コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2012年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 アメリカなどが反乱をそそのかした拠点であるリビアのベンガジで、アメリカの領事館が襲撃されて大使が殺害されたそうだ。
 まさに「飼い犬に手を咬まれた」ということだ。
 リビアを侵略して石油を強奪するなどの目的でゴロツキ同然の勢力にテコ入れし反乱を起させ、それを民主化を求める民衆の革命だという嘘をマスメディアで流しまくり、それをリビア政府が弾圧したという嘘によって軍事介入し、カリスマ指導者のカダフィを独裁者の汚名を着せ殺害した。
 こうして出来上がった傀儡政権だから、当然の結果だ。こうなる恐れはCIAの方面からも指摘があったというのに、アメリカは無視した。
 「だから言わないこっちゃない」ということで、ロシアの対応こそ正しかったと『ニューヨークタイムス』も論評したそうだ。それをうけてロシアも論評した。同じ間違いをソ連時代にアフガンでしてしまったから、その反省の上に立って警告していたのに、かつてソ連のアフガン介入を批判していたアメリカは耳をかさなかった、と。
 それに、アフガン介入を批判してアメリカはモスクワオリンピックボイコットまでして圧力をかけたが、それならロンドンオリンピックもボイコットされるべきだった。イギリスもフランスと同様に共犯者だからだ。
 ただし、ほんらいはスポーツと政治は別だ。それにロンドンをボイコットしたら日本はたくさんのメダルを取れなかった。また、モスクワの時は、ボイコットに反対したスポーツ界に対し、アメリカの圧力に屈した日本政府は補助金削減の脅迫をして不参加させた。選手たちは泣いていた。この日のために頑張ってきたわけだし、これが年齢などの条件から最後の機会という人だってのだから、当然だ。
 こんなアメリカに、いつまで日本は追従しないといけないのか。もちろん多くの国民はわかっている。それを塗りつぶすように、日本でもマスメディアが嘘を垂れ流している。
 
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-09-14 21:46 | 国際 | Comments(2)
 軍事的考察を無視して徴兵制を復活させろという人たちがいる。無知というより精神論を説いているのだろうが、それにしても身の程知らずの発言だ。
 あの三島由紀夫は、自分の国を守るのは国民の義務ではなく権利だと言って徴兵制度に反対していた。
 アメリカでは、徴兵制度を廃止して志願制にしたが、そうなると志願する人は貧困層ばかりとなり人種差別とも絡むから、アフリカ系の団体は徴兵にしろと主張している。
 韓国では、伸び盛りの年齢の人たちが徴兵で勉学やスポーツを中断されるため、才能を潰されてばかりだと問題になっている。これは北朝鮮も同様らしいといわれる。
 しかし日本で徴兵を廃止したのは、反乱が怖いからだ。実際に大規模な事件が二度も起きている。それを忘れた自民党の政治家らが、徴兵を言い出すから滑稽だ。
 最近ではテレビで例の橋下も徴兵が必要だと言ったが、それならやって欲しいものだ。市民に武器を与えるとどうなるか。
 「話せばわかる」と石原や橋下が血相変えて言い、「問答無用」とぶっ殺されるのを見てみたい、いや自分でやりたい、と思う人は多いはずだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-09-13 19:06 | 政治 | Comments(7)

自殺は無駄で死に損

 小中高生の自殺が200人、これは25年で最悪、半数は理由不明という文科省調査が公表された。
 七〇年代の後半に、中学生を中心に未成年者の自殺が相次ぎ、マスコミが騒いだが、これが影響してさらに自殺する者たちがいたから、そんな報道をするなという意見も出た。
 もちろん、事実を報道することは必要だが、この後に判った事実を報道しないことのほうが問題だ。
 その事実とは、自殺した子供の遺書には、受験とかイジメなどの子供が抱えさせられている社会問題に自分も悩まされていることを述べた上で、よく「僕で最後にして欲しい」と書かれていたけれど、いくら子供がそう言って自殺しても、大人社会が何もしなかったというものだ。
 つまり、子供がいくら自殺しても、大人は子供からのメッセージなんて意に介さないのだ。たから自殺は無駄で死に損である。
 この現実を、子供にきちんと教えるべきである。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-09-12 11:12 | 社会 | Comments(3)
 過日、従軍慰安婦問題を否定的に見直すことをしたがっている政治家たちがいるという話題の中で、その一人である橋下市長の証拠が無いという発言から、この人の弁護士だったときの業務がかなりいい加減だったらしいことが伺えると指摘をした。
 この、公文書に無いからといって否定するやり方は、懐かしすぎる。例えば、石油危機時代の物資不足で、一部の企業が隠して値を吊り上げたとか、公害で汚染物質を垂れ流したとかの問題のさいに、すでに月刊誌『諸君!』(文芸春秋社)など権力媚び売りメディアによって使われていた。
 これについては、カルト退治でも知られる宗教学者の浅見定雄氏が、著書で批判していた。不正をした者がそれを自ら認める記録として付けていなければ不正があったとは言えない、などと非常識なことを書く雑誌であるとして。
 この『諸君!』は売れ行き不振で休刊し、先日何年かぶりに文芸春秋の別冊という不規則な形でゾンビ復活した。こんなのと同じ程度の話を政治家が堂々とするのだから不味いことである。
 また、この従軍慰安婦否定で必死の池田信夫・上武大センセイは、報道の中に一部難があったことをもって、全部が「捏造」だと執拗に繰り返している。この「一点突破全面展開論法」も、やはり懐かしいものだ。歴史教科書の記述が中国や韓国から批判され外交問題となったさいも、報道の一部に正確さをやや欠いたといえる部分あったことを利用して、マスコミが誤報しただけだと『諸君!』や『正論』で、渡部昇一・上智大センセイが叫んでいた。
 しかし、このとき池田信夫の古巣であるNHKの見解は、他の新聞テレビとは異なる報道の仕方や表現をしていたので問題は無いし、それでも報道の趣旨は変わらず、だから同様に外交問題となったのであるから、その一部の不正確さを特に問題にする意味は無いというものであった。誰だって冷静ならそう考えるだろう。そして揚げ足取りで誹謗している者を軽蔑する。
 だいたい、歴史教科書のときの渡部昇一とか、慰安婦のことでの池田信夫らの言うような、瑣末な報道の瑕疵により国と国との外交が振り回される、なんていう非現実的なことがあるわけがない。
 このように、今、従軍慰安婦問題で否定を試みている人たちの論法は、七〇年代半ばから八〇年代の前半までに使い古されたものである。そんな昔から、この種の人たちの脳味噌は停滞したままというべきなのかもしれないが、そんなものを、売りたくて騒動になりさえすれば良いという商業メディアだけでなく、責任を持つ政治家たちが持ち出しては大変である。
 もしも日本が、従軍慰安婦は公文書に無いからという論法によって、いったんは認めた非を否定したら、いちばん喜ぶのは北朝鮮である。前は認めたけど我が国の公文書に無いから、やっぱり拉致なんて無かったと言えてしまうのだから。
 もしかすると、そんな人たちは、単に古い論法を使うとかではなく確信犯で、北朝鮮の工作員かもしれない。公安や情報隊は、池田信夫とか橋下市長を調べてみるべきではないか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-09-08 17:57 | 政治 | Comments(0)
 今月号の月刊誌『紙の爆弾』に、時期が時期だから日韓問題が取り上げられていて、そこで映画『あれが港の灯だ』DVDあり、という記事を担当しています。
 この映画は、前にこのブログで紹介したとおり、とても興味深く良く出来た作品ですので、未見の方はぜひご鑑賞を。
 『紙の爆弾』今月号は原監督が表紙です。この人も今なにかと話題の人で、この人にまつわる話とともに、同誌は相変わらずラジカルに原発問題を追及しています。
 
 
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-09-07 16:21 | 雑感 | Comments(7)
 今日、霞ヶ関の裁判所でナイジェリア人が被告の事件を傍聴した。
日本に来ているナイジェリアのおじさんが、日本人から借りた自動車をぶつけて壊していまい、修理代を分割で支払っていたのだが、それがあと一回残っているのに払わないというものだ。
 被告人は、日本語がわかる。そして、返せないのはナイジェリアに帰ることになったためだと説明するが、だから帰るなら返してからにしてくれというのに、旅費が要るからと自分の都合を言ったり、もう日本からいなくなるからといいじゃないかと言ったり、理由になっていない。
 それが本当だとしたら、事実上の夜逃げだが、こっそり踏み倒して行くのではなく、堂々と言ってしまったものだから原告の弁護士も笑ってはいけないと思っているようだけど表情に笑いがどうしても浮かんでしまい、その弁護士の説明を聞いた裁判官が、そうなのかと尋ねたら被告は無邪気な感じでそうだと言うから、さすがのこわもて判事も毒気を抜かれてしまって、別室で討議すると宣言したのだった。
 かつて、今分裂騒動中の「みんなの党」をやっている渡部氏の父親が、自民党の有力議員で大臣まで勤めていた時代に講演で「日本人は破産を深刻がるけれど黒人は平気でいる。ケロケロ、アッケラカラーのカーだ」と発言し、これがアメリカで「人種差別」と騒がれてしまったが、今日のナイジェリア人のおじさんは、まさに「ケロケロ、アッケラカラーのカー」だった。
 これが日本人か中国人か韓国人かヨーロッパ人だったら、トンデモない奴といわれてしまうけど、アフリカ人の底抜け陽気さのためかまったく憎たらしくなかった。だから得な人のなのかヤバイ人なのかサッパリわからなかった。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-09-06 18:35 | 司法 | Comments(0)

統一教会と「仁川!」

 統一教会こと世界基督教統一神霊教会をつくった文鮮明が死去したそうだ。
 タイミングとしては、興味深い。今はちょうど日韓関係が険悪になっているところだ。それでも、統一教会と密接だった日本の政治家たちは弔電を送るだろうか。
 あの合同結婚式では、あれだけ騒ぎになっているのに中曽根元総理が祝電を送った。合同結婚式は信者と信者の結婚とされるが、実はその形をとって騙され韓国に人身御供も同然に連れ去られた日本人たちがいる。この人数は北朝鮮に拉致された人たちよりも遥かに多い。
 ところが、中曽根元総理とか安倍元総理らは、愛国心を説き靖国参拝とか拉致問題に熱心と言いながら、外国の宗教それも韓国のカルト団体でキリスト教の異端という特徴がある統一教会と密接というのだから滑稽である。こんな人たちが自民党にはウジャウジャといる。
 その安倍晋三元総理が安倍「壷三」と皮肉られるとおり、教団の資金稼ぎと政治献金のための霊感商法の中心が、まじないの壷を売ることだった。そうやって稼いだうちの一部で、宣伝映画も作っていた。
 それが朝鮮戦争の仁川上陸作戦を描いた「INCHON!」(仁川)であった。プロデューサーに日本人も加わっていた。金をかけているから豪華ではある。監督は『007』シリーズなどのテレンス゠ヤング、脚本は『グリーンベレー』のロビン゠ムーア、音楽は『パットン大戦軍団』『トラ!トラ!トラ!』などのジェリー゠ゴールドスミス、出演はマッカーサーにシェイクスピア役者の代表格で映画出演も多いローレンス゠オリビエ、他にベン゠ギャザラ、ジャクリーン゠ビセット、デビッド゠ジャンセン、三船敏郎。
 この人たちは、途中で統一教会がらみと知って騒ぎだし、ちゃんとギャラがもらえるのかと危惧。オリビエは日払いでないと辞めると脅してそのとおりにさせたらしい。日本の撮影所を使おうとしたら、労働組合はもちろん山田洋次監督や黒澤明監督も、そんな映画に手を貸すなと声明した。
 出来た映画は、やはり脚本がジョン゠ウエインの戦意高揚オバカ映画『グリーンベレー』のムーアによるものだからまったく駄目。観た人たちはみな退屈すぎると酷評した。また冒頭、ナレーションが「金日成はスターリンと交渉して軍事援助を引き出し特に重要な戦車を調達した」と説明するのに続いて、次の場面では北朝鮮の国旗を掲げてアメリカ製の借り物タンクが韓国に侵攻してくるからド頭でずっこける。
 また、マッカーサーは何かにつけては「ああ神よ」と手を合わせて祈る。戦いの前には「神よ、どうか北朝鮮に勝てますように」、勝利して凱旋将軍として歓呼に迎えられた後も手を合わせ「神よ、ありがとうございます。おがけで北朝鮮に勝てました」で、神とはもちろんキリストの再来とされる文鮮明教祖である。
 まったく戦記をオカルトにしてしまったわけで、これでは、マッカーサーを英雄として描いているけど、もし観たらマッカーサーは絶対に怒ってしまうだろう。
 統一教会の専用放送だけで観ることができた幻の作品だが、流出したものが投稿サイトにあるので、笑いたかったら↓どうぞ。
 
 


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-09-03 22:26 | 映画 | Comments(13)

武道と喧嘩

 先月26日、石川県で、60歳の無職男性が、コンビニ店で男性店員の右腕をひねり全治3日のけがを負わせ、傷害容疑で逮捕され、調べに対し「合気道の技をかけてみたかった。けがを負わせるつもりでやったわけではない」と供述している、という記事が読売新聞に掲載されたそうだ。

 これがネットサイトで話題となり、「習いたての小学生かw」などの声が上がり、また、受け身も知らない素人に技をかける事は、場合によっては命に関わる危険性もあるのではないか、という真面目な指摘もされている。
 このおばかさんは、大人だけど歳とって子供並みになったのかもしれない。

 これと同じことをする同級生が中学のときにいて、習いたての小学生ではないけど、大人でもないから、合気道の道場に通って習い上手になってきたら得意になってやっており、暴力だとの意識が無かった。
 そこで、同級生たちは対抗しようということになり、合気道には合気道で対抗して、腕をひねられたら身体を反転させ腕をひねり返す方法とか、少林寺拳法の柔法によるバク転を伴う返し技などを、知っている人に習ったり、本で読んだりしながら練習したが、いちばん手っ取り早く効果的だったのが、腕をひねられたらそのまま後に向けて後頭部による頭突きを顔面に食らわせる喧嘩技だった。
 そうしたら鼻血を流しながら「汚いぞ」と文句を言うので、「合気道の試合だったらそうだろうけど、合気道を乱用して合気道を知らない相手に技をかけるのは武道の精神にもとる暴力だ。それに対抗して自衛しただけだ。文句を言われる筋合いではない」と言い返した。
 それからというもの、彼は、反撃を恐れたのか、恥じ入ったのか、悪ふざけで合気道の技をかけることはなくなった。
 これは、手段の適不適と正当性について、どんなことにも共通して言えることだろう。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-09-02 18:25 | 雑感 | Comments(0)

雨に濡れても

 昨日から久しぶりの雨だったが、今日は午後から晴れて強い日差しが出てきたから洗濯物を外に干していた。そうしたら急にまた勢いよく振り出したうえ強い風。慌てて洗濯物を取り込んだが、洗濯物も自分も濡れてしまった。
 そんなところへ訃報。『明日に向かって撃て』のアカデミー賞主題歌『雨に濡れても』の作詞家ハル=デービッドが91歳で亡くなったそうだ。
 濡れてしまい正直イライラしたけど、この歌を思い出したら落ち着いた。

 雨に降られて濡れてしまい、どうもついてない感じ。太陽に怠けてんじゃねえと文句の一つも言いたくなる。けど、悲しんだりはしない。だって、嘆いたところで何にもならないし、愚痴ったら雨が止んでくれるわけでもない。そんなことがあっても、いずれ幸せは来ると信じている。なにより自分は自由なんだから、何事にも煩わされはしないってことだ。

 と言うような趣旨の歌詞。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-09-02 17:38 | 音楽 | Comments(0)