コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2011年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 「環太平洋パートナーシップ」(TPP)交渉への参加を政府が決めたらしい。
 これを評価するのは、もともと交渉への参加とTPPへの加盟を支持していた産業界や経団連を中心とする大企業で、なぜなら、それによって日本製品の輸出障壁が取り除かれるからだ。
 しかし農家は反対の姿勢を示していて、それというのも農業分野では製品の競争力が不足しているからで、質が高くてもそれ以上に原価が高すぎるし、そのうえ原発事故のため、日本の農業製品に対して日本国内でも世界各国でも慎重な姿勢がとられており、ここでもし貿易障壁が取り除かれたならば、日本の農業は外国からの安い農業製品に圧倒されることになるはずだ。
 そして、日本政府は交渉参加を決めたわけだが、しかしこれは農家より財界を優先したというのではなく、アメリカに対して完全に追従するとの方針を示したことに他ならない。
 それだけアメリカの圧力が強かった。アメリカは、保護主義的に守られている日本市場の開放を求めているうえ、太平洋地域における共同体を積極的に推進することで、増大する中国および独自の展開を見せるアセアン(東南アジア諸国連合)などに対抗しようと目論んでいるからだ。
 さらに、オバマ大統領の変節が、これを推進している。就任前の選挙演説だと、オバマ氏は常に自由貿易協定を明確に批判し、反対論をぶっていた。資本と投機筋ばかりの利益となって、労働者や消費者ひいては国全体の利益にならないと言って。
 ところが、彼は就任してから実績が作れなかった。まだ何もしていないが期待の意味でノーベル平和賞を受けながら、石油利権強奪のためトマホークミサイルとアパッチヘリによる大量殺戮をし、財政再建のため支出とくに外国介入の戦費削減を、という国内の要請を無視して大資本だけに貢献してしまい、他の政策も成果なく経済は振るわないままだから、当然に支持率低下で次の選挙での再選が危ない。
 しかし、大資本には貢献した。だから現在では例のゴールドマンサックスなどから資金提供を受けている。そして、これまでの主張とは正反対の政策を強引に実行しようとしているオバマ大統領である。
 こうなると、アメリカの大統領が次に誰になろうと政策は変わらず、これに日本の総理は誰であろうと追従せざるを得ず、それでも逆らったら三途の川の向こう岸からカダフィに手招きされることになる。(あくまで喩え。イスラム教でも「三途の川」があの世とこの世の境界にあるかは不明)
 では、個人的にはどう対処したらよいか。これは次の話題にしたい。
 
   

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-11-16 19:02 | 経済 | Comments(20)

「届」と「願」の違い

 あるネット上コラムで、「退職届」と「退職願」の違いについて解説していた。「届」だと、それで決まりだが、「願」だと、決まるまで勤務先はどうするかと考えており、その間に出したほうは願いを撤回することもできる。すると、「届」なら勤務先の都合でやめさせられることになるが、「願」だと自らの希望によるので、失業保険などに影響があるから、たった一文字でも注意が必要とのこと。
 これと同じことが、高校の時に学校であった。それまでの「アルバイト届け」が「アルバイト願い」に変更された。これは届け出制度から許可制度へ、原則自由から原則禁止へ、正反対180度の変更であった。
 かつて、経済的な理由とか、人手が足りないのを手伝うとか、何か事情がある場合に、やましいことがないなら堂々と学校に届けていれば良いということで、学校と生徒との信頼関係に基づいた制度としてできたのだったが、それを、生徒は信用しないことにしたわけで、経済的事情があるとしたら、それが本当かどうか保護者に確認するという、プライバシー侵害である以前にたいへん失礼な、チェックすると言い出したわけだ。
 しかも、かつて学生運動が盛んだった時代に、先輩たちが学校側と交渉したうえで合意したものだったのだが、それを職員会議だけで決めてしまい一方的に強要するということだ。
 ところが、この一文字の違いが理解出来ない生徒が多かった。今思うと恥ずかしいのだが、自分も気付かなかった。気付いたのは、近隣の高校の生徒会の会合で話したさい、指摘されたからだった。
 この指摘をしてくれたのは、他の高校の一年生の女子だったが、学校にある当時の記録を調べて、近隣高校生徒会会議記録を閲覧したから、容易に理解できたのだった。
 これは、同校が伝統的にその分野でしっかりしてきたからで、この水準のことが出来ていた高校は、少なくとも同じ学区にはなかった。この高校について、同じ学区の女子校を卒業している小宮悦子アナウンサーが、テレビの『ニュースステーション』で「あそこは高校というより大学だから」と評した。
 それが生意気だという地元教育界の連中と自民党が、儀式ではなく生徒たちによる歓送迎会を開催する同校の伝統に対し「入学式と卒業式で日の丸君が代をやっていない」と難癖をつけて弾圧した、埼玉県立所沢高校であった。
 そして、「所沢高校生に入れ知恵された生意気な生徒会役員」が、「届」と「願」は180度違うと言って問題にしたら、我が母校の教師は「文句があったらお前が所沢高校に行けば良かった」とか「気になってお前の入学試験の成績をみたら、けっこう良かったじゃないか」と言った。「親の勤務先が潰れたため、行くつもりだった私立高が駄目になり、慌てて公立高校に願書を出した」と、屈辱的な事実を言わせたかったようだ。
 そして生徒会の顧問だった教師は「いいか、どうせお前たちはバカなんだ」と罵倒した。他の教師たちも、似たようなものであった。だから職員会議が勝手な決定をしたのだった。
 しかし、後に同級生の多くは言う。「しかし感謝しなければいけない。そのご指導のおかげさまで、私たちはこうして可も無く不可も無く平凡で幸せに暮らせるのだから」
 そして、この不景気の中で生活苦に喘いでいる人も少なくない。たぶんリストラの対象となったら退職「届」とすべきところで「願」と書いてしまうのではないだろうかと心配である。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-11-14 18:59 | 雑感 | Comments(3)
 出版業界では、新聞の書評に取り上げられることを希望する。売り上げにつながるからだ。ただし、これは『朝日』でないと駄目だと言う人がいる。どこであっても取り上げてくれないよりはマシではあるが、しかし『毎日』などは部数が少なく、影響力が乏しいからだ。
 では『読売』は『朝日』より部数が多いけど、なぜ駄目なのか。それは、『読売』の読者は書評を読んで本を買うことがないからだ。つまりスポーツ新聞なのだ。
 そんな『読売』が、読売巨人軍の内紛を他紙に比してやけに小さく扱ったとして話題である。ガッカリして購読をやめたという読者もいるそうだ。
 もちろん、TPPなどもっと重要な話題がある。しかしそうした話題は他紙も大きく報じており、そのうえで「巨人内紛」も大きく取り上げている。だから紙面制限の問題ではないはずだ。
 あくまで『読売』はスポーツ新聞なのだから、他紙とは重要性についての基準や価値観が違うはずだ。岸総理の迷言「安保反対のデモで国会前に人がいっぱいだというが、プロ野球場の客席だって人がいっぱいだ。こうした声なき声に我々は応えなければならない」というのと同じである。他の問題を差し置いても、巨人の話題を一面トップで報じるべきであろう。
 ただ、『読売』はプロ野球と原発の宣伝が主を目的としてきたから、原発事故と同じように、不祥事は小さく扱いたかったのかもしれない。
 そして、長島茂雄の迷言のとおり、政権交代するようになったらプロ野球は無くなるという前兆なのかもしれない。世の中が変わって、過去の時代に取り付いて存在してきたものは消えるということだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-11-13 15:34 | 体操 | Comments(2)

老人犯罪の時代

 一部のマスコミが騒いでいる、犯罪の増加や凶悪化とはまったくの嘘で、実は犯罪が全体的に減少しているという指摘がある。
 それは、社会の安定や成熟により当然のことなのだが、なのに法律が甘いとか厳罰化しろとわめく人たちがいるわけだ。そして、とくに少年法が甘やかして未成年者の犯罪を増加凶悪化させているとデタラメをいう。
 こうしたデタラメは週刊誌などか煽っているが、これに一部の知ったかぶり芸人が同調している。その中には歌手だった美輪明宏がいるが、彼(彼女?)は『徹子の部屋』で社会問題を説くと謳って出演したとき、『新潮』などの右翼週刊誌の煽り記事を受け売りしたうえ、「少年法なんてエセヒューマニズムよお」とオカマ言葉で言い「敗戦の混乱で貧しい子供が食べるものに困って盗んだりしたから同情してやっただけ。今は意味が無い」などと、歴史的経緯と法律の意義に反した話を得意になってしていた。芸人だから法律や社会学を知らなくても責められないが、だったら黙っているべきだ。
 そして、「子供でも、少しでも悪いことしたらぶっ殺さないといけないのよお」「子供のころから、悪いことしたら殺されるって教えてやらないといけないんだわあ」と、ファシズムそのものである。
 その一方で、自らを長崎の被爆者として戦争反対を説き、週刊金曜日という左派雑誌にも登場し、反権力反体制を標榜し、その意思表示として女装していると言う。
 このような、反権力反体制と言いながら、無知に基づいた草の根権力主義者である人は多い。そんな人が何と言おうと、犯罪は減少しており、特に十代と二十代の若い人による殺人事件が激減している。
 そして、その激減にもかかわらず、全体をみると、減少はしていても激減にまでなっていない。それは、六十歳代が起こす殺人事件が激増しているためである。これは統計から明らかになっている。
 つまり、自分の世代で凶悪犯罪が激増しているのに、若い世代が悪いと言っているわけである。「最近の若い者は」ではなく「最近の年寄りは」と言われるわけである。
 そして、反権力とか反戦と声高な一方で、弱者を虐げるファシストなのだ。これは、戦争について個人的に懲りてはいるから反対するけど、軍国主義教育を受けてきたから染み付いたまま抜けないでいる世代であるためで、その少し後の世代だと、学生運動で暴力をふるってきた世代だから、ではないかと言われている。
 実際に、平和だの人権だのと叫んでいる人たちと接すると、その運動内部では弱い者虐めや暴力やセクハラがはびこっているのを目撃する。それについては、以前から「土日P爆弾事件」とか「日の丸君が代反対」などを例に挙げて具体的な指摘をしてきたから、読んで下さった方々にはおわかりだと思う。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-11-10 12:58 | 司法 | Comments(3)

ユダヤ人とシオニスト

 ジャーナリストのミシェル=コロン氏については先日紹介したが、彼は最近、シオニストが欧米で暴虐をふるって政治経済の混乱や戦争を煽っていることについて持論を展開している。
 それによると、そもそもシオニズムとは過激思想であり、信奉するシオニストとは急進派でしかない。そして、ちょうど、本当のイスラム教徒はアルカイダなんてイスラム教本来の教えに反していると批判するのと同様に、本当のユダヤ教徒はシオニズムを否定し、シオニストのすることを批判している。
 しころが、やはりシオニズムやリビア戦争について同様の批判を展開しているアラン=ソラル氏は、コロン氏の言うことは大間違いだと言う。
 そもそもユダヤ教の基本的な教義が差別的であり、そこからシオニズムは発生しており、ユダヤ教徒は圧倒的にシオニストで、これを批判しているユダヤ人は教徒全体の1%ほどしかいないという。
 これはよく議論されていることで、ユダヤ人は進歩的とも極右とも言われるし、禁欲主義者と拝金主義者とがいるし、共産主義者と反共主義者とがいるし、それは場合によってご都合主義により態度が変わるからだと、日本ではデーブ=スペクターなんかを引き合いに出して言われたりする。
 これについては、日本人はこうだ、韓国人はこうだ、中国人はこうだ、というのが「受ける」けれど「受け容れられない」というのと同じだから、現実に今の世界へ害悪を及ぼしているシオニストを問題にするとしたら、コロン氏のように論を展開するほうが説得力を持つのではないだろうか。
  

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-11-09 22:09 | 国際 | Comments(1)
 ヨーロッパ文明の発祥の地はローマとギリシャで、技術と成金のドイツなどもコンプレックスがあると言われる。これはアジアだと、やはり技術と成金の日本が「中国四千年」とか「インドの山奥で修行して」(作詞・国士の川内康範)という言葉に弱いのと同じだ。
 ところが、こんな皮肉がある。ローマ人とギリシャ人が、古代文明について自慢し合っていた。
 「古代ローマの遺跡の地下を掘ったら、電線を埋めた痕跡があった。すなわち、古代からローマでは電信電話通信が行われていた。すごいだろう」
 「ギリシャのほうがすごい。古代ギリシャの遺跡の地下を掘ったら、何もなかった。すなわち、古代からギリシャでは無線通信が行われていた」
 ギリシャ人とはこんな調子だというわけだ。
 イタリア映画『遥かなる帰郷』では、原作者自身がモデルの主人公が、戦争でドイツ軍の捕虜となっていたところへ、ソ連軍がドイツ軍を撃破して捕虜たちを解放してくれて、みんな感謝していたのだが、その中に居たギリシャ人男性は「ロシア人は東洋人が混ざっているので抑圧政治を受け入れる。革命があっても体質は変わらない。今に本性をあらわすさ」と言っていたら、実際にロシア人の兵士がポーランド人に「俺たちが戦争に勝ってやったんだぞ」と虐めはじめるのだが、しかし他のヨーロッパ人たちは「結局、ギリシャ人が一番利口だったな。何もしないでチャッカリ戦勝国の仲間入りしてやがった」と言う。
 また、今とは違い日本が経済大国になったと浮かれていた好景気の時期に、観光でギリシャに行った日本人が、アテネで外人相手にテキトーに働いているタクシー運転手から「日本人ってバカだよな。経済大国ってことは、たくさん働いて真面目に税金を納めているってことじゃねえか」と言われ、ギリシャ人はなにを考えているのかと驚きつつ、しかし確かに日本では過労死とかサービス残業が問題となってはいるという記事が、新聞に掲載されたことがある。
 そして今、ギリシャでは経済危機のため暴動が頻発していると報じられていて、そんなギリシャのために負担を強いられている勤勉なドイツ人は、経済統合により怠け者ギリシャ人の借金肩代わりをし続けてきたため、ギリシャが出て行かないならドイツが出て行くと言って激怒しているそうだ。
 このギリシャに、昔からバカ呼ばわりされてきた日本は、ドイツと同じく働き者で軍国主義の同盟関係だったが、経済が悪化して飢えることはないけど家のローンと子供の学費に困るというのが現実だから、その点をみると確かにバカなのかもしれない。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-11-07 22:42 | 経済 | Comments(4)
 テレビでは不自然に編集されていたが、実は良く見るとカダフィ殺害の直前にNATO軍兵士がいるのがはっきりと映っており、銃撃戦に巻き込まれて死んだなどと異なるいくつもの発表がされたわけがわかった。



 しかし、こうしたインターネットで簡単に入手できる情報を、テレビなどマスコミは隠蔽している。そのうえで、北朝鮮は影響を恐れてカダフィの死を報道させないよう取り締まっているという、同じ出所の記事を受け売りしている。
 他にも震災の被害と原発事故の隠蔽などと報道や論評がこの有様で、娯楽は学芸会以下のばか騒ぎと暴力団癒着芸人、スポーツは「国技」が八百長という実態。
 これではテレビ離れも当然だろう。 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-11-04 21:17 | 国際 | Comments(4)
 美容外科はNATO軍と似ている。こんなにソックリなのは他にあるだろううか。
 NATO軍は、国際紛争や武力攻撃に対処するためではなく、目をつけた国の体制が悪いから変えると言って戦争をしかけ、血を流し、命を奪い、結果は前より悪くなってばかりである。
 美容外科は、病気や怪我に対処するためではなく、患者の顔や身体の外見が悪いと言って手術をし、血を流し、人命を奪い、前より悪くなってばかりである。
 そして、これを正当化するためにマスメディアを利用し、嘘を流布することまで同じである。
 リビアのことなど日本では関心が薄いかもしれないが、邪魔な政治指導者を失脚させたり、時には殺害までして、それが正義だと言い包めて収奪しようとするのを放置していたら、どうなるか。
 ちょうど今はTPPなるものが問題になっているが、アメリカの利益であって日本は不利益なのが目に見えていると、あちこちの専門家や論客が党派の左右を問わず指摘して批判している。
 ところが、どの政党の誰が総理になろうと自ら判断できず、強要されて従わなければ攻撃され、政治指導者は殺される、との公式に代入されてしまうだろう。 
 だから、他所の国の話として見過ごしてはいけないのだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-11-02 20:37 | 社会 | Comments(5)
 ベルギ-人ジャ-ナリスト、ミッシェル・コロンによる、NATOの「人道的」爆撃に関する調査。
 こうして外国の親子を殺しながら、サルコジ大統領は娘が生まれた と喜んで発表している。
 日本の報道は、すべてNATOの御用と化 している。TBSなんて「カダフィの著書『緑の書』の主張は、憲法や民主主義を否定している」と、周知の事実に反したことを言っていた。
 ほんとうは「直接民主制が望ましい」と書かれている。砂漠の部族社会など地元の事情を考慮し、中央集権を否定しているのだ。これは世界各国語に訳され、邦訳だってある。
 なのに、大嘘を日本のマスコミ は垂れ流している。いずれまったく信用されなくなることは覚悟のうえのようだ。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-11-01 22:45 | Comments(1)