コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2014年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 世の中には変な話がよくあるもので、例えば、昔は原発に反対する市民に「共産党だーっ!!」と叫ぶ人たちがいたものだが、それと被っている人たちが今では脱原発で細川を支持しない市民に「共産党だーっ!!」と叫んでいたりする。
 また、「経済評論家」の佐高信は、かつてスーパーサミットの経営者が作った言葉「社畜」を広めたが、小泉構造改革以降の「労働力の流動化」と称する非正規雇用と「ワーキングプア」の増大によって「社畜でもいいから正社員になりたい」という人が大勢いるようになって、そうしたら小泉元総理が応援する人と同じ候補者を応援し、そういう政策では駄目だと主張する候補を侮辱する発言までしている。

 こうした政治経済だけでなく、みんなが騙されたという話が最近多い。耳が聞こえなくなっても努力して作曲し続けて現代のベートーヴェンと称されたという人の話を新聞で読んだことがあったけれど、その人は他人に作ってもらっていたうえ当人も耳が聴こえるらしいということで騒がれている。誰が作ろうと作品の価値は変わらないが、障害者でもこうすれば作れるという話を間に受けて頑張ってしまった人は、どうなるのだろうか。

 もともと身体の障害は、手足が不自由であることはわかり易いけれど、目や耳が不自由な場合はわかりにくい。当人が言うことを信じるしかないという話を医者が本に書いていて、だから保険金詐欺などにもよく出てくる話なのだが、失明したはずの人が自動車の運転をしていてバレてしまった、ということが実際にあったらしい。逆に言うと、そういうことでもないと判らないということで、視えるか、聴こえるか、ということは外からの診断が困難ということだ。

 これに比べると、手足の不自由はわかりやすい。自分のことで言うと、過去に腕に重症を負ったことは傷跡のため外見で一目瞭然なのだが、前にピアノを演奏しているのをユーチューブに掲載したのを見て、あんなに上手に弾けるのだから嘘だと言った人がいる。
 あれを上手だと思う人もあるのかと苦笑してしまったが、わかる人は一見して、不自由を補うための腕の動かし方をしていると指摘する。

 ところで、実際に耳が聴こえない女優が聾唖者の役でアカデミー賞を受けた『愛は静けさのなかに』という八十年代の名作映画があり、これは『人魚姫』を意識した描写もあるのだが、これを観て、その女性の気持ちを理解できなかった人が多いようだ。
 彼女は障害者施設に引きこもって他の入所者の世話をしてきたが、そこで男性に見初められ、結婚したら養うので働かなくてもいいと言われるのだが、それを拒否して男性のもとを去ってしまう。そして聾唖者でも出来る仕事を見つけて働き、お金を貯めて大学に行くと言い出す。他人を受け容れたことで社会に目が向き、そういう行動に出たというわけだが、理解できない人が多かったということだ。ただ、これは本当に理解しにくいことではある。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-02-08 21:51 | 社会 | Comments(2)
 都知事選挙で、いちおう応援しておきたいのは宇都宮という人だ。
 彼がベストとは思わない。
 考え方が違う部分も多いし、後援組織の運営に素人が多く、その点では悪戦苦闘している。
 しかし、政策をもっとも緻密に立てている。それで駄目なら、そのことが問題になるべきことで、だから駄目なので降りろと言っている老人たちは、自分たちこそ人生の表舞台から降りて棺桶に入るまで「終活」しているべきだ。そんな覇気のない老人たちのほんとうの課題は、原発とメルトダウンではなく、斎場で火葬される手前らのことだ。
 また、宇都宮という人は、この人自身が駄目でも次につながる候補である。特に良くはなくても、まともである。そういう人がやっと出た。自分から立候補して、共産党と社民党が政策から支持し、他に無党派で応援する人たちがいる。
 これと違い、以前は、他の政党が節操無く相乗りする中で唯一、共産党だけが独自候補を立てようとするものの候補者が見つからず、都支部の責任者とか落選した区長や国会議員などが仕方なく立候補という、実に情けない状態だった。それで以前このブログでも、共産党は何をやっているのかと書いたことが数度ある。この状態を脱しただけでも意義がある。

 これは自分の友達が言っていたことだが、今度の都知事選では、とにかく宇都宮候補を支持しておいて、その後、彼についた政党と団体に硬直化した思考があって嫌だなと思ったら、選挙が終わってから彼を支持した人たちで救出してやればいいのだ。
 そして、落選しても、よくやってくれたとみんなで言えば、次に続く人が必ずでる。

 極右と極左の候補については、マニアックすぎるが支持するのは自由だろう。ただし立場を考えないで応援している人がいるので、NHK受信料はみんなでボイコットするべきだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-02-07 19:59 | 政治 | Comments(5)
 最初の頃に、細川・小泉の元総理コンビが話題を作ったので、だから期待できるかもしれないと考えた人は、まあ良い。そのうち、どうもこれは疑問だということになって、それでも期待している人は駄目だなと思うが、まだ許せる。しかし、具体的かつ合理的な根拠に基づき不支持とし、他の候補を応援するという人たちに対して、非難した者たちは許さない。

 その点で論外なのが、南相馬市長の桜井勝延だ。彼の細川応援の演説は、仮に自分が細川支持するとしても不適切だから駄目と思うひどい内容だ。彼は、細川の政策に対する具体的な疑義について、政策と無関係なことで印象低下させるネガティブキャンペーンであるとしたうえ、それを共産党の仕業であるようにレッテル貼り攻撃している。二重の虚偽であり、到底まともな選挙演説ではない。

 そもそも、異論に対して内容に反論もせず非難したうえ共産党などというのは、原発をはじめ開発への反対について散々行われてきたことであり、それが健全な議論を封じて、今の事態を招いたのだ。だから、それをしている桜井南相馬市長の発言は滑稽であり、脱原発について発言する資格がない。百田と言う人が、田母神以外の候補者を人間の屑と誹謗したことは褒められたものではないが、桜井市長の発言に比べるとまだ悪い冗談という余地がある。
 そんな市長の戯言を掲載したブログに「イイネ」を押した人や、肯定的にリンクした人たちは、原発だけでなく民主主義も道徳も理解していない人であるから、もう信用しない。
 だいたい、細川応援団長の小泉元総理は、かつて、美しい古都を抱えるイラクを劣化ウラン弾で攻撃して破壊し汚染させたことを堂々と支持して反省もしない政治家である。それが、福島のことは心配していると言っても、本心か信用できないし、本心なら本心でその身勝手は余計に反吐が出る。
 また、老骨に鞭打ってがんばるのがそんなに偉いと思うなら、ドクター中松に投票すればいい。細川より10歳も高齢だ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-02-07 19:48 | 政治 | Comments(2)
 ビートたけし曰く、「やい、そこのブス」と客席を指差すと、そこにいる女性が最も笑う。自分ではなく、隣に座っている女のことだと思っているからだそうだ。
 これは、他人を貶めて優越感に浸る人がいるので、侮辱や差別を受ける側に属している人が、その侮辱や差別を他人事として嘲笑するということであり、とくに女性の場合、自分の容姿に自信をもっている人が多いので、そのような反応になるということだ。
 だから、たけし番組(実は自分も一度だけ録画のインタビューで出たのだが、女性とは関係ない話題だった。念のため)に、よく出ていた舛添という人は、女性差別の言動ばかりしていると批判しても、女性からの人気が男性と同じかそれ以上にある。だから同じく石原慎太郎だって同様だった。
 また、原発の問題にしても、とにかく舛添さえ落とせば政権に打撃で脱原発に利するという考えを説いている人たちがいるけれど、これは甘すぎる。舛添という人は自民党を除名されていて、仲直りもしておらず、党内でかなり嫌われている。だから党そのものではなく都連の支持だし、あくまで都政という地方自治でもあるから、仮に舛添落選ということになっても、その結果は政府への批判でも脱原発支持でもない、と自民党は言ってのけるだろう。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-02-07 19:37 | 政治 | Comments(0)
 『月刊『紙の爆弾』2014年3月号』(2014年02月07日発売)に、例の「在特会」こと「在日特権を許さない市民の会」を徹底取材した『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(日本ジャーナリスト会議賞および第34回講談社ノンフィクション賞受賞)などでしられるジャーナリスト安田浩一氏による記事【「ネット右翼」にとどまらない 大衆メディアにまで拡大する新たな「嫌韓中」の潮流】が掲載されている。

 いわゆるヘイトスピーチは、一部の人たちが騒いでいるだけでなく、週刊誌なども同様の煽り記事を掲載するようになっている、という問題について語っている。
 どうして出版物までこうなるのかというと、ソコソコ売れるうえ、取材の手間や経費がかからないため、コストパフォーマンスが良いから、ほんとうは品が悪くてやりたくないのだけど仕方なくやっている、と週刊誌の記者らが言う。
 しかし、このような商売をしていると、雑誌の取材力が低下し、どんどん質が悪化してしまう。

 こうした問題について、安田氏が雑誌むけに詳しく語ったのが先月末の締め切り直前であり、この録音をもとに「起こし」をして、喋り言葉を読む文章にするというなんとも手間のかかる作業を大忙しでしなければならないので、その急な話に大丈夫かという安田氏だったが、そこで編集長から電話があり、同席した自分が録音に基づき突貫作業を行ったという次第。
 こういうことは得意なほうなので、時々やっている。
 それはともかく、安田氏の話はとても興味深いので、ぜひ読んでいただきたい。先日ここでも、攻撃的で品の悪い煽りの見出しばかり躍る週刊誌について述べたが、どうしてそういう記事ができるのかという構造を、安田氏の話は暴いている。

 詳しくはこちらの雑誌サイトを参照してください


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-02-06 15:40 | 社会 | Comments(2)
 かつて筑紫哲也は、個人の縁からタレント議員の中山千夏に頼まれ選挙広報のインタビュー役をしたが、記者の立場から問題ありと没にした。それで公開されなかったにもかかわらず、当時の勤務先の朝日新聞から服務規程違反で処分された。在野の民間企業であっても、個人の信条や交友は自由だが選挙運動に関わることは業務にさしつかえがあるというわけだ。また、これを文春は非難して大騒ぎ。

 ところが在野の民間企業ではないNHKの役職にある百田尚樹が、特定候補の選挙演説までしているのに、今の政府はケジメがないどころか、政府の要職にある者には特権があるといわんばかりの態度であり、こんなことがまかり通っていることのほうが余程SFだ。

 そんな百田だが、正しいことも言う。彼は、左寄りの格好だけつけると売名になると言って進歩的な文化人を批判したが、当たっている部分もある。平和とか人権とか言いながら権力と戦わない文化人たちは、良識派と評価されながら大企業がスポンサーのマスコミに干されもしないで、売れっこになる。ちょうど細川支持している瀬戸内とか澤地などの人たちがそうだ。

 また、その左寄りの佐高信は、かつて社民党を支持し福島瑞穂と仲良しで、評論家としての客観性を損なうほど持ち上げていた。しかし今度の都知事選挙では、福島瑞穂が宇都宮候補を支持し、自サイトで正義の味方アンパンマンに喩えていたのに対し、佐高信は「ハーヒフヘホー」と叫んでいる。

 いっぽう舛添要一が最も優位といわれるのは、テレビで得た知名度と自民党と創価学会の組織的集票による投票がほとんどだろうし、彼の政策に投じる人も、どこまでちゃんと考えているか怪しいが、彼自身の得票ではある。
 しかし細川護煕は違う。彼にあるのは小泉劇場リバイバル上演によるトリックアート集票なので、舛添より悪質だ。だから、細川を積極支持ではないが勝てるかもしれない、という投票をしたら、むしろ舛添当選より危険である。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-02-05 21:34 | 政治 | Comments(6)

左翼が共産党を嫌うわけ

 一度だけ会ったことがある(多分むこうはこっちを忘れている)映画評論家の佐藤忠男は、高卒の労働者から投稿マニアとなって、そこから評論家に転じたが、すると出版業界には大卒者が多く、そうした人たちと接したら共産党への愛憎が凄くて驚いてしまったと書いていたことがある。
 その前まで彼は一般的な労働者の中にいて、そこでは共産党員というと政治に関心がある人だからと組合の役員に祭り上げられたりした程度だったのだが、それとは違い当時の高学歴者にとって共産党はちょっとした権威で、持ち上げたり批判したりすることは大層な意味をもっていた。それで同世代の映画監督・大島渚も、左翼を自称しながらやけに共産党批判するというわけだ、という趣旨も書いていた。
 これが都知事選挙にも反映していて、七十歳とか八十歳の「後期高齢者」である左翼たちが細川元総理を応援し、当の細川陣営が共産党や社民党の応援は要らないと明言しているのに、共産党が他の候補者を応援していると言って罵るのである。
 その一人が、大島渚の尊敬する澤地久枝であり、かつてパーティーの席上で野坂昭如に殴られた大島の眼鏡を拾ったのは澤地である。もともと権力を批判しない平和主義者だった澤地は、宇都宮候補の自宅に押しかけて選挙妨害するという異常な行動をとって耄碌ぶりを発揮した。
 かつて左翼の人たちは、左翼として正しく運動するためには、その老舗である共産党の良くない部分を、失敗しないための手本としようと考えたが、それが本末転倒してしまい、本来の敵である右翼も自民党も独占大資本もアメリカ帝国主義も受け容れて、共産党を避けようという発想に逆転してしまったのだ。
 そうした発想をかつて茶化したのが、ビートたけし初期のギャグであった。
 「歩いていたら、道端に野糞みたいなのが落ちている。あれはウンコなのだろうか。近寄って見たらウンコのようだ。顔を近づけて臭いを嗅いでもウンコとしか思えない。手で触ってみたら感触もウンコだ。舌で舐めたら味もウンコ。やっぱりウンコだった。やあー、良かったですよ、踏まなくて」
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-02-04 23:27 | 政治 | Comments(17)
 ここでもっとも馬鹿げているのが、一部の人たちが騒いでいる、脱原発で候補を一本化しろという主張だ。

 しかし、元自民党の舛添元厚労相と細川元総理とで保守系の票が割れたら勝ち目ありと宇都宮陣営はみているし、また政策のすり合わせもせずに野合したところで支持は得られないとも言っている。いっぽう、共産党と社民党に支持された宇都宮元日弁連会長と提携したら保守票が減るという判断を細川陣営はした。
 こうした明確な理由があって、両者とも共闘しないと決定して明言した。だから、脱原発の票が割れるというのは一部の事でしかないうえ、都政イコール原発でもない。地方自治なのだから、他にも色々な住民のための政策が問われている。
 
 つまり、一本化信者たちの主張は、現実を無視した荒唐無稽なものである。

 もちろん、一部で脱原発の票が割れもするが、その最大の原因は、山本太郎議員が俳優としての所属事務所を辞めるさい言ったように、原発批判は大企業の圧力で仕事を干されるからだ。それで、脱原発でも元総理の応援なら大丈夫、ついでに共産党と社民党を批判すればもっと安心、ということで細川になびいた「リベラル」な人たちがいて、こうも簡単に分裂したのだ。

 これだから、細川元総理に共産党も協力しろ、などと到底ありえないことを言う人たちがいるのだ。こういう人たちの多くは、ありえないことくらいとっくにわかっていて、ただ非難しようとして言っているだけだ。そんな人たちのことだから、細川が落選したら共産党のせいで票が割れたと言って非難するし、もし協力していたら共産党が足を引っ張ったと非難するだろう。どっちにしても非難するつもりなのが見え見えだ。これを共産党だって見抜いていて、大人の対応として無視しているのだろう。

 このおかげで、日和見的な処世術を駆使し声明の発表だけで権力と対峙しないブルジョワリベラル文化人たちの実態がまた暴露されたから痛快でもあるのだが、意外なこともあった。
 こうした文化人の最たる存在とされてたのが大江健三郎であり、これについては、音楽家の高橋悠治、新聞記者の本多勝一、TVディレクター岡庭昇らが、前から辛らつに批判していた。
 こんな大江健三郎を、なんと、都知事選最左派で中核派の鈴木たつお候補が、尊敬する人に挙げているから吃驚である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-02-04 13:28 | 政治 | Comments(5)
 鎌田慧の出世作は『自動車絶望工場』だが、これは著者自身がトヨタの工場に期間工として雇われ働き、その実態を告発したルポルタージュの傑作である。
 これは翻訳され外国でも読まれている。トヨタは世界的に有名だからだ。そして、日本の工業は世界と競争して勝ち、おかげで日本が経済大国になったと自慢するものの、その背景には身分の不安定な従業員をこき使って利益をあげる人権無視があるという認識が世界的に広まった。

 ところが、この本はノンフィクション賞の候補となったものの落選し、そのさい選考委員の草柳大蔵という朝日新聞記者だった評論家が反対していたことがわかった。この人は、よくある「王国論」という企業を持ち上げる話をトヨタについて書いていた。つまり御用だった人が反対したということだ。

 これについて、『自動車絶望工場』が文庫版になったさい、そのあとがきで、当時現役の朝日新聞記者だった本多勝一が、賞の選考は不公正であったと批判していた。そして、フリーランスが生活費を稼ぎながら告発を書いてしまう鎌田の手法に賛辞を送っていた。マスコミに使われていると、生活費のために意に沿わない仕事をして、意に沿わないことを書かざるを得なくなるから、そうならない一つの手段であるというわけだ。

 しかし鎌田も有名になったうえ歳をとってしまったから、かつてのようなルポルタージュは不可能であり、現場に行くことがどんどん乏しくなって、若手が書いた記事に後から口出したりしていた。
 そして今、非正規雇用などが問題となっているのに、そんなことそっちのけの政治家たちを、かつては批判してきたはずだが、今では都知事選挙で応援し、とにかく脱原発だから良いのだと言う。
 そのうえ、自分が体験したはずの非正規雇用の問題に取り組むと言っている候補と、その応援をしている人たちを、候補の人柄が良いというだけで支持しているという下らない理由で非難している。
 他の細川応援団の有名人たちは、脱原発と言っても応援するのが元総理たちなので睨まれたりして不利益となる心配がない、という処世術が見え見えで、もともとそうした世渡りをしてきた人ばかりなのだが、それに抗してきた鎌田慧の今の醜態は、やはり歳を取ると無様ということである。

f0133526_12373355.jpg


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-02-03 12:35 | 社会 | Comments(9)
 ネットで暴れている様相は「ネトウヨ」とまったく同じなのだが、その主張はまったく異なり「脱原発」とか「TPP反対」とか「消費税増率反対」とか、たまには「護憲」とまでいう人たちがいる。
 この人たちは、小沢一郎を支持というより崇拝し、彼と対立するものは自民党でも共産党でも敵と看做して猛攻撃である。
 だから、例の裁判については、次のような構図になる。小沢一郎は邪魔にする勢力に陥れられたのであり、自民党の意を受けた検察が捏造し、これを背後からそそのかしたのはアメリカで、アメリカの裏にはユダヤ資本がいて、これと陰では共産主義者も手を組んでいるから日本共産党もつるんでいて、だから日弁連も検察を批判せず、その当時の会長は選挙に立候補したら共産党も支持したのである、というものだ。
 なんとも実に大げさな陰謀論を展開しているのだが、信じている人たちは本気である。そして圧倒的な支持を受けているはずの小沢一郎率いる党が勝てないのは不正選挙だからであるとまで言う。
 まるで、かつてのオウム真理教とそっくりなのだが、これは後から擦り寄って来た人たちに侵食されているからであるという指摘もある。司法や選挙の公正を問題するのは当然で、実際に問題が大ありなのだけど、それを騒いでいる人たちのうちの一部が、問題を小沢一郎に特化した主張にしてしまい、そのうえで大騒ぎしているということだ。
 だから、小沢一郎としては、選挙も裁判も冷静に堅実に進めてきたところへ、勝手に利用されて変な風に騒がれては、持ち上げられても有難迷惑であるはずだが、排除できないのではないか。騒いでいる連中が狂信的で執念深いし、これを排除するほどの力が、もう彼に無くなってしまっているのではないか。

 しかし、どうしてこのような騒ぎをする人たちがいるのか。これは「在特会」と共通していると考えられる。在特会とは右派の市民団体で「在日特権を許さない市民の会」の略だが、実際に市民たちがもっぱらネットで知って真面目な気持ちで参加したものだった。だから、いかにもヤクザっぽい右翼たちとは違い、みんな普通の庶民という感じの人たちで、実際に私生活では真面目だ。
 ただ、真面目ではあっても変な騒ぎ方をしている。例えば、病気で倒れて生活保護を受けていた人が市役所の冷酷な職員によって無理やり辞退届に署名させられたうえ餓死した悲惨な事件があったが、これを問題にして騒ぐのはよいけれど、なぜか役所に抗議するのではなく、在日外国人で永住するなど一定の条件が満たされた人は困ったときに生活保護を受けられる場合があることを取り上げ、日本人が餓死したのに外国人を助けるとはケシカランと怒り、外国人は日本から出て行けと叫ぶ、という調子だ。
 そんな騒ぎ方をしても、行政が改善するわけはなく、困っている日本人が救われることもないのだが、ただ、解決しなくても、何か社会にある問題について、その原因かどうかはお構いなく、とにかく敵をつくって攻撃することで手っ取り早く単純に満足感を味わうということだ。それがよくて参加する人が増えてしまい、最初にいた真面目な人はどんどん脱退して行ったそうだ。
 これと、主張は大違いだけど、まったく同じ騒ぎをしている人たちがいるということだろう。そこへなびきやすい人の心理というのは、確かにある。これは困ったものである。今のところ最も困っているのは、利用されている小沢一郎だろうが。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-02-02 21:36 | 政治 | Comments(2)