「ほっ」と。キャンペーン

コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 今年の二月は二十九日がある。この日に生まれた人は誕生日が四年に一度しかない。
 今また映画化の『セーラー服と機関銃』などで知られるベストセラー作家の赤川次郎も、そうだ。このことはところどころで話題にされていて、当人も四十歳のとき「やっと十歳になった」と書いていたりと、自ら話題にすることがあった。

 赤川次郎の作品は数が多く、そのうちごく少数を読んだだけだが、その内容には好感や共感をもっている。
 これに対して、くだらないと言う仕事がらみの人がいて、これはもう昔のことなのに今でも時々思い出しては腹が立ってくることがある。
 と言っても赤川次郎の小説をこき下ろしたことではない。赤川次郎の小説なんてくだらないというので、そんなにたくさん読んではいないが読んだ作品はどれも良かったけど、いったいどこが駄目なのかと問うた。
 しかし、具体的な指摘はなかった。それで、自分は赤川次郎の小説を面白いと思うし、込められている作者の主張にも共感できると言ったうえで、それがない作品がたくさんあるのだから、そんな作品のほうが深みがなくて、自分に言わせればよほどくだらいと思うと言った。

 すると、そいつはこう言った。
 「お前の言う事は批判じゃねえか。いいか、俺が趣味のオートバイで運転がうまいかどうかなんて他人に言われる筋合いがないのと同じなんだよ」
 どうも言葉遣いが変なのだが、口から出まかせで罵倒するならよくて、具体的に褒めたうえでそうでないものは褒められないというのは「批判」だからダメだという奇妙な意味にしかない。
 もっとも、その人はただ場当たり的に貶したりしているだけという感じだった。それで不快感を覚えた人から反論されると、面倒くさいと感じるのだろう。これ以外の話題でも同様で、頭にくることばかりだったから、そのとき受けた感じは正しいと思う。

 ただ、その当時はいろいろと大変で、仕事も対人関係も選んでいるゆとりがなかった。後から少しだけ精神的にも経済的にも余裕ができると、この程度のささやかな余裕があの時にあれば、あんな嫌な奴とは関わらなくても良かったはずだと思い、悔しい気持ちにもなる。

 それで、少しだけどゆとりはあるから、思い出して不愉快になったら赤川次郎の小説を読むことにしていた。
 そして思うことは、あの時は、ただ、「そんなこと言わないで読んでみてくださいよ、面白いから」と言えばよかったということだ。これだとおっとりした感じだが、そう見られても良いのだ。それで良いと思えるのは、気持ちに余裕があるからだ。

 


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-02-29 16:00 | 文学 | Comments(2)
 映画『帰郷』『七月四日に生まれて』のモデルであるベトナム帰還兵ロン コービックは、アメリカ各地を巡って市民と対話してきたが、戦争を熱狂的に支持している人は少なく、政府が圧倒的に支持されているという大手マスコミの世論調査とは違和感があり、発表されている数字は操作されているはずだと言っていた。
 たしかに、戦争で儲けている企業は大手報道機関にとってスポンサーであるし、それ以外の企業も経営母体が同じであるとか資本で癒着しているとかするし、そこにマスコミ自体が組み込まれていることも指摘されているから、コービックの指摘もありうることだろう。
 
 ところで日本でも、政策が失敗していたり政府に失態があったりしているのにマスコミの世論調査には反映しない。
 これも当然だ。調査と称して電話がかかってきても、本当にマスコミに委託された者か判らない。思想調査ではないかと疑い、怖くなって政府を支持していると答える。
 実際に、興信所はこの手口を用いている。就職の採否で、企業から依頼されてやっている。こういう調査は違法であるから、密かに横行している。
 
 また、興信所に勤めていた人によると、マスコミを装って支持政党を訊く他に、共産党を装って「『赤旗』を読みませんか」と勧誘し、それに対する反応をみる手口があるそうだ。
 こういうことを大企業に依頼されて、大学生などに対して行っているということだ。

 こういうことは、興信所のモラルのなさのために昔から発覚していて、テレビでも取り上げられている。興信所が依頼人や調査対象のプライバシーを漏えいさせてしまうことは、よくある。ただ、こういうところでは警察の天下りがよくいるので、問題にしにくい。そのお蔭で逆に発覚しやすいということでもある。モラルもない代わりにルーズだからだ。

 とにかく、マスコミで垂れ流される世論調査など無意味ということだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-02-28 17:29 | 政治 | Comments(2)
 ベトナム戦争の「ハンバーガー丘の戦い」は、若い兵士たちが果敢に戦い多大な犠牲を出した虚しく悲惨なものだった。これがきっかけでアメリカが厭戦の雰囲気となり、戦争への批判も強まったといわれる。
 この実話に基づいた映画『ハンバーガーヒル』が作られた。これは、『プラトーン』が大ヒットしてアカデミー賞も受けた後になったので二番煎じのように受け取られ、このことで製作者は『プラトーン』より先に企画していたことを強調していた。
 
 この『ハンバーガーヒル』を映画館で観たが、かなり力を込めた感じはしていたから、完成と公開が後になってしまったというのが本当なら、「先だったらアカデミー賞だったのに」と悔しがる気持ちはわかる。
 
 ところで、この映画の予告編も映画館で観たが、その末尾に前売り券を買うとオマケ付きという告知があり、それが「ハンバーガーヒル特性サバイバル歯磨きセット」というものだったから、客席が爆笑となった。
 この映画はシリアスものであり、その予告編で変なオマケだったから笑ってしまうのも当然であるが、しかしこの八十年代の半ばくらいから、映画の前売り券を買うとオマケ付きと謳うのだけれど、それが映画にひっかけて真面目にやっているつもりが変なことになってしまい可笑しいというものが多くなっていたのだった。

 その最高傑作だったのが「バタリアンの卵」というやつで、映画館で予告編のさい観客たちは抱腹絶倒だった。
 もちろん映画『バタリアン』の前売り券に付いていたもので、バタリアンとは日本の配給会社が付けた題名であって、『エイリアン』のような宇宙生物ではなくゾンビの話だから卵は無い。だから可笑しいという以前に「『バタリアン』の前売り券を買うとバタリアンの卵が付いてくる」なんて言うものだから大笑いだったのだ。

 昔はこういう変なオマケが映画の前売り券に付いてきたのだった。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-02-27 17:12 | 映画 | Comments(2)
 と言っても、福島産だけど大丈夫だと言ったが不信がられたというような話ではない。

 値段の安い輸入品に対して値段では対抗できないから、丁寧に作り品質で勝負しようということで、農産物のブランド化というのに熱心な農家がある。
 そういう人が、遠くに住んでいる親戚にいる。そして、ぜひ賞味してと新米を送ってきた。
 これは、研いでいるさいの香りからして違い、炊きあがった味もスーパで売っているものとは大違いだった。

 これを何人かの知り合いにおすそ分けしたところ、そのうち二人は非常に残念なことになった。
 まず一人は、うまく炊けるように5合以上でと伝えたのだが無視されてしまい、一合炊きして、しかも電気釜で水加減を間違えたのでダメだったと、笑いながら言われた。
 もう一人は、この話を聞いた家族が、それなら薪で炊こうと言ったそうだ。その実家は田舎で釜土があるからだった。そうやって家族と食べたのだが、わけがわからないと怒った顔をして言った。

 このように、一人は笑い、一人は怒り、ようするに迷惑と言うことだった。高級品をタダでもらって、日常と同じことで特に手間がかかることではないし、少し手間をかけたほうの人は家族がやってくれた。しかし、彼らは賞味するということが嫌なのだ。いちおうの味を舌が感じて胃が膨れることにしか関心がないから面倒くさいのだ。
 それにしても、食材とかあまり関心がないので細かい違いはわからないけど美味しく食べたいう程度の社交辞令もなく、ほとんど嫌味で返されたのだから唖然とした。

 このあと、ヤマギシにいたけれど疑問を感じてやめたという人が志で作っている野菜を食べさせてもらう機会があり、それは野菜自体の味が良くて調味料など一切不要だった。この話は関心のある人にだけ語っている。先の米の体験から教訓を得ていたからだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-02-26 02:29 | Comments(2)

NHKから約束の返事はまだ

 去年、NHKから失礼な訪問があったことについて述べた。
 NHKの受信契約をしていない世帯を調べているから質問に答えろと横柄なことを言うので、NHKに電話をかけて文句を言った。
 これについてNHKによると、前にテレビが設置されていない世帯に対して、その後しばらくしてから設置したかどうかと訊いて回っており、これは大変だから外部に委託していて、時々その業者が失礼な言い方をすることがあるかもしれず、それはNHKの職員ではないということだった。
 そして、その地区の営業所に苦情を言ってくれたら対応すると言う。

 まるで新聞の勧誘と同じ言い訳だが、しかし新聞の方は業界で作った「近代化センター」があり、ここへ苦情を申し立てるようになっている。タクシーと同じで、自己規制をしているのだ。それがNHKには無い。
 
 それで、その失礼な委託業者は「NHK西東京営業所」に雇われたと判明したので、電話をかけて事実を伝えたところ、委託業者に指導を徹底するということだった。
 このさい、テレビを設置しなくても携帯電話にはだいたいワンセグがついているから、それで契約義務が生じるので、委託業者まで雇って頻繁に巡回していると言う説明をされた。
 
 これは、NHKの意義に賛同して協力をお願いするということではなく、放送法の規定による契約義務だと説明するから、そんな規定は放送法に無いと指摘した。そもそも放送法はワンセグなど存在しない時代に作られている。ところが、自動車のテレビなど小型の受信機という規定があるから、これとワンセグが同じだと言う。

 しかし、放送法には、放送された電波を直接受信する機器を所有しているなら受信契約の義務があり、この点で設置するテレビも携帯する小型テレビも同じであると謳っているから、ワンセグはまったく機能が異なる。

 ところが、この指摘をされても、それは個人の解釈であるからNHKとしては無視していると言う。では、NHKの解釈は正しいのか。法制局や裁判所が判断したのかと問うと、それがなくてもNHKが解釈すればそうなると言う。つまりNHKが法律であるということだ。
 これまで、NHKが悪いことをして裁判沙汰になっても、裁判所はNHKだからと特別扱いして、一度はNHKの違法を認定しても高裁か最高裁で覆される連続だった。こうしているうちに、NHKは自分たちが法であり裁判官より偉いと思いあがったのだろう。
 
 それで、そのNHKの勝手な法解釈で良いというなら、責任者の名前で書面により回答してほしいと言ったところ、そうするから送付先を教えろと感情的になって言うので、送り先を告げて、電話対応した人が誰かも教えろと言った。

 それはNHK西東京営業所の坂本という女性だったが、あれから三か月経過するものの、回答はまだ送られてこない。
 
 おそらく忙しいのだろう。北朝鮮が人工衛星打ち上げで発射したものを世界中の公共放送が「ロケット」と言っているのにNHKだけ「ミサイル」と言うなどしているから抗議が殺到しているのだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-02-25 18:06 | 社会 | Comments(0)
 前に、「アベ政治を許さない」の馬鹿馬鹿しさを指摘した。
 もちろんも彼の還暦幼児ぶりと彼の取り巻き連中の醜さはひどいものだ。
 しかし、それは表層の問題にすぎない。TPPや安保法制や憲法解釈勝手変更といった真に深刻な政治経済の問題は、すべてアメリカの意向によるものだ。
 だから、安倍内閣でなくても自民党でなくても民主党や共産党が政権に就いても変わらない。アメリカに逆らう総理大臣は追われて、言いなりになる傀儡が据えられる。

 なので、野党共闘などに過大な期待をしてはいけない。自民党が公明党と組んでいるなら、民主党も対抗して共産党などと組んでもよいではないかという、ごく当たり前の話ではあるが、その域を超えての期待は無理というものだ。

 そして、今度は北朝鮮との外交問題だ。
 北朝鮮は、外交問題の解決を優先して日本に譲歩したが、そこへアメリカに付け込まれしまった。これについて金正日は「不意打ちを食らった」と言ったそうだ。
 そして、日本はアメリカに何も言えないので、北朝鮮はアメリカしか見なくなって、北朝鮮から一方的な宣言をされて交渉終了という情けないことになってしまった。
 結局、アメリカの支配下に日本があるから、いつも無視されるのだ。

 ところが、この言い訳に自民党は、アメリカが後ろ盾だから交渉が進んだと弁解してきた。これが間違いであることが証明されてしまったが、千葉県知事になる前に自民党の議員をやっていた森田健作こと鈴木栄治は、自民党の対米従属を正当化するため、北朝鮮と交渉が進んだのはアメリカに日本がコバンザメのようにしているおかげだとテレビでも熱弁をふるっていた。もちろん苦しそうな態度だった。

 そんなのが当選してしまう選挙である。何があるかわからない。
 かつて、あの丸川珠代が立候補したとき、自民党の支持者ですら呆れていて、あんなのが当選するはずないと言っていたが当選し、現職の強みで今もトンデモ発言しながら議員を続けている。
 だから、増山麗奈が当選してしまうことだって無いとは断言できない。どう転んでも変なことになりそうである。

 こういう日本政治の実態に対して認識が甘すぎるから、一向にダメということなのだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-02-24 18:17 | 国際 | Comments(2)
 野球の大スターだった清原もと選手が覚醒剤の使用で逮捕されたことで騒ぎになっているが、これについて野村もと監督は、清原選手が大活躍していた当時の森監督が悪いと発言した。同じ趣旨の発言を、森監督の前任者だった広岡監督もしている。

 これらの発言は、指導者の立場にあった森監督の躾が原因だから責任があるというものだが、同じく西武ライオンズにいた同世代の複数の選手が覚醒剤に手を出したか、覚醒剤ではないが刑事事件にもなる不祥事を起こしているならともかく、清原もと選手だけの問題であり、その原因も不明なのだから、森監督を責めるには根拠が薄弱すぎるし、こじ付けの中傷とすら言える。

 それに、清原もと選手があれだの実績でありながら指導者になれないのは差別問題が背景にあるのではないかと昔から言われてきたけれど、そういうことで悩んだことも一因ではないかと考えられるし、西武ライオンズを問題にするなら、他にもっとひどいことがたくさんある。

 日本にも年俸が一億円の大台に乗る選手が出たと話題になった途端に賭博に手を出した東尾投手を監督にしたことはどうなのか。
 これについて、使い方を知らない者が大金を手にするからだと批判した堤オーナーだが、彼の金銭感覚の汚さは世界的に有名だ。
 税金を払わないようにあの手この手を駆使していることを得意になって話し、税金は払わない主義とまで言い放っている。

 その親会社のコクドは国土計画が語源だが、開発で環境破壊ばかりしているので「国土破壊計画」と指弾されてきた。
 
 労働組合を作らせず、同業他社の労使交渉の結果をみてから、それに少し上乗せするからいいだろうとやってきて、だから西武鉄道にはストがないので民度の低いダサイタマ県民は喜んでいるということにしてきた。
 労組がないのをいいことに公私混同をしまくり、父親ゆずりの漁色家としても有名で、社員にまで手を出しているが、これに比べると「六本木の種馬」と言われた清原など、ただ飲みに行った先でのことで権力を利用しないだけマシである。

 親族の財産をパクったとして、兄たちに訴えられた。あげくに経営者の立場で不正を行い逮捕されている。

 そんな人から、優勝できなかったことで記者会見で侮辱され「やりたかったら今年もどうぞ」と嫌味まで言われて我慢している森監督への評価は様々だが、清原もと選手の個人的な問題ではなく西武ライオンズの問題だとしたら、この会社全体の問題であって、森監督の責任ではないだろう。

 おそらく、森監督は管理主義ではあったが必要最低限の範囲を徹底する主義であり私生活に干渉すべきではないという方針を貫いたので、これとは違い私生活にまて口出しする広岡と野村の両もと監督としては、清原の事件に便乗して悪口を言っているとしか思えない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-02-23 15:38 | 体操 | Comments(1)
 鈴木宗男は、かつて放り出されて怒っていた自民党の側に寝返ったことについて、共産党への反感をぶちまけている。
 そういうことを乗り越えて野党は連携するべきだと、やはり自民党を追われた亀井静香などに説得されても、ただ右派である亀井などと違い、鈴木は国会で共産党から「ムネオハウス」の件でやり込められた恨みがあるからだろう。

 あの時、「ムネオハウス」さらにそこの横断幕に書かれた「鈴木さんあなたは私たちの友達です」の写真で国会と茶の間で大笑いが起き、その建設を懇意の業者が受注できるように仕向けていたこと示す外務省の文章を突き付けられた鈴木宗男議員は大慌てで、その醜態がテレビ中継されたうえ、他の話に逸らそうとする鈴木議員は共産党の佐々木憲昭議員から「逃げちゃいけないよ」と強い調子で言われていた。

 そして自民党から追放された鈴木宗男だが、もともと彼は一部の若手議員たちを集めてちょっとした派閥を作り「ムネムネ会」というひょうきんな名称にしていたが、政策や政治哲学の欠如した徒党を組んでいただけだと批判する者もいて、それで自民党内でウザいと取られていたのだから、そこで共産党に追及されたことは放り出すのにちょうどよい口実だったというべきだ。
 だから、もともと彼の不徳の致すところであるから、共産党に今更やつあたりするのはみっともない。

 やつあたりといえば、あの当時、鈴木宗男はその件でテレビに出て、さらにみっともない話をしていた。
 このとき共産党の機関紙は、なんで彼の弁解など取り上げるのかと批判していたが、この番組は「筑紫哲也ニュース23」で、ここで筑紫哲也は、渦中の人となったからには、その人の言い分もきかなければならないと説明した。
 これはもっともなのだが、ところが当の鈴木宗男議員は開口一番、「私の頭の髪の毛が薄いから」と言い、自分は見た目の印象が良くないので悪く思われるのだとし、ロマンスグレーの筑紫哲也に僻み根性を向けるような発言であった。

 まったく鈴木宗男という人は劣等感のかたまりなのかと思ったが、同じようなことを言っている若い女性がテレビに出ていたことを思い出した。
 その女性は、子供を虐待したという疑惑をもたれた主婦で、記者会見を開くと、自分の見た目が前と少し違うことについて、それは瞼を手術で変えたからだと説明し、もともと目がきつい印象だから性格までそうだと誤解されがちで、それが疑惑をもたれた原因だと言っていた。

 こういうことは、当人が気にし過ぎとか責任転嫁しているのか、それとも「人は見た目が九割」という本が話題になったことがあるけれど、それなのだろうか。 


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-02-22 17:42 | 政治 | Comments(0)

象牙と密猟と朝日新聞

 朝日新聞の記者が、象牙と密猟を告発しているが、その記事の結論は納得できない。
 
 もちろん、ワシントン条約で規制されたにもかかわらず象牙の商取引がされていることは、ちゃんと指摘している。
 しかし、密猟によって像の数が激減している最大の原因を、ケニアの汚職としている。同国では象牙のために密猟や密輸をして逮捕されても、有罪判決となるのはまれで、過去5年間にゾウやサイの密猟で有罪となり服役したものはたった7パーセント。
 これは、犯罪組織が刑を逃れるために賄賂を贈っているからだとする。

 しかし、密猟するのも、賄賂を贈るのも、賄賂を出せるのも、象牙が高値で売れるからだ。それで犯罪組織は賄賂を出してもそれ以上に儲かるからやるのだし、貧困から背に腹は代えられないという人たちが雇われる。

 だから、取引も販売も所持も禁止し、持ちたがるほうに厳罰を科し、市場を壊滅させて売買を成立させないようにすることだ。そうでないと対策にならない。
 なのに、高価な使用品を持ちたがるセレブな連中を非難せずアフリカの司法や行政が堕落していることに原因があるとするのは、強者にこびて弱者に鞭打つブルジョワマスコミの責任転嫁である。

 これは毛皮もそうだが、象牙も、そういう商品を所有して悦に入る連中は醜いものだ。
 例えば象牙の商品の一つに昔はピアノの鍵盤があった。適度に吸水性があるため指先に汗をかいても滑らないということで、高級品には使用されていたものだ。それをカタログも謳っていた。
 そういう商品を持ちたがる者に、倫理を説いてもむなしい。貧しさゆえ犯罪に走る人の醜さなど比較にならない。

 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-02-21 17:30 | 国際 | Comments(0)
 昨日、オオカミ少年の寓話は曲解されているという話をした。
 悪戯のつもりで嘘をついて騒いでいたら信用されなくなってしまったというのは嘘の解釈で、ほんとうの意味は、狡猾な者は簡単に姿を見せないという意味だ。
 
 その本来の解釈に基づいているのが『ウルトラセブン』の「円盤が来た」という挿話だという例も紹介したが、これは実相寺昭雄監督の相変わらず奇をてらった演出のため、テーマが十分に伝わっていなかった。
 ここで、宇宙人が少年に化けて現れるのを名子役の高野浩之がふんしていた。のちに『謎の転校生』や『超人バロムワン』の活躍でも知られる。成人してからは時代劇に刀さして髭生やして出演していたりする。

 この高野浩之は『帰ってきたウルトラマン』の「怪獣少年の復讐」で公演し、その演技を山際永三監督が称賛していた。山際監督は高野君が『ウルトラセブン』にも出演していたことを意識していなかったから、演技力だけでの起用だった。
 しかし意識したキャスティングではなくても、「怪獣少年の復讐」も主題は同じだ。列車転覆事故の原因を運転手の誤操作が原因だとされたことに対し、父親の職場を訪ねていたため目撃していた小学生の息子は、怪獣が出たと証言する。しかし父親をかばうための嘘で、子供だからそんな話をすると決めつけられて「オオカミ少年」ならぬ「怪獣少年」と言われてしまう。
 それでひねくれてしまった少年は「ジャンジュネ論」のように意識して嘘をつくようになる。

 この「オオカミ少年」の他にも、曲解の有名な例としては、ソクラテスが哲学問答したことで社会の風紀を乱すとして死罪となった話がある。
 このことについて、彼が逃亡せず処刑されたことを、彼は信念に殉じたとされてきたのに、日本だけは勝手に違う解釈がされ、「悪法も法なり」と彼は言って自ら毒杯を飲み干したのだから、納得できなくても権力に従うべきだという話にしてしまった。
 
 この曲解の仕方は、オオカミ少年と同じである。尊厳と自覚を持たなければならないという話を、従順で隷属するべきだという真逆の話に変えてしまう。

 こういうことをさせるのは、いったい誰なのだろうか。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-02-20 17:42 | 社会 | Comments(0)