コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2015年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

 インドネシアの国家元首に嫁いだことで知られ、現在ではタレントとして人気がある日本の女性が、イスラム国の人質は自決すれば良いと自サイトに書き、これに「いいね」のクリックが万単位であったから驚きであると、外国で報道された。
 
 とんだ日本の恥だが、しかしそのデヴィ夫人が本当にそう思ってるなら、そんな意見も言う自由はある。
 だけど、かつてインドネシアでクーデターが勃発して命からがらだった時、彼女は日本の大使館に助けを求めたり、日本政府が助けてくれなかったと不満たらたらだったり、かなり怒っていたはずだ。
 自分は助けて欲しいけども他人には死ねばいいと言う彼女の感覚がどうも理解できない。

 ただ、自分のことを棚に上げたり、いざとなれば普段と違う、という人はよくいるものだ。
 例えばビートたけしは、命の大切さなんて奇麗事でしゃらくさいとか、おいらは達観しているから死ぬのは全然怖くないとか、いつも言っていたのに、あの顔面麻痺のバイク事故では、病院のベッドで「助けて」「死にたくない」と叫んでいたと伝えられている。
 
 もともと戦場の取材は命懸けだ。ベトナム戦争でも記者が何人も死に、日本人だと沢田教一カメラマンがいる。それで自己責任と突き放す人もいるのだろう。
 逆にカッコつけて戦場に行って危険な目に遭ったと自慢する人もいる。石原慎太郎は、ベトナムの戦場で死にそうになったと言っていたそうで、これは後にテレビで言っているのを見たことがある。
 しかし彼は米軍にくっついて安全な場所にいた。死にそうだったというのは、慣れない気候風土で食あたりか水あたりで下痢が止まらなくなったからだった。
 
 また、外国で困ったとき日本の大使館に助けを求めると頼りにならないことはよく知られているが、忙しいからと無下に断られてしまったわけとは、有力政治家が来て、後援者らに外遊先から手紙を書いて出す選挙運動の代筆させられていたからだったことがある。
 これは公私混同も甚だしいとんでもないことだが、よくあることだ。石原慎太郎もやっていた。こうやって、日本人が国を頼れなくする人が、知らん顔して表向きではナショナリズムを説く。それが日本だ。

 そして、イスラム国に殺された人質について、政府の対応に問題はなかったかと質問した共産党の小池議員に対し安倍総理は、政府の対応が悪いというのはイスラム国を擁護するようなものではないかと言って逃げの答弁を繰り返した。

 うしろめたくて逃げるにしても、ひどい屁理屈であるが、この安倍晋三による屁理屈は、もともと日本でみんなやってることだ。冤罪や警察の不祥事を問題にすれば「犯罪者を擁護してる」、医者のミスを問題にしたら「病気や怪我を治さないでいいのか」、人権蹂躙したから弁護士を弁護士会や日弁連に懲戒請求してるのに「人権を護る仕事をする人を批判するのか」、などなど。
 
 つまり、それなりの地位に就けば、それだけ重い責任があるはずなのに、そうではなく、いったん地位に就いてしまえば偉い人になったから責任は問われない、というのが日本の実態なのだ。日本が未成熟だから、それ相当の人が地位を得てしまうのだ。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-02-04 16:19 | 政治 | Comments(7)

「ゴルゴ13」の映画化

 先月、出版関係者の催しで鈴木邦男氏と同席したさい、好きな音楽は何かと質問したが即答がなく、三島由紀夫はワーグナーが好きだと言っていたから「ではワーグナー」との答え。
 ところが、マンガは好きかという話になったら、鈴木氏もマンガは結構好きだから色々と読んでいると言い、では今まで読んだ中で最も面白かったのは何かと訊ねると「ゴルゴ13」と即答であった。
f0133526_2110068.jpg

 そして「ゴルゴ13」は昨年死去した高倉健が主演で映画化され、そのあと千葉真一の主演で映画化されたが、どちらも評判は今ひとつだったということで、その場に居た者の意見は一致した。
 これは、どうも主人公らしくなってないことが原因だろうということで、また一致した。高倉健は風貌からはまり役と当時は言われていたのだが。
 おそらく、映画の中でブリーフ姿になっていないからではないかと言ったところ、なるほど、きっとそうだ、ということでまたまた一致した。白いブリーフの姿にならないとゴルゴ13ことデューク東郷らしくない。第一話の冒頭からなのに、映画では俳優が嫌がったのか脚本が配慮しなかったのか、その場面が無かった。
 という結論だった。
 
 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします 
[PR]
by ruhiginoue | 2015-02-03 21:09 | 映画 | Comments(0)

トータルリターン

 一瞬SF映画のことかと思ってしまいそうな「トータルリコール」ではなく「トータルリターン」というのが始まった。
 これは、1投資したのが幾らで、2投資したうち幾ら残っていて、3利益から分配されたものまたは解約や償還つまり幾ら受け取ったのか、これらを2-1+3で出した運用損益が「トータルリターン」ということになる。
 これは要するに、分配金があったのでそれがそのまま儲かったとは限らず、投資した元本がどうなっているかという問題があり、もしもそこで完本割れしていたら、それを差し引くと分配された金額どおりの利益ではないわけで、だったら差し引いた金額も告知し、最終的に幾ら得したか、あるいは損したか、というのを「トータルリターン」と称して告知するということだ。
 これならわかりやすいだろうが、この名称はやはりSF映画の題名と引っ掛けてあるとしか思えない。このSF映画の原作はPKディックの「追憶売ります」という短編小説だが、映画化の題名は記憶を総て呼び戻すという意味。
 その点では、今ちょうど確定申告で一年分の支払いと受け取りの書類をトータルしているところだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-02-02 20:22 | 経済 | Comments(0)
 また人質が殺害されてしまったらしい。
 これについて共産党の志位氏は声明を発表し、「こうした悲劇を繰り返さないためにも、この間の日本政府の対応について、冷静な検証が必要である。政府は、2人の日本人が拘束されてから今日にいたるまで、政府がとってきた対応について、検証にとって必要不可欠な情報を、公表すべきである」
 また、民主党の蓮舫氏などが同様の意見を述べていた。
 しかし日本政府は、これを特定秘密にしてしまうのではないか。外交と治安に関係するので、失態を隠すためやりかねない。

 いっぽう安倍総理は、自衛隊に救出させるよう外国に向わせられないかと発言していたが、これに対し防衛省幹部は「米国ですら特殊部隊による人質奪還作戦に失敗しており、日本にできるはずがない」と自衛隊の活用には否定的と報道された。

 言い添えると、ランボーですら、敵陣に内通者がいるなど御都合主義の筋書きのおかげで救出できた。
 またアメリカの批評家も「寸法が合わない軍服を着た東洋人の兵士たちは脳も筋肉も働かないようで、束になってかかって行ってランボーに射殺されるまで突っ立っているから、見ていて思わず、伏せろ!と叫びたくなる」と皮肉を書いていた。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-02-01 19:54 | 政治 | Comments(10)
 大学のドイツ語の授業中に、先生から「ドイツのブンデスプレジデントは?」と質問され「ワイツゼッカー」と答えたら発音を直された思い出がある。「ワ」に濁点くらいがちょうど良いかもしれない。
 
 そのワイツゼッカーもとドイツ連邦大統領が亡くなった。94歳だったそうだ。
 ワイツゼッカー大統領は名言が多いことで知られ、これを日本で最初に紹介したのが岩波の世界、次が朝日新聞らしい。この名言により「ドイツの良心」とドイツではたいへん尊敬されていたそうだが、日本だったら「自虐史観」などと産経や文春やチャンネル桜などに口汚なく罵られたことだろう。

 ワイツゼッカー大統領の名言の一つに、戦後40年のさい言った「40年は、一人にとっては長いが、ドイツが再び過ちを犯さなくなるには短い」がある。
 これを引いて作曲家の池辺晋一郎氏は「憲法が60年も経ったと言われるが、日本が戦争をしなくなるには短い」と、よく言っていた。
 これは奥平康弘氏が亡くなる前日の鼎談でも語っていた。
 
 ちなみに、この話を知り合いの、売れない前衛作曲家にしたら、「そのとおりだ。池辺晋一郎さんは前から大変尊敬していた。作曲でも社会的発言でも駄洒落でも敵わない」と言っていた。彼はよく奥さんから、曲が売れなくて家計が苦しいこととオヤジギャグで叱られているらしい。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-02-01 19:38 | 国際 | Comments(4)

「風立ちぬ」と結核

 アニメ映画「風立ちぬ」がテレビ放送されるで思い出したが、この劇中で結核の療養に「山」に行くと言っていて、また、サナトリウムが舞台になっているトーマス・マンの小説「魔の山」も会話に出てきたけれど、おそらく同じ監督の「となりのトトロ」で主人公姉妹お母さんも、劇中セリフにはないけども結核なのだろう。

 お母さんが入院している「七国山病院」の場所は東京都と埼玉県の境目にある八国山がモデルで、あの界隈にはもともと結核療養所があった。「トトロ」の原型といわれる映画「パンダコパンダ」の舞台もすぐ近くの秋津であることが、駅の場面に表示があるからわかる。

 あの辺にはアニメーターがよく住んでいて、石黒昇とか安彦良和に偶然出くわしてサインしてもらったという人がいる。「アリオン」を描いてもらったと同級生に見せられ自慢されたこともある。
 おそらくアニメーターの収入で自宅を構えるには、あの界隈の地価が相当だったのだろう。

 ところで今はちょうど確定申告の時期だから、税務署から申告用紙が届いたり、これから自分もめんどくさい。
 かつて宮崎駿か高畑勳が言っていたが、昔は税務署で職業に「アニメーター」と記入すると、職員から「どんなお仕事ですか」と質問され、「ようするに絵を書く仕事なのですが」と答えると、「画家の先生ですか」と言われ、それもちょっと違うなと思ったそうだ。こんなこと今では無いだろうが。

 一時期、あの界隈に住んでいたから、そこに同級生もいるのだが、八国山や秋津、あるいは中森明菜で有名な清瀬や、志村けんで有名な東村山の辺りは、結核療養所の影響で大きめの病院があった。
 昔は、他にあの界隈に大きな病院が無かった。そして大きめの病因といっても程度が低く、ちょっと難しいとか珍しい症状になると医師がサッパリわからないというお粗末さだった。

 だから、後に米軍基地跡に防衛医科大ができたら、実態はひどいものだったけど、それでもいちおう大学病院なのでマシに見えてしまったのだった。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-02-01 15:26 | 映画 | Comments(2)