井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2011年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 最初の報道では、リビアにエジプトの「ジャスミン革命」が飛び火し、大衆が蜂起して軍部も政府に離反が相次ぎ、カダフィ政権は傭兵だけが頼りだから、あっさり政府は転覆されるとされた。
 ところが、反政府暴動はあっさり鎮圧された。するとNATOが軍事介入をはじめた。空軍力を行使すれば一般人が巻き添えになるので、飛行禁止区域を設定するという話だったが、NATO軍の攻撃により一般人が殺傷されたうえ、カダフィ個人を殺害するとまで英国首脳は公言し、話がちがうと国際的に批判された。
 そしてNATO軍の全面支援を受けた反乱軍は首都を攻撃した。攻撃はあっさり成功したと報じられたが、捕まったはずのセイフイスラム氏が姿を現すなど、報道は成果ばかり誇張する大本営発表であった。
 また、日本の独自の報道も親米ポチぶりが発揮された。特に『毎日』の報道は「カダフィの反米姿勢により国民は迷惑した」と根拠もなく断定して、カダフィが強硬な反米で喝采を浴びてきた現実とは逆に言ったうえ、「リビアでは英語が話せる国民はたった2パーセントになってしまった」と言うトリポリの教員の談話を紹介した。親米すぎるほどの日本だって似たような数値のはずだが、それにしては系列のTBSの放送では、陥落した首都トリポリの一般人たちが口々に「カダフィが居なくなって良かった」「これで我々は自由だ」などと、みんな英語で言っている。整合性をつけるとしたら、全国民のたった2パーセントの人たちにばかりインタビューしたことになる。
 これでは、報道を信用するわけにはいかない。だいたい、NATOも含め外国勢力の支援を受けた連中がリビアで支持されるわけない。ベドウィン遊牧民はとても気位が高く、何度も外国軍と戦った歴史がある。「鬼畜米英」と言いながら戦争を仕掛けて惨敗すると「ギブミーチョコレート」と言う民族とは違う。それが悔しいから「チャンネル桜」はNATOを批判しているのだろう。
 そして、リビア内戦の分析はどれも「大本営発表」とは違い、カダフィ軍は敵と正面衝突を避けて後退しながら引きずり回し、そのつど敵の勢力を削ぐ戦術をとっているようで、早期終結を望むNATOの思惑を知っているようだ。
 なぜNATOは焦るのかというと、戦費がかさむことを避けたいからだ。すでに財政難となっていて、ドイツが無心されている。次は日本がたかられる可能性がある。気をつけなければならない。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします




 
国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-09-01 09:42 | 国際 | Comments(6)

拉致事件は解決済み

 北朝鮮外務省の日本担当者は、拉致事件について話し合う意思がないと表明したそうだ。
 一つは、野田総理の内閣に期待できないから。新政権が発足しても、このところ日本は大臣が頻繁にかわっているので、交渉しても継続性がない。
 もう一つは、拉致問題は解決済みとの認識だから。日本人行方不明者の中で、北朝鮮に居ると判明した人たちは帰国したので、もう外交懸案は解決したということだ。
 例外もあって、行方不明になってから自分の意思で北朝鮮に住んでいる人もいるが、そういう人は外交交渉とは無関係に、自分で日本の家族に連絡して家族を招いたり好きにしているので、拉致問題とは無関係である。
 それ以外の人たちは、明らかに北朝鮮とは無関係、さっぱり判らない、北朝鮮に居たけれど既に死亡している、と3つに分類できる。
 1番目はこの問題からまったく除外されるし、2番目の人たちは時間の経過が大きうえ手がかりが無く究明は不可能、だから問題は3番目の人たちだ。
 これについては、田原総一郎の発言がもとで騒動になった。日本の外務省は、亡くなったと言われる人たちは実際に亡くなっているという認識である。ところが、希望を持ち続けたい家族が現実を受け容れないので、外交が進まなくなってしまったということだ。
 これは、どう考えも本当に亡くなっている可能性が高い。それは家族だって解っているはずだ。ただ、確実に全員が亡くなったとまでは言いきれないので、自分の家族はそのうちに入るのではないかと期待するだろう。それは僅かだが、心情としては当然だ。
 その、少数の人たちのさらに僅かな希望に、国全体が振り回されても困る。しかし、それを言うと薄情の誹りを受ける。だから外務省としては風化するのを待っているはずだ。それを北朝鮮も認識しているから、もう関知しないという態度なのだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
 

国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-09-01 08:54 | 国際 | Comments(3)