コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2015年 08月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 『火垂るの墓』の原作者である野坂昭如は、テレビ局の企画で今は亡き「霊能力者」宜保愛子が「アンネの日記」を霊視するという番組に激怒して抗議したことがある。死者の霊と話ができる人というだけなら面白いと思ったが、興味本位で戦争の悲劇それも子供の犠牲者を興味本位な見せ物のネタするなんてとんでもない、と。
 この宜保愛子という人は、もともと塾の教師で、英語が担当だったそうだ。そのうえ会話も堪能で、あの「超能力者」ユリ=ゲラーとも英語で直接話していたといわれる。
 この一方で、家族を亡くして悲しんでいる人の相談に乗り、塩と線香で供養する簡単で安価な方法を用い、多くの人を慰め励ましたから「愛の霊能者」と言われた。
 ところが、これにテレビ局が眼をつけて見せ物にした。そして、最初は相談料といっても数千円の謝礼だけ受け取っていた人だったのに、高額な報酬を渡されテレビ局の言いなりになったらしい。そういうことで批判されていた。
 
 もっと前から、心霊現象のトリックを暴露してきたのは、手錠抜け箱抜けで引田天功らに大いに影響を与えた奇術師のハリー=フーディーニだった。自分もトリックを駆使して見せ物にしているが、あくまで人を楽しませるためにやるならともかく、家族を亡くして悲しんでいる人の気持ちにつけ込むなんて許せないということだった。
 これと同じことを、「サラリーマン超能力者」と謳う高塚光という半ばタレントも言っていた。宜保愛子は人の心を暗くしていると言う趣旨だった。しかし、彼女は最初は逆だった。テレビ局に乗せられて変わってしまったと言われている。

 また、高塚光は、身体の具合が良くない人を超能力で良くすると称し、この「技」を実施したことで相手が良くなったと感謝しても報償は取らず、早くやめて本業のサラリーマンに戻りたいと言っていた。
 ところが、テレビ局の企画に乗ってトリックをしていたという批判もある。あのMr.マリックという奇術師に師事したともいわれていて、ユリ=ゲラーはMr.マリックと同じ師匠に付いていたという話だ。これは後藤民夫氏の著書で日本テレビ批判のさい、オカルト番組好きの日テレという中で言及されていた。宜保愛子もおもに日本テレビが利用していた。
 
 もともと高塚光の治療とは暗示をかける催眠術だったといわれているが、それを超能力と言うだけならシャレとして許されるだろう。それがテレビに利用されていたら変なことになったということであるし、これは宜保愛子も同様で、ただ『アンネの日記』のようにシャレにならないことに及んでは社会問題になるだろう。

 つまり、ある許容範囲を超えてしまうと問題となり、そのさいマスコミが商売に利用すると、歯止めが利かなくなるということだ。
 この点は、逆にというか批判している側にも同じことが言える。よくテレビでは、超能力などを散々とりあげておいて、それがトリックであるとバレたら、今度はカラクリを暴くという番組を作ってまたネタにする。そして、最初からこれを商売にする人たちが目立ち始める。

 以下は、前にここで続けて書いていたけれど、長くなったうえまとまりがなくなってしまったため、やはり次の回に分けて掲載するので、そちらを参照いただきたい。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-31 19:01 | 学術 | Comments(7)
 どっかの知事が、数学のサイン・コサイン・タンジェントなんて女性は使わないと言ってしまい、批判をうけて撤回ないし謝罪のようなことを言っていた。

 ただ、昔は、男なら使うが女は使わない世界があった。軍艦に乗っていた人が、必要だったから軍の講習で覚えたと言っていた。戦艦が主砲を発射して敵艦に命中させるには、弾の射程距離と敵艦との距離から砲塔の角度を決めるので、三角関数は必要だった。
 また、建築現場に山や池など障害物があって直接測れない場合に、他の場所を測ってそこから計算することができ、力仕事は男性が主にやるとしても、測量や計算なら女性がすることもある。

 こういうふうに、意義を説かれてやると、興味がわいて取っ付き易く覚え易い。それがないから、だいたいの学校の授業は無味乾燥でつまらないものになるのだろう。
 それに対し、軍艦に乗っていた爺様の話は、敵艦を攻撃する話をスリリングに話しながら、また宇宙戦艦ヤマトの主砲は砲弾と違って光線が一直線に飛んで行くのだから砲塔が動く必要はないとか、面白く話しながら数学の話も教わったので、学校と違って容易に覚えられた。数学の教師ではない人のほうが教え方が上手かった。

 あと、知事の発言を女性差別だと言って批判する人たちがいるけど、性別よりも問題なのは習う意義を知らない人が多いことだ。これは、自分で使わなくても、使っている連中に騙されないように知っておいたほうがいい、という意義がある。むしろこちらのほうが大事かもしれない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-31 18:01 | 学術 | Comments(8)

若い人たちも国会前に

 今は国会前に若い人たちも大勢つめかけている。学生運動が衰退した70年代後半から、若者は社会の現実から逃避していわゆるサブカルチャーに浸り、連帯ではなくたむろするようになっていたが。
 それに比べると今のほうが健全だろうと思うが、そうは思わない人たちも少なくない。前から、拙書『宇宙戦艦ヤマトの時代』を読んで、あの時代がシアワセだった者としては共感できないと言う人たちの話を聞かされている。

 初日は映画館で先着何名かに撮影で使用したセル画(CGやデジタルペイントで絶滅危惧)をくれるというので、ラジオ体操の直後に近所の友達と出かけた。早く行けばもらえると思っていたのは小さい子供の発想で、この写真のように、映画館に着いたらすでに絶望的な行列となっていた。

f0133526_17302865.jpg


 そして、徹夜で待っていた大学生のお兄さんたちがいたという話に吃驚仰天したものだった。この時代が懐かしくて幸福だったという人たちが、早ければ孫もいる世代なのだ。
 それより更に上のほんとうに老人の世代になると、安保でデモに参加したけど無駄だったという自己卑下をしているのだ。
 それでシアワセなのだろうか。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-31 17:35 | 社会 | Comments(5)
 健康保険制度の悪辣さについて述べてきたが、これに対して戴いたコメントのうち、一般国民の意識の低さを指摘するものがあった。
 ここには、自分に関わることについても考えていない人が多いということがあるけれど、それ以上に「他人の痛みは我慢できる」という感覚も存在している。病気や怪我で特に困っている人に対して、さほどではない人たちは実に冷淡である現実がある。

 前に、健康保険の対象ではない高額な治療を受けざるを得ない場合について話題にしてきたが、これに対して保険の面では配慮がないけれど、税金の面ではいちおう確定申告のさい医療費控除の対象にはなる。保険の利かない医療のため高額となったことにより、何万円も返ってくることがある。

 ところが、そのお金は世帯主に渡る。まだ治療が終わっていないので、さらに金がかかるから、還付金はそれに使いたいと言っているのに、同居している父親が取り上げてしまい、自分の酒代などにしてしまったという例がある。
 この医療費は、患者本人が自分の貯金を使っていた場合もあれば、三世代同居で親が子供のため苦労して捻出していた場合もある。
 自分の子供や孫のためのお金なのに、いったい何考えてるのかと思う人もいるが、そういう人ばかりではない。

 このような仕打ちを受けた人が同級生に話したところ「いやあ!」と語気を強めて「俺だったら、どんなことがあっても親父に渡すよ」と言われてしまい、医療費で大変な思いをしていることと、親父は自分の酒代にしていたと説明しても「それだって、俺だったどんなに苦労していても親父のためにするよ」と頑として言われ、他人事だからそんなことが言えるのだと言っても「そんなことないよ、俺だったら親父に金をとられても、自分で働いて稼ぐよ」そんな簡単に稼げる金額ではないと具体的に説明しても「今は稼げなくても、そうなったら俺は稼ぐよ」
 という具合で、まさに「他人の痛みは我慢できる」という調子だったうえ、その後、その同級生は自分が結婚したとか子供が産まれたということは、大喜びで写真付きの年賀状を送ってきたりするから、頭にきて絶交したという体験談を聞いたことがある。

 ただ、これがもしも医療費のことがなかったら、そんな人とは知らずに普通に付き合い続けたはずだ。それで気づかないでいる人が多いのだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-30 19:01 | 社会 | Comments(1)
 これは自分の健康保険制度の被害体験から知ったが、医療業界にとって健康保険制度は金儲けだけでなく医師や病院が合法的な殺人や傷害を楽しむためにあるという側面もある。

 拙書『防衛医大の場合は』で述べたが、患者が希望していないのに医師から不適切な手術を推奨したことが裁判で問題になった。これについて、保険の対象であるから他に選択肢がないということで、医師のしたことは問題があっても合法であるという理屈をこねる医師もいた。

 しかも、そのうちの一人の医師は他の病院の無関係の医師だった。東京警察病院の形成外科部長が、担当医師の治療中に割り込み、手術の悲惨な結果をギャハハハと大笑いしたうえ、傷を指でつつきながら、こんな身体にされて一生治らなくなって裁判に訴えてもキミは負けると言いウッヒャッヒャヒャとあざけり笑った。
 この人は親の七光りで、親の弟子たちから評判の良くないどら息子だった。それで、整形外科など他の分野の医師から批判があり、形成外科も自浄しないといけないと言い出す医師もいた。だから不愉快の極みだったが、皮肉にもお陰様という部分がある。

 しかも防衛医大の執刀医師は、勝手に手術機材を業者から患者に自費で請求するようにし、執刀や他の投薬は健康保険によっていたので、国立病院内で医師の独断により混合治療をしていたことになるという指摘もあった。これは違法行為だから、防衛医大も裁判に出されたくなかったのだろう。国が敗訴しながらなぜか控訴しなかった事情の一つとも考えられる。
 
 そして裁判中に治療を続け、手術も繰り返し、働けないうえ治療費も高額だから生活保護を受ければ医療費は無料になると奨められもしたが、治療費を払える貯蓄があるので生活保護は受けられないし、そもそも生活保護で受けられる医療は健康保険の対象となっているお粗末なものだけなので、まったく意味が無い。
 それでも、健康保険税は容赦なくむしり取られる。

 このように、金を取るだけでなく、医者が勝手なことをしたうえ開き直り患者の被害をあざけり笑うという狂気を、合法的に実施できるようにしているのが健康保険制度である。
 ただ、深刻な被害に遭っていないため無関心でいられる人が多いので、大きな問題になっていないのだろう。冤罪事件と同じで、誰もが突然に不運に見舞われ人生が破滅してしまう社会の構造になっているのだが、その実感を持てないのだ。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-29 18:20 | 社会 | Comments(3)
 これまで何度か健康保険の問題を語ってきたが、そもそも保険というものは任意であるべきで、強制するのではもはや保険ではない。医療は原則として自費とし、困窮している人だけ公費助成するか、完全無料化するかのどちらかとすべきだ。

 だいたい、世界中を見回せば、医療費は無料としている国が普通で、そうでないのは医療を利用して一部の人たちが人の命を食い物にして儲ける制度になっている国である。普通ではない狂った国の代表がアメリカ合州国で、日本も実はこの同類であると先日指摘した。

 医療費が無料の国にカナダがあり、ここは付加価税(日本の消費税に該当)が昔から二桁だが、バリアフリーが徹底していて、身障者が一人でどこにでも行ける。おかげで、前にカナダに行った身内が、着いた直後に怪我をしてしまったが、安心して治療を受けられた。慌ててコレクトコールで電話してきた時の料金の支払いのほうが大変だった。
 
 昔、羽仁五郎というタレント学者が、ヨーロッパを旅行中に病気になってしまい、ソ連で入院したところ、注射など薬をたくさん使うので、あまりたくさんの外貨をもっていないと言ったところ、医師から「金なんか取らないよ。なんで病気より治療代の心配をするんだ。あ、そうか、キミの国は資本主義だったな。金がないと病気の治療もしてもらえないんだから、野蛮な制度だよな」と言われたそうだ。
 この話を、羽仁五郎はマルキストを自称していたから披露したのだろうが、そうでなくても、金が無いと治療もできないのは野蛮だと思うものだ。

 映画『シッコ』にも出て来たとおり、ゲバラの親族が働いていたり、その海外の同窓生の支援もあったりで、キューバの医療はアメリカとは大違いに良心的だが、この医療制度がアメリカと関係改善で壊されないかと心配されている。

 また、リビアからイタリアへの密航船がまた遭難して死者が出ているが、昔はこんなことはなかった。リビアは生活保障が充実しているので、政治的な理由以外で出て行く人はいなかった。何から何までタダで、病院の設備は金をかけていて世界最高だった。これはカダフィが欧米と喧嘩して石油の儲けを取り戻してつぎ込んだからだった。しかし、NATOの軍事介入で滅茶滅茶になり、世界最高設備の病院もアメリカ軍の巡航ミサイルで破壊された。

 おそらく、日本は敗戦と占領政策により、世界的には異常なアメリカの保健福祉政策を立派なものだと思い込まされたのだろう。米は栄養が悪くて食べるとバカになるという宣伝が小学校の掲示板にまで張り出され、金髪碧眼の子供がパンにかぶりついている絵のついたコンテナが走り回った、というのと同じで。
 それで、医療についても洗脳されたままだから、問題を理解できない人が多い、というわけだ。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-28 20:31 | 社会 | Comments(2)
 先日、高すぎる健康保険税の話をした。家賃並みの健康保険税を強制徴集されたうえ、病気や怪我をしても一部負担で高い料金を支払わねばならず、それも劣悪とか時代遅れとかの治療や投薬しか保険の対象ではない。
 これについては、マイケルムーア監督の映画『シッコ』が、『スターウォーズ』のパロディにして皮肉っていた。対象外はこんなにあるという一覧を、宇宙空間の遥か彼方まで文字が並んでいる画面にしていた。
 
 この映画を観て勘違いしている日本人が多く、アメリカと違って日本は国民皆保険制度があるので良いと思い込んでいる。しかし、日本の健康保険も高額すぎるうえ、本当に必要な治療や投薬を受けたければ、その事態に備えて民間の保険会社の商品を別に購入しておかなければならない。
 これでは、保険に入らず普段から病気や怪我に備えて貯金していたほうがはるかに良いのだが、それを法律が許さない。ボイコットしても預金口座から権力で強制し取ってしまう。
 
 つまり、掛け金ばかり取る仕組みなのだが、そもそも医療業界の利益をはかるために作られたのだから当然といえば当然である。そして保険料をむしり取り生活苦に追いやり不健康にさせて病院に行かせるようにしているから、貧乏な人は生活がたちゆかなくなり、文句があれば生活保護を受けろと言う。
 そして、本当は生活保護を受けなくてもなんとかやっていける人たちを生活保護に陥れて、これで医療費はタダになるからと病院に行かせる。タダといっても税金から医療機関に支払いがされる。
 
 こうして、生活保護費と医療費の形で税金の支出が増え、儲かるのは医者と病院や製薬会社などである。ジェネリックと称する特許切れ薬品を使い節約するといっても、そもそも生活保護という以前に健康保険が時代遅れの安物医療しか対象ではないのだから、節約効果は薄い。

 こんな重大問題より生活保護叩きにばかり血眼の片山さつき議員などは、弱い者いじめしかできないから、そんなことをしているのだろう。厚生族には医療を食い物にしている勢力から莫大な政治献金が寄せられるから、自民党内でも力をもち、橋本龍太郎とか小泉純一郎とか総理大臣にまで上り詰める。これをなんとかするほうが、よほど生活保護が減るのに、それはしない。
 もちろん、生活保護を受けている人の多くは、無知により、無料で病院に行けて良いと思い込んでいるのだろう。治りもしないお粗末なものか、病院に行かなくても市販の薬で治せる簡単なものばかりであるのに。

 つまり、国民皆保険制度は構造暴力であり、良い所は一つもない。あると思っている人は、実態を知らないのだ。医者にかかっている人は、自分の受けている治療がどうなのか、調べてみるといい。きっと多くの人が、その品質に驚くはずだ。


 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-27 20:01 | 社会 | Comments(3)
 日本共産党系の新日本出版社が、左巻健男の本を出したうえ記念講演会まで開くそうだ。福島の原発事故はチェルノブイリの原発事故と違って大した汚染ではなく、これは科学的に証明されて議論の余地もなく、そう思わない人は「無知」「左翼」と言っている人たちの中心的な人物である。

 もっとも、共産党系の機関誌は、80年代に月刊誌『文化評論』が、チェルノブイリ原発事故の放射能でさえ騒がれていることに比べたらまるで大した事がないと主張し、原子力業界から大歓迎されたうえ受け売りされたのだから、ある意味当然なのだろう。

 この『文化評論』は、ソ連崩壊のあとに廃刊したから、密かにもらっていた資金がなくなったんだろうと悪口を言われた。そのさい、共産党は事故が起きてもいない日本の原発は批判しているのに、ソ連の原発は事故が起きても擁護しているのだから、宣伝資金を受け取っていたのではないか、と悪口の根拠にされてしまった。

 この『文化評論』で、かつて働いていたのが、今では民主党の議員である有田芳生だ。そして喧嘩をしたらしく、共産党を追放されたと彼は言っていた。しかし、いなくなってよかったじゃないか、共産党にとっては。
 しかし、この頃から共産党の機関誌は進歩してないようだ。それに、共産党には相変わらず、ポスト有田、ポスト筆坂、ポスト下里、といった連中がまだまだいそうだ。そういう連中を見て、いつも応援してるけど暫く選挙で投票するのをやめようかと言う人たちが結構いる。

 そういう連中の一人が、裁判に訴えられて係争中の松崎いたる板橋区議会議員だ。志位委員長は、川内原発の再稼働に抗議する声明を発表していたが、この松崎区議は、川内原発が再稼働されて良かったと公言している菊池誠にも、左巻同様に全面的に共感を表明している。
 これについて、共産党員の中からも、左巻とか菊池また早野といったような人たちには要注意だと言っている人がいるし、そもそも共産党の党内規約違反ではないか。党の決定に賛同できなければ、留保することができ、しかし決まったことは実行し、違う意見を勝手に発表しないように、という規約である。

 また、松崎区議は、自分が議員活動のなかで訴えられた被告であるから気になると言って、訴訟に関係する区の文書を閲覧している人につきまとい、何を調べているのかとしつこく聞き、拒否されてもやめず、同党の他の議員に連れ戻されたという「奇行」により、民主的な行政のためにある情報公開の趣旨にもとる行為であると、共産党の議員団に抗議文が送られたという。
 そして、こんなふうに一部でおかしなことをする人がいるから、それまで共産党を応援して投票もしてきたのに、投票したくなくなったという地元の人もいる。当然だろう。ただし、板橋にいる知り合いに聞くと、変なのは松崎区議だけでなく、共産党が変というのでもなく、役所とか議会とか、全体におかしくなっているともいわれているから、そこから浮かび上がって来た現象のうちの一つなのかもしれない。

 そして、板橋だけの問題ではないとも思える。おかしな日本の中にいれば、それを批判している側もおかしな影響をうけてしまうのだから。

 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-25 21:17 | 政治 | Comments(3)

やまぼうし

 近所に「やまぼうし」の木がある。
 地面に落ちているのを見ると、棒付き飴に見えてしまうのだが、食い意地が張っているためだろうか。
 




f0133526_20200908.jpg


f0133526_20203720.jpg


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-25 20:33 | Comments(2)
 今でも週刊朝日のサイトで、今週の女子大生はどこ大学の誰だといいツイッターでも流れてくるが、見栄えの良い人はいくらでもいるけど、それ以外はどうかと思うのであった。

 もとは週刊朝日の表紙を飾った女子大生だという芸能人は何人かいるが、そのうちの一人が宮崎美子だ。有名になったのは周知のとおりミノルタの宣伝で、海岸の木陰で人目を忍びながら水着姿になる宮崎美子のCMは大ヒットし、当時『8時だよ全員集合!!』でパロディにされ、志村けんが真似して水着姿になり笑わせていた。
 また、人気ラブコメアニメ『THEかぼちゃワイン』の人気キャラ「エルちゃん」は、原作者は宮崎美子を念頭において漫画を描いていたといわれる。

 彼女と同じ大学の後輩が斉藤慶子で、やはり水着姿で旅行のポスターに出たことで知られるようになるが、最初は「宮崎美子の後輩」と言われた。それくらい宮崎美子は人気があったわけだ。
 そして、斉藤慶子は自分でも「高校までガリ勉だった」と言っていたとおり、一・二番を争う成績だったが、それで入試の難しい熊本大学に入るものの目標が持てず、芸能人になったからと中退してしまったと言う。
 
 一方、宮崎美子は、芸能人として活躍しながら物知りで知的な女性であるということもよく話題になってきた。テレビの人気ドラマに出て、映画では黒澤明監督の作品もあり同監督に褒められていた。また、クイズ番組に出ると聡明さが目立っていた。

 というように宮崎美子は、大学を卒業してから芸能人として活躍しながら、何かにつけては博識さが出るので、これも話題だったのだ。ある話によると、宮崎美子はジャーナリスト志望だったそうで、しかし女性が活躍できる場がマスコミに少ないということからあきらめて、芸能人の道を選んだという。

 これは本当ではないかと思わせるのが、デビューした週刊朝日の記事に出た時のことだ。ちょうど芸能人として知名度が定着した当時、週刊朝日の企画で対談することになり、担当の朝日新聞の記者から誰を指名するかと言われると、「では本多勝一さん」と言ったそうだ。

 これが「筑紫哲也さん」と言ったなら、女子アナ志望だった程度のことをカッコつけてジャーナリスト志望だということにする女性が、朝日新聞の記者に対して言ったりもするだろうが、そうではなかった。

 それで対談すると、宮崎美子はすでに本多勝一の主な著作は読んでいて、それを前提に話していた。だからジャーナリスト志望だったというのは本当だろう。
 
 こういうことがあるから、週刊朝日の表紙の女子大生というたびに、見栄えは良くても中身はどうかと、つい考えてしまうのだった。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-24 20:30 | 芸能 | Comments(0)