井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2011年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

年貢とイソギンチャク

 日本の経済は好調ではなく、震災の悪影響もある。それで増税という話になっているが、これについて例の三橋という、ほんとうかどうかは不明だがネットで有名になったという経済評論家は、政治家もマスコミも増税の大合唱で酷すぎると批判していた。
 その話を聞くと、まず、ギリシャのように外国から借金して本当に金が無い国とは違い、日本は政府が国債を発行して自国民から借金をしているのであって、かつ外国に対してはたいへんな債権国であるから、「借金大国」と大騒ぎするのは間違いだし、またインフレなので消費を抑制するために増税するならともかく、今はデフレが問題になっているのだから、やることが逆であると言う。
 なのに、どうしてこんな財政政策となっているのか、というと、もともと日本には税金なんて存在しないのだ。経済状態への対策として額を決めたり、その使い道をどういするかという財政の以前に、とにかく取るという発想だからである。
 これは舛添要一が自民党の政治家になる前の東大助教授だったタレント批評家の時代に、テレビなどでよく、こう言っていた。「国民は国民であることに感謝して国に敬意をしめすため税金をもっと払わないといけない」
 つまり江戸時代の「年貢」と同じである。治めていただいているから納め、対価を求めてのことではない。そして、感謝される対象の中枢に近いところに自分は居るということで悦に入る。
 この倒錯した発想は、舛添一人だけではなく、自民党に寄り添うマスコミ人たちとか東大を中心とした学者らに共通するものである。イソギンチャクの中に棲む魚である。
 イソギンチャクは怖いが、退治しないといけない。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-12-31 21:33 | 国際 | Comments(2)

武器禁輸緩和

 日本は、武器輸出禁止を緩和した。日本は規制を受けていたのではなく、自発的なものであったから、やるのもやめるのも勝手である。
 ただし、武器輸出で儲けるなんて不道徳という恥の文化を捨てたことにはなる。自民党政権でも、タカ派集団である中曽根派の幹部が、武器輸出国になってしまっては、誇れる祖国を子孫に譲れなくなってしまうと言っていたほどだったのだ。
 とは言え、もともと日本には大型艦船や輸送機器、戦車、装甲車、ミサイルなどの製造で大きな経験があり、かつ高度な武器に使用する電子部品は軍民両用という面もあり、輸出制限緩和以前であっても販売することはできた。
 これは、喩えは悪いが猥褻図画の規制と同じで、その基準に反すれば摘発されるが、沿ってさえいれば、どんなにイヤラシくても合法というのと同じなのが、武器輸出の規制だった。つまり今回の規制緩和はヘアヌード解禁と同じレベルのことでしかない。
 そんな輸出禁止緩和に賛成したのは、三菱重工や川崎重工などの日本大手武器メーカーで、すでに長い間、国際市場への進出を望んできたのに、平和憲法と自粛的な武器禁輸によって妨げられてきた。
 それに加え、日本経済の状態はそれほど良いものではなく、しかも東日本大震災の復興もある。国庫は外貨を必要としているが、政府による観光発展プログラムや、中小企業発展プログラムなどは、すぐに結果がでるものでもない。
 こうした経済的事情に加え、日本と米国との軍事産業共同という事情もある。いうまでもなく、F35型戦闘機やSM3ミサイルなどのことで、こうした日本の供給は、仕様にせよ政治的環境にせよ、全体として米国に沿ったものゆえ、この先日本が占めることになる市場は、米国が有する市場の一部となるはずだ。
 だいたい、アメリカのF22とかF35は難点が指摘されていて、買わされそうになった日本は困っていたはず。それならロシアのスホーイ戦闘機に日本の電子装備をすれば無敵かもしれないけれど、そんな交渉をしようとしたら日本の担当者はCIAに殺されるだろう。
 そこで仕方なくアメリカということで しかし、日本の製品は実戦での実績がないので、どこかで試しに使ってみたいという危ない話になりそうなことが危惧されるし、TPPの問題と同じで、農産物同様に価格もかなり高く、競争力があるかどうかという問題もあるはずだ。
 さて、どうなることだろうか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-12-30 22:46 | 経済 | Comments(6)
 共産党について厳しいことを書くと、「もっと」というメールがいっぱい来る。それは共産党にしっかりして欲しいという人が多いからで、それだけ、自民にウンザリ民主にガッカリという人が多いのだ。
 つまり、今の政治情勢により要請があるのだから、そこで共産党が期待に応え支持を広げるためにはどうすればいいのかという話になるわけだ。
 そんな話はしたくない人たちもいて、その一部に滑稽な人たちがいる。これは古い左翼のことで、勝手に共産党を祭り上げて権威を捏造し、それをこき下ろすことで自分が偉くなったと錯覚するのである。
 これについては、色々な人たちが指摘している。例えば映画評論家の佐藤忠男は、贔屓にする映画監督の大島渚が、その作品『日本の夜と霧』の劇中で、共産党が悪いから安保闘争が上手くいかないと非難していることにからみ、自分は訳あって大学に進学せずブルーカラー労働者として就職したけれど、その職場で共産党員は、政治に特に関心があるだろうからと労働組合の役員に祭り上げられたりしていただけだったが、後に映画雑誌の仕事をするようになり、出版とかジャーナリズムとかマスコミなどという大学卒の人たちばかりの業界に入ったら、そこでは共産党がなぜか権威であり、そのため様々な愛憎が渦巻いていたので、驚いてしまったと語っていた。
 このことは佐藤忠男著『大島渚の世界』(三一書房のち朝日文庫)などを参照。
 そうだとしたら、共産党に対し、批判のためにする批判をする人たちもいるだろうと思っていたら、実際あまりにそのものの人たちがいて、笑ってしまう連続だった。
 その好例が自称経済評論家の佐高信であった。佐高の共産党批判は間接的で具体性が乏しく、「宮本顕治があー」と譫言のように繰り返し、まるでネトウヨの「朝日新聞がァ」とソックリだし、だいたいいつの時代の話だと突っ込みたくなる。
 また佐高は自著書で、堤清二(辻井喬)の言うことを受け売りしていたことがあるけれど、堤清二は、共産党員だったが上層部批判が原因で追放された体験について、不愉快な思いもしたけれど得たものもあるし、安易に悪口を言って反共屋になるのはやめようと誓い、反共メディアから共産党批判をして欲しいと依頼されても断って、その後『赤旗』の誌面に登場してエールを送ったこともある。
 そんな堤の発言の中から、共産党について批判的な部分だけ取り出した佐高は、その受け売りを得意になってすることで、自分が共産党を批判しているような錯覚をしていた。
 この一方で佐高は、自分が大学生のとき“何処何処大学とか何処何処大学とかで、誰々先生とか誰々先生の講義を聴いて”熱心に勉強していたと、よく語っている。なるほど佐藤忠男が述べていたことは、こういうことかと思ったものだ。これについては他にも色々と実証例があるが、長くなるので次の機会に説明したい。  

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-12-29 18:40 | 政治 | Comments(2)

茹で芋虫

 都内のスーパーで売っていた山梨県産の小松菜が、とても色艶が良かったので買ってきて、さっそく茹でて食べたら美味しかったのだが、鍋の湯の中には芋虫の死体がまるで蒸した小エビのように丸くなっていた。
 この、釜茹での刑となった芋虫を見て、人によっては驚いたり気味悪がったりするだろうけれど、幼虫がいるということは比較的農薬まみれではないということで、少し安心である。
 かつて、中国では野菜に虫がいるのは美味しい証拠だと言っていて、これは虫食い商品であることを開き直っているともとれるし、虫も食わない野菜なんて食えるかという意味にもなる。
 これについて日本人は、中国人は野蛮だとよく言っていたもので、それとは違い奇麗な野菜ばかりの日本は文明国だと誇ってもいた。それだけ農薬タップリだったわけだが。
 そして、今では中国から大量生産の安い野菜が輸入されているが、これらは文明国の日本人に合せて農薬をタップリ使っているということなのだろう。だから一部で中国を責めている人たちがいるけれど、これまでの経緯からすれば文句を言ってもしようがないのではないだろうか。

 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-12-28 22:13 | 自然 | Comments(3)
 もう下火となったが、外交問題に便乗し、反感を持つ相手と北朝鮮をこじつけて貶める風潮があった。
 しかし、そんなのは自信の無い奴の愚かな小細工だと皆がわかっている。だから、そんなことを実際にやっている奴は、世間一般からくだらない奴だと見られている。
 実際に、マスメディアで目立ったのは、せいぜい『サピオ』のような子供むけタカ派雑誌が煽ったくらいだろう。ガチガチの保守派ですら「漫画右翼雑誌」と軽蔑し、その常連たちは小林よしのりだの落合信彦だの曽野綾子だの伊沢元彦だの、わざと悪い冗談で集めたような連中で、そんな連中に相応しい無茶苦茶な内容だから、まともな社会的影響力なんてあるわけない。
 当然、その標的とされた側にしても「屁のカッパ」で、なんの実害もなかった。
 ところが共産党だけは違う。同党は、「漫画右翼雑誌」どころか出所不明の怪文章を配布されただけなのに、それが影響し選挙で惨敗したと不破議長や志位委員長が言っていた。ほんとうは選挙運動の内容が良くなかったのが原因だが、それで執行部の責任問題となってはマズいから、転嫁しただけとも考えられる。
 しかし、くだらないこじつけの悪宣伝なのに、共産党に対しては効果的だったとも考えることは可能だ。もちろん、そうした宣伝自体はデタラメである。そもそも、共産党は北朝鮮と昔に一時の交流はあったが、その後は疎遠になっていた。そして、とくに旧社会党、次に公明党が、北朝鮮と親密だった。
 ただ、共産党は北朝鮮にちょっと苦言を呈しただけなのだが、北朝鮮の政府が逆ギレしてしまい、そこから仲違いとなっており、これは北朝鮮の態度に問題があったけれど、共産党も苦言を呈されただけで逆ギレするのは同じであるから、このため共産党と北朝鮮は同類との印象を持たれる。この現実を共産党は認識できず、反論は空振りになる。
 かつて羽仁五郎というマルキストの有名な売れっ子大物タレント学者が、その著書の代表作でベストセラー『都市の論理』で述べていたことだが、世界各地の社会主義国の政権与党機関紙を読んでいると、北朝鮮のものは自慢が多く、自慢ばかりするものは信用されないと指摘していた。
 これは日本の共産党にも共通することで、『赤旗』をはじめとする機関紙は、よく恥ずかしくないものだと思うほど自画自賛が多い。
 そして例えば、選挙で呆れるほどお粗末な候補者を擁立しておいて、これでは支持できないというと、どんな候補者でも共産党だけが正しから応援して当たり前だと怒り、「そんな簡単なこともわからないのっ!!」と怒鳴られた人たちがいっぱいて、他人の都合も考えず勝手に電話してきておいて「なんと失礼な」とひんしゅくを買っているし、また、東京都狛江市では共産党の縁故政治に苦言を呈した者たちに対して、それが無党派でも社民党支持でも保守でもみんな、積極的に支持してきた者たちにまで「創価学会工作員」とレッテル貼り濡れ衣着せの中傷をしたりと、良かれと思ってのことでも物の申せば逆ギレという態度までソックリである。
 これを認識して改めない限り、共産党が民主と自民に対抗する第三極となることは不可能だ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-12-27 22:33 | 政治 | Comments(2)
 近所のスーパーに買い物に行き、なんでこんなにローストチキンが積まれているのかと不可解に思った次の瞬間に、クリスマスなのを思い出すのが毎年の恒例のようになっている。かつて飲食店などでバイトしていた時は、いわゆるクリスマス商戦というのがあったから自覚していたのだが、今では商売と無関係なので忘れてばかり。
 そしてローストチキンにより意識してみると、店内ではクリスマスソングが流れているし、アイドルグループのポスターが貼られているけど、どうしてみんな赤い服を着ているのかを理解する。このアイドルグループの真似のようなことを中国がやって「またかよ」と言われていたが、面白いから他の国でもやってみたらどうか。ロシアなんかもプーチンさんの肝煎りで「KGB48」とかいって。
 この赤い服は、もちろんサンタクロースだが、サンタクロースの実在を子供が信じるかどうかは、家庭の経済状況によるという調査があった。富裕な家の子供ほど信じ、貧乏な家の子供ほど信じないそうだ。
 これは家庭の経済状況によって子供が現実主義になるかどうかということのようで、自分の育った家庭のことを思い出すと信じないのが当然なのだが、実は折衷のような感じだった。「サンタクロースは、本当はセントニコラウスという人だ」と、母親に教えられたのだった。
 この母親は若い頃に、子供に本当のことを教える主義だった。だから「怪獣」も、ほんとうは一億年くらい前にいた「恐竜」であり、映画とテレビに出て来るのは、もう亡くなったけれど「円谷英二」という天才的な映画監督がいて「特殊撮影技術」を考案して、だから怪獣とかウルトラマンの人形の足の裏には「円谷プロ」と書いてあるのだ、と教えられた。
 そこまで言うのは少々珍しいが、これには母親の実家が映画館を経営していたことが影響していた。田舎の小さなものだったから、「こらガキ、映写室に入るな」というあのイタリア映画のような雰囲気だったらしい。それでもかなり儲かっていたけれど、結局は畳んでしまった。
 なぜなら映画館の設備に金がかかりすぎるようになってしまったからだ。まず大画面化があり、「銀幕」というように適正な反射をする特殊な材質のスクリーンは大きくなると値段が高くなり、しかもそこに拡大投射するための映写機は、レンズだけで何十年前の物価でも一千万円近くした。
 この「シネマスコープ」はアメリカで開発された画質の優れたもので、日本の大型画面映画は最初アメリカに技術的な依頼をしていたが、そのうち「東宝スコープ」とか「東映スコープ」というのが独自に作られ、しかし画質などで劣っていた。
 そのときアメリカと覇を競うソ連が、色々と開発を始めており、そのため北朝鮮は、日本でも駄目なのだから無理なので、技術者がソ連に派遣され、技術を習得して来いと命じられたそうだ。これは映画製作に熱心な金正日の直々の指示だったらしい。
 それだけ高度な技術だったということで、だから、そうした装備を購入することは田舎の映画館では負担が大きすぎた。さらに音響設備まで、「ステレオ」さらに「ドルビーサラウンド」となり、映画で儲かっても設備投資に消えてしまい、設備が充実していないと客は入場料を払ってまで来てはくれない。
 こうして多くの映画館が消えたわけだが、そのローストチキンを売っている近所の店の隣の敷地でビル工事をしていて、「シネコン」も入るという噂で、地元の議員に訊いたら、たしかにその計画もあるというが、実現するだろうか。実現したら地元にすばらしいプレゼントなのだが。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-12-24 01:11 | 文学 | Comments(4)
 金正日死去で残念なのは、なんといっても「形成外科の金正日」「警察病院の金正日」という喩え話が、印象薄くなってしまうことだ。
 これは、拙書を読んでいただいた方には、お解りだろう。
 その父親は日本形成外科の父と言われ、多くの弟子たちを育て慕われカリスマ指導者と呼ばれ、美容外科に多大な影響があり、日本全国の、大学病院の形成外科の教授や、大病院の形成外科長らは、だいたいその弟子筋なのだが、もと居た警察病院の形成外科部長などの職には、息子が就いている。
 そして、親の七光りの癖に、と言われていて、かつて自衛隊中央病院の形成外科長だった人が「先代ならともかく、二代目を日本形成外科の代表のように思われたくない」と言い、東大医学部教授は「先代は私の先生だけど、二代目は関係ない」と言ったりしている。
 そして、そもそも形成外科とは戦争負傷者の治療から始まったもので、それが美容へと転化していったものだが、それが日本では警察病院とか自衛隊病院が舞台となり、負傷者の治療を主な目的にしていたのだが、二代目になってからは金儲け主義の美容へと誘導されるようになり、医師らは高額所得者となってベンツを乗り回し始めたのだった。
 ただ、本家の総書記は、父親の元首相が建国の父だった威光を借りてはいても、やや事情が異なる。形成外科のほうは、父親が東大医学部卒だが息子は偏差値が低く学費が高い私大卒で、外国留学したというが遊んでばかりという証言もある。
 だが、北の共和国のほうは、父親が跡継ぎとすべく英才教育を施し、外国人家庭教師をつけ、本人も真面目に勉強して成績優秀だったうえ、最高権力者の子息としてチヤホヤされても、そのことを鼻にかけたりする態度は絶対にとらず、務めて謙虚にふるまったという外国人家庭教師たちの証言がある。これは退任して帰国して後の、利害関係が一切なくなってからの証言である。
 これは当然のことで、本当に跡継ぎにしたいなら、そう指導するものだ。これと違うことになるのは、親の意向ではなく子供がやりたがった場合なのが相場だ。
 これについては、あの笹川良一の息子の笹川陽平が語っていた。実は前に住んでいたところが近所だったので、よく見かけていた。ただし知り合いではない。彼は、仕事の用事で北朝鮮に行ったことがあり、そのとき、自分と同じような立場の金正日に大変な関心があったので会いたがったが、日程などの都合ですれ違ってしまったため、父親の金日成に会って息子のことを尋ねたそうだ。
 すると、親と子であると同時に、上司と部下の関係であるため、何か言うことはできないと言われたそうだ。なぜなら、どんなに客観的に私情を排して評価しても、悪く言えば謙遜していると受け取られるし、謙遜ではなく実際に悪いなら、駄目なのに登用しているのは贔屓だとの誹りをうけてしまい、逆に良く言えば、それが事実であっても親バカと言われてしまうから、なのだそうだ。
 そして、仕事の場では常に肩書きで呼び合い、親子としてふるまうことは絶対にしないという。それを聞いて笹川陽平は、自分も父親の笹川良一からそう扱われてきたので、金日成の息子に対する態度は正しいと思い、よく噂されるような、金日成が死んで息子の金正日が跡を継いだら北朝鮮が崩壊するということは無いだろうと言っていたそうだ。それはいちおう当たっていた。
 
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-12-22 20:04 | 国際 | Comments(2)
 最近、カタツムリの美容クリームが流行っているそうだ。これは、あのヌメヌメした身体の成分に保湿の効果があるとして、注目され時の人気商品となったらしい。
 昔から、うぐいすのウンコが良いとか、美肌効果を謳うゲテモノっぽいものがもてはやされてきたから、今さら驚くことはないのかもしれない。
 他にもヒトプラセンタとかブタプラセンタとか、印象的にはおぞましいものが、それゆえ逆に人気が出ているとも言える。
 これらは、実際に効能があると言われてはいるけれど、真偽は確かめにくい。ただ、印象が奇怪だからこそ美容と健康に良いらしいと感じる「まじない」と同じ感覚が、話題と人気を盛り上げているのだろう。
 それにしても、カタツムリのヌメヌメとは、まるで「マザーグース」の唄に出て来る呪文だ。

 ちなみに、これは「マザーグース」のパロディ。デビッド゠ボウイの『マジックダンス』。
「What kind of magic spell to use. Slime of Snail ..... どんな呪文を唱えようか。カタツムリのヌメヌメ・・・」ボウイは、カタツムリのクリームを、彼のことだから、もう使っているだろうか。






人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-12-21 14:56 | 学術 | Comments(0)

営業・セールス

 自分が中心になってやっている本の編集と営業の会舎(会社ではない任意の集まり)の記録を付けていると、いつも厳しい現実を思い知らされる。
 その中で、本とは原則として委託販売だから、店への営業(セールス)と、販売の実績とで落差が大きいことが深刻だ。これはどこでも同じだろうが。
 もちろん、お店に置いてもらうことが前提で、これ無しでは話にならないのだが、苦労して時間と交通費やFAX通信費用などかけて、第一関門を突破して店頭に置いてもらっても、それが売れるとは限らず、そのまま返品されてしまうことが多い。
 特に嘆かわしいのが、ボロボロになって帰って来ること。客が立ち読みしたようなものは、そこまで読むなら買ってくれと言いたくなるし、もっと頭にくるのが、問屋が無造作に扱った場合で、これは痛み方の特徴で判り、中間で流通を司る立場の横柄さに怒りを感じている業者は多い。
 では、依託ではなく買い取りの場合は楽かというと、そうではない。営業とかセールスの経験がある人なら知っていることだが、買い取りでも返品処理を誠実にすることで店からの信用を得ることも多いのに、セールスマンの中には、調子のいいことを言って押し込むようにし、あとは放置して何もフォローせず一時的に営業成績をあげてしまう人がいて、そうとは知らずに次に行った別の担当者が猛烈な文句を言われることになり、これをきっかけに、会社内で喧嘩になったりする。
 そういうことが起らない販売依託は、けっこうアッサリしているので気が楽ではある。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-12-20 22:24 | 経済 | Comments(2)
 金正日総書記が死去したそうだが、この場合を想定して準備をしてきたはずだから、よほど突発的なことでも無い限り、予定どおりの進展となるだろう。なにより彼は前に大病をして、命を取り留めたが、後遺症により再起不能となりそうで、そこから「奇跡の復活」と言われるように、また働きだした経緯なのだから。
 また、彼は父親の金日成元首相の下で長年働き続けてきたうえで、後継者となったのだから、本人も周囲も経験済みのことばかりで慣れているだろう。
 この父親が死去した94年、大学の売店で働いていた主婦たちが、嘆き悲しむ平壌の人たちの姿をテレビで見て、「国で一番エラい人が死んだからって泣くことないわ」「ああいう教育を受けているのよ」などと言い合っていたので、「テレビに映っている人たちは一部の人でしょう。それしか北朝鮮のテレビは写さないに決まっているんだから。日本で昭和天皇が死んだときだって、そうだったでしょう」と言ったら、意味が判らないという顔をされた。
 ただ、そのうち一人だけが、「そうよね」という顔をしながら、「でも、判らない人に言っても無駄よ」と言う表情をして首を振って見せた。たしかに、言われても判らない人じゃなければ、言われなくても気付いているはずだ。
 その数年後、ドイツ人の医師が、国際ボランティアで各国に奉仕として医療活動をしていたところ、北朝鮮で余計なことを言ったため、せっかく活躍していたのに追放されたという話を聞いた。
 そのドイツ人医師は、北朝鮮で見たことを正直に話たのだが、それによると、北朝鮮の社会の上層にいる人たちは、金正日総書記について、彼はそれなりに優秀であるけど、しょせんは親の七光りだと平気で悪口を言っているのだが、下層の人たちはみんな「偉大なる将軍様」と絶賛していたのだそうだ。
 それは日本もだいたい同じではないか。言ってもわからない主婦たちは、旦那の給料では足りず、いくら「バブル崩壊」「失われた十年」の時期とはいえ、90年代半ばで時給780円でパート労働し、これでは少ないと言って、新聞の織り込みチラシの求人をいつも物色していたのだから。
 だいたい、社会の下層にいる国民ほど、体制に従順であることは、世界共通だろう。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2011-12-19 21:20 | 国際 | Comments(5)