井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2015年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧

勉強すると腹が減る

 中学生の時、問題集を解いていたら、問題の末尾にカッコ付きで意味不明の言葉が付いていた。これは学校の名前で、有名校の入試で過去に出たという意味だが「ラサール」とは何かと思って教師に訊ねたら、こういう名前の学校があるとのことで、変わった学校名だと正直思った。
 そして、そこの卒業生のお笑い芸人で、自分の芸名に付けている人のことを、後から知ったのだった。この人が最近、センター入試というものを受験してみたという。この人の世代だと、まだセンター試験どころか、その前の共通一次試験も未だだったのではないだろうか。

 ところで、センター試験のサイトに過去の問題が掲載されているのでやってみたところ、情勢が変化しているのに解っていない自分に気づき、文献を漁った。
 書店員によると、受験の参考書と問題集は、いつも店に並べるのは高校受験までで、大学受験用は注文になり、常備しているのは一部の大書店だけらしい。なぜだろうか。あまり売れないのだろうか。
 それで大書店に行って大学受験用の参考書や問題集を片っ端から買い込んだ。そして、やってみると、最近のは良く出来ている。おもちゃの進歩と同じくらい昔と違うのではないか。

 それにしても「大人買い」で参考書や問題集を楽々と入手して、中学高校でこんなふうに買えたら良かったのにと思った。かつて、高いとか言われて親に買ってもらえなかったことがあったが、「そんなことがあるわけない。子供の勉強のためなら親はお金を惜しまないものだ」と言い放つ教師に腹が立ったことがある。貧乏な人もいればケチな人もいるし、子供の勉強だからこそやらせたくないという親もいて、それは、学問を嫌悪している人とか、自分の子供が嫌いだという人とか、いろいろある。
 もっとも、教師になれる人には、そんなこと理解できないのだろう。特権階級というほどでなくてもそうなのだから、安倍とか麻生の傲慢さは当然だろう。

 しかし、自宅で参考書を読んだり問題集を解いたり、親に邪魔されないで勉強することが、こんなに楽しいとは思わなかった。あと、ノートに、KOKUYOのCAMPUSを買って来た。消しゴムとかシャープペンの替芯なども。昔は貰い物でやっと手に入れていた。そんな惨めな体験を思い出したから、簡単に買えることが、とても嬉しい。

 ただ、勉強するのは結構疲れる。なのに、昔は、これから勉強しようとすると、その前に掃除などの家事をクタクタになるまでやらされていた。これから頑張ろうというところを狙ってのことで、ひどいものだった。
 また、勉強すると腹が減る。東大生が言っていたが、受験勉強していると腹が減り、食べても食べてもまだ食べられ、それでも痩せたそうだ。脳は大量に糖分を消費するからだろう。

 よく、高校時代の話になると、多くの人は、勉強に部活に腹が減るからたくさん食べていたと言う。ところが自分の学校は違った。弁当は持ってこないし、学食の定食は売れ残り、安い素うどんばかり売れる。売店のパンも焼きソバパンなど安いものばかりが売れ、ハンバーガーやカツサンドは売れない。腹が減るから定食やハンバーガーを食べていると、素うどんや焼きソバパンを食べている同級生から「おまえ金持ちだな」と嫌味を言われた。公立高校で、補助金が出て安くなっているのに。

 うちが特別に貧乏だと思っていたが、実はみんなけっこう貧乏だったのだろう。そんなのは60年代までのことかと思っていたが、田舎に行けば70年になっても80年になっても90年になっても、一部では変わらなかったらしい。
 当時、事情あって東京から山奥に行き、しばらく過ごしてから東京に戻ったが、田舎は思ったより貧しかったのだろうと、改めて思う。そう考えないと、高校生であの粗食はおかしい。だから力も出ない。そして受験もスポーツも、もっとできそうな人が振るわない。
 あと、成長期には栄養を摂らないといけないという考えが、田舎では啓蒙されていないということもあったのだろう。定食ではなく素うどんにすれば浮いたお金でボテトチップやコーラが買える、なんてことを子供だけでなく親も平気で言っている人がいるので、驚いたことがある。

 こういう同級生たちが、今では親になって、原発事故と子供の食べ物について「そんなことはね、気にしなければいいんだよ」と真顔で言っている。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-07-07 19:02 | 雑感 | Comments(6)
 埼玉県北本市の中学校で、給食費をいくら督促しても払わない親がいるため業を煮やし、未納なら弁当にしろと通達して波紋が広がっている。
 
 そんなことを言ったら、給食が不味いからもっと美味しい弁当を持って来るという者も出るだろうが、それ以前の問題として、親が悪いのに子供に報復するような発想は駄目だという指摘をされている。
 
 そもそも、給食はレストランで食事するのとは違い、金銭など対価の支払いによる財やサービスの提供という一般的な契約関係とは異なり「学校給食法」いう法律が根拠になっている。
 これにより、学校給食とは、栄養を摂るとともに集団生活や食文化を学ぶためのもので、教育の一環であると規定されている。
 したがって、経済的困窮者には減免措置があり、費用を払えるはずなのに払わない親には、給食の意義を説明し、払わせるのが筋である。

 これは、あの橋下徹さんが、変な政治家になってしまう前に、弁護士としての立場から、給食費を払わないなら食べさせないのが当然という意見に対し反論して言ったことだ。まったく正しい指摘であった。

 ということなので、親を啓発し説得すべきであるし、また、政治家を引退して弁護士に戻ると言っていながら政治に未練がありそうな橋下徹さんは、前言を翻さず真面目な弁護士に戻るべきである。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-07-06 11:38 | 司法 | Comments(3)
 自民党の、気に入らない報道するマスコミには広告収入を通じ弾圧してやろうという発言が問題になっているけれど、ここで引き合いに出されるのがユダヤ資本の圧力だ。

 これにより日本でも、実際に潰された雑誌がある。だから自民党の発想は問題だと江川紹子などが言っていた。これは95年に、文芸春秋社が、雑誌の記事でユダヤ人団体を怒らせ、その働きかけによりユダヤ系資本が取引先の企業にも圧力をかけたため、広告収入を断たれ経営に打撃となり、雑誌を廃刊した。
 この問題を起こしたのは、あの悪名高い花田編集長で、このあと追われるように退社していてザマアミロという声が多かったし、記事は相変わらずの戦争責任否定だったから賛同されず、また雑誌はもともと売れ行きが悪かったから廃刊はむしろ渡りに船だったのだろう。

 だが、企業に圧力をかけてマスメディア攻撃するユダヤ系のやり方は、当然ながら問題になった。この調子であるから、世界中のマスコミが萎縮している。なので、すでに圧力やそれを恐れての萎縮があるのだから、中東情勢の報道なんか、一切信用してはいけない。
 現実に、朝日新聞の記者のツィターのアカウントに、中東情勢の報道について、それは明らかにおかしいんじゃないか、また、そのおかしさによりNATO軍寄りになっていたりイスラエルを利しているのではないかと指摘しても、無視やはぐらかしばっかりである。
 また、NATO軍記者クラブ幹事長みたいな朝日新聞は、海外の記者もウエッブ論座に書いてる元記者も、相変わらず「AFPによると」「アルジャジーラによると」「ヒューマンライツウオッチによると」というように、政治的中立性を欠く情報源の口移し。昔は、問題はあっても、こうではなかった。朝日新聞も衰退したものだ。
 これに加え、フリーランスの戦場ジャーナリストらも、広告収入に依存するメディアを発表の場にしてるから、結局は同じだ。イスラエルに軍事協力を約束した安倍総理のせいで日本人がイスラム国に殺害されたと上辺だけ批判するのがせいぜいで、他では直接間接にNATOとイスラエルを利する報道ばかりだ。単に露骨でないだけだ。

 露骨な代表である『ニューズウィーク』は、沖縄の米軍基地反対運動は沖縄以外からやってきたならず者の仕業で、地元の人は迷惑しているという記事を載せている。世界各地でアメリカが扇動する暴動や武装蜂起を民主化運動と報じるのに。アメリカでもオリバーストーンが同誌はCIAの息がかかった雑誌と批判していた。
 かつては『リーダーズダイジェスト』がCIA雑誌の役割をしていたが、この日本版が撤退したあと、引き継いだのが『ニューズウイーク』ということだろう。
 しかし、こうした露骨なメディアと一見は違っているだけで、他の総ての大手メディアと、そのお座敷を当てにしている多くのフリー記者たちは、実質が同じである。

 つまり、自民党がマスコミに広告収入で弾圧してやれと言って問題になっているけれど、もう既にユダヤ資本は、陰謀論じゃなくて現実に、広告収入で世界中のマスメディアに圧力をかけまくっているのだから、マスコミが横並び一斉にシリアが悪いリビアが悪いと言うのは当たり前で、そんな報道は一切信じてはいけないのだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-07-05 20:58 | 国際 | Comments(5)

安倍総理の病気と学歴

 安倍総理の病気と学歴を批判の材料にするのは差別だと言う人がいる。
 しかし、健康と学歴は職務に関わる。能力の全てではないだけ。だから就職先で問われる。公人なら一般社会から問われる。そこに問題を抱えている政治家が資質や責任を問われるのは当然だ。
 
 まず病気のことだが、実際に、安倍総理と同じ病気で苦労した人はけっこういるから、直接に知っているのも複数いるが、彼らも、安倍総理は公人なのだから病気が問題になって当然だと言う。難病指定されていて、治りにくいうえ症状はつらく、悪くなったとき仕事などまったく出来ない。
 だから、国の最高責任者なら、緊急事態への対処に影響することがあるだろうと、身を以てわかるとのことだ。
 そのうえ、安倍総理は戦争をしようとしている。強気の政治姿勢で支持を集めているロシアのプーチン大統領は、軍に所属していた経験からジェット戦闘機の操縦をしてみせたが、安倍総理は操縦できないのに乗って格好だけつけている。
 ただ身体の弱い人が力に憧れているなら、コケにしてしては気の毒ということもできるが、そんな人が政治家になって強がり虚勢を張り国を戦争の方向へ向わせていては、大変に危険だ。

 また、学歴の件は、安倍総理だから問題がある。これが田中角栄総理なら、田舎の裕福ではない出自の者が自分で努力してのし上がってきて、頭の回転が良く押しが強いから「コンピューター搭載ブルドーザー」と言われたので、学歴がないことは何も問題がない。
 ところが、安倍晋三総理は、裕福な出で恵まれていたのに勉強不熱心で、金持ち向け私立大に付属から入り、親の七光りで政治家の地位を得た。
 そのうえで、社会の弱者に配慮のない冷酷な政策をとり、健康と学歴に所得格差を広げ、医療も教育も貧乏人は排除だ。これをいくら批判されても、彼にはその意味が理解できない。だから病気とともに学歴を問題にされる。勉強に不真面目だったが金でなんとかなった人だ、と。
 
 もちろん、安倍総理の事を引き合いに出して同じ病気や学歴の人をからかってはいけないが、公人の最たる安倍総理は一般人とは違うという観点で問題にされることを、同じ学歴や病気の人を傷つけるなんて言うのは愚かであるし、「言葉狩り」と同じ似非差別糾弾だ。
 それを理解できない人たちがいるから、百田尚樹の報道弾圧発言を言論の自由だと言ってしまう人たちもいるのだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-07-05 11:51 | 政治 | Comments(14)
 ギリシャの経済危機はアテネオリンピックで巨費を投じたことが影響しているので、東京オリンピックも危惧されている。
 その中でも、オリンピック会場の建設費2500億が問題になっている。財政が危機的状態なのに、こんな支出をしてはいけない。お金は、他に使わなければいけないことが、たくさんある。 
 それでもオリンピックをやるなら、税金を使わずに、賛同する人たちで費用のカンパするべきだと若い人たちは言っているそうで、これが一部のマスコミに取り上げられたら、まったくその通りだとインターネット上で話題だ。

 この話で思い出した。小学生の時、父親が自治会長していて、地元の高校が甲子園出場を決めたことに自治会費から2万円出し問題になった。
 これは、費用を出してやろうという呼びかけに対して、いいかげんに聞き流していたところ、暫くしたら、それについてどうなったかと訊ねられ、忘れて放置していたと言うわけにいかないから、咄嗟に、自治会の費用から寄付することになったと言ってしまい、出してから事後承諾を求めた。
 このため、不適切な支出として問題になってしまった。当然だ。そもそも自治会と高校野球は関係ないし、野球に興味がない人もいるし、野球は好きだけど高校野球の在り方に批判的な人もいるし、出身地の関係で他の出場校を応援したい人もいる。
 この一方で「言ってくれたら5万円出したのに」という人もいた。この人は高校野球好きだったためだが、他にも、自分が卒業生であるとか、子供が卒業生とか在校生という人も、積極的に寄付しようとする。
 それで、いいかげんな対応をして批判されたのだった。責任をとって辞任すればいいのに、その声は挙らなかった。他にやる人がいないからだ。つまり、そんな自治会だから、うちの父親でも会長になれたというわけだろう。
 
 こんな自治会よりは、東京都も少しはマシだろうし、舛添、猪瀬、石原、どの知事も疑問ばかりではあるが、それでもうちの父親のような出来損ないではないだろう。
 だから、東京オリンピックの費用は、税金を使わずスポンサーと寄付を集めて実施すべきだ。
 実際に、ロサンゼルスオリンピックのように税金をまったく使わないで開催した例があり、これにより、商業主義化と批判されはしたが、以前は金食いだからと世界中の都市から忌避されていたオリンピックなのに、各都市が開催の立候補をするようになったのだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-07-04 17:32 | 体操 | Comments(2)
 安保の安全保障とは国の主権を守ることが最大の目的だ。なのにアメリカの都合で国の基本を定めた憲法に変な解釈をしたり、違反する法律を作ったりして、それを安保と称するのでは、自らの主権を守るために自ら主権を放棄すると言うも同然の矛盾だと感じている。

 もっとも、戦争を推進しておいて敗戦で敵国に寝返ることでA級戦犯から総理大臣になり安保条約を強行した岸総理の孫が、七光りで総理大臣になっているのだから仕方ないのかもしれない。

 あの当時、安保への批判を、自民党は皇太子成婚の「ミッチーブーム」で凌いだ。テレビが普及したことで、国民の目を逸らすプロパガンダがしやすかったと言われる。
 だから、今度は皇太子か秋篠宮家のお嬢様が、安倍内閣の陰謀で無理やり見合いをさせられるかもしれない。そうなると気の毒だ。

 あと、岸総理は、安保を乗り切れるかと女性の「霊能者」に相談したという。この女性は一部で人気があり、大丈夫だと言われて岸総理は自信をもったらしい。この女性は後に自分の私生活では無様だったらしいが、ずっと後になってからも、たまにはマスコミにとりあげられ、一度、あの丹波哲郎とテレビに出て対談していたのを見たことがある。
  
 さて、岸総理の処世術で思い出したのは、SF小説『銀河英雄伝説』に出て来る政治家トリューニヒトだ。戦争を推進して利権あさりして敗北したら敵に媚び売った。如何わしい宗教が背後にいることも似ているが、鶏人間と言われた顔の岸とは違い、外見が俳優なみに良いので人気をとったということでは、霊友会と癒着する石原慎太郎に近い。

 また『銀河英雄伝説』には、専制政治から自由を求めて脱出した人たちによって作られた国なのに、敵の幼帝が骨肉の争いから亡命を求めると受入れてしまう、という挿話がある。そしてこんな会話となる。
 「一七、八歳の美少女だったら、熱狂の度はもっとあがるでしょうな。だいたい民衆は王子様とかお姫様とかが大好きですから」
 「昔から童話では、王子や王女が正義で、大臣が悪と相場が決まっているからな。だが、童話と同じレベルで政治を判断されたらこまる」
 『銀河英雄伝説4策謀編』田中芳樹著 創元SF文庫133頁 

 それに、悪い大臣が、王子様とかお姫様を利用することもある。

 安保の衆院強行採決後、抗議の国会包囲があり、そこで学生と機動隊がもみ合いになり東京大学の女子大生が死亡する事件があった。
 これについて、安保に反対の共産党も含め、全学連が無謀だったと批判する者がいた一方、学生運動体験を小説にした『僕って何』で芥川賞の三田誠広は、穏健な学生に機動隊がいきなり襲いかかったと書いていた。
 
 この事件への評価は様々だが、追悼の集会で学生たちが黙祷するさい、取材に来た人たちにも脱帽するよう求めると記者たちは従い、これに学生が礼を言うと、一緒にいた他の学生たちが、機動隊も黙祷の間は鉄兜を取れと言い出し、これは怒号の大合唱となったが、ついに機動隊員たちはヘルメットを取らなかった。
 しかし、ヘルメットは取らなかったが、機動隊員たちはみなうなだれて一緒に黙祷はしていた。この様子がテレビに映し出されると、自民党への批判が高まった。

 たまたま、亡くなった東大生の名前は美智子だった。皇太子妃と同じ名前だ。このため、その後は「もう一人の美智子さんを忘れるな」が運動の合言葉となった。
 ところが、テレビで「ミッチー」に熱狂した庶民は政治に無関心だったというわけだ。その一人が、情けないことに自分の母親だった。
 うちの親は歳が行っての結婚出産で、母は樺美智子さんの一つ下である。ところが同世代でありながら、もう一人の美智子さんを知らない。そのうえ、皇太子成婚とかミッチーブームとかはいうのは政治的なプロバガンダだったという話をすると母は猛反発し「美智子さまのご結婚は、お母さんの青春の思い出なのよ!」
 
 だから、国はどこでもいいから、別の親が良かったと思った。そしてあまりに親子が険悪なので、みかねた親戚のところで世話になっていたから、遊びに来た同級生から、よく、「あの人はお母さんじゃなかったのか」と言われたものだ。

 さて、うちと違い親と相容れないわけでない安倍総理は、じいちゃんの真似して霊能者に相談したり皇族を結婚させたりするだろうか。


[PR]
by ruhiginoue | 2015-07-03 20:46 | 政治 | Comments(9)
 自民党がゲストに「小林を呼ぶ」という予定が不都合そうなので中止になったというから、それは小林の「節」なのか「よしのり」なのか迷ってしまった。
 どちらも右派の論客として知られていたが、このところの自民党が余りに酷いと言って、法学者の小林節も漫画家の小林よしのりも、自民党を批判している。そして適切なゲストとして呼ばれたのが百田尚樹というのだから、確かに自民党はひどく劣化していると言われているが当然だろう。

 また、迷ってしまったのは同じ姓が多いこともある。佐藤と鈴木の次に山本と小林が多い。前に配達とか配布の仕事をしたことがあるけれど、同じ姓が大量にある一方で珍しい姓があり、均衡が取れてないと感じた。

 この特に多い姓の一つ鈴木と言えば、鈴木宗男議員が外務省に電話をかけて「鈴木だ」と名乗ったら「どちらの鈴木様ですか」と言われ「鈴木と言ったら俺に決まっているだろう」と怒ったと伝えられる。
 このように言うのは、鈴木は多いけれど、自分は外交族議員だから外務省に顔が利くと思って横柄に出たのだろう。そんな調子だから恨まれてしまい、問題発言の記録をバラされて国会で慌てたのだった。

 その当時、その問題発言などで渦中の人となった鈴木議員は、当時放送していた『筑紫哲也ニュース23』に出演して、自分は外見が悪いので印象まで悪くなったという話をし、なぜなら頭の毛が薄いと、ロマンスグレーの筑紫相手に言っていた。ふざけているような発言だが、本人は本気で気にしていたようだ。
 それなら百田尚樹など、どう思っているのだろうか。まるでサンダーバードの悪役だが。

 それはともかく、同じ姓が多いと区別がつかない。伝統ある姓に加えて、明治以降に真似て増えてしまった姓もある。例えば田中などがそうだ。もとは由緒ある武家の姓だった。だから時代劇の『必殺』に、オカマ口調のエリートで威張っている上司「筆頭同心田中様」という人も出て来る。正式には田中熊五郎らしい。
 他にも北海道でアイヌ系の人たちは、役人が手抜きして同じ姓を片っ端からつけたので混乱し、特別に姓を変えられるようにして欲しいと、ウタリ協会の萱野茂もと議員が著書で述べていた。

 そこで、夫婦別姓でなければ少数派の姓にする、という法律を作ったらどうか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-07-02 20:12 | 司法 | Comments(8)
 昨日に続いて手塚治虫のマンガの話。なぜなら、また思い出す騒動があったからだ。
 手塚治虫の1ページ読み切りの短編に、テレビ局が翻訳のさい改竄して別物にしてしまう話があった。
 あるテレビ局が、未公開外国映画の放送権を購入したが、担当者の男性は、地味なので視聴率がとれないと言い出す。これに若い女性の部下が、地味でも良心的で上質なドラマだから、きちんと翻訳して放送するべきだと主張する。ところが聞き入れられない。そしてお笑い芸人を起用し、オリジナルとは全然違う下品なセリフを入れてしまう。
 こうして放送しているところへ、その映画が国際映画祭で受賞したというニュースが入って来る。大変だと慌てたが、遅かった。その後、その担当者に女性の部下が「視聴者から送られて来た抗議、読みなさいよ」と怒って言いながら、手紙や葉書の束を投げつけるというオチだった。

 こうしたふざけた翻訳で映画を放送することを、もっとも盛んにやっていたのはフジテレビだった。これを手塚治虫は明らかに皮肉っていた。

 それ以前にも、映画の配給会社が字幕で内容を改変してしまうことなら時々あって、例えば日本で勝手につけた題名に合せてセリフを変えてしまった『ミスターブー』とか『バタリアン』は有名だし、『フェノミナ』で主人公の父親の秘書のことを父親ということに変えてしまい、ジェニファー コネリーが秘書の名前を叫んでいるのに「パパ」と字幕が入る。これは、最後に主人公の目前で殺害されるので、悲劇性を高めようと勝手に変えたのだろうと言われている。

 これらは、注意して聴いている人や、外国語が解る人や、主演の大ファンなど何度も観ている人には気づかれてしまうし、後からビデオなど販売ソフト化されたさいに気づく人もいる。DVDなどは「あれ?」と思ったら戻って確認することも出来てしまうし、字幕と吹き替えと両方を比べられてしまう。

 だから『フェノミナ』は、映画館で見た時に変だと思っていたら、ビデオでは字幕が違った。だいたい、主人公の美少女の父親は映画スターという設定だから、まるで似てないうえ配役とその演技からすると芸能人ではなく秘書という感じが見ていて判る。
 また、同じ主演の映画で『ラビリンス』がテレビで放映されたさいは、主人公の吹き替えを声優の経験が無いタレントがやっていて、酷いセリフだった。これは毎度お馴染みのフジテレビだった。 

 こういう話をしていると、あとは何が言いたいのか判るだろう。
 まあ、朝日新聞をあそこまで批判していた池上彰だから、きちんとした真相究明と謝罪をするだろう。そして、さらに批判されそうになったら「罪なき者が石を投げよ」って言うんじゃないかと思う。

 もちろん、デタラメな翻訳は悪いに決まってるが、故意でやったのに、チェックが不十分だったという言い訳が変だし、そもそも外国に対する嫌悪の感情を煽る番組を作ることに、どんな意味があるのかという批判がある。
 この騒動のため、日本は、韓国からだけでなく、色々な国から色々と言われてしまったことが、インターネットでも判る。

 結局、池上彰の番組での捏造をテレビ局は謝罪したが、これは日本で韓国語が判かる人が多いから簡単に発覚したわけだ。
 しかし、今も混乱が続く中東情勢は「アラブの春」と称して欧米が仕組んだ民主化という名の侵略を、地元の人たちが「独裁政権が倒れて良かった」と言う方はどうか。テレビはどれもヤラセ臭く、字幕が変だという指摘もあるし、中には流暢な英語でインタビューに応じている人がいる。
 これは変だと判っても、欧米の圧倒的な情報操作とそれに従う日本のメディア、および、軍事的に混乱ないし屈服させられた国々からは抗議が来ないということだ。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-07-01 20:18 | 国際 | Comments(3)