井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2015年 03月 ( 41 )   > この月の画像一覧

 原発事故があったため避難していた一家が、「科学的に」安全であることが証明されたので福島に帰るという「美談」の絵本を、作者がツイートで熱心に宣伝しているだけではなく、組織的な背景がなければ到底不可能な売り出しぶりである。

 また、絵本の内容の元ネタが具体的に指摘されている。それで読んでみたところ、例の池田という翻訳家の女性が新聞で語っている内容と酷似していた。 

 今、福島で使われている「安全」や「風評被害」といった言葉は、科学的な意味合いではなく、経済的な利益を守るために使われているだけである、という批判があり、その「科学的」「安全」には、甘いとかツッコミどころ満載という指摘も。
 実際に、これらの「科学的」は、暗闇の中を進んで衝突しないかと心配しているところへ、「私は幽霊が存在しないことがわかっているので恐くない」と得意になって言っているようなものである。
 
 最近は、福島に対する「不安」や「否定的な意見」を過剰に攻撃してしまう雰囲気が異様に強くなってると感じている人は多い。
 芸能人の発言に対するバッシングなど、「福島愛」を免罪符にして他者を攻撃することに無自覚となり、これが福島について発言できない空気を作ってしまう。
 デマや差別を根絶することは大事だが、だからといって不安や批判的な意見を押し潰すというのでは、外から福島に関わることがますます面倒になる。
 これを意図してやってる勢力も、当然あるだろう。
 極端すぎる放射性物質忌避は不適切であるという前提に立ったとしても、被害は健康問題だけではないし、加害者を免責する言説は、社会にとってより不適切だ。
 また、実際に福島から避難した人は、被災者や被害者が「前を向こう」「頑張ろう」と言うことは否定しないが、被災者や被害者に、それ以外の言葉を語らせないこと、および被災者や被害者を報道するメディアが、それ以外を言わないことは、批判している。

 こうした批判や危惧が出るのは、「安全」とか「風評被害」とは異なる見解や意見を圧殺しようという態度が露骨だからだ。思いや言葉は、人の数だけある。それを科学的とか美談とかで否定することは、まずそれ自体が危険であるし、それをやるということは裏に何かあると疑うべきだ。

 その「絵本作家」松本春野は、糸井重里や早野龍吾ら「安全」と宣伝している大企業宣伝請け負い業者たちが神輿に載せて担いでいる。このことが、その規模と周到さに加えて、組織的背景があるとしか考えられない状況証拠となっている。

 これを指摘し、各々で彼女の主張の意味と効果を注意深く検討して欲しいという人がいたので自分でも試してみたところ、「松本春野」で検索をかけ表示されるツイート群で誉めちぎっているアカウントは、いろいろな原子力ロビーのアカウントが入っていた。これでは偶然とは言えず、業界のプロパガンダに利用されている蓋然性が高いというべきだ。

 しかも、松本春野は、福島は安全だと言うとともに、それによって脱原運動を批判している。運動に利用するため、安全なのに危険だと騒いでいる人たちばかりだと言うのだ。そして、彼女は三代前から共産党だが自分は体質が違うとも言う。

 よく右派メディアないし新左翼系は、共産党の悪口を書く中で、党員の子供は、親が教条とかドグマとかいうものを押し付けがましいうえ、党活動のため家庭をないがしろにするから共産党嫌いになると言ってきた。
 これは一部には実際あるだろう。実際にそう言う人に会ったこともある。そして松本春野も、三代前からの活動家という家系を無理に否定しようとしているような言動だ。

 しかし、否定を試みても、DNAに組み込まれているのではないかと思わせる。例えば、その発言は文字絵や文体などホンワカした調子なだけで、内容は攻撃的だ。
 自分の意見に反するものは政治的と決めつけるが、そもそも政治的と非難することほど政治的なことはない。
 また、自分らのスタンスに合致しないものは福島県民のためにならないから排除の対象とする発想は「人民の敵」というスターリン主義の発想と酷似している。悪い部分だけ残っているのでは、読売のナベツネと同じだ。

 ところが、父と一緒に活動する松本春野に、松本家の人だからと無条件に追従する共産党員が一部にいる。原子力業界から大歓迎されている現実よりも、「共産党の国会議員の松本善明の妻であり、自身も共産党員であり、そして何より子供の絵で国民的人気がある画家いわさきちひろ」の孫というだけで。
 しかし、既に他で言われているが「いわさきちひろの孫は、あくまで孫であって、いわさきちひろではない」のだ。

 ここで心配なのは、自民党のバカ息子内閣に見られるような露骨な世襲ではないが、日本共産党にも、中国共産党で言うところの「太子党」が一部に存在していることだ。誰々の息子、誰々の娘、誰々の甥っ子、誰々の姪っ子、誰々の孫、というのが幅を利かせ、これを批判すると、取り巻きから攻撃される。

 現実に、東京都狛江市の例がある。
 腐敗した保守市政が、地元の名主のバカ息子を市長にしてしまったため、その市長が賭博にはまり借金と夜逃げさらに不正が発覚して逮捕という前代未聞の不祥事となった。
 これに対抗し、市民運動が中心となり共産党と提携し、同党の市議会議員団幹事長を選挙に担いで当選させた。
 共産党が関与しているというだけで気に入らない自民党と公明党に民主党や生活ネットさらに連合まで野合して引きずり降ろしにかかったが、無所属で個人的に共産党員という市長は、四期もの長期政権となった。市民の市長なので、地元の著名な文化人らが応援し、無党派や保守の有権者からも支持されたからだ。
 なのに、思い上がった共産党が、市長ではなく党が支持されたと錯覚し、あげくに縁故政治までやらかしてしまった。そして後継者選びに失敗し、保守反動の市政に逆戻りしてしまった。
 だから、今はひどい市長だという怒りは、その市長本人と、担いだ自民党と公明党や民主党などとともに、共産党にも向いている。

 これを放置したら、共産党も自民党と同じことに将来なってしまう。今から厳しく批判しておくべきだ。敵と闘うために批判は控えるということが、駄目な人や不適切な行為の隠蔽に利用されてしまうこともある。この区別をしておかなければならない。

当人からの反応について




人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-25 13:46 | 社会 | Comments(4)
 「食べて応援」とは、ヒトの善意に付け込むものだから不愉快だと感じる人たちがいるし、許せないと言う人たちもいる。この言葉は、言い換えると「国民は、国が補償しなくてもいいようにしろ」ということだ。

 しかも、最初は、少しでも不安があるものは高齢者が食べて、子供には遠隔地でとれたものを、といっていたのに、安心だと強弁して給食に出し、大人は遠隔地や輸入品を食べていた、という逆のことをしていた地域まであった。ここまでくると犯罪の域だ。

f0133526_1995133.jpg


 だいたい、福島とその周辺および空気と水の行方となる地帯の農産物に、不安を持つのは当たり前のことだ。ちゃんと検査されてるのかという不信感もあるし、基準以内と言うその基準自体いかがわしかったする。これに対して非科学的だとか政治的だと非難するほうが非常識だろう。
 
 そもそも、こうした疑問や不安を、政治的とか非科学的とかいうことで否定できるなら、原発事故なんて起きなかった。絶対に大丈夫だと信じない者は非科学的か政治的だと否定し、実際は大丈夫じゃなかったのだから。

 ところが、不安だと正直に言うだけでも、それは脱原発のために言っていると非難される風潮がある。これはこじつけであり、具体的な根拠のない陰謀論にすぎない。
 逆に、福島の農産物に不安を持つことを政治的と言う方が政治的だ。昔から指摘されていることなので今さら言うまでもないが、政治的という非難をすることほど政治的なことはないのだ。
 さらに、脱原発に利用という非難は具体的な根拠のないこじつけにすぎないが、脱原発に利用という非難をしている側には、原発を存続させたいとか事故の補償を少なくしたいとか汚染された商品を売りたいとか言う具体的な利益がある。

 しかし、「劣化ウラン弾による汚染の話をしたらイラク復興の妨げになる」なんて言えば「アメリカが喜ぶだけだ」とすぐにわかるけれど、自分の国のことになると同情論と区別できなくなる人がいて、困ったことになる。
 
 もともと福島県民が極めて保守的であり、お上の責任を追及したがらないから、そこにつけ込まれてもいるのだろう。

 けれども、真面目で良心的な研究者や運動家にも、困ったことに陥っている人がいる。これには「驚かされるとともに、問題の(罪)深さを感じます」と、ある大学教員から言われたのだった。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-24 13:05 | 社会 | Comments(4)
 稲田朋美が、産経新聞のインタビューで、とんでもないデタラメを言っている。産経新聞が何か間違いをしたのなら稲田から抗議があるはずだが、それがないということは、実際に言ったのだろう。
 
 稲田朋美は自分から売り込んだ「百人斬り裁判」について述べているが、まず、なぜ敗訴したかに関して自分の弁護のお粗末さを隠している。産経の読者を舐めていて、騙せると思っているのだろうか。
 
 周知のとおり、稲田は、手前で売り込みけしかけた裁判で負けたその日に、応援してくれた人たちへ弁護士として力及ばなかったことを侘びもせず、選挙に出ると宣伝ばかりしたから、そこに来ていた秦郁彦があきれたように、裁判そっちのけになり一番得したのは弁護士だと述べていた。
 まったく稲田という人は恥知らずだ。

 ここで驚くべきは、稲田はヘボとはいえいちおう弁護士だったということにも疑問を持ってしまう発言内容だ。
 稲田は、裁判で新聞社の側が「新聞は真実を報道する法的義務はない」と言ったので驚いたと抜かすけれど、これはあくまで「法的義務」だ。「義務はない」と言えば問題だが、そうではない。「法的」が付くかどうかで意味が全然違う。

 「新聞は真実を報道しなければならない」という趣旨の法律は日本に無いから、そんな「法的義務」があるわけない。当たり前のことで、ほんとうは説明するまでもないことだ。
 そして、裁判は法律に基づいてやるものだから、どの法律に違反しているのかという問題になる。なので、法律で決まっていないと言う話が出てくるのは当然だ。このうえで、社会的責務など法律で決められたこと以外の「義務」を問題にするなら、それは、裁判以外の場でやるべきことになる。

 こんなことも、弁護士だったくせにわからない稲田朋美。これではド素人だ。それが何年も経過してまだ敗訴を愚痴っている。まるで霞ヶ関の裁判所前で何年も敗訴の怨恨を訴え続けている名物老人たちと同じだ。

 しかし、仕事はお粗末で目立とう精神ばかり発揮したおかげで、しょぼい弁護士から大臣になってしまった稲田朋美。つまり日本では無能な奴が無能であるが故に出世するのだ。これは亡国の兆しというべきだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-23 12:01 | 司法 | Comments(5)
 赤木智弘という人が、山本太郎と上杉隆の両氏をツィターで「キチガイ」と罵り、女性はキチガイが好きだから彼らはモテると書いて、当然ながら彼は非難された。
 この人はもともと、わざと挑発的なことを書いて売る商売をしてるので、その延長だという指摘もあれば、自分がモテないので僻んでいるという指摘もある。

 そうした指摘もあることだから、赤木という人についてはどうでもよい。しかし、よくある誤解が前提となっているので、それをこの機会に正しておこう。
  
 まず、赤木という人は、山本はともかく何故か上杉まで女にモテるとしたうえで、女はキチガイが好きだと断定した。しかし、個人の名前を出しその言動を非難するのとは異なり、女は持って生まれた性別であり、自分の意思でどうにかできるものではない。これを一緒にして同じ言葉で、しかも汚い言葉で、貶める事は許されない、

 次に、ここでの主題である、よく誤解されていることについて。差別用語とくに「キチガイ」の「気違い」と言う言葉に関しては、何が問題なのかということを勘違いしてる人が非常に多いので、機会があるたびに言っておいた方がいい。

 赤木という人も誤解しており、彼は上杉隆と山本太郎を「キチガイ」と言ったことに根拠があるから良いことにしてしまっている。また、これを批判する人も、差別用語で下品だから表現が悪いと言っていた。
 しかし「気違い」とは、精神病患者にも、マニアやオタクなど熱中してトチ狂ってる人にも、「釣りキチ」とか「カーキチ」など、言うことがある。

 このように、全く違うものを一緒にして揶揄したり貶めたりする言葉だ。病気でない人を勝手に病気ということにしてはいけない。病気を侮辱してはいけない。だから言動を非難するさい病気と言ってはいけない。で、使うべきではない言葉とされている。

 ということなので、根拠が有って言ってるから良いと言うのは、とんでもない勘違いだ。昔は、病気について医学的な究明も不充分だったし、熱中する形態についても社会的関心と表現が乏しかったので、一緒くたにしてしまってきた。だが、今では進歩して、違いがわかっているし、適切な言葉も作られ使用されるようになった。
 だから、不適切な言葉は誤解や差別のもとだから駄目ということだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-23 10:28 | 雑感 | Comments(5)
 朝日新聞と読売新聞の発行部数が大幅に減ったことを、内田樹という人が悪いことのように言っていた。この人は朝日新聞の紙面審査みたいなことをする委員をやっていたらしい。
 この人はそう言うけれど、それはあくまで新聞社の経営にとっての問題だ。たしかに発行部数が減ると広告収入も減るから問題でも、新聞の質の観点からは、逆に減った方が良い。

 これは昔から指摘されていたことだが、広告収入ばかり考えてるから、スポンサー様のご機嫌を伺い、自由な報道ができない。強引な勧誘によって評判を落としても一時的に部数が増えれば広告料金を高くできて利益は増える。これをしてるうちに、読者が少しずつだが確実に減ってゆく。
 
 また、日本の人口比から朝日新聞の800万部や読売新聞の1000万では、紙面を八方美人にするしかなく、独自の報道や論調が載せられなくなる。あのナベツネこと渡邊恒雄会長は、1000万部を誇ったところ外国のマスコミ関係者から「そんなの新聞じゃない」と言われてしまったという話もある。
 
 そして朝日新聞のスター記者だった本多勝一氏も、ニューヨークタイムズなど世界各地のクゥオリティー・ペーバーと呼ばれる新聞は発行部数が少ないものだから、発行部数が減ることはむしろ良いことだと指摘している。
 他にも、例えば英国ではタイムズとかガーディアンなどクゥオリティーペーパーを読んでいる人はごく一部で、それとは桁違いに発行部数が多いのはサンとかスターなどゴシップ中心の大衆紙だ。

 つまり、昔から言われるように日本の新聞が諸外国の新聞とちがって面白くないのは部数が多いからだ。現実に、今気を吐いているのは東京新聞など地方紙だ。ニューヨークタイムズもロサンゼルスタイムズも地方紙だ。それを一部では他の地方でも手に入るように売られている。

 しかも、今では電子版というのがある。何度もテレビドラマ化されている松本清張の『地方紙を読む女』のように、配達されていない地域では郵送で一日遅れだが、その問題も解決されつつある。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-22 11:48 | 社会 | Comments(4)

「年齢確認商品です」

 買い物に行くと、会計のさいレジスターから「年齢確認商品です」という音声が出るのを聞く。混雑していると何度も聞こえる。
 この商品は酒とタバコだが、レンタルソフトの店でこんな音声がしたら、恥ずかしくて誰も借りなくなるだろう。

 しかし、酒を親に買ってこいと命令された子供だったら、売るだろうか。親子で頻繁に買い物へ行く個人商店なら、覚えられているので信じてもらえるだろうが、大型店では無理だろう。

 そして、飲んだくれの親父に、酒買ってこいと言われて、買わなきゃ殴られるし、売ってくれる店まで何軒も駆けずり回って、やっと手に入れ帰ってきたら、今度は遅いと殴られて、ということも現実にある。

 昔と違って今は規制が厳しくなったが、実態はどうなのだろうか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-21 13:33 | 雑感 | Comments(2)

自分で食べ物を作る

 カロリーベースにすると、米の代わりにサツマイモを食べれば足りるという見解が先日発表されると、役所が時代錯誤も甚だしいという批判がおきた。
 これは食料自給率の問題に関わってくる話なので、食料の輸入が止まる事態になれば石油など資源の輸入も止まってしまうから、イモを食えばいいとい発想は思慮が足りないという批判もあった。

 たしかに、戦争で日本はドイツよりも栄養失調の死者が少なかった。ドイツはハンバーグに付いてくるようにジャガイモが好きだけど、日本は主にさつまいもを食べていた。サツマイモの方が栄養バランスが良い。

 しかしなんで今になって言い出すのか。「八紘一宇」なんて言い出す人がいるのだから、戦時中と同じようになったと皮肉る人もいた。『はだしのゲン』では、ゲンの父親が軍事教練中に屁をこいたことをとがめられると、イモばかり食べてるからしょうがないと言う。

 ここで左翼の人たちが、米を否定して天皇も否定しようとか言ってくれたら面白いが、今では天皇の権威が稲作とかかわっていることを知らない人も多い。どうして天皇が泥に手足を漬けて田植えをするのか、この姿をテレビは毎年放送するけれど、だいたい詳しく解説はしない。

 むしろ食料自給率の問題は、米か芋かよりも農業の方法が影響するはずだ。キューバはアメリカと対立して経済封鎖された時、家庭菜園を奨励して乗り切った。北朝鮮はソ連の真似をして大規模農場をやっていたから、同じ事態に追い込まれた時、トラクターを動かす石油などが足りなくなり食料難になってしまった。

 そもそも、農業を大規模にすれば効率がよくて安上がりというのは、やり方が強引だ。そこから様々な問題が生じている。
 だから小規模で地味にやるほうが自然だし、食べ物をなるべく自分で作ったほうが良い。それで全部をまかなえるというのは甘いが、少しやるだけでも大事なことを知ることができる。
 前に自分で米を作ってみたら、収穫の直前にスズメに食われて、可愛いとしか思っていなかった鳥が急に憎たらしくなった、という体験をしたことがある。そこから色々なことを初めて悟った。こういう意義がある。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-21 13:15 | 社会 | Comments(4)
 地下鉄サリン事件があった日は、たまたま裁判の期日で、千代田線に乗り霞ヶ関に行った。するとすでに霞ヶ関駅は閉鎖されており、国会議事堂前駅から歩いた。すると駅の周りに白い防護服と黒い防毒マスクの集団がいて、まるで映画『カサンドラクロス』だった。

 この直後、埼玉県にある国立防衛医科大学校病院では、待合室に「サリン事件の被害に遭われた方はご相談ください」と貼紙していた。
 自衛隊の医療機関なら詳しいと思いそうだが、実際には専門家なんていなかった。しかし、自衛隊は冷戦後にも国内テロという有事のさい役立つという宣伝に貢献するため、一部の勤務医がニワカに文献を読みあさり、これを同僚が嗤っているのを垣間みた。
 
 そもそも防衛医大の計画が「第四次防衛計画」略して「四次防」の軍拡路線の中で決定したことに反対があると、あくまで自衛官とその家族のため一般的な医療をするだけで、軍事的な内容は無いと反論した。そして疑惑はすべて左翼のデマだと宣伝までしていた。
 そう言っておきながらサリンには対応するというのも変な話だ。実態は、自衛隊でサリンを製造しているそうだが、研究用なので一般の医療を前提としていないということだろう。

 このあと、今は亡き大島渚がテレビで「オウム真理教に何が腹立たしいかと言えば、冷戦が終わって軍縮できるという時に、サリン対策で自衛隊が役立つという宣伝に利用されるネタを提供したことだ」と言っていた。
 そのとおりだが、他にも、江川紹子や有田芳生という不見識な連中が焼け太りしたうえ、余力で今も偉そうにしていることのほうが、むしろ害毒が多いだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-20 14:43 | 社会 | Comments(6)
 群馬大病院の術後死18人という騒動では、執刀した医師が独断で手術方針を決めたり、そこに保険が効くかのきわどいところがあったり、ということが問題になった。

 この問題の医師のように、大学病院で地位にあぶれた人は、開業して自費診療で商売を始めたがるから、その実績を大学病院にいる間に作ろうとする。「大学病院で経験あり」は最高のハッタリだ。

 自分が医療裁判をしている時、問題の医学部講師は手術について「身体のこの部分を切っても障害が発生しないことは医学的に明らかだ」と断言したうえ、だから患者は嘘つきであると口汚く罵った。

 これに対し他の医学部の専門医から反論もあったが、その前に複数の街医者が呆れて、こう言っていたのだ。
 「その講師バカだなぁ。“切っても障害が発生しない”じゃなく、“障害が発生しない切り方もできる”だ」

 これは一例にすぎない。もともと大学の先生は、けっこうお粗末だ。だから簡単に信じては危ない。

 例えば、福島と周辺の農産物に不安を持つのは当たり前のことで、ちゃんと検査されてるのかという不信感もあるし、基準以内と言うその基準自体いかがわしかったりもするが、それ以前に、汚染された場所でとれた農産物を食べて大丈夫か、なんてことは、これまで人類が全く経験していない。

 それを、この数字だから大丈夫だ、なんて言ってみても、実際どうか保証は無い。将来何かあった場合、大丈夫だと言ってた連中は絶対に責任を取らない。何かわかった時には寿命が尽きている人もいるだろうし、生きていても、あの時点ではあれが精一杯だったから仕方ないと言い訳する。

 実際に、自分も医療裁判に大学の准教授の発言を録音して提出したが、そこではこう言っていたのだ。
 「あなたの手術をした当時は正しいと思われていたが、後から問題があるとわかったので、今ではやらなくなった」

 こういう現実があるので、大学のセンセイだとか学者だとか言って威張っている人を信用しては危ないのだ。要は中身であり、肩書きではないのだから。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-20 14:08 | 学術 | Comments(0)

クリミア情勢と核抑止力

 ロシアの話のさらに続き

 10日ほどマスコミの前に出て来ないのでインフルエンザではないか、などと言われていたロシアのプーチン大統領が普通に姿を見せた。

 リア・ノーヴォスチ伝によると、プーチン大統領は、クリミア情勢が思わしくない方向に推移した場合に備えており、核戦力に臨戦体制を取らせることも検討していたが、それは起こらないだろうとも考えていた、とのこと。

 ここでプーチン大統領が核兵器の使用をわざと口にしたのは、欧米とNATOに対する牽制の意図があると指摘されている。要するにハッタリである。ただ、ハッタリも実際に核兵器を使用できるから通用する。
 
 これについて、日本は被爆国として抗議しないのかと、日本共産党は日本政府を批判していた。
 ただ、実際には無いだろうが、あらゆる可能性を検討していた、というのがプーチン大統領の発言であるから、これは戦争で実際に使うのではなく抑止力として、ということだ。
 これなら、例えば日本共産党の国会議員であり不破氏の兄でもある上田氏が、かつて日本共産党の理論誌『前衛』の誌上で、アメリカに対抗する抑止力として、ソ連らの社会主義国は、平和のために核保有していると説いたことがある。

 これを指摘したからといって、プーチン大統領のクリミアに対する姿勢を云々するものではないし、日本共産党の政策の整合性を問題にするものでもない。やりたくないことを、やらないですむようにするため、やれるようにしておく、というのがどこまで正当かという問題である。これはちゃんと議論しておくべきことだ。 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-19 14:13 | 国際 | Comments(0)