コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2016年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 中国の「天安門事件」の日が来るたびに、ずさんな報道ばかりだと感じる。
 まず「天安門事件」といえば本来は周恩来総理の死去にさいして天安門広場で追悼の集会が任意で行われていたところ、それが「周総理は立派だったが、四人組の連中はひどすぎる」という糾弾に発展し、それでその四人組の指示で警官が出動するなどして強引に解散させようとしたため負傷者が出た事件のことだ。
 だからその後に起きたのは「第二次天安門事件」と言われていた。それがいつのまにか「天安門事件」と言われるようになってしまった。

 また、集会を蹴散らすには放水や催涙弾を用いるのが普通で、それで充分だったはずなのになぜか軍隊が出動したため流血の事態となったことについて言及されない。
 これは、政治改革を求める穏健な集会に趙総書記が不適切な対応をしたため暴動に発展したという嘘を李鵬首相が流布し、鄧小平も騙されて軍隊が出動し、総書記は失脚した。総書記を邪魔にしていた首相の陰謀による中国政府の内紛だった。ところが日本の報道からは欠落しているので本質が見えず、訳が分からなくなっている。

 また、若者の青臭い理想論では社会が混乱するだけで発展しないことは文化大革命で証明済みだから、経済を優先して暮らしをよくすることが本当の民主主義だと多くの中国人が言っており、しかもそれを日本の戦後の発展を見て確信したと言う。鄧小平も日本に来たら中国の政治闘争がムダだったと気づいたと言う。

 一方で日本からすると、企業にとっては貿易の都合があり、一般的には学生運動世代の老人の非常識な言動から学生運動に対する悪印象があり、中国の天安門事件に寛容になってきた。
 そして自民党が逆に昔の中国共産党のようになって、経済と暮らしより不毛な政治闘争ばかりを志向し改憲を唱えるなどして嫌われているとの現実がある。

 なのに日本の報道は「民主化を求める集会が軍隊に弾圧された」というだけで掘り下げることがなく、それが言葉づかいに表れている。中国の天安門事件でもシリアでもミャンマーでも「民主化」という言葉の使い方があまりに軽々しい。それぞれ内容は異なることなのに。
 もちろん「東欧の民主化」以来の、敵対する政権に反対する運動だけ「民主化」と呼ぶプロパガンダが報道に名を借りて行われているからであるが、それ以前の問題として、全体的にマスコミ報道がステロタイプになっている。これは記者の能力か劣化したということもあるし、それ以上に、型にはまったことしかできない仕組みになってしまっているからなのだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-10 17:33 | 国際 | Comments(0)
 ナチに抵抗して殺された人たちの運動「白バラ」は二度映画化されているが、前の映画が日本で地味ながら一般公開されたさいのシンポジウムで、当時大学生の辻本清美らが参加して発言していた。この時に進行役の筑紫哲也が紹介したことで、マルティン ニーメラー牧師の言葉を初めて知った。
 この時は感心したが、次第に、日本では通用しない発想だと思われてきた。
 
 ナチに反対して逮捕され辛くも生き延びたニーメラー牧師は、自分について謙虚にこう語ったそうだ。

 ナチスが共産主義者を攻撃した時、私はやや不安になったが、私は共産主義者ではなかったので、何もしなかった。
 次にナチは社会主義者を攻撃した。私はやはり不安だったが、社会主義者ではなかったので何もしなかった。
 それからナチによって、学校が、新聞が、ユダヤ人が、ということになり、私はそのたびに不安になったが、やはり何もしなかった。
 そしてナチは教会を攻撃した。私は教会の牧師であったから行動を起こした。しかし、そのときは遅過ぎた。

 他人事で自分とは無関係だと思っているうちに自分のことになり手遅れという教訓だが、日本人の考え方の主流はこうだろう。

 自民党が共産党を攻撃したとき、私もアカがなんとなく気にいらないから嬉しかった。
 次に自民党は朝日新聞を攻撃した。私はインテリぶって小難しいことを書く新聞が嫌いだったから嬉しかった。
 さらに自民党は沖縄の新聞を、日の丸を掲げない大学を、というようになり、そのたびに生意気な連中のことを私はザマアミロと思った。
 私の知らない者が自民党に攻撃されたら、特に嬉しくはなかったが多数派には従わないと不利になるので同調した。
 そして自民党は庶民を迫害する法律を次々に制定した。私は裕福ではない庶民だから困りはしたが、障害者や母子家庭や生活保護といった私より弱い者や貧乏人が苦しんでいる姿を見て幸せだった。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-09 17:04 | 社会 | Comments(2)

曽野綾子の汚れた魂

 まず、話題になった雨宮処凛氏の文から引用する。

 有害で、役に立たない精神論〜またあの人が変なことを書いている〜
 それは「新潮45」5月号に掲載された曽野綾子氏の連載「人間関係愚痴話」第60回「動物の原則」。
 またこの人か・・・。というのが正直なところだが、原稿は「保育園落ちた日本死ね!」問題から始まる。
 曽野氏はまず、あのブログを「薄汚い文章」と指摘し、「今さらながら、日本人の表現力の低下と、日本人が自分を生かしてもらっている国や社会に対して正当な評価をできない認識の甘さを露呈している」と続ける。そうして中東の難民に触れ、「日本からは、着の身着のまま家も家財道具も捨てて、何の保証もない外国に逃げて行こうとする難民はいない」のだからと続け、お決まりの「昔は」から始まる文章となる。ちなみに曽野氏は80代。
 〈中略〉
 無知は、罪だ。曽野氏の原稿を読んで、私は思う。無知は時に人を侮辱し、傷つける。そして自分の中の脳内イメージで何かを決めつけることも罪であり、有害だ。 引用以上

 こんな、曽野綾子という人の言説が一定数の支持を得るのは、「弱者は卑屈であるべき」「分をわきまえないやつは非礼だ」と言って他人を貶めることで優越感を味わう人がいるからだと指摘さている。
 前にタレントのラサール石井氏が、その匿名ブログについて、必死で怒りの言葉を発したときに表現がどうこうではないと指摘したうえで、言葉遣いとか品位を問題にしたければ、まず国際的にも問題になった議会の下品な野次に対して声をあげるべきだと喝破していた。
 
 しかし、曽野綾子は常に強者に媚び弱者を貶めて悦に入るという基本姿勢である。だから、自分はよく「妾」「乞食」など差別的な言葉を吐きまくるが、こういうことについては薄汚いとも表現力が劣悪とも思っていないわけだ。
 それでよく恥ずかしくないものだと言う人たちもいるが、感覚は人それぞれ。問題なのは、そんな曽野綾子のような人を重宝がる自民党の系列だろう。

 先日、「君が代」で都が敗訴したことにからんで、自民党の御用マスコミ人の一人の三宅久之の嘘を取り上げたが、三宅と同じように、かつて臨時教育審議会委員だった曽野綾子は、学校で国歌斉唱は世界の常識だと嘘を言い、強制は良くないとする国が多数である事実を無視し、なんと独裁国を例に出して「日本は愛国心の訓練ができていない珍しい国」とデタラメ発言。

 最近ではまた人種差別発言も国際問題になったが、そうした感覚とともに「愛国心の訓練」とか、昔から言葉の表現でもともと難が指摘されていた。歳をとってモウロクしてきたと言う人たちがいるけど、それは誤解だ。昔からなので、これが今も相変わらずということだ。
 これはよく言われることだが、筒井康隆が小説のネタにしているように、曽野綾子なんてしょせんは聖心のお嬢様が文学賞の候補になったという話題づくりだけで、実力は伴っていなかった。だから、あとは醜い処世術というわけだ。
 こんなこと、ここで言うまでもなく、とっくに定まった評価であるが。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-08 17:36 | 社会 | Comments(2)
 君が代不起立、都の敗訴確定=停職取り消しと賠償命令‐最高裁

 日本国憲法第19条「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」これは中学校で習う義務教育の範囲内のことだ。
 しかし、この政治情勢があったから、当然の判決になったというべきだ。司法権の独立が無いけれど、強制していた都知事から交代し、しかも今の知事は公私混同を追及されている。その間隙に都が敗訴した。こういうことは、裁判でよくあることだ。

 この東京都の前に、旧文部省が通達を出して強制が始まったとき、御用マスコミ人の三宅久之は学校で国歌斉唱と起立して直立不動は「世界の常識」「議論の余地ない」と嘘を公言した。

 そもそも儀式すらしない国も多いうえ強制すべきでないという国がむしろ多数派である。このことは裁判でも指摘されていて、最高裁も判示していた。従わねば厳罰なんてのは三宅もよく悪口を言った中国である。逆らいにくいという国なら世界各地を探せば出て来るだろうが、中国は明確な規定をしていて、ここまでやっている国は珍しい。

 なのにデタラメをテレビで放言する三宅久之。そのマスメディアでの発言は、ことごとくがそうだった。それで金をもらっていたわけだから、そんな嘘つきの権力擦り寄り弱い者いじめは堅気の商売ではない。

 そんな三宅の親類が、その威光で市議会議員してるのが東京都狛江市である。選挙のポスターにまで写真を掲載していたほどで、政策と言動も同じ調子だ。

 だから出て行ってよかった。用があってたまに訪れると嫌な気分になる。本格的に戻るかどうかは市長が変わるかどうか次第だ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-07 17:24 | 政治 | Comments(0)
 女性殺害事件を受けて、街路灯に続き防犯パトロール体制の強化として警察官100人の増員や沖縄総合事務局の非常勤職員の採用を決定し、防犯灯と防犯カメラの設置等も決めた。小手先の対策でしかないと指摘されていて、あきれかえるしかない。
 しかも、 基地被害への対策として役に立たないことは言うまでもないが、過去の例からすると、これで増えた人員の関連予算も増えて、それらは警察の裏金につながる。捜査の秘密とされるから外部から監査されず、内部告発があってもすべて非公開というのが定石だった。

 また、ストーカー規制法にしても、芸能人の女性が被害に遭ったからとSNSを対象にしたら、警察が政治的な監視や迫害をしてきた過去の現実から、新たな法の濫用となることは明らかだ。
 なのに、「警察はなぜ改正を怠ったのか?>ストーカー規制法はSNS対象外、『警察は対策怠った』」と言ってしまうあの紀藤正樹弁護士。
 これに対しては他にも危惧のコメントしていた人がいたけれど、法律ができても常に適正な運用がなされるものではない。政治的に悪用されることは明らか。過去に実例もあり、警察だけでなく弁護士会や日弁連もグルになっていることは過去に述べたとおり。

 さらに、ヘイトスピーチ規制も同様だ。これまで警察のやってきたことは、むしろヘイトスピーチ街宣している連中を守ることだった。右翼が「慰安婦」問題とかの集会を警察同伴で襲撃しておいて、逆に集会主催者から暴行受けたとかのでっち上げ被害届を出させたりしてた事実がある。

 もちろんヘイトスピーチ街宣は問題だが、実際に辞めさせる場合の法解釈がどうなのかを厳密に規定し、濫用を減らすために、規制する側の権力を規制することが何より肝要である。それなのに街宣を止めさせたことだけで無邪気に良かったと評価するのは危険だ。
 現に欧米でさえ、「戦争ばかりしているイスラエルを支援するスタバなどの企業の商品はボイコットしよう」ということに対して「ユダヤ人に対するヘイトスピーチだ、差別だ」などと非難があり、ここから反戦運動が司法権力に規制された実例もあった。

 何か問題があってその対策に新しい法律を作ると、これを常に利権にしようとする者が「おかみ」の側には必ずいるもので、そこから火事場泥棒の焼け太りという結果になってきたのだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-06 19:33 | 司法 | Comments(0)
 弁護士の伊藤和子氏が、国連特別報告者に虚偽の報告をしたという事実に基づかない情報を流されたとして、言論プラットフォーム代表者の池田信夫氏を被告として、東京地裁に名誉棄損訴訟を提起したと発表した。
 
 これに対して池田氏は、これがスラップ訴訟であり、取り下げないと弁護士会に懲戒申し立てをするなどと原告を脅したうえ伊藤弁護士を「駆除しましょう」などとツイッターで呼びかけた。ナチの語法であり、脅迫や暴力を煽り不穏当だ。
 それにスラップ訴訟とは、大企業など大きなところが個人など小さなものに対して、その組織力や財力を見せつけるのに訴訟を利用することだから「恫喝」という意味で「スラップ」と言っている。無意味に外国語を使用してわかりにくくする風潮の問題は別にして、個人が個人を訴えることではないことくらい簡単にわかることだ。
 この内容からすると池田信夫側が負けそうだけれど、名誉毀損訴訟では原告と被告とが「政治的」に対等なら公正で、片方が権力側で片方が在野なら事実も証拠も法律も無視で権力にすり寄る方が勝つ場合しばしば。そんな判決ばかりの裁判官が出てきたり、そんな判事に弁論の途中で交代したり。
 だから、この種の訴訟で、権力側についている者は、まず必ず自分がいかに「体制側」かと陳述書などて強調し、個人対個人の民事訴訟だが実質は国賠訴訟だとほのめかし「政治的配慮をよろしく」と間接的にはもちろん時には直接に堂々と弁論で求める。これがよく通用するのが現実だ。
 つまり、スラップ訴訟が横行したり、政治家とそれにすり寄るマスコミ人の暴言が度し難いほどなのは、名誉毀損の訴訟で裁判官が権力にすり寄る側に偏向するからだ。 良い例がNHKや読売新聞や橋下徹の裁判で、だから弁論で露骨に、自分は政府の委員であるなどと、訴訟と無関係の肩書や地位を殊更強調する者がいる。

 さて、池田信夫被告はどう出るだろうか。また愉快なことに原告の訴訟代理人にはあの佃克彦弁護士である。原告の伊藤弁護士はサイトで「佃先生は名誉棄損分野の第一人者で、書籍も出されており、大変信頼してお任せしています」と述べているが、この佃弁護士も東京弁護士会の暴虐に関与していた者で、その責任を名誉棄損訴訟で問われるとまさに「政治的配慮」によって逃れてきた。

 だから、こちらから見ると滑稽な訴訟である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-05 07:03 | 司法 | Comments(0)
 FMで松村貞三が作曲した唯一のオペラ『沈黙』(遠藤周作の原作で台本化は作曲者自身)が、放送されたので聴いた。
 ところで松村貞三さんは東京都の狛江市に住んでいた。狛江市には三木稔さんも住んでいた。二人とも伊福部昭の門下で、狛江市長選挙では矢野市長を応援していた。芸術家など文化人に支持された矢野市長の後継者選びに共産党が失敗してしまい、土建屋に支持された保守系の市長が取って代わってしまった。建設会社は大喜び、その一方で低所得者の差し押さえ連発というひどい市政である。

 また、狛江の市民運動や平和運動とともに松村貞三さん三木稔さん更に池辺晋一郎さんに会えたのは嬉しかったが、その話が『赤旗』の記者にはピンとこない様子で、翌日の記事には「狛江市の井上静さんは〈矢野市長は福祉を重視しているので支持している〉と」の部分だけ掲載され、読んで苦笑してしまった。
 
 今度の狛江市長選挙で、土建屋ベッタリ庶民イジメ市長を変えようという市民運動の支持を受けた女性が立候補した。これを応援して、そのポスターに市内在住の伊藤千尋氏が応援で載っている。
 そこに 「国際ジャーナリスト」とある。外国語が得意で外国報道が多いのは確かだが、これでは落合信彦みたいである。昔、不味い偽ビール「スーパードライ」の宣伝に出ていた落合信彦に「国際ジャーナリスト」とテロップ。
 伊藤氏と朝日新聞の同僚だった本多勝一氏は、落合信彦の偽ビールの宣伝について「ジャーナリストに国際も国内も区別ない」と『朝日ジャーナル』に書いていた。

 そんな「スーパードライ」の宣伝なんて憶えていないという人のほうが多いかもしれないが。
 
 そして、かつて狛江に住んでいたとき、伊藤千尋&本多勝一という対談が狛江市で催されて、近所だから行こうと思ったら同じ日に自分が医療裁判について講演をすることになって行けなかったという思い出もある。

 あと、拙書『朝日新聞の逆襲』にも書いたとおり、最近の朝日新聞は本多勝一さんや筑紫哲也さんがいたころのような面白さや活気や気骨が無いと不満を言ったら、伊藤千尋さんは「じゃあ読売新聞でいいんですか」という決め台詞だった。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-04 21:18 | 政治 | Comments(2)
 もと日弁連会長の宇都宮弁護士が、選挙の供託金制度は政治参加を不当に妨げるもので違憲であると提訴したそうだ。
 
 この供託金制度は、当選する気もないのに立候補して売名や商品の宣伝をする者がいるため、その対策というのが建前であるが、明らかに嘘である。

 同じ目的を持つ制度は諸外国にもあるが、供託金ではなく、賛同の署名を集める。このほうが目的にかなっている。供託金では、やる気はないけど金ならあるという人が立候補できてしまうし、やる気はあるけど金がない人は立候補できない。

 つまり、目的にかなっていないうえ弊害がある制度が続いていて、しかも供託金は高額で、それがさらに値上げされてきたから、わかっていてわざとやっているとしか考えられず、金持ちが政治を勝手にしたいだけだ。

 このため、昔から言われてきたことがある。
 供託金が高額で立候補できない人や団体がいる一方で、どこからか金が流れてきたような泡沫候補が野党と同じ政策を訴えて競合関係になっていることがよくあった。だから、あとは説明するまでもないだろう。

 これも、他にちゃんとした方法があって実際に諸外国では行われていることなのに、そうはせず、無意味で害だけの制度が続いてきたから、言われるのだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-04 17:37 | 司法 | Comments(2)
 女子高生が「武力に依らないイラクの平和と復興」を求めるという趣意の署名を一人で歩き回り千単位になる数を集め、憲法で保障された請願権に基づいて提出したところ、対イラク戦争を熱烈支持していた小泉総理は、こんなことをしないように学校の教師が教えるべきだと言って公然と侮辱した。

 この総理の対応は違法で違憲だが、それ以前に、選挙運動の大変さを知っているなら署名集めの苦労がわかるから、反感をもったとしてもあんな心無い不謹慎な言動はできないはずで、やはりしょせんは世襲の三世議員ということだ。

 そんな甘やかされた苦労知らず思いやり知らずの、政治家より社会人として出来損ないの男が、内閣高支持率となり、やめた後からは脱原発と言い出して野党票を割る猿芝居と批判されながら、ではイラク戦争の支持についてはどうかと質問されても無視して立ち去るのに、また騙される日本国民。

 こういうことが横行するのは、もちんマスメディアの影響もあるだろうが、野党の側にも問題がある。

 イラク戦争のさい「桃色反戦ゲリラ」を自称して反対のパフォーマンスをしていた「画家」の女性は小泉元総理が唐突に脱原発と言い出したことでイラク戦争支持を許すと公言し、他の脱原発候補者は「赤」だと罵る桜井市長や「ヨニウム」の田中といった人たちに共感してみせる。
 そういう手前の亭主は、イラクを取材して劣化ウラン弾の被害の深刻さを訴えていて、これに口をつぐみながら脱原発を唱える小泉元総理を批判していたのだが。

 そんな女性を、社民党が国会議員の選挙に担ぎ出した。原発事故があったらサッサと東京を逃げ出しておいて都知事選挙では、社民党が、同じ脱原発なら福祉重視を訴えている方を支持するとしたのに、これと真っ向対立し、東京に住んでいる人たちの生活など眼中になかった。

 また、突然の転居で生活に苦労しているらしく、仕事欲しさにマスメディアに媚び、週刊新潮や週刊文春にも出たいと公言していた。原発反対を攻撃したり社民党の女性議員たちを指して女はバカだから政治に口出すなと罵声を浴びせたりしていた右派の週刊誌に。
 これでは、沖縄の元アイドルグループの女性が、ヒット曲がないので自民党から選挙に出るというのと同じではないか。
 
 「保育園おちた、日本しね」が話題になったが、それ式に言うと「増山麗奈おちろ、社民党しね」だ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-03 10:10 | 政治 | Comments(3)

電通はそこまでやるか

 オリンピックの誘致買収疑惑で仲立ちをした広告代理店「電通」が話題になっている。かつては田原総一朗が『電通』という著書を発表していて、『原子力戦争』とともに彼の代表作だったが、そんな名著を記した人がなんでバカテレビ司会者に成り下がってしまったのかと言われて久しい。

 田原総一朗の『電通』が表玄関からの取材のようなものであるのに対し、裏口からといわれるのが大下英治の『小説電通』で、ここには電通が裏ですごいことをやっている話が色々と出てくる。

 例えば、かつて話題になった化粧品の宣伝に、ヨーロッパ人らしき女性が坊主頭に近い短い髪をして出て来てナレーションが「私は美しい」というコピーを唱えるものがあった。これは宣伝業界で日本二位の博報堂が手がけ、大ヒットしたものだった。これにより小さな化粧品会社が一躍有名になった。

 すると、その化粧品会社の衛生管理が劣悪などと週刊誌が騒ぎ始めた。会社の印象が悪くなり商品の売り上げにも響いた。あまりにひどい記事ばかりなので、週刊誌を業務妨害で訴えようかと考えたが、裁判は時間も経費もかかるし、訴訟によってよけいに騒ぎが大きくなるおそれがある。
 それで化粧品会社が苦慮していると、そこへ電通が「博報堂はダメですね。わが社なら、あんな記事は事前に潰せますよ。どうです、今後はわが社に」と働きかけたから、悩んでいた化粧品会社は飛びついた。

 ところが、その週刊誌の記事は、電通が流したものだった。広告を回して儲けさせてやるといって週刊誌を炊きつけるくらい電通にとっては簡単なこと。こうして、自作自演で顧客を横取りしてしまったというわけだ。

 これは実話に基づいているのか、そこまでやるかと驚くような話だ。
 今では田原総一朗の代わりにと言っては変だが、本間龍著が原発の宣伝と電通の深い関わりを告発していて、その本間龍さんは博報堂に勤めていたことがあるそうだから訊いてみたところ、そのくらいのことは電通は普通にやっていたそうだ。
 とくに八十年代はすごくて、企業の宣伝部長に高級外車を贈る、家のローンを肩代わりしてやる、女をあてがう、なんてことまでしていて、同業者にデザインやコピーで勝てなければ営業で、そこには接待や付け届けも含まれ、それでも勝てなれば裏技とか工作で、という具合。
 とにかく、なんとしでても勝て、勝てば良い、というのが田原総一朗と大下英治の本にも出て来た電通鬼十則の基本だということだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-02 12:33 | 社会 | Comments(0)