全国初の条例案を検討しているという。
 性犯罪は、再犯が多い代表格であり、刑罰を受けても反省せず繰り返す者がいるうえ、暴力が伴うので危険も大きい。なんとしてでも防止しないといけない。一部の救いようがない者が対象であり、そんな者の基本的人権を尊重して他の善良な人たちの安全が脅かされてはならない。
 未成年者ばかりを餌食にする連続暴行事件の犯人として刑務所に入れられたが、出所してから真犯人が捕まって潔白が証明されたという人と、会って話したことがある。一度は自殺未遂をし、親戚一同も肩身が狭かったそうだ。もともと物的証拠は別人の犯行を示唆していたが、本人が知らない間に国選弁護人が検察に同調し、犯行をすべて認めたことにされてしまい有罪であった。このとんでもない国選弁護人は、直後に当地の弁護士会の副会長となっている。国家賠償請求訴訟を起こしたら、職場で警察の嫌がらせを受けた。
 しかし、そういう気の毒な一部の人がいたからと、凶悪犯罪者を取り締まることに及び腰になっていては、治安が保てない。何事にも犠牲は付きものだ。
 というわけで、危なっかしいとはわかっていても、反対しにくい雰囲気となる。だからこそ、そんなことには賛成してはならない。賛成と反対が堂々と議論されたうえで決められたことなら、その後もそれなりの慎重さが生じるが、雰囲気で押し切られるものは違う。
 この条例案も、雰囲気で押し切られ杜撰になる可能性が大きい。
 そもそも、被害が大きくて再犯が多いから厳重に監視するべき最たるものは権力犯罪である。だから、性犯罪のように再犯が多い凶悪犯罪への対処ですら、いちいち慎重にならないといけない。それは権力の再犯を防ぐための監視だからである。それを認識しないと「割れ鍋に綴じ蓋」となる。
 
 
 人気ブログランキングへここをクリックして投票を 

 
 %u653F%u6CBB - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2011-01-22 20:12 | 司法 | Comments(2)
 凋落する日本芸能界に流入する韓国芸能だが、「整形大国」「サイボーグ共和国」といわれる韓国の女性アイドルたちが手術で顔を変えている人ばかりであることは周知の通り。
 これについて、韓国では「努力」と認める風潮があるそうだが、それは男尊女卑のためである。容姿を侮辱することはとんでもない非常識だが、韓国では女性の容姿を平気で侮辱する男性がいて、男性がひんしゅくを買うのではなく、女性のほうが気に病んで自分を責めてしまう。それで整形も努力したことになってしまう。
 こうして本来の容姿を強引に変えてしまうことが是とされるのは、男尊女卑の他に人種差別がある。整形芸能人の代表格であるマイケル=ジャクソンが顔の手術をくりかえしたのは怪我と病気が主な原因なのに、白人に近づきたがっているからだと噂されてきたし、映画『マルコムX』で、実在のマルコムもかなり二枚目だったが、なのにかっこよくなりたいと白人のような髪型にして喜んでいて、そんな卑屈なことは止せと注意される場面がある。
 その前に同じくスパイク=リー監督が作った映画『スクールデイズ』では、エリート指向のアフリカ系アメリカ人の学生たちは皆が整形手術をしており、持って生まれた身体的特徴を変え優越感に浸っていた。
 そして日本でも、「脱亜入欧」「鹿鳴館」さらに敗戦コンプレックスにより、すっかり「家畜人ヤプー」と化してしまっている。
 だから、強者に媚びて自分を否定することが「努力」となってしまうのだ。

人気ブログランキングへここをワンクリック投票して

%u30A8%u30F3%u30BF%u30E1%u7DCF%u5408 - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2011-01-18 13:38 | 芸能 | Comments(4)
 演出家の和田勉氏が、ガンのため八十歳で死去したそうだ。
 彼はNHKのドラマで活躍したのちお笑い系のタレントとしても知られるようになった。もちろんテレビでコメントして見識を発揮しもするが、真面目な話をしながら必ず駄洒落を言う。例えば、死んだ人の霊が乗り移った石という話で、おそらくオカルトなんてくだらないと思っていたのだろう、「この石には意思がある!」
 この点は今日本を代表する作曲家である池辺晋一郎氏と双璧であった。ドラマの音楽でも有名な池辺氏も、やはり真面目な話をしながら最後は必ず駄洒落となり、例えば「緻密な演奏をしようとして、四重奏団は始終相談している」
 駄洒落はともかく演出手腕は優れた和田氏だったが、和田氏の配偶者であった衣装デザイナーのワダエミ氏は、黒澤明監督の『乱』で日本人で初のアカデミー衣装デザイン賞を受けているが、その黒澤作品は『七人の侍』など衣装が素晴らしく、監督の細かい配慮が伺えるが、他の多くの日本人演出家とくに自分のダンナは衣装に無頓着だと言っていた。
 もっとも、その衣装について、すべて独創するのは黄金期のハリウッドなら当たり前のことだったけれど、それをしているのは黒澤明の他はデビッド=リーンとスタンリー=キューブリックだけになってしまったと、ジョージ=ルーカスが嘆いていたものだった。
 なんかみんな亡くなってしまったような感じだが、時代劇とSFだけでなく現代劇でも衣装はオリジナルデザインによって仕立てるのは予算の関係から難しいにもかかわらず、一部ではそうしていて、例えば最近の映画では大人のラブコメ『そんな彼なら捨てちゃえば?』では、ドリュー=バリモアもジェニファー=コネリーもベン=アフレックもみんな、この映画のために設計された衣装を着ていた。
 ところがテレビでは、もともとスポンサーとのタイアップだが、しかも地デジによって出演者が身につけている物の情報も同時に送られるそうで、もうドラマではなくカタログである。これについて和田勉氏はどう思っていただろうか。

人気ブログランキングへ投票のワンクリックを
  
%u30A8%u30F3%u30BF%u30E1%u7DCF%u5408 - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2011-01-18 13:00 | 映画 | Comments(0)
 韓国からドラマや歌などの芸能が流入しているが、日本より品質が良いので好評だ。
 日本では、芸に甘いというだけでなく、芸能は業界で寡占が進み、その中でテレビなどメディア利益の談合配分が横行し、それ以外は参入しようにも排除されているので、実力主義でないことはもちろん、市場の要求にまるで応えていないから、国民からそっぽを向かれている。
 そして、そんな品質の悪い日本の芸能ではなく、外国からの輸入品に人気が集まっている。
 これは由々しきことで、単に芸能の問題ではなく、日本の金が外国に大量流出してしまうので、経済にも大打撃である。逆に韓国では、一度経済破綻したため国策として芸能の輸出に力を入れて、外貨獲得に励んでいる。
 かつて日本でテレビ放送が始まった当時、連続ドラマを独自に製作する体制は整っておらず、アメリカを中心とした外国からの輸入に頼っていた。そのため、当時は今以上に外貨が貴重だったが、その金がテレビドラマを買うことで外国に流出してしまい、経済に打撃となっていた。
 そうした背景があって、奇抜なアイディアにより低予算で面白いものを作ろうと川内康範の『月光仮面』が初の本格的国産連続テレビドラマとして実現したというのは有名な話。
 なのに、今この状態であるから、芸能界の罪は深い。国士でもあった川内氏も浮かばれないだろう。

人気ブログランキングへここを投票クリックしてください 
[PR]
by ruhiginoue | 2011-01-16 19:44 | 芸能 | Comments(2)

路上のほうがマシ

 あの沢尻エリカが、大手から排除されたらストリートパフォーマンスに売って出る可能性があるそうだが、これはなにも秋葉原の沢本あすかのようにアングラというのではない。夫が、不振極まる音楽業界は末期的と見切りを付けているかららしい。
 たしかに、日本の音楽業界は寡占が進みすぎて硬直化し、まともに売り出すことができなくなっている。
 それを言ったら出版業界も同じで、芸能人に小説を書かせて賞をとらせて売るなど惨憺たる有様で、そこでそんな業界は当てにせず自分も実際に路上で自著を売ったらけっこう売れて、しかも取次店(問屋)と書店の取り分がないからとても割が良かった。
 もう既成の業界手法はすべての点で破綻していると考えた方がよいだろう。

 人気ブログランキングへ投票してください 
 
 
 %u30A8%u30F3%u30BF%u30E1%u7DCF%u5408 - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2011-01-16 19:21 | 芸能 | Comments(4)
 ニコール=キッドマンが、ボトックスをしていたことを雑誌のインタビューで認めたそうだが、健康的に良くないという意味の発言も同時にしていたようだ。実際、危険がある。
 日本に紹介された記事では「整形」と表現しているが、ボトックスは薬品を注射するので美容整形外科ではないからよく「プチ整形」と言われ、手軽であるから流行りだしている。
 ボトックスとは病原菌の毒素を利用して麻痺させてシワを目立たなくするようにする手法だが、かつて自分が痛みの治療で受診した医師が、深刻な慢性の痛みを治療するため麻痺の研究をしていたのに、それよりシワのばしのほうが儲かるからと、これまで勤務していた病院のペインクリニックを辞めて美容クリニックを開業したと聞いたときは、親切に相談にのってくれた医師だったので、たいへん落胆させられたものだ。
 苦しむ患者を助けるより、セレブたちの美容のほうが儲かるということで、同様に、産科医は大変だからと足りなくなり、しかし野田聖子議員でお馴染み不妊治療は、出来さえすれば良いから後の責任は少なく、しかも自由診療で自費だからたくさん金を取れると大流行である。
 これは日本もアメリカのようになってきたからで、「新自由主義」という毒素により責任感が麻痺した社会になってしまったということなのだが、これをどうしても信奉したい人たちは、救急車がたらい回しされると医療崩壊と叫ぶのに、堕落した医師と医学界を批判しようとはしないのだから、あきれたものである。


人気ブログランキングへここをクリック投票してください
 
 %u6D77%u5916%u82B8%u80FD - %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2011-01-14 19:46 | 芸能 | Comments(13)