コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2014年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 細川と小泉の両元首相が脱原発を唱えていることに期待している人たちは、利用できるものは利用してやれば良いんだ、と言っている。
 それなら、自分で総理大臣になればいい。
 細川と小泉の両人は、自らの本性を欺いて政治改革を説くことで多くの国民をたぶらかし、総理大臣に上り詰めて高支持率を得た。そんな芸当を実行したほどずる賢い人たちが、さらに老獪さを身につけている。
 これを上手く利用してやろうというのは、よほどの自信過剰か阿呆だが、そうではなく、本当に二人の元高支持率総理を手玉に取れるほどの政治的才能を持っているなら、そんな人は絶対に総理大臣になれる。
 だから、自分で総理大臣になって高支持率を得て脱原発を実現するべきだ。このほうがはるかに手っ取り早い。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-10 21:35 | 政治 | Comments(5)
 憲法改正手続きを定めた国民投票法が、投票年齢を「20歳以上」から改正法施行4年後に「18歳以上」へ引き下げるように変えられそうだ。
 改正案を共同提出した自民、公明、民主、日本維新の会、みんな、結い、生活の各党は賛成し、共産、社民の両党は反対したとのこと。
 これは、将来のことを決めるのだから若い人に投票させるためなのか、言いくるめやすいから投票させたいだけなのか、それとも、いずれ選挙権や被選挙権も18歳にして、将来は昔から主張があるとおり18歳を成人にという意図なのだろうか。

 アメリカの、マーチン シーンが大統領のドラマで、どうして子供が選挙で投票できないのかと、官邸に見学に来た中学生が問う場面があった。子供を働かせることには問題があるので、立候補できないのはまだわかるけど、投票するだけなら良いのではないか。だから被選挙権はともかく選挙権だけなら子供にもあるべきだ。
 これに大統領の補佐官の一人が、子供は判断力が無いと答えるけど、では大人にも判断力のない人が大勢いるではないかと中学生に指摘され、返答に困ってしまう。

 そうしてみると、国民投票を何歳からにしても、いい歳した人たちに、判断力があるとは思えない人がたくさんいる、という問題がある。
 その筆頭は安倍総理で、憲法改正を国民投票にかけるにしても、そもそも安倍総理は、どんな憲法が良いのか以前に、憲法とは何かを全く理解していない。しょせんはオボッチャマ私立学校の成蹊を付属からずっとで、就職したが駄目でニート生活していたこともある人というわけだが、しかし東大を出て大蔵省に入ったと自慢している片山さつき議員も、実にお粗末であることは、前に「片山さつきセンセイのお笑い天賦人権論」で述べたとおり。
 
 つまり、問題は投票する人の年齢ではない、ということだ。
 
 
   

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-09 16:55 | 政治 | Comments(7)
 今日、オウム真理教による東京都庁爆発物事件で、爆薬の原料の運搬役だったとされ、殺人未遂と爆発物取締罰則違反のほう助罪に問われた元信者・菊地直子被告の初公判が東京地裁であった。
 同被告は「運んだことは間違いないが、爆薬の原料だとは知らなかった」と述べ、無罪を主張したそうだ。 
 
 爆発するとは知らなかったとか騙されていたとか、そんなことは小泉元総理も言っていたが、それはともかく、被告は無罪を主張するならなぜ逃げたのかと責め、やましいから逃げたと言う人がいるけれど、それは違う。
 現実に、逃げ回った後で潔白が証明された人ならいくらでもいるから、この被告がどうかは別にして、逃げたことは抗弁と関係がない。

 米ドラマ『逃亡者』のように、疑われた主人公が逃げながら真犯人を探しまわるということもあるし、それ以上に、特に日本の場合は、警察や裁判が信用できないとか、時間が経てば世間が冷静になって偏見がなくなるとか、証人が現れるとか、真犯人がわかるとか、様々な期待をして逃げた人たちがいる。

 つまり、やましいから逃げるとは限らない。そこのところを、裁判員たちは区別し、ほんとうに知っていたかどうかという争点を冷静に判断して欲しいものだ。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-08 14:34 | 司法 | Comments(0)
 もしも、連合赤軍とオウム真理教が提携して、過去を反省し過激派やカルトを退治するので選挙に立候補したら投票してくれ、と言ったら、信じて応援する人が居るだろうか。
 これと同じことが、細川元総理と小泉元総理が提携して脱原発と言い出したことだろう。

 両元首相らが一般社団法人「自然エネルギー推進会議」の設立総会を東京都内で開いたそうだが、そもそもこの二人は、政治改革と称し、失敗したのではなく、実はもともと改悪を意図していた、というのが、すでに固まった評価だろう。
 
 また、報道の中には「細川氏は都知事選に出馬したが、同様に脱原発を唱えた他候補と競合し、得票3位で落選した」(時事)というものがあるけれど、これは評価的な記述であり、客観的な事実ではない。「元総理が二人で話題となったにもかかわらず支持されず3位に終わった」とか、「脱原発を唱えた候補を、自らも同様のことを言って出馬し競合することで、落選させた」と言うこともできる。

 このように、基本的な事実を提示することと、それに対する自分の見方を論じることとを、混濁させる不正を「大手報道会社」が盛んにやっていて、そこへ、大企業がスポンサーのマスコミに寄生して儲けている有名人たちが群がっているから、益々いかがわしいのだ。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-07 23:40 | 政治 | Comments(5)
 「ゴジラ」シリーズ最大のヒット作『キングコング対ゴジラ』では、北極の青白く光る氷山を見つけた潜水艦の乗組員たちが「チェレンコフ光のようだ」「それは何ですか」「原子炉が光る仕組みですよ」という意味の会話をしていて、氷山が崩れたら例の咆哮と音楽ということに。
f0133526_22431290.jpg


 チェレンコフという旧ソ連の科学者がメカニズムを説いたために言われたもので、彼が八十八年の暮れに無くなったとの訃報で、まだ存命かと思ったものだ。
 この発光は、帯電粒子が運動するさい光速を越えるからというのだが、光の速度より早いとはどういうことかと思ったら、アイザック=アジモフ先生が解りやすく解説していて、光が最も早いのは真空中のことで、空気や水があると屈折により遅くなるのだ。
 それで原子炉は、写真でしか見たことないが、原発でぼんやりと青白く光っている現象は、まさにゴジラの背びれが光る描写である。ちゃんと科学的な設定がされているということだ。

 なのに、平成ゴジラでは勝手に赤く光るように変わっている。あれはどういうことかと思っていたら、東海村で死亡事故が原因らしい、との指摘があった。『バケツでごはん』というマンガがあるがそれどころか『バケツでウラン』というトンデモない作業をして、一瞬青く光り、その作業員は多臓器不全で亡くなった。
 つまり、核の恐怖を描いたSFにも圧力があって、設定を変えてしまったということになる。ここまでやるのだから、『美味しんぼ』の描写に攻撃をするくらいのことは、あって当然だろう。ただ、映画と違って漫画は興行ではなく出版物なので、圧力をかけることが簡単ではないということだろう。

 かつて伊福部昭は、戦時中に軍事研究をやらされたため兄が化学物質に身体を蝕まれて死去し、自らも放射線を扱った後に吐血して倒れたことがあり、『ゴジラ』の恐怖は身を以て感じていたと言っていたが、これも放射線の悪影響なのか、ただの過労だったのかは、不明のままだった。
 それに、当時は防護の技術が劣っていたから、レントゲンを使う医師が被爆して病気になったり死んだ人がいたけれど、知識が乏しかったので有耶無耶にされたというから、研究者に被害があっても当然だろう。
 
 そういう過去もあるのだから、大丈夫とか鼻血は出ないと言ってしまうのは無謀すぎる。また、かつて小渕総理は、東海村の事故後など、当地の食べ物を試食してみせ、「美味しいから汚染されてないだろう」と、味で解るというボケ発言していたが、安倍総理に至っては高級店で会食した話ばかりである。日本もここまで堕ちたのかと情けない思いだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-06 22:59 | 映画 | Comments(0)

渡辺淳一の死去について

 小説家の渡辺淳一氏が80歳で死去したそうだ。

 この人には自分のことと関連して感慨深いものがある。先日、このブログで野口英世を問題にしたが、実は野口英世は医学者としての実績が無く、私生活では風俗や賭博が大好きな浪費家であったことを、彼が『遠い落日』で本格的に描いたのだった。

 また、彼は 札幌医大卒業後、同大の講師をしていたが、和田寿郎教授による心臓移植事件を批判したことがきっかけで辞職したという。そして、もともと小説が好きで学生時代から同人誌を発行していたことから、専業作家を目指して上京し、事件を題材にした『小説心臓移植』(後に「白い宴」と改題)を発表して話題となった。

 これについて、医学の問題を患者側と医師側の両方から同時に追及した『ねじれ 医療の光と影を超えて』の著者である志治美世子氏に訊いたら、彼はそう言うけど、もともと彼は『失楽園』を書いているのが相応しい人だと言っていた。

 この札幌医科大学は、略して「札医大」と言われているが「殺意大」とも言われていて、人体実験の殺人で告発された和田心臓移植の他に、お粗末な形成外科で被害を出していると医学界で批判されており、そこの出身者が防衛医大の伊藤嘉恭講師だった。この辺は拙書『防衛医大の場合は ドキュメント医療裁判』で述べた通りである。
 
 それはともかく、渡辺淳一氏は、医学の解説をするさい、文章の表現はとても上手で、これだけは多くの人の見解が一致しているはずだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-05 22:11 | 社会 | Comments(3)
 憲法9条をノーベル平和賞に推薦したら受理されたとのことだが、候補になれるのは人なので、平和憲法を守った日本国民のことらしい。では平和憲法を否定する日本人は「反日」と認定しておこうか。

 それはともかく、前に宮崎駿が、平和憲法は一定の貢献を日本と世界にしたと評価しながら、そこに嘘臭さがあるのは政治や経済などよりむしろ身近な問題だと指摘していた。そのわかりやすい例として、平和憲法を守れと言いながら、家では妻子に対して暴力亭主がいる、という話をしていた。
 そう言われてみれば、学校の教師にも、自衛隊は憲法違反と説きながら、そう言う自分は法で禁止されている体罰を平気でやっていたりする者がいる。

 今、あちこちの大学が学生運動を取り締まっていて、学問の府としての自殺行為に近い状態になっている所もある。これは大問題であるが、ただ、こうなってしまった原因の一つとして、かつて学生運動に熱心だった世代の老人たちの下品で非常識なふるまいのために、学生運動の印象が悪くなっていることがある。
 ひどい例になると、学生運動が盛んな当時に大学生だった老人たちは、学生寮を襲って生意気な下級生を角材や鉄パイプなどの棒で執拗に殴打して入院させてやったとか、教室に乱入して教授を脅して授業を妨害してやったとか、そういう自慢話を得意になって語っている。
 こんなとんでもない話を聞かされてきた後の世代は、学生運動なんて駄目だと言い出して当然だろう。そして、ここまで酷くはなくても、ちょうど同世代の人たちの中に、人権とか平和とか言いながら、妻子とか児童生徒らに対して権力者として振る舞い、暴力の恐怖による支配を、指導とか躾けなどと嘯いてきた者がいたのだった。

 このような「護憲派」「人権派」「平和主義者」たちは、自民党の改憲派よりタチが悪い。自民党の連中は、ただ自分の頭で理解できないことを否定しているだけの情けない人たちであるが、それとは違い、自分が最も理解していると錯覚したうえで、最もわかっていない行動をしているのだから、始末が悪い。
 そんな連中は、待っていればもうじきみんな死ぬから大丈夫だという人たちもいるけれど、今の時点で若い人たちが気の毒である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-04 21:54 | 司法 | Comments(14)
 祝日を「旗日」ということがあるけど、自分の家では日の丸をあげていたことが小さい頃にあった。しかし、嫌になってしまったと親たちが言い出して、やめてしまった。
 どうしてかというと、自ら進んでやるのはいいが、他人からよけいな口出しされるとむしろ気が進まなくなるものだか、まさにそれだった。
 もともといわゆるノンポリのB層という両親だったから、はっきりした信念はもっていないし、推奨する人がいて、それが少々押し付けがましくても気にしなければ良いのだが、しかし自民党の議員が言っていたのに接して、その嫌らしさに不愉快になり、どうしても耐えられなくなってしまったのだそうだ。
 たしかに、他のことならともかく、自民党に言われたら当然だろう。これは、国粋主義者とか国家主義者とか民族主義者とか右翼とかいわれる人でも、納得させられる人が多いだろうし、だから自民党は反省して嫌らしい態度を改め、また政治の腐敗も無くすように努力することで、国民が自発的に日本を良く思えるようにするべきなのだが、そんな誠実な態度をとるのでは、もはや自民党ではなくなってしまう。
 つまり、自民党が無くなれば日本は良くなるし、そのためには日本人がもっと誠実さを重視するようになればいいのだ。これが難しいのだけれど。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-03 23:19 | 社会 | Comments(0)
 結成当時から「新産業報告会」と皮肉られた「連合」は、皮肉でなく実質もそうなっているが、そして堂々とそれを開き直り、メーデーにブラック企業経営者を国会議員にする総理が出たうえ、その中で警察が仕切り、手当無しで残業させ放題など非常識な政策を総理にやめるようにという当然の主張を訴えると、警察に法的根拠もなく排除されたというのだから、もう労働運動としての体をなしてないどころか、完全に戦前の「産業報国会」の復活である。

 これに反対する組合もあるが、労働者からほんとうに支持されているとは言えない。だから労働運動に力がなく、政府と財界の横暴がまかり通っている。

 この原因の一つに、労働組合の無力さがあり、職場でも閉塞感に捕われる人が多いし、労働裁判で裁判所前の集会があると、その形式的で無気力な様子を見て、通りかかった人たちはよく呆れているし、組合の活動屋さんたちの横柄な態度に怒る人も少なくない。

 これは。労働運動に従事している人たちが、だいたいは無能で陰険だからだ。仕事が出来ないとか、性格が悪いとかで、職場の仲間から嫌われる。それで組合運動でもしてろということになり、やらせるため煽て、勘違いして思い上がり、「豚も煽てりゃ木に登る」
f0133526_21134165.jpg

というような状態となっていちおうはこなすが、運動の実質は険悪な連中の独りよがりになり、労働者の支持も減るし、闘っては敗北という繰り返しになるのだ。
f0133526_21123450.jpg

 だから、労働運動が、人望があって礼儀正しく優秀な人たちの手によるものとなるよう、まず改善する必要がある。人材が無かったら、サッカーの監督のように外国から招聘する手もある。経営者をフランスから招く会社もあるのだから、組合もフランスやイギリスなど労働運動が盛んな国から代表を招くぐらいしたほうがいい。
 とにかく、日本の労働運動は洗練されていないし、嫌な奴と馬鹿な奴が多すぎる。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-02 21:02 | 社会 | Comments(4)
 俳優の津川雅彦が旭日小綬章だそうだが、それを目当てに安倍総理に胡麻擦りをして、「大江健三郎ら反日分子が」(津川雅彦・公式ブログ)などと露骨でわざとらしい極右発言をしているのかと噂されている。
 津川雅彦は下手くそな俳優として定評があり、普通なら無理だったけれど芸能一家に生まれたのでなれたと言われている。だから、実力が乏しい人の処世術として権力にすりよるくらい平気だろう。
 前に彼は『プライド』という映画で東條英機にふんしたさい、役に入れこんでいたそうだが、それにしても相変わらずの下手くそで、『大日本帝国』で同じ役を演じた丹波哲郎の迫力とは大違いであった。
 もしも沢村貞子が生きていたら、こうした親戚の醜態に嘆くだろう。津川雅彦とその兄の長門洋之の父は、歌舞伎役者でチャンバラ映画でも活躍した沢村国太朗、その妹が女優の沢村貞子、その弟が俳優の加東大介、加東の息子と黒澤明監督の娘が一時結婚していて、その息子も俳優、という芸能一家だ。
 津川の叔母である沢村貞子の自伝が78年にNHKドラマ『おていちゃん』となったが、ここで主人公は出演した演劇の内容が社会批判だからと逮捕され、警官に拷問されても耐えていた、というのは実話に基づいている。貞子はもともと文学少女で政治に無関心だったが、働く庶民が虐げられる社会を批判する劇に出たらアカとは納得できないと反抗し、もともと身体が弱いほうだったが、怒りから獄中で耐え抜いたという。
 それで、ヤクザ者も沢村貞子には敬意を表していたそうだが、彼女は晩年、今でも政治には関心が薄いが「スパイ防止法」というのにだけは絶対に反対だと言っていた。
 なのに、親戚がこれでは情けないが、政治的見解や主義主張が異なることは問題ではない。他人の意見を批判するさいに侮辱的な言葉遣いで貶めることが問題だ。弱い者いじめをするから人柄を問題するというならいいが、津川のほうが権力に媚びて反対する者を汚い言葉で罵っているのだから、弱い者いじめしている津川は人柄に問題がある。
 また、これは津川に限らないが、 同じ日本人なら共通することのほうが多く、政治的な部分はごく一部でしかないのに、その違いだけで同胞を貶める者には、愛国心とか郷土愛が欠如している。そう言う意味では津川雅彦こそ「反日」である。
 もっとも、しょせんは芸人が気張っているだけであり、ほんとうの問題は、こういうことをしても恥ずかしくない社会のあり方である。安倍のような人では総理をやっていられない社会なら、迎合する芸人もいないはずだからだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-01 21:36 | 芸能 | Comments(0)