井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2011年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 「やっぱり最後に頼れるのは最高裁」
 橋下サンは喜んで言っていた。何万通もの懲戒請求で嫌がらせをしようとテレビで呼びかけたのに、たくさん懲戒請求が来たのはテレビを見た人が多かったからだと事実をねじ曲げてまで庇ってあげた最高裁は、タレント弁護士から政治家へと転じたことを意識したのだろう。
f0133526_1594435.jpg これは、八海事件の裁判をもとにした映画『真昼の暗黒』で、偽証と警察の拷問により冤罪に陥れられた青年が、到底ありえない事実認定により有罪となってしまい、「まだ最高裁があるんだ」と悲痛に叫ぶラストシーンとは大違いである。
 八海事件の裁判で被告に付き、映画の原作となった『裁判官 人の命は権力で奪えるものか』を著した正木ひろし弁護士らと、橋下弁護士とは正反対の立場にある。
 そして、虐げられた者にとって最後に残った僅かな希望ではなく、権力に媚びて弱い者虐めをしている連中にとって「頼りになる」のが最高裁である。だから「最高裁は最低裁」と皮肉られる。
 これは今始まったことではない。だから、ついに家賃の「更新料」は違法ではないという初判断までしてのけた。
 TUTAYAだって更新料を取るが、その代わりに今後も利用する約束をしていただいたお礼として無料チケットを渡す。そうでもしないと、今では他の手段が幾らでもあるから客が逃げてしまう。
 ところが住居については、持てる者と持たざる者の力関係によって契約が半強制的である。それを、自由に契約しており高額でなければ問題無いという判決だが、高いから無理強いされたと感じて裁判沙汰になったのだ。安かったら面倒で金と時間のかかる裁判なんて最初からしない。
 判決文を読んで不愉快になったのは、これが三番煎じくらいになっている内容だからだ。すでに労働事件であった。労働者の権利を侵害していても、そういう約束で雇ってもらったのだから文句を言うな。嫌ならそこに就職しなければよい。現実社会の実態を無視しているので糾弾されたものだが、それを恥しらずにも猿真似して見せている。
 この調子では、次は原発被害について強引に否定し、東電への賠償を片っ端から棄却することだろう。国民は覚悟しておいたほうがいい。


  人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-07-16 11:56 | 司法 | Comments(0)
 橋下弁護士のデタラメ発言の裁判は、まったく予想していた通りの結果である。
 地裁では、名誉毀損も懲戒の不法行為も認定して賠償命令。
 高裁では、名誉毀損は認めず、懲戒の不法行為だけ認定し賠償減額。
 最高裁では、両方とも否定し、賠償をすべて棄却。

 他の裁判でも同じことが何度も起きている。

 例えば、学校のイジメの裁判のこと。
 地裁では、イジメの存在と学校の責任を認定。
 高裁では、イジメの存在は認めたが、学校の責任は否定。
 最高裁では、イジメ自体が存在しなかったとして訴えを全否定。

 つまり、地裁、高裁、最高裁へと行くほど、権力に有利な判決になる。

 これは、司法官僚制度の構造から来ている。
 権力にこびへつらう判決を出すほど、地裁から高裁さらに最高裁と登るシステムである。
 この構造からすれば、一部の例外をのぞけば、今回のような判決は当然のこと。

 だから、最初から完全に予想されたことなのである。

 これを一番よく理解していたのは橋下氏であろう。彼は、日本の司法なんてしょせんはそんなものであることがわかっていたはずだ。
 もちろんそんな彼だって、最高裁の強引さには驚いたはずだ。発言の中に誤った内容があり、しかもそれは、弁護士のくせに法制度についての間違いであった。それで迷惑をかけてしまったことは認め、彼は素直に詫びていたのだが、それを迷惑がかかっていないというのだから。
 しかし驚きはしても、やはり政界に出ておいて良かったという思いは強まったのではないか。
 これに対して、橋下ケシカランと問題にしている人たちは、なにもわかっていない。だから、負けるのだ。それで、そんな人たちと袂を分かったのだった。
 前にここでも明言したが、橋下弁護士に対する懲戒請求には名を連ねていた。この請求は認められた。処分は軽すぎるが。
 ところが、問題の橋下弁護士に誹謗された弁護団にいた若手弁護士が、その後スタンドプレーのような発言をしたため、弁護団から追放されてしまったけれど、その弁護士が言うには、自分なりにがんばっているのに弁護団の先輩弁護士たちからは見下されて、若いのに生意気だとの意味で言われた言葉が「安保闘争も知らないくせに」だったので、その当時まだ生まれていないから知らなくて当たり前だし、そもそも今やっている仕事と関係が無いじゃないかと嘆いていた。
 この話を聞いて、いかにもその世代の爺さんたちが言いそうだと思いはしたけれど、実際にはどうか不明だった。そして直面したら本当だった。一部の例外ではなくほとんどかそうだったから、すっかり愛想が尽きてしまったのだった。これで勝てるわけない。裁判官たちにも、舐められてしまったのだろう。だから典型的な逆転敗訴パターンとなったわけだ。

 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-07-15 19:49 | 司法 | Comments(2)
 脱原発について、菅総理は目指すと宣言し、枝野官房長官は遠い将来に実現する目標だと言った。しかし、最悪の事態となってしまってから言い出しても手遅れで、この状態の日本に「遠い将来」があるかどうか。
 おそらく菅総理は、芸能事務所から退社した肉体派俳優と同じように、辞めることになったからシガラミが無くなり、脱原発と言えるようになったのだろう。
 あの肉体派俳優は、大企業はスポンサーなので、脱原発を言うと芸能人は干されてしまうと言っていたけれど、これは総理大臣も同じことだろう。
 だから、つい昨年まで原発を推進し、外国にも技術を売り込んでまわっていた菅総理は、その外交と経済の実績を誇示していたのに、辞めるとなった途端に、事故があっても言わなかった脱原発を堂々と口にしたのだ。
 つまり、政権交代しようと総理になるには財界の顔色を伺うしかないことは変わらず、その現実を改めるように有権者は努力しなければならないのであって、ただ政府と総理を批判しても虚しいということだ。
 これはすでにアメリカについて言われてきたことだった。民主と共和の二大政党はどちらも財界の紐付きであることは同じ。だから大統領になりたければ財閥にごまするしかない。
 それで、石油成金一族のブッシュ大統領と対立するゴア元副大統領が、『不都合な真実』と主演映画まで拵えて環境問題を説き、原発は温暖化防止になるという大嘘へと誘導することで、業界の後ろ盾を得ていた。
 また2004年のアメリカ大統領選挙の候補者であるジョン=ケリーとジョージ=W=ブッシュは、2人ともあの悪名高いS&B(スカル・アンド・ボーンズ=Skull and Bones=頭蓋骨と骨)の出身者で、イラク戦争を起こしたブッシュ政権を批判しているはずの対立候補までが、戦争で金儲けしようという団体に属していた。
 ついにケリー議員は先日になって本性をあらわし、戦費で財政逼迫のアメリカは外国に対する軍事開始入を控えるべしというオバマ大統領に対し、アフガンから撤退した米軍をリビアへ送るよう、共和党のマケイン議員と共闘して、その法案を成立させた。
 このマケイン議員も元大統領候補だが、元軍人の政治家で、かつてデタラメ情報に基づきイラクと戦争すべきと熱弁を奮っていた。
 こうした圧力にオバマ大統領は屈した。かつてイラク戦争に疑義を呈した勇気を評価されて当選が決定的となり、就任後は軍縮姿勢をとってノーベル平和賞を受けたはずなのだが。
 これは財界主権というべき政治の現実によるもので、後ろ盾が同じなら政治家だって金太郎飴になる。ところがアメリカ国民はこれを改めることができず、民主党も共和党も大同小異で同じ穴のムジナであると絶望的になり、選挙の投票率はどんどん低下しつづけているから、自民が駄目だからと期待した民主も同じだったという日本と同じである。
 そして、そんな政治がまかり通る構造を問題にせず、政治家個人の批判ばかりして有権者としての自覚に欠けた国民も、日米共通である。アメリカは駄目でも、日本は教訓を得たはずだから、駄目ではない可能性がある。乏しい可能性だが無いよりはマシだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

政治 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-07-14 18:55 | 政治 | Comments(4)

リクルートスーツ

 ご時世による省エネのため、「クールビズ」が就職活動にも及ぶかという話。真夏に暑い服装をして、汗だくとなりながら大勢の学生たちが、会社訪問とか企業説明会に行く姿は、想像するだけで不快である。
 ところが、企業の人事担当者たちは、自分のブログでクールビズについて述べながら、あやふやだったり思わせぶりだったりするため、学生たちの多くは疑いを持っているらしい。
 それらは、クールビズを正しいとしながらも、同時に身だしなみの大切さを説き、どちらも、何をもってクールビズであり、何が身だしなみかという点が、不明確である。
 ほんとうに社会的意義からクールビスを推奨するつもりなら、ハッキリと、うちは上着は着なくて結構とか、うちはネクタイしなくて結構とか、色は黒でなくても良いとか、明言するべきだろう。
 ところが、そうではないものだから、クールビス歓迎といいつつ、それはフェイントで、堅苦しく暑苦しい服装をして来なかったら振るい落とすなど、学生の反応を試そうとしているのではないか。そう疑われているのだ。
 こんな疑いを持たれるのは、そうした伝統があるからだ。九十年代の不景気が始まった時期に、それまでの好景気から逆転し、労働力は買い手市場となった。そんな時こそ、優秀な人材を確保する絶好の機会である。そう考えるのが、良い人事担当者である。ところが、自分が優位に立ったという劣情が湧いてしまい、陰険な態度をとって悦に入る不良人事担当者が少なくなかった。
 それについて、当時八十歳代の男性が新聞に投書し、ちょっとした話題となっていた。人材が不要なら最初から募集しなければいいし、振るいにかけるなら実力や可能性を吟味するべきだ。
 ところがくだらない難癖を付けていると、若い人たちに聞いた。よくある会社訪問用の背広を着ている人には「個性が無い人は駄目」と言い、個性的な服装をしている人には「協調性が無いから駄目」と言う。
 これは、かつて軍隊に居たときの自分の体験と同じだと、彼は書いていた。言えば言ったで「口答えした」とか「生意気だ」と殴る癖に、言わなければ「何を黙っているのか」と殴る。こういう上官がざらにいた。
 そして戦後半世紀以上も経っているのに、同じことをしているのだから、日本は進歩がなくて情けないと嘆く。日本は戦争でも優秀で、勝つことも出来たはずだが完全に負けた。その理由はいろいろ言われているが、軍隊がこんな馬鹿げたことばかりしていたのだから、それだけでも負けて当然だろう。
 そして、企業も、世界的に優秀なことは間違いないけど、こんな旧軍隊と同じように馬鹿げたことをしていたのでは、いずれ外国との競争に負けてしまうだろう。
 この指摘は、当時なるほどと言われていたのだが、にも関わらず改まっていない。旧日本軍では、戦闘中に後から撃たれて死んだ指揮官が大勢いて、それくらいの恨みを受けていた。企業も、就職しようとした学生たちから悪い評判が広まった。
 こうして、次第に現在の没落へと向かったのだろう。
 
  

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

経済コラム - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-07-14 16:30 | 経済 | Comments(8)

Paix②

 昨夜は、屋形船で会食があった。
 ゲストはPaix②(仏語・ぺ・ぺ=平和平和)という女性デュオ。
 彼女たちはテレビの主題歌などで活躍しているけれど、その一方で少年院や監獄など更正施設の慰問ボランティアコンサートを各地で何百回も行い、法務省から感謝状をもらっている。

f0133526_1462311.jpg


 船は浅草橋から出航して、お台場の方まで。

f0133526_14342688.jpg


 料理は天麩羅が盛りだくさん。
 食べているのは、この会合を主催したパロディコラージュで知られるマッド・アマノさん。
 奥にいるのは出版社の社長さん。

 出航した時は夜七時近いが、やはり夏なのでまだ明るい。
 後に塔が見えるが、こんなものが作られたのだと再認識。

f0133526_1484129.jpg


 しかしすぐ暗くなり、他の屋形船の照明が、水面を照らしている。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
by ruhiginoue | 2011-07-13 14:23 | 雑感 | Comments(8)
 英国人女性を強姦目的で襲い死亡させた男性の裁判で、被害者の英国人遺族が検察側証人として出廷し、日本でもっとも重い刑を希望し、それが死刑ならそうして欲しいと述べた。
 つまり、日本国は自国民を殺せと外人に言わせるとんでもない国である。
 どこの国でも、外国に対して自国民を擁護するのが基本だ。ただし、公正に審査したうえで、有罪が明らかであるとか厳罰が相当とか、自国民の利益にならない結果となってしまったのなら、当地の法律や制度を尊重するものだ。
 ところがこの裁判は、ただ遺族の感情を検察が利用しているだけである。犯人を厳罰に処したければ、言い逃れできないよう緻密な立証をするべきだ。その自信がないから、情緒に訴えるため遺族を引っ張り出す。
 しかも、遺族の気持ちを語らせることで判断の参考とするのではなく、素人なのに刑罰をこうして欲しいと言わせたり、被告なら当然の権利である抗弁をしていることをもって主観的に、被告は反省していていないと言わせたり、などと、最近流行の検察の手口そのままである。
 これでは、後に実態を知ることになる英国人遺族も、日本の司法の後進性に呆れるだろう。
 こうした検察のやり方は、手抜きである。その埋め合わせに卑怯なことをする。悪い犯人を許せないと心底から思うなら、税金を使っておいて手抜きをする司法機関も許してはならない。
 これでまた、日本は国際的な評価を下げた。外国に行くときは、ますます注意しないといけない。自国民を粗末にする日本から来たとして、舐められるからだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-07-11 16:46 | 司法 | Comments(16)
 もちろん、「日の丸・君が代」を強制している連中はファシストであるし、「愛国心はならず者の最後の砦」は真実だと思う。
 また、前に述べたとおり、本当に問題のある教師たちは、勝手なことをしまくって生徒児童を苦しめはするけど、そういう弱い者いじめする奴は強い者には逆らわない。
 だから、ほんとうに悪質な極左の教師どもは、自分が睨まれたら嫌なので「君が代」に堂々と反対することは無く、一方で、どうしても思うことあり抗議の意思を表明する人ようなバカ正直な人ばかり迫害される。
 これは、スパイやテロリストを取り締まる法律を作っても、本物はそれ相当の知恵があるから捕まりっこなくて、弾圧に乱用されるだけなのと同じだ。
 ただ、正々堂々と蛮勇を発揮することは結構だが、それでも権力に真っ向から反抗するなら、頭を使わないと駄目だ。
 今回、君が代の不起立を保護者らに呼びかけて卒業式の進行を妨害したとして威力業務妨害罪に問われた元都立高校教師の有罪が、最高裁で追認されたけれど、「生徒児童と保護者には不起立する権利も有る」と啓発すれば良かったのに、「不起立しよう」と呼びかけてしまったから、足下をすくわれたのだ。
 つまり、同じ結果になるよう働きかけながら、逃げ道や落とし処も考慮しておくべきだった。それをしないで、不当判決と怒ってばかりでは、せっかくの蛮勇も負け犬の遠吠えになってしまう。
 ところが、そういう意見を言うと、敗残兵の皆さんは「悪いのは政治家だ」「裁判官が悪い」と叫く。もちろん政治家も裁判官も悪い奴らばかりだ。だから、そんな悪い奴らとどうやって戦うか考えないといけない。
 しかし、それを言うと今度は、「正しいだけで良いんだ」と開き直る。では正しいほうが負けて良いのか。正しいと信じるなら、勝つための努力が必要だ。この指摘をすると、「正しいから勝って当たり前だ。そうならないのは世の中が間違っているからだ」と言う。
 しかし、そもそも政治的な裁判とは、絶対的に正しい者と絶対的に間違った者との争いではない。あくまで主観的な正しさ同士の争いにすぎない。そう指摘すると、「そんなことを言うのは、我々の正しさが理解出来ないからだ。もっと勉強しなさい」である。
 これは笑い話のネタではなく、この種の運動をしている人たちと話すと、実際に必ずこういう話の展開となるのだ。
 だから、ファシストやならず者は許せないので、自分なりに戦い続けてはいるけれど、上記の種の人たちとは共闘する気にならないのだ。 


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

 
社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-07-07 21:13 | 司法 | Comments(13)
 「公害」実は「企業害」が問題になった六十年代から七十年代にかけて、住民が独自に汚染を調査して明らかにしたものだった。これはもちろん、企業は誤魔化してばかりいるし、公的機関も天下りなどで懐柔されてしまい真実を調べようとしなかったからだ。
 そして今年は原発爆発事故である。茨城県の小学校で、プールや側溝を掃除した際に出た泥から放射性セシウムが検出された。1キロ当たり約1万7千ベクレルで、国の汚泥の埋め立て基準値(8千ベクレル以下)の約2倍だという。これが判ったのは、保護者が清掃で集まった泥を検査機関に持ち込み、独自に検査したからだ。
 つまり、昔も今も、真実が明らかとなるのは、市民の自主性によるわけだ。
 可笑しいのは、一部の右翼が、これまで関心が無かった原発を今になって騒ぎ始め、存続を叫んでいることだ。経済などまるで知らないのに「日本経済のため」と言っていたり、脱原発を主張する人たちの中に左翼がいるからというだけで「反対の反対は賛成なのだ」と『天才バカボン』のギャグになっているから、滑稽である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

 健康 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-07-06 21:42 | 社会 | Comments(2)

名誉市民

 ヒトラーの生家があるオーストリア中部ブラウナウ市が、ヒトラーにかつて与えた名誉市民の称号が取り消されていない疑いが浮上し、市が調査したうえ事実なら取り消すことになる。
 出身者で有名人がいると、当地の知名度向上に貢献したとして名誉市民とするものだが、その功績の内容が問題になることがある。
 日本では、志村けんが東京都東村山市の名誉市民であるといわれていたが、同市は否定していた。出身者としてもっとも有名であり、同市の知名度向上に貢献したとして市長から感謝状をうけているが、これにも反対があったらしい。
 それというのも、志村けんの替え歌「東村山音頭」によって、同市は一躍有名になったのは間違いないが、あの替え歌は本物を冒涜しているという批判もあったからだ。
 
 

これが本物の東村山音頭。




名誉市民に相応しいかどうか?志村けん版



 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします





国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-07-05 19:46 | 芸能 | Comments(2)
 原発事故について、電力会社は私企業だが公共性の高さから公開原則が適用されるべき。ところが秘密主義のため、これが何かと問題であるという話を、例の武田邦彦教授らがしている。
 そのなかで、原発の構造は、狙われないようにと非公開となっているそうだ。
 この話は、チェルノブイリ事件の直後である八十年代後半に、すでに言われていた。非公開だと問題だが、公開するのも危ない、と業界関係者がテレビ出演で言っており、そのとき同席した大島渚監督が、「長谷川和彦監督の『太陽を盗んだ男』みたいなことを気にしているんだろう」と発言していた。
 この映画のように、材料さえあれば中学校の理科教師でも原子爆弾が作れる。ただ、設備の問題で映画のように東京を吹っ飛ばす威力は無理という指摘もある。
 しかし、組織的にやれば話は別で、『バック トゥ ザ フューチャー』では、タイムマシンの動力に核が使われるが、これはリビア人の工作員が原子力施設から盗んだものを博士が騙し取ったものだった。
 この映画の八十年代の半ばでは、リビアは強硬路線により核開発に熱心だったが、後からカダフィ大佐が考えを変えて路線変更し、武力より経済を重視し始め欧米と関係改善を進めた。
 これを大佐の変節と捉えて怒っているのが、今のリビア反乱勢力である。だから、石油利権やアフリカの金本位制移行を阻止したりするために、邪魔なカダフィを追い落とそうとして急進派を支援する欧米は、『バック トゥ ザ フューチャー』のころのリビアに戻そうとしているわけだから、実に愚かだという批判が起きている。

 ところで、近所の公営プールが、今年は汚染問題で騒ぎになっている。役所も各党派の議員たちも、ホットゾーンがあったら大変と各地で計測しているが、プールは大丈夫だろうか、と。
 やめた方が良いという意見もある。リハビリに水泳はもっとも有効なのだが。
 
 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
 

経済コラム - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-07-05 19:19 | 社会 | Comments(6)