コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2016年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

鳥越俊太郎とゴジラ映画

 鳥越俊太郎が、惨敗の都知事選を振り返り、インタビューで「ペンの力って今、ダメじゃん。だから選挙で訴えた」と述べたことに対しかなり厳しい反応が見られる。
 「今」が「ダメ」と言っているだけだと擁護する者もいる。「今、ダメ」で昔はどうだったか。鳥越俊太郎が編集長の週刊誌が総理大臣のセックススキャンダルを暴露し、アメリカの有力紙も追いかけ、これに対し自民党御用評論家の三宅久之らが必死で擁護したが自民党は選挙で敗れ総理大臣は直後に辞任ということもあった。これは今は昔の話。

 しかし、そもそも「ペン」とは言論のこと。だからマスメディアであろうと選挙演説だろうと同じだ。つまりペンがダメだから選挙で訴えると言うのは間違い。新聞やテレビがダメだから選挙で、と言うべきだ。なのに、なんでこんなおかしな表現をするんだろうか。

 これだから、言論とか報道は無力なので選挙に出たという意味になってしまい、特に同業者から批判されたのだ。
 
 「ぼくはもうこの件を書くのやめます」 
 「じゃあ、お前さんの負けだ」
 「新聞はあくまで報道で、命令権も裁く権利もないんですよ」
 「お前、何年記者やっているんだ。新聞は大衆の味方だ。権力者に成り上がってどうする」
 「あいつらはいくら書いても平気で、逆に宣伝になって良いとまで言うんです」
 「お前のペンに力がこもっていないからだ」

 『モスラ対ゴジラ』(1964)で宝田明ふんする記者が上司に怒られる場面。
 鳥越俊太郎はこの怪獣映画の宝田明の記者よりもデスクよりもはるかに年上なのだが。

 それにしても、この映画で関沢新一の脚本は、簡潔ながら真を突いたセリフとかダイアローグが多いと評価されている。脚本家であると同時に作詞家で、演歌とか銭形平次の主題歌でも有名だ。
 それに比べて今のゴジラでは喋ってばっかりだが、それはまあいいか。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-13 10:54 | 映画 | Comments(0)
 タレントの室井滋がテレビで発言したことが話題というか問題になっている。
 それでまず思い浮かんだことは長谷川和彦とまだ続いているのかということだが、それはともかく、その発言とは同性愛者の男性についての録画を見た室井は、すぐさま「案外さ、女の子と付き合ったら変わっちゃうんじゃない? 今、男の人しか知らないって言ってたから」と言い放ったそうだ。

 これで思い出したが、David Bowieは自分がバイセクシュアルであるとわざと女性に言うのはなぜかというと、「女性の方がいいわよ」と女性が誘ってくることがあるので言ってるんだと述べていたことがある。

 しかし、冗談では済まないのは、同性愛者であることを勝手に大学で暴露されて自殺した人がいるという報道があったばかりだから、このように軽く考えて口にする人がいるので問題だというわけだ。

 プライバシーについて自ら明かにするすることを「カミングアウト」、他者が勝手に暴露してしまうことを「アウティング」というそうだが、テレビで芸能人について軽い気持ちで家系などについて言ってしまい猛抗議を受け番組を降りることになった人もいる。
 これが公人なら話は別で、例えばアーノルドシュワルツェネッガーなど芸能人として有名になってもプライバシーだからマスコミも取り上げなかったことが、その知名度と稼ぎを利用して政治家になったら途端に騒がれた。

 また、松本清張の小説では、犯罪のアリバイを証明できる人がそのとき不倫の密会中だったため証言してくれなくて困る話があるけど、アメリカ映画『悪意の不在』では、嫌疑をかけられた人にアリバイがあることを知った新聞記者が善意から報道したところ、そのアリバイとは妊娠中絶がらみで、カトリック信者の戒律から隠しておきたかったことだったから、記事がきっかけで家族にわかってしまい、女性が自殺してしまう。

 このように、人には何が重要かということに優先順位があるから、それを念頭においておくべきだ。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-12 20:30 | 社会 | Comments(0)
 戦争の話の時季であるから『きけ わだつみのこえ』などを読む。

 理系の学生は軍事研究のため徴兵を猶予されていた。そこから誤解が生じ、自分らのやっている学問は役に立ち、他は役に立たないという勘違いと思い上がりが理系の連中に生じ、今も続いている。あくまで戦争に一部が役に立っただけで、もともと理系は趣味と遊びであるのに。

 また、文系の学生は語学力と情報収集能力に長けていたので、国内外の情勢を察知し、『日本は敗ける』と早くから予期していた。俳優の天本英世が言っていた。仲良しだった飯干晃一は軍の秘密放送を傍受し敗戦を確信して逃亡を模索してたと。戦後、飯干晃一は新聞記者から『仁義なき戦い』など作家に。天本英世は東大で外国語やってたら軍隊に動員され、戦後は俳優になりマッドサイエンティスト役を得意にしていたというのが皮肉っぽい。理系の学生は研究室に閉じこもり大本営発表を鵜呑みにしていた。

 そもそも大学の理科系は、金はかかるし時間もかかる。金を出してくれる親がいてバイトをたくさんしなくていい身分じゃないと行けない。それで最初からあきらめる人が多いので競争率が実質的に低いから優秀な人のいる割合が少ないのだが、親がかりで長々と遊んでるだけなのにたくさん勉強してると勘違いしてる人が多い。

 かつて青色発光ダイオードのオッさんがもっと金よこせと裁判に訴えたけど値切られてしまい気の毒だったが、そのさい「日本は文系国家だ」と愚痴っていた。それは文系の方が理系より優秀な人間が相対的に多いから仕方ない。教育の機会均等が無い社会だから、全体的に高学歴でも優秀とは限らないうえ、金がかかる分野ほど才能ではなく経済でふるいにかけられている。
 つまり、まず意欲や才能よりも経済力でふるいにかけられてるから実力主義じゃない。そうなると金や時間がかかる分野(学部・学科)ほど優秀な人が相対的に少なくなる。その最たるものは医学部だろう。

 これだから、戦没学生の話からわかるのは、理系に誤解と思い上がりさせたのが軍国主義の大きな害毒ということである。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-11 20:28 | 学術 | Comments(2)
 「自由民主党大阪府連学生部」のアカウントが、天皇生前退位意思表明について、こんなツイートをして呆れられていた。

 「天皇陛下のお気持ち表明を御拝聴しました。今まで陛下は戦争の慰霊、被災地でのご訪問などで日本国民を励まし、国民と共にあると仰られた陛下のお言葉はとても感動いたしました。御皇室をしっかりと日本国民として守ってまいります。」

 かつて、ドリフターズの学校コントで、いかりや先生が「丁寧な言葉遣い」を指導しようとしたら生徒(児童? )の加藤茶が「丁寧な言葉はボク得意なんですよ」と言っておいて「先生、僕の御書きになった御作文を読ませてやるから読みな」だから、先生が「自分のことを丁寧に言うのではなく、目上の人に丁寧に言うのです」と叱りつける場面があったけど、これと同じだ。お笑いのレベルだ。

 なんで最近の保守派は、こんな調子なのか。

 もうじき8月15日だが、最近は靖国神社にコスプレ右翼というのが詰めかけてきて、外国人は面白がったり奇妙奇天烈そうにしたりで、昔からの参拝者は顔をしかめるが、ついに防衛大臣や都知事にまでコスプレ右翼が及んでいる。
 こういうことと関係があると思えてしようがない。

 
f0133526_13555889.jpg

 
f0133526_1401811.jpg



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-10 13:39 | 政治 | Comments(2)
 伊福部昭の存命中、世田谷区尾山台にある伊福部邸前を通りかかった。当時は自分も世田谷に住んでいた。玄関先には、駐車違反しないようという訪問者むけの注意書きがあり、庭にゴジラの人形。

 
f0133526_3592693.jpg


 そして共産党製の有事法制反対のポスターが塀に貼ってあった。おそらく目立つ場所だから頼まれたただけだろうが、反感なら断ったはず。それに戦争を知る世代で、その発言もあった。もしも緊急事態条項を主張するプロパガンダムービーだと指摘されている『シン ゴジラ』を観たら、どう思っただろうか。

 一方、反戦映画のようで実は戦争プロパガンダムービーもある。典型的なのは『ビルマの竪琴』だ。最初の映画化では伊福部昭が音楽で、『きけ わだつみのこえ』と『ゴジラ』の祈りと同じモチーフが使用されている。
 これは原作に欠陥があり、再映画化で隊長役の石坂浩二が「東南アジアでは仏教が盛んで僧侶の戒律が厳しく娯楽は一切禁止で歌うことすら不可だから楽器を持っている坊さんが居るわけがない」と指摘していた。そういう考証以前に、戦争で最前線に行ったのに合唱ばかりしている兵隊というのが非現実的で緊迫感がなく、これのどこが反戦映画かと可笑しく感じたものだ。

 記録映画『ゆきゆきて神軍』では、同じく東南アジア戦線の話だが、軍歌の練習と称して空腹なのに歌わせるのは拷問同然だという場面があり、この陰険な上官は戦後に元軍医から「あいつまだ生きていたのか。とっくに殺されていると思っていた」と言われ、それくらい恨まれていた。

 やはり東南アジア戦線の話に、大岡正昇の小説『野火』があり、『ビルマの竪琴』と同じ監督・脚本(市川崑と和田夏十の夫婦)でモノクロ映画化されていたが、これはガッカリの仕上がりで、ずっと後の世代によるカラーのリメイクのほうが良かったと言われる。

 そして『ビルマの竪琴』は同じ監督が同じ脚本を使ってセルフリメイクと言っていたけれど、実は旧作では日本軍が東南アジアの人たちから敵視されていたのに新作では友好的に改変されていた。監督は、ルビーの出てくる場面がモノクロでは色を表現できないのでカラーにしたかったと言っていたが、和田夏十の死後に再映画したら、見事に政治的な改変がされていた。

 これは製作がフジテレビなので、フジサンケイの圧力だろうと公開当時言われていたし、当時はフジサンケイがグループを挙げて応援していた中曽根総理大臣が靖国神社公式参拝を強行していたから、戦没者追悼と兵士水島を重ねる意図ではなかっかのか。
 また、そもそも原作者の竹山道夫はドイツ文学者でゲーテやニーチェの翻訳をしていたが、米軍原子力空母の日本寄港を支持するなど政治的発言をし、『ビルマの竪琴』の作者がなぜと驚いた人もいたが、逆にあんな小説を書いている人だからというべきだった。

 しかし、昔は戦争の悲劇を涙ながらに語りはしても、その原因の追及する発想が乏しく、それでただのメロドラマが反戦映画だということになっていたのだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-09 15:09 | 映画 | Comments(0)
 医者にかかると、レントゲンを撮り血液を採り金を取り、というように検査と薬を押し付けられ、とにかく医療費がかかるようにかかるように誘導されている。こういう医療業界のぼったくりと、そのための高過ぎる健康保険税に庶民が苦しめられているというのに、そういうこと何も考えないセレブな感覚の大手マスコミ業界人が「癌検診100%」なんて言っているのだから、野党統一候補でも当選できなくて当然である。
 
 いっぽう、保守分裂にも関わらずそれを逆手にとって政党不信票を獲得した人が当選した。だから、野党が政策よりも統一候補を優先するなら、宇都宮氏は対抗して政党不信票がいくら集まるか立候補してみればよかった。すでにポスターを作りチラシ配布していて、金もかけていたしボランティアの人たちも活動開始していたのだから。そう選挙前に言われていたが、実は圧力や妨害があったということだった。

 そういうわけで、野党の鳥越擁立に猛反発があった。特に一貫して怒っている共産党員たちの存在が救いだが、忠実な党員と盲従者とは違うという現実も見せつけられた。これまで宇都宮氏を熱烈に支持してきたのに、党が他野党と妥協して鳥越支持となったら素直に従い、失敗の結果を反省せず宇都宮攻撃を始めた者がいるのを見て呆れた。
 
 そうした共産党員は、政党の支持を受けずに宇都宮も立候補したらよいという話に対して、「共産党の力を借りずに前みたいに得票できるわけねーだろ」と侮辱していた。
 では、共産党の組織力で当選できるのかと言えばそんな力は全然無い。かつての青島都知事のように既成政党批判で当選した人や、石原や橋下や小池みたいに政党の組織力は借りたがそれ以上にポピュリズムで当選してきた政治家たちに、共産党はいつも必ず破れており、組織力ですら創価公明ほど発揮できていない。

 そのくせ、ポピュリズムではない宇都宮を侮辱することで憂さ晴らしをしている共産党員が居る、というわけだ。そういう人間が多すぎるから、あの党は振わないのだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-08 17:03 | 政治 | Comments(0)
 元朝日新聞記者・植村隆氏の娘をSNSで中傷し暴力まで示唆する異常な発信をしていた中年男が断罪されたが、その被告は裁判で「自分だけじゃない」と変な弁解をしたらしい。他人に影響されて更に悪質にやったから訴えられたんだろうに。
 これは、拙書『朝日新聞の逆襲』でも述べたように、鶏が喧嘩して傷すると他の鶏が血を見て興奮し傷を突いて死なせてしまうというのと似ていて、日本のタカ派は実質的には臆病者という意味のチキンである。

 しかし、裁判に先立ち送信元の開示請求に応えたということは、もちろん悪質すぎるということで正当な対処がされたということだが、個人の行為であることも影響しているだろう。こういうSNSでの悪質な行為を専門家が辿ってみたら公務員の自宅だったとか公的機関の建物だったとかいうことがあり、そういう場合に司法はしばしば不公正で不遜な対応をすることは周知のとおり。

 これは前にも述べたが、防衛医大のカルテに書かれている個人情報が裁判の直後にネット上に流出したので、防衛医大の所在地である埼玉県の弁護士会でもひどすぎるということになり、人権救済申立のために発信情報開示請求をしたが、裁判の途中で割り込んできた貝阿彌誠という悪徳医師の手先として有名な裁判官が「私は他の裁判官と違って患者に甘くないですから」と怒気を含んだ声とすごい形相で言い「個人情報が漏えいしても個人情報だと気づかない人が多い」と開示請求を棄却してしまった。
 
 こういうことをしているから、悪い医師の行為が隠蔽され、その後も被害に遭う人が続いてしまうのだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-07 11:51 | 司法 | Comments(1)
 『シン・ゴジラ』はブロパガンダムービーだと言う人たちがよくいて、確かに内容は完全にそうなっている。ただし、作者が狙ったのは『インディペンデンスデイ』や『バトルフィールドアース』のような「バカルトムービー」の路線のSFで、そのため悪名高い政治家たちと広告代理店の協力を受けたうえ、その見返りとして作劇で媚び字幕でも名を出し、「サービス、サービス」ということではないか。
 
 かつて核戦争プロパガンダとして作られ、これを製作元も認めていて、東映の労働組合がボイコットし外注され反対運動も起きた『FUTURWAR198X年』の物議にさいし安彦良和は、アニメのリアリズムは嘘の塊であるアニメをもっともらしく見せる道具に過ぎず現実を描くのにアニメは不向きと指摘したが、庵野秀明もアニメ作家だから虚構をもっともらしくする意図だったのだろう。

 しかしゴジラはアニメじゃない。それに、自分が子供の頃に面白かったものを今やるなら、今の子供が面白いように脚色するべきで、それを大人が面白がるようになんて発想は精神的に成長していない人のやることだと思う。
 しかし、結果は興行として好調らしいから、それはそれで良い。儲かることがまず大事なのだから。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-06 17:53 | 映画 | Comments(0)

女性タカ派政治家

 ある友達が都知事について、性別が違うだけで性格や政策は同じだという意味で「小池百合子なんて障子紙破れない石原慎太郎だ」と言っていたけど、ちょっと違うと思う。かつてはチンタローと異名をとった男も、3期目頃のあの元気の無さからすると、とっくに小便垂れ流すだけになってたはず。

 ところで、SF『銀河英雄伝説』で、無謀な戦争案が議会に提案され、これを軍部は批判し、軍事産業界と癒着したタカ派の政治家すらも責任逃れのために反対したのに、女性の議員が強がって賛成と言い出してヒステリックに騒ぎ押し切ってしまい、これが国を滅ぼすことになる。
 
 かつて英国ではサッチャー首相が戦争で人気取りをしたが、また女性首相ということで危惧されている。稲田朋美が防衛大臣になって、最も衝撃を受けてたり悩んだりしているのは防衛省と自衛隊だろう。小池百合子が防衛大臣になったとき、みんな心配したと自衛官に聞いた。サッチャー首相もそうだったが、女性政治家は「女だから」と言われるのが嫌だというだけで強がり安易に戦争にもっていくことがしばしばあった歴史の現実からだ。

 また、拙書『朝日新聞の逆襲』でも言及しているが、稲田朋美は売れない田舎の弁護士だったところ、自ら産経に売り込んで騒ぎ、朝日新聞に嫌がらせの訴訟を呼びかけ、支援者集会では敗訴を弁護士として詫びずに選挙演説した。日本では無能者がそれゆえ出世するとんでもない社会である。
 
 しかしタカ派だろうと賢いならまだいいが、稲田なんて敗訴ばかりのヘボ弁護士だったから扇動型の政治家に転じただけだ。国内なら、「悪名でも無名には勝る」で選挙に当選さえすればあとはなんとかなる場合があるけれど、やはり駄目弁護士だった橋下徹にみられるとおり、国内ではテレビを利用し口八丁で人気取りでは成功しても、例の従軍慰安婦とか風俗とかの発言でアメリカから批判されてしまったように、外国との対立では国内で調子よくやっている手法が通用しないものだ。
 
 それが国を危うくする。稲田は、訴訟では負けてばっかりでも戦争なら勝てるのだろうか。世界情勢が厳しくないと安倍は甘く考えているのだろう。前にも言ったことだが、日本ではタカ派ほど平和ボケしている傾向がある。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-05 19:29 | 政治 | Comments(2)
 民進党代表選に蓮舫が出る意向だと報道されているが、また、右派の細野と会談して、共産党との連携のあり方を見直す方向で合意したそうだ。
 まったく、参院選や都知事選が終わった途端に早速こういう動きである。

 蓮舫はブッシュ大統領を支持しているから、といって共産党はかつて批判していた。イラク戦争の今も続く悲劇について、まるで蓮舫は無関心であるし、今も汚染が深刻な劣化ウラン弾に対してはもちろんのこと、原発にも反対していない。
 しかし共産党は、安保法制廃止で共闘を呼びかけ、これに他の野党も乗っていた。だが、そもそも安保法制はアメリカの言いなりになるものだから問題だった。つまり蓮舫のような発想をしていては共闘できないに決まっている。
 
 それに、前から蓮舫は共産党との提携が困難であるとしてきたが、それは「革命をうたってる」からであるということだった。宗教原理主義者による日本会議の影響を受け平和主義や人権尊重や民主主義まで否定し日本を根底からひっくり返すと宣言した自民党こそ「革命をうたっている」のであって、これに反対する共産党の方が保守になっているから野党は共闘したのだが、そういう発想を蓮舫は持ち合わせていなかった。

 ようするに、もともと蓮舫は今の政治情勢はもちろん自分が属している政党のことすらサッパリ解ってなかった人で、前に自民党の議員が蓮舫の過去について「タレント」「キャンペーンガール」とこき下ろし、自民党だって芸能人を議員にしているくせにと言われたが、蓮舫はしょせんその程度という事実に変わりはない。
 
 こんなのが東京でトップ当選しているのだから、小池百合子だって圧勝で知事になるだろう。

 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-04 11:59 | 政治 | Comments(0)