井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2015年 08月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 かつて、國學院大学の神道学科(現、神道文化学部)の助教授(今で言う准教授。後に教授)が指摘して神社本庁を怒らせてしまったとおり、もともと靖国神社には、戦死者が生き延びた人に祟らないよう怨念を鎮めようという信仰が影響していた。表向きは、国に命を捧げた英霊を称えているけれど、その底には、運または要領がよくて生き延びた人および子孫が出世したら、大量の戦死者たちの中から「おまえらだけ良い思いをしやがって」と呪う霊が出てくるのではないか、という不安があった。

 この観点からすると、敵国に寝返りA級戦犯から属国宰相になった祖父の七光りで総理になった安倍総理が、死者の霊を恐れるのは当然だろう。
 また、その安倍総理の祖父・岸総理は、安保のさい、心配や不安から霊能者に相談していた。この霊能者のことは、今ではあまり語られることはないが、当時は若い女性であることも話題となり売れていて、駆け出し時代の中曽根総理など何人かの有名な政治家の相談にも乗っていたと、後に当人がテレビで「霊界」の話が好きな俳優・丹波哲郎からインタビューうけたさいに語っていたから、けっこう有名な話である。
 しかも、その番組で一緒に紹介された男性の霊能者は、悪霊を排除したり浄化したりすることで、安倍総理を悩ましている難病などの重い病気を治してしまう、というのを売りにしていた。つまり、安倍総理のように重い病気に悩まされる人は、怨霊が取り憑くからであり、祖先の因果ということだ。

 これでは、どんなに批判されても、靖国に参拝しないと気が済まないはずだ。そして問題なのは、そういう発想を実際にしているかどうか、ということではなく、そういう発想をしても当然な後ろめたさを抱えた人たちが、政治の中枢にいる、ということだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-15 12:36 | 政治 | Comments(2)
 「わたしもたまげました」というのは小池晃議員のツイートだ。共産党の小池晃議員が、国会で内部文書をもとに追及したところ、中谷防衛大臣が答弁不能になってしまい審議が中断したが、これをNHK7時のニュースは、小池さんがゴネて審議がストップしたように報じた。
 「いやはやたまげた。NHKしか観ない年寄りはすっかりだまされる訳だ」という指摘に対し、小池さんも同様だという返答であった。もともと問題があったNHKだが、安倍政権になってから露骨な虚偽報道をしている。受信料などボイコットするべきだろう。
 
 一方、中谷さんは、かつての情報公開の問題とか、今回の内部文書の問題とかで、まいど困ったことなる。
 この人は防衛大卒エリート自衛官の経験があるからこの地位に着くけど、それは買い被りというものだ。他の省庁と同じで自衛隊関係も、予算を持ってきてくれる族議員なら有り難がるけど、大臣や長官は無視されがちなのだ。
 かつて情報公開の問題でも、防衛庁の職員たちは中谷さんより防衛族議員である山崎拓さんの言うことを聞いて、中谷さんは悔し涙を流したと報じられた。
 この当時、外務省と鈴木宗男議員のことと併せて言われたものだった。田中眞紀子外務大臣が外務省の役人たちに激怒して対立したが、この背景には、外交族議員として外務省に影響力をもっていた鈴木さんにばかり外務省の官僚がなびいていたことがある。
 
 あのとき外務省の内部文書が暴露され、鈴木さんは国会でうろたえた。その様子がテレビに映り、大変な話題となったものだった。鈴木というと「佐藤さん鈴木さん」というように多い姓だ。それで電話のさい「鈴木だ」「はい、どちらの鈴木さまでしょうか」「鈴木といったら俺に決まっているだろ」というやりとりがあるなど威張っていたので反感を買い、鈴木さんは内部文書を暴露されたのではないかと言われている。

 その時の外務省と同様に、国会でまた共産党が内部文書を暴露して追及した。なぜ共産党ばかりか。共産党は、党が信用されて告発が来たと言うが、鈴木宗男議員と外務省の時は、内部告発は各野党に送られていた。けれど一読では意味がわからない。
 しかし共産党はスタッフがもともと調査していたので、すぐに意味がわかって国会に出せたのだった。
 つまり、国会で共産党がよく内部文章を使って追及できるのは、普段からのコツコツとした調査があるからだ。
 
 その外務省の内部文書には、鈴木宗男議員が外交事業で建設業者の選定を根室管内の業者にしろと執拗に迫ったことが書いてあった。この意味が、共産党以外の野党には理解できなかったようだ。
 ところが共産党は、地元紙に載った募集の広告が、鈴木さんの選挙区である根室管内の業者で同じ建物を作った実績のある業者と限定してあったことを確認した。そう限定すれば受注した業者建設業者以外は応募できなくなる。
 しかも、そこの経営者が鈴木さんの後援者で、公共建設事業を受注できたら、その見返りのように鈴木さんへの政治献金を増やしていた事実があった。こうして調べたから、同じ内部告発の文書を受け取っても共産党だけ国会で追及できたのだった。

 これは共産党の北海道支部が頑張ったからだけど、それ以前に元々共産党は『赤旗』をはじめ機関紙に力を入れていて、ジャーナリズムの感覚を持っていた。これに比べて他の政党はこの分野が弱い。
 これは他の野党も見習うべきことだ。そして共産党は、これは誇ってもいいことなのに、それを言わずに、共産党に信頼を置いて送られてきたと言う。なぜか自画自賛するポイントが違うから不可解だ。

 しかし、ジャーナリズムさえあればというのも共産党の思い違いだ。よく年配の共産党員は「赤旗の発行部数が増えれば日本が変わる」と言うけど、新聞ぐらいではそう変わらないし、発行部数が多いほうが良いけれど、多ければ良いというものでもない。
 これと同じ間違いをしているのが元共産党員のナベツネこと渡邊恒雄さんである。世界最大の発行部数を誇る読売新聞が何を喚いてもフルスイングで空振りばっかりだ。ファミレスで客に押し付けても『恐怖新聞』である。

 それはともかく、内部文書が暴露されるということは、鈴木さんに怒っていた外務官僚と同様に、自衛隊にも中谷さんに怒っていた人がいるということだろう。そりゃそうだろう。ヒゲの佐藤さんとか田母神さんとか、自衛隊の上層部には出世亡者ばかり目立つのだから。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-14 19:22 | Comments(0)
 袴田事件など証拠隠蔽による死刑判決や、村木厚労省次官の事件で発覚した検察による証拠の改竄など、検察の不正や制度の欠陥により発生している冤罪が問題となり、それで司法改革をするはずだったのに、実際には司法取引や盗聴の拡大などを盛り込んだ、冤罪の醸造と警察国家化を柱とした刑事訴訟法改悪が衆議院で可決されてしまった。
 
 ここで日弁連も共犯者である。日弁連の執行部は「可視化」を過大に期待した。可視化は事件の僅か2〜3パーセントしか対象にならないというふざけたものであるが、これでも最初の一歩になると言って拘ったという。
 この過剰な拘りに加え、官僚が多数を占める審議の中で負けを嫌い、一括一体採決を受容れてしまった。いちおう自分たちの意見も通ったという体裁にするだけだった。このため弁護士会内と現場の意見を押さえ込んだのだ。

 こうした日弁連の体質は、前から指摘してきたとおりだ。表向きは、ちょうど大江健三郎のような進歩的文化人たちの反核のように、偉い文化人様やセンセイ方がマスコミを意識しながら格好つけて声明を発表するのと同じで、戦争反対とか警察国家化反対と言って見せるが、その裏では権力の手先になって反対する市民に迫害を加えている。

 これを裁判で追及したが、裁判官も権力にすりよるし、天下り先に配慮もする。動かぬ証拠を無視したり捏造をしたりで、見逃したり匿ったりをしてしまう。
 
 また、日弁連は外部から監査する制度もあるが、それに対する訴えを握りつぶす連続である。書面を受け取っていないとか、提出が期日に遅れたなどと虚偽の書面を作製する。もちろん提出したこととその日付は受付の認め印があるから、日弁連の虚偽は簡単に判るし、証拠も大量にあり、例えば懲戒請求をした人などが色々と文書を所持しているのだが、これを訴える制度がない。これをわかっていて日弁連は故意に不正やインチキをしている。
 
 よって、司法の健全化のためには、日弁連も改革というより解体が必要である。  
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします 
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-13 20:52 | 司法 | Comments(1)
 冤罪を製造する司法取引や盗聴の拡大を盛り込んだ法案に、自民公明と一緒になって民主と生活が賛成したら途端に、野党共闘と絶叫していた連中がおとなしくなった。
 たとえば有田芳生議員の弟なんて、共産党も民主党も団結して自民党に立ち向かわなければファシズムになってしまうと言ってきたけど、冤罪製造盗聴拡大法案に民主党が賛成し、反対したのは共産党と社民党、という結果を受けて、これでも共闘できますかと改めて質問し返したら、前はあんなに元気だったのに沈黙である。

 そもそも、有事法制に賛成した民主党をはじめ、自民と公明の政策でも特に悪質な法案こそ、民主や生活や維新が一緒になって成立させるから、それに対する批判票が共産党などに入っている。
 それなのに、これを共産党が野党の票を分散させて自民を利しているとか言ってる連中がいる。本気でそう思ってるなら発想がかなりおかしいのだが、おそらく自民党への支持を言葉の言い換えしたということだろう。

 ところが、山本太郎議員は、党議拘束が無いという条件だから「生活」が賛成しようと自分は反対すると表明している。つまり、いま彼は国会質問で騒いでいるが、この時間が得られ、しかも勝手にしてもいい、という条件を飲ませたということだ。こんなこと政党としては普通ありえなことだが、やはり政党助成金さえ貰えればいいと小沢一郎は思っていたのだろう。山本太郎に足下を見られたと考えることもできるから、もしそうなら、小沢一郎も堕ちたものだ。

 しかし、「生活」の他の議員たちは何を考えているのだろうか。特に司法取引の問題だ。これは実際アメリカでも冤罪を発生させて問題になっている。司法取引によって得られた証言により死刑判決を受けたが、後から潔白が判明して釈放された人たちが大勢いるし、他にも冤罪がたくさんある。無実の証がなくて刑務所行きや死刑になった人たちも当然いるだろう。

 だから、司法の程度が低く冤罪が酷すぎる日本では、危険があると反対されてきた。政治的にも利用できるだろう。邪魔な政治家を陥れるため、秘書に「お前を汚職の共犯者にしてやろうと思っているけど、協力するなら見逃してやる」なんてやり方もできてしまう。
 この調子でやれば、あの時に小沢一郎は刑務所に入られていたはずだけど、なんで「生活」の連中は、こんな法案に賛成したのか。これは全く不可解だ。

 こういうことが現実としてある。なのに野党共闘を単純に叫ぶ人たちは、数だけ足せば良いと言っているわけだ。XとYの数字を足してしまうような恥ずかしい発想である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-12 16:44 | 政治 | Comments(2)
 「脱原発情報マガジン」『NOUKES voice vol.4』(鹿砦社)に、松本春野が『ふくしまからきた子そつぎょう』について寄稿し、作者が福島への思いを語ると紹介されている。
 この絵本は福島の地元紙から美談として絶賛される大きな記事になっていた。この地元紙は業界の手先と批判されていて、そこからいかにもという紹介のされ方なので、やはりプロパガンダ絵本だった、と言われる。
 これと同じ雑誌の中で、本間龍『原発プロパガンダとは何か?』第二回が掲載されており、その地元紙『福島民報』と『福島民友』を取り上げている。
 そんな新聞から派手に紹介された「プロパガンダ絵本」とその作者を、告白記事と一緒に載せることに、矛盾はないんだろうか。

 松本春野は共産党の懐柔に利用されていると指摘があり、実際すっかり絡め取られている共産党員及び地方議員がいるので、共産党に対する批判が起きている。
 いわさきちひろと松本善明の夫妻といえば、日本共産党にとって宮本顕治と宮本百合子に匹敵するか、今では凌ぐ存在だろう。だからその親族は懐柔などの工作に狙われるに決まっているので、共産党は気をつけないといけないのに間抜けもいるというわけだ。
 もっとも、共産党が間抜けなことを仕出かすのは、今始まったことではない。チェルノブイリ原発事故が大した被害ではないという怪しい記事を、機関誌『文化評論』(廃刊)に掲載して原子力業界から大いに利用されたことがあるし、他の問題でも、自民党の議員になっちゃったヤンキー先公を、それまでずっと『赤旗』が重用し連載させていたくらいだ。だから共産党の失敗も相変わらずということかもしれない。

 しかし鹿砦社は元々新左翼系だから、反共産党的姿勢である。都知事選挙では細川小泉を応援し、月刊『紙爆』には宇都宮候補が共産党だから悪いという虚偽の記事まで掲載したほどだった。
 ただし、これを書いた記者には、他にも自民党や維新に贔屓しているとして読者から批判の投書が掲載されたことは、既に紹介した。だから、掲載してしまった、ということもできる。後から悔いることはいくらでもある。これは共産党も同じことだ。

 しかし、共産党の愚かしさを新左翼系がここぞとばかりに批判するかと思ったら、一緒に引っかかっている。これは、政府や業界の力がここまで浸透してきたということだろうか。
 それだけ敵は金と権力と人材と悪知恵を豊富に持っていて、巧妙にできるということだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-11 20:42 | 社会 | Comments(2)
 520人の死者を出した御巣鷹山の日航機墜落事故から30年になる。生き残った数名と、家族を亡くした人たちの、その後についてマスコミが報じている。
 これを題材にした映画も作られていた。ドキュメンタリーふうのドラマから、撃墜説の陰謀論を説くものまであった。

 この事件をきっかけに航空自衛隊をやめた人がいた。ひっそり深夜の放送だったので知らない人が多いけれど、テレビでとりあげられ、当人がその時について語っていた。
 その日航機が消息を絶ち墜落したらしいというとき、自衛隊がすぐに救助に向かわなかったことに批判もあった。これについて自衛隊は、墜落した場所が判らなかったからだと弁解したけれど、RF 4偵察機を飛ばすなどしてない。考えられること出来ることをしないで言い訳。国民のために働く気がないんだなとガッカリして辞めたと言っていた。

 そう言われてみれば、たしかに、自衛隊の上層部の連中と言えば、田母神とか佐藤とか、自衛隊をダシに使い、同僚や部下への思いやりもなく、自分だけ政界入りしたい出世したいで、選挙資金を集めておいて使い込みで豪遊していたとか、そんな連中が目立っている。
 そして実際に利益を得たり威張ったりしている。だから、そのガッカリして辞めた人の話に、昔はピンとこなかったけど、最近ではわかってきた。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-10 19:43 | 社会 | Comments(4)

今年の花火大会

 今年の花火大会。これは多摩川の。
 どこの自治体でも、財政的負担になるが、地元商店街が出店をしたがるなどで開催するようだ。
 

f0133526_942944.jpg


f0133526_943026.jpg



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-10 12:45 | 雑感 | Comments(0)
 発売されたばかりの月刊誌『紙爆』9月号に、先日の刑事訴訟法改悪につながる検察の不祥事と居直りについて、青木理氏と鈴木邦男氏が講演した要約の形で記事が掲載されている。
 ここで構成を担当した。紙面の都合で、お二人が冗談を言い合うなどユーモラスなやりとりは最後に省略されてしまったが、それより大切なのはここで語り合われた深刻な問題についてだった。これはぜひ読んでいただきたい。
 
 あと、読者の投書欄に掲載された記事批判には同感だった。先月号の安倍総理退陣までという記事があまりに期待はずれで、これを書いた朝霞唯夫という記者は日頃から自民党の元重鎮と親しくしているからネタにできるという話をするが、そのような「おともだち記事」では安倍政権の延命に好都合なだけだからいらないし、さらに前月の記事でも、同記者は橋下市長を礼賛していて、このような権力に媚びる記事はこの雑誌に相応しくない、というものだった。
 その前にも、朝霞唯夫という人は同じような姿勢の記事があり、例えば都知事選挙では、宇都宮候補の陣営では共産党一色なので多くの有権者から見向きもされていないという、まるで事実に反した記事を書いていた。
 そういうことが続いて、とうとう読者からの批判が掲載されたということだろう。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-09 19:26 | 司法 | Comments(0)

阿川弘之の無様な大往生

 小説家だった阿川弘之が死去という報道に、まだ生きていたのかと驚いた人もいるようだ。90歳代だから、そう思う人もいるだろうが、健在ぶりを示した中曽根もと総理はさらに年上だ。
 報道によると「立派な大往生」と娘の阿川佐和子が追悼の言葉を述べたそうだが、「立派」とは言えまい。
 阿川弘之は、歳をとって小説が書けなくなってから右翼発言を繰り返し、それが、昔は小説家として売れていたから本になったけど、今ならインターネットで「ネトウヨ」と言われコケにされる内容で、すっかり晩節を汚していた。
 だから佐高信から、お手軽な放言の駄本ばかりだが、そんなものを出せるのは昔は売れていたから甘やかされているのだろう、と批判されていた。

 個人的には、阿川弘之というと小学生の時に教科書に『機関車やえもん』が載っていて、その空々しさに辟易させられ、さらに大人になってからは小説が書けなくなって右翼発言を繰り返す醜態を見せつけられたので、作者が「やえもん」になったと感じた。
 そんな阿川の『国を想うてなぜ悪い』という本には、なぜ悪いか教えてやりたかった。ストーカーと同じで、想われた方が迷惑だからだ、と。
 
 これをパクったのではないかと思われるのが百田尚樹だ。彼は小説だけじゃなく右翼発言もパクリだと指摘されてるけど、そのネタの一つが阿川弘之だったのではないか。右翼じゃない愛国者だーなんて、同じだから。また、朝日新聞と毎日新聞に早く潰れて欲しいと喚いているのも、阿川弘之と百田尚樹は全く同じだ。
 しかし、もともと駄目な百田とは違い、阿川は歳をとって駄目になった。早めに引退していれば良かったのだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-08 18:28 | 文学 | Comments(2)
 本日開かれた衆議院本会議で、刑事訴訟法改定案の採決が行われ可決した。反対は日本共産党と社民党のみ。生活の党と山本太郎となかまたちは賛成起立した。
 表向きは取調室の録音や録画をする「可視化」を実現するというが、実は刑事事件のほとんど約97%が対象外となり、この一方で、冤罪うみだす司法取引の導入と、いずれは通信傍受の乱用を防止する規制を無くしてしまうことまで盛り込んでいる。

 もとは、冤罪が相次いだので何とかしなければ、という話だった。すると検察の強い意向により、法制度審議会の報告書は、やりたい放題にさせれば間違いがなくなるんだと言うも同然の居直りの内容となった。
 これにそっくり乗ったのだが、ここには政治的意図もあるだろう。盗聴法ができた時、有事法制とセットと言われていた。アメリカの戦争に日本を協力させ、従わない国民を監視し取り締まるためだと。
 それで、自民党中からも造反者が出て、除名された議員もいる。そして安保法制とともに盗聴法の乱用防止規制を撤廃する法案というわけだ。

 こんなものに、有事法制に続き賛成した民主党。民主党は、自民党と公明党と談合をし、有事法制に賛成した。当時テレビに映っていたように、共産党や社民党の議員たちが反対と叫ぶそばで、自民公明と一緒に賛成の起立をする民主党の議員たち。その中には嫌そうに起立している元北海道知事の横道議員もあった。

 そして、今日は山本太郎と生活党まで賛成した。

 これこそが、野党共闘を阻んでいる最大の原因だ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-07 18:50 | 政治 | Comments(7)