井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2011年 03月 ( 57 )   > この月の画像一覧

 福島第1原発の敷地に粘着性の合成樹脂を試験散布して拡散防止できるかと準備を進めていたが、雨になったので見送ったそうだ。
 チェルノブイリ原発事故では、軍が首都モスクワを守るために、薬品をまいて人工降雨を引き起こし、汚染を田舎に落としたといわれる。おかげで人口密集の首都は助かり、田舎の人たちは病気になって苦しむこととなった。
 極力、人口の少ない僻地を狙ったのだが、つねに雲は流れているので、汚染された雨に打たれた村があったそうだ。
 このあと日本でも、事態の推移によっては、同じ指令が自衛隊に下る可能性があるだろう。
 チェルノブイリで被曝した人たちは、医薬品など救援物資をソ連政府に求めたが、冷たい態度をとられたそうだ。滅多に使わない高価な医薬品を、少数の人たちのために購入するなら、それと同じ資金で、もっと大勢の人たちのためにアメリカから大量の小麦を輸入できる。
 汚染の防止と救援物資の購入とで、少数者は二重に切り捨てられたわけだ。この冷酷なモスクワ中央政府の仕打ちを訴え、援助を外国に求めたが、西欧もアメリカも、救いの手を差し伸べてはくれなかった。ソ連政府と同様に冷たい態度だったのだ。
 そこへ、救援物資が日本から送られてきた。医薬品ともに被曝治療経験のある医師の派遣まで。東京から送られて来たとばかり思っていたら、違った。日本の政府ではなく、一般市民が募金をして費用を作り、手配したのだった。そしてその市民たちとは、広島と長崎の人たちだった。
 これに感動して、ウクライナではソ連から独立したあと非核政策をとる。日本の非核三原則を見習ったのだった。かつてナチスドイツの攻撃を受けて犠牲者が出たが、ソ連の核の傘に入ってから、外国から侵略される脅威は無くなったと感じ、非核三原則なんて関心が無く、知っていても奇麗事だと思っていたそうだ。
 しかし、悲惨な思いをしたうえ、軍事大国なんてちっとも頼もしくないという現実を、体験して考えが変わったということだった。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票を願います  


科学・環境 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-03-31 12:34 | 社会 | Comments(0)

東大は御用学者養成所

 大阪芸術大学の芸術学部教授である純丘曜彰氏が「東京大学に東京電力は現ナマをばらまいている」と指摘し、そんな東大の「専門家」を出演させるマスコミを批判している。
 東電が東大に対して、単独企業としては異例の高額な資金提供をしている実態など、同教授は具体的に述べているが、原子力だけでなく全体的にもともと東京大学は御用学者の溜まり場であることは周知の事実。
 平和学と放射線防護学が専門の安斉育郎氏といえば、「空耳アワー」でも有名なデザイナー安斉肇氏の叔父だが、マスコミではオカルト退治で大槻義彦氏と双璧のように扱われていても、オカルト系タレント叩きに終始する大槻氏と違い、社会学的な見地から正しい学問の意義を説く安斉氏は奥深いと評価されていて、そんな安斉氏はかつて原子力政策に異義を唱えたため、東大で村八分のようにされたうえ追われるように去ることになったという。
 また「公害原論」で有名な宇井純教授は、データーの改竄や捏造によって、企業に奉仕する学者を筆誅してきたが、それによってはじめて「専門家が調査した結果」というのが、いかに信じられないかと知った者は多い。
 こうした実態にもかかわらず、理系の人たちは、東大法学部の官僚と教養学部を文化人たちが、文系で何もわからないくせに仕切っているから悪いと責任転嫁する。そんな官僚たちの作文のおかげで、いつも曲学阿世を正当化してもらい、利権としていられるというのに。
 例えば薬で、効きもせず有害でしかないものを、厚生官僚が接待と付け届けによって認可しているけれど、それでもいちおう治験をしてデーターが添えられていないと駄目なのだから、そのインチキ研究をして製薬会社から接待とつけ届けを受けているのは医師ら研究者であり、持ちつ持たれつの関係である。
 この構図は原発も同様である。安全性について、原子炉と建物は理系の御用学者たちが、法令上の規制については文系の御用学者たちが、両輪となっている。
 そして、後ろ盾と資金を持つおかげで、その分野の権威者として君臨することになる。研究に金がかかる理系はもちろん、文系でも例えば行政法学者でもっともエラい塩野宏センセイなどその最たるもので、その重要な仕事の一つに原発の推進があった。そんな奴が書いた教科書なんて買いたくないと言って担当ジョキョ−ジュに睨まれた学生時代を思い出してしまい、とても嫌な懐かしさである。 
 人気ブログランキングへ1日1クリック投票お願いします



社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-03-31 02:17 | 学術 | Comments(2)

遂に本音のリビア侵略

 リビア侵略を進めている米英仏は、反政府勢力に武器供与をするという国連決議の拡大解釈を公然と言い出した。
 最初の目論みに失敗したため、態度が露骨になったのだろう。もともとは、内戦で一般市民が巻き添えにならないよう空爆を阻止する飛行禁止区域の設定だった。
 また、内戦で片方を武器供与で支援するのでは、気に入らない政権を打倒するために、傀儡を作って反乱をそそのかすことになるから、否定していたはずだ。
 そもそも、最初の段階で、リビア政府が反政府デモを弾圧し、それが常軌を逸した武力攻撃だったからというが、それは「アルジャジーラの報道によると」というものばかりで、アルジャジーラはカタールの首長が出資して作られ今も財政支援を受けて経営されている衛星放送テレビであり、日本のチャンネル桜みたいなものだ。
 そして、カタールはリビア攻撃に参加して、反政府勢力から石油の取引をする契約を交わしている。
 そんなことは誰でもわかるのだが、日本のマスメディアは、アルジャジーラの報道を裏付けもとらず受け売りしていて、だから駄目だと批判され続けてきた。
 最近になってリビアは、親欧米となって石油の取引で互いに利益となるようにして関係改善をしてきたが、それでは満足せず、完全に奪ってしまわないと気がすまないのだ。これは欧米に染み付いた体質であり、前からわかっていたことだが、それが今のリビア情勢によってさらに鮮明となった。
 そういう相手には、少しでも気を許しては駄目だということだ。日本人は甘いから認識していない人が多いだろうけれど、中国などはもっとシビアに受け止めていることだろう。
 そして、ノーベル平和賞の期待を裏切ったオバマ大統領が再選を目指すらしいが、アメリカの大統領など誰がなっても体制につながれていることは同じであると、再認識させられた。だめ押しである。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票を願います

国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-03-30 15:22 | 国際 | Comments(5)
 俳優で歌手のいしだ壱成が、地震の前の4日付けブログで、子供の頃に原発反対運動に参加していたことを綴っていて、それが今になり話題となっているそうだ。
 チェルノブイリ原発事故のあと、その原因である出力実験を四国の伊方原発が行うというので、母親とともに抗議に出かけた11歳のいしだ壱成は、機動隊の壮絶な暴力に見舞われたという。
 実は、機動隊が「国営暴力団」と非難を込めて呼ばれるようになったのは、ちょうとこの時期だった。
 もっと前から暴力警官の事件はあり、例えば赤塚不二夫が自らの目撃によって漫画に描くきっかけとなった「新宿騒乱事件」などの学生運動や、「安保反対闘争」などの大衆運動に、機動隊が集団で暴力を振るい、死傷者が出る事態となっていた。
 しかし、その当時は、警官の一方的な暴行があったと同時に、一部で過激な学生などが、角材や鉄バイプを振り回したり、火炎瓶を投げたりもしていた。こうした行為は、権力に弾圧の口実とされる。また、一般市民から反感を買い、現実に運動が大衆から遊離してしまった。
 そんな六十年代・七十年代への反省から、また消費社会の成熟と保守化の進行もあり、八十年代からの市民運動は、啓発された市民としての自覚をもち、過激な行動は慎み、むやみに騒ぐことは控えようと呼びかけがあった。
 これを無視する者たちも一部にいて、そんな人たちは大体が、七十年代方式の運動でなければ運動ではないと非難した。しかし、左寄りかつ左巻きの人たちによる観念的な政治闘争なんかよりも、とくに子を持つ立場から母親が大きな役割を果たす反原発運動は、はるかに力強かった。
 そして、推進する業界と政府の意向を受けて偏向した公安警察などが訊ねてきて、運動の思想的政治的背景は何かとあからさまに質問してきたさい「思想でも政治でもなく、母親です。守らなければならない子供の命があります」と穏やかに毅然と言って、これには威圧的な警官が何も言い返せなかったのだった。
 もう、暴力はお互い様ということは言えなくなった。だから、集会やデモに対して微罪別件逮捕をしたり、女性の髪の毛を引っ張って引きずるなど、とんでもない弾圧があったさい、機動隊は国営暴力団だと非難されたのだった。
 しかし、弾圧とマスコミへのバラマキ工作をしながら、過疎地に対して札ビラで顔をひっぱたき、原発は推進された。安全に配慮したから理解されて受け容れられたのではない。
 その結果が、今の事態である。

人気ブログランキングへ1日1クリックの投票を願います

 
映画 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-03-30 14:06 | 社会 | Comments(7)

リビア侵略の口実

 今、米英仏がリビアにしていることは、侵略である。しかしイラクのように直接攻撃しては、芸が無いし、損失も批判も大きい。
 そこで、民主化を求める世論を捏造し、現地の政治権力を貶め、マスメディアによって流布し、傀儡の勢力を軍事で側面支援する手口である。
 そもそも「ジャスミン革命」なんてまやかしである。本当に各地の民衆が政治改革を求めて次々と蜂起しているなら、あれだけ問題を抱えたイスラエルで何事も無いのはなぜか。欧米一辺倒の人は、イスラエルの政治は民主的だという。だから問題が無いという。しかし現地に住んだ人たちは、実態は民主主義とはほど遠く差別が横行しているという。
 つまり、民衆が蜂起している国々は、外部からの工作でそそのかされているだけである。そして民主化とは、外部から操るための口実である。日本に対してアメリカが行っているように、民度の低さにつけ込んで、大衆を焚き付け、「小泉フィーバー」のように、売国奴を改革者と錯覚させる。
 これに抵抗しているのが、ロシアと中国で、どちらも戦勝国であり大国なので、アメリカや西欧からの、民主化に偽装した侵略を阻止している。これは危険な賭けで、外国からの主権侵害から国を守るために強権で自国民を押さえつけるわけだから、それが自らを浄化しにくくなり、内部から腐敗が進む。
 また、独裁者の強権に寄らないと治まらない国に、無理して地に足着かない民主主義を強要しても、混乱が起きてアルカイダのような急進派の勢力がつけ込むだけである。
 今のリビア情勢は、欧米とくに米英仏の帝国主義が、たんに左翼による観念的な批判ではなかったことを証明した。また右翼としても、帝国主義という批判は嫌いであろうが、欧米支配からの脱却と独立自尊という題目とは重なる部分がある。
 だから、左右の違いを問わず、欧米とは妥協せず緊張感をもった関係でなければ駄目だという認識を共有するべきである。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票お願いします

国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-03-29 13:52 | 国際 | Comments(0)
 「『ナウシカ』みたいなテーマをやると、色々なところから手紙をもらってしまい、困るんですよ。自然を守るっていっても、自分はそういう運動をしていないし、原発の問題なんて言われても,映画は電力そのもので、電力の3分の1は原子力だそうだし」
 と、NHKのテレビインタビューで84年か85年くらいに言っていた。
 そして90年くらいにコミックボックス誌上で「日本人は一度、原発がドカンとこないと、わからないんじゃないの」と発言していた。
 そして今この事態のなか、スタジオジブリ新作の発表という宮崎駿監督であった。心中はどうなんだろうか。

人気ブログランキングへ1日1クリックの投票をぜひ

映画 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-03-29 07:38 | 美術 | Comments(12)
 夏の電力需要が心配されているが、もともと日本の消費はバカげていた。
 日本で電力消費が頂点となるのは、甲子園大会の決勝戦の時である。大勢の人たちが冷房の効いた部屋でテレビを観るからだ。高校球児たちが猛暑の炎天下に苦闘している姿を、大人たちは涼しく見物して面白がっている。
 しかも連戦により選手の身体にさらなる負担となっている。酷暑の時期を避けたうえ試合の間隔を空けるよう改善の提言がなされているのだが、そうすると盛り上がりに欠けると高野連は反対する。これでは興行であって、教育の一貫である学生スポーツではなくなってしまう。
 こんな夏の甲子園を後援しているのが朝日新聞だが、かつて朝日新聞では、勤め人たちの夏の背広姿が過剰な冷房による無駄な電力消費を招いているという女性からの投書一通を掲載したうえ、それに反論する投書を二通同時掲載し、真夏の酷暑でも背広を着るべきだと主張したことがある。
 まず、どんなに暑くてもスーツを着ている父親の姿は素晴らしいという若い女性の投書。そして、オーケストラが曲と観客への礼儀としてタキシードで正装しているのと同様に、真夏でも背広を着るべきだという年配男性の投書。
 さすがは、かつて記者だった筑紫哲也氏が出勤したとき服装が軽過ぎると職場で問題にした朝日新聞である。
 もちろん礼儀としてきちんとした服装をするのはいい。だが、背広は気候が異なるヨーロッパのもので、気温も湿度も違う。もしもベートーヴェンが日本の夏を知ったら、タキシードなんてバカげていると言うだろう。彼の交響曲に描かれる「田園」は、日本の風土とはまるで異なる自然だ。
 また外国のオーケストラが、武満徹の「ノベンバーステップス」を演奏しようと日本から琵琶を持ち込んだら、湿度の違いでひび割れてしまったことがある。
 それに、バイオリンの大スターであるナイジェル=ケネディは、演奏のとき正装するのは権威への迎合であり音楽の価値とは無関係な卑屈さだと言っている。
 つまり芸術と同様に礼儀も文化であり、発生したそれぞれの地に合った内容となって当然である。日本にも気候風土にあった伝統的な正装があるのだから、それを必要なら着ればいい。現に堂々と自国の民族衣装の正装で国際会議に参加してくる代表者もいる。それは征服されざるイスラム諸国に目立つが、しかし民族衣装を着たからと巡航ミサイルが飛んで来るわけではないのだから、見習うべきだ。
 ところが日本は、筑紫氏の元同僚で盟友の本多勝一氏がよく言うように、植民地と化してしまった。それが企業には特に浸透しており、朝日新聞社もそうだということだ。
 今年は、この機会に、日本の夏からエコの敵で民族の恥であるスーツを追放しよう。

人気ブログランキングへ1日1クリックの投票を願います

コラム総合 - エキサイトニュース
冷蔵庫は何時間オフでも大丈夫ですか?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-03-28 01:05 | 雑感 | Comments(2)
 今の事態について、民主党政権の対策がなってないという批判がある一方で,災害対策がなってないのも、原発があるのも、自民党政権の置き土産という反論がある。
 また、原子力政策を推進したのは自民党政権だが、民主党政権になったら原発をやめるどころか外国に輸出しようと売り込んでいた、という現実もある。
 まるで、アメリカのニクソン大統領が、ベトナム戦争を拡大して悲惨なことになっているのだが、そもそも開戦はジョンソン大統領の時で、民主党が始めたことを共和党は終わらせようと苦心している、と言っていたのを連想させられる。
 ジョン=レノンは歌で「真犯人はロックフェラーだ」と言っていたが、財界が裏にいるのは原発でなくてもみなそうだ。その東電の清水社長は、枝野官房長官ほどの体力と根性はなかったみたいだ。
 しかし、日本の民主も自民も、もとは同じで、その象徴的存在なのが、福島県選出の渡辺恒三議員である。福島弁丸出しの朴訥とした喋りが特徴で、自民党に長年居たが大喧嘩して飛び出し民主党へ行き、自民党には顔も見たくない人がいると言いつつ、まだ仲良しの人もいて、それで「自民党との太いパイプ」を売りにする民主党議員である。
 そんな彼は、厚生大臣のとき選挙区の煙草葉農家に気遣い「煙草を吸うと健康に良い」と発言して問題になったが、同時期「原発を作れば国民は長生きする」とも発言し批判されたことは、前に述べたとおり。
 つまり、今回の事態に、自民も民主もない。だから「大連立」という話も出て来るのだ。一卵性双生児が、喧嘩したり仲直りしようとしたりを、繰り返して堂々巡りしているだけである。

人気ブログランキングへ1日1クリックの投票をお願いします

 
経済総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-03-27 21:20 | 政治 | Comments(0)
 放射線医学総合研究所は、福島の原発で被曝した作業員たちについて「健康への影響なし」と退院させるそうだ。
 しかし、政府や東電がマスコミに工作していた疑いが一部週刊誌で報じられ、その疑惑の素になる事実は確かに存在している今の状態なので、医療機関にも隠蔽の裏工作があって当然である。
 だいたい専門の機関は「紐付き」であり、それは影響力を及ぼそうとするからである。もともと、例えば労災を診断する指定の医療機関は、監督署などの「息がかかった所」であり、企業の労務実態について問題を隠したりすり替えたりしてきた。
 そして、今回はまだ必要ないということらしいが、被曝で損傷し皮膚を移植しなければならないとき、最も伝統あるのは東京警察病院だけど、ここは暴力警官の被害を隠蔽し、裁判で「たくさんある書類に埋もれてしまいカルテが見つかりません」と信じられないことを言うところ。
 被曝の治療で戦傷だと皮膚だけでなく筋肉の移植をすることがあるが、これは防衛医大病院でやっている。そして間違った手術で裁判になったら、証拠となる記録写真が、数台のカメラで複数人により撮影していたのに、それらのカメラが同時にすべて故障していたので写真がないと平気で言うところ。
 また防衛医大病院は、地下鉄サリン事件のさい、「被害者はご相談下さい」と院内に貼り紙をしていたが、実は治療の専門医などおらず、門外漢の医師が慌てて文献を読んで専門医のふりをしていたと、同僚に笑われるお粗末さである。
 これだから、この先、被害を過少に見せかけようとする工作が始まるだろうが、ここに医療機関も加わり,被害者の症状を軽く言って、何かあっても別の原因であるという虚偽診断をするはずである。これでは適切な対処が受けられず,懸命に働いている人たちは、たまらない。
 なので、なるべく他の専門医にも相談し、複数の意見をきくべきだ。そもそも「セカンドオピニオン」は必要なのだから、今のような事態にかかわるなら、なおさらである。

 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をぜひ

 科学・環境 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-03-27 20:45 | 社会 | Comments(4)
 電力会社の言い訳「想定外」が、ひんしゅくを買っている。あのような津波までは、安全対策の想定外だったと言う。
 しかし地震によって津波の発生があることは常識だし、原子力発電所は排水の関係で海辺に建設するものだ。
 それでも、よくSF映画にでてくる特撮の津波みたいなのだったら、まだそう言いうるけれど、今回の津波は日本で現実に記録のある規模だ。
 これで、よく「想定外」なんて言い訳ができるものだ。
 ところで、特撮によるおおげさな津波の描写がある映画を調べたら、『地球最後の日』『妖星ゴラス』『日本沈没』『メテオ』『アビス』『デイアフタトゥモロー』などなどきりがないのだが、津波よりも、今ちょうど原発がらみで黒澤明監督の『夢』が、また話題になっている。
 まず、日本でもっとも世界的に知られている監督の作品で、しかも時勢に合いすぎているからだろう。
 最初の逃げ惑う群衆の描写は、黒澤監督の親友で『ゴジラ』などの本多猪四郎監督の演出補佐だから、描写がよく似ている。ゴジラが放射能を吐いたり、モスラが東京タワーを折ったりしていたが、怪獣映画での破壊が現実とは何ということだろう。
 爆発の描写は、黒澤監督を崇拝するジョージ=ルーカスが、彼の代表作『スターウォーズ』の特撮スタッフを動員して協力している。
 そのあとの展開については、東電の上層部に感想をきいてみたいような話だ。
  


映画 - エキサイトニュース

人気ブログランキングへ1日1クリック投票願います
[PR]
by ruhiginoue | 2011-03-27 06:22 | 映画 | Comments(3)