井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ピアノの置き場について

 先日、勉強の邪魔になると言って楽器はダメだという親はむしろ子供の成績を悪くしているという話をした。
 これは、お稽古事の調査で東大生の多くがピアノを習ったことがあるという結果だったという件で述べたことだが、そもそも、お稽古事もできない貧乏なうちや、貧乏とまでいわなくても生活に余裕がなくてお稽古事を親が避けたがるうちでは、進学も同じことになるという話だった。

 また、別にプロにならなくても楽しみや教養として身に着けておけばよいことなのに、「それで食っていけるわけではない」とか「うちの子供には才能がない」とか、そう言って反対したりやめさせたりする親がいて、これは余裕がないため心にまで影響していて、まさに「貧困なる精神」ということだ。
 そして、やめさせる口実として受験勉強をしないといけないとか言うけど、これでは先ず「どうせダメに決まっている」と言っておいてから「努力しなさい」と矛盾することを言っているわけで、これに気づかない意識の低い親だと、子供が伸びるわけがないのだ。

 あと、前にここで「ピアノと住宅事情」という話をしたが、かつて埼玉県の西武線沿線に「音大生向け」をウリにしたマンションが出来たけど入居者で埋まらず、それでただ防音設備のマンションと路線転向したという話にも及んだ。
 これは、立地が田舎だったので、その近くにある音楽大学では必要が無かったからではないかと言われている。「めだかの学校」の替え歌で「♪武蔵野音大は~山の中~」とからかわれているが、ほんとうにそうである。

 それに、楽器は音が問題だが、そのうえピアノはかさばるし重たい。
 ところが、これは音楽教室の講師をして教則本を書いてもいる人が言っていたのだが、音楽大学の学生時代に木造モルタルしかもオンボロなうちに住んでいて、グランドピアノとアップライトピアノの両方を置いていたそうで、そんなことをしたら普通は床が抜けるが、和室だったので一階の部屋の畳をはがしてコンクリートブロックを敷き詰めていたそうだ。これなら確かに重量に耐えられるし、安価である。

 他にも、あの手この手をきいた。だから、親が「置き場所が」とかいうのも「勉強の妨げになる」というのと同じで、多くは単なる口実であろう。


f0133526_19320103.jpg



[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-31 20:12 | 音楽 | Comments(7)
 千葉県で森田健作こと鈴木知事が三選し、あんな中身の無い芸能人あがり政治家にやらせるなんて「千葉県民はバカか」と言う人たちがいるけど、そうとは言い切れない。

 もちろん、「悪名でも無名には勝る」ということもあるだろう。

 しかし実際に住んでいる千葉県民の知人に聴いたら「たしかに彼は、芸能人が政治家センセイの虚名を求めているだけの知事だが、それだから誰が知事になっても同じの無難なことしかせず、おかげで東京と大阪のように知事が余計な事をして後々まで困ることにならないじゃないか」と言う。

 これについては、石原、橋下、松井、といった人たちの現実と比較すると、千葉県民は見識を発揮したと言えるのではないか。これは皮肉だけではなく実質もそうだろう。


 この森田健作こと鈴木知事は、その時々の都合に合わせて政党を渡り歩くお調子者なので、最後は自民党に落ち着いたが、そうした経歴と芸能人あがりであることから軽く扱われてしまい、この待遇に彼は一時かなり怒っていた。しかし自ら招いたことだ。

 また、自民党とかいう以前に、もともと森田健作は芸能人だった当時から保守派を自認し、政治だけでなく社会的なすべてに対しても古めかしい発想をし、ナチスドイツや平壌マスゲーム式の秩序を好み、学校では校則改正に反対して制服の維持を独り主張し続けたことを誇りにしていた。

 なぜ彼はファシズムとかトータリタリアリズムとかいう全体主義に傾倒し、それでいて危ないという感じがせず、やけに無邪気で政治性が無いのか。
 そもそも森田健作といえば最初はテレビの学園モノで青春スターとして売り出したが、その役どころは真面目な生徒で、スポーツに励む熱血漢だった。そして、このドラマと役柄を語ると、彼はただ役を演じていただけでなく本気で共感していたそうだ。
 しかも、そうではない不良っぽい生徒をカッコよく描いているドラマは許せないと言っていた。そういうことだった。

 ただ、誰がどう見ても、青春ドラマで森田健作より、そのライバルの不良っぽい志垣太郎の方が絶対にカッコよかったのだから、僻んでもしょうがない。僻みにつき合わされてはたまらないが、そこは控えめなので三選できたということだろう。

f0133526_17330576.jpg


[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-30 18:15 | 政治 | Comments(3)
 左巻健男法政大教授が発行している雑誌『Rikatan』に、あまりにも的外れな話が載っているので、あれでは『Sukatan』だと皮肉ったところ、これがよほどツボにハマったのか、左巻教授は大うけしてblogに書いていた。しかし的外れのことを「スカタン」という俗語は江戸時代からあり、特に面白いダジャレというほどではない。

 ところが、左巻教授はどうやらウケたというよりコケにされたと思ったらしい。だから、その後もこちらの名を挙げてblogに嫌味を描き続けている。
 しかし、そこでも彼はスカタンぶりを発揮している。そのうち最悪なのが、精神に異常をきたした人の妄想に基づく話を受け売りしていることだ。その人の一方的な話だと断ることで逃げをうっているが、その話はすでに何件もの裁判になり虚言であることを判決で認定されたり当人が自ら認めたりして、警察沙汰にもなっていること。これは確認すれば判ることなのだから、逃げになっていない。

 また、左巻教授は、ある人から自分のprofileについて間違ったことを書かれたという話をするさい「井上静氏と同様に調査力がない」と書いており、これはこちらのTwitterやblogで「左巻健男という人については良く知らないが大学教授らしい」と書いていたことを指している。
 こんなこと説明するまでもないことだが、間違ったことを書くのと、話題に出たけれど良く知らないというのでは、意味が全然違う。それが解らないのだろうか。それとも故意に印象操作しているのだろうか。どちらにしても、手口がお粗末である。

 なにより、「大学教授らしい」というのは、あれでも大学教授なのかという含みがある。何時の世も皮肉が通じない鈍感な人には困るものだ。
 そもそも彼は的外れな発言をしているうえ、さらには政治的意見の異なる人をblogで実名あげて「大阪のナマポ」と中傷して問題になり慌てて伏字にした、なんてことまであったのだ。その実際に大阪に住んでいる人について事実なのか裏付けがないし、しかも言葉自体が差別的侮辱的な表現である。
 まったく教育者にあるまじき言動が目立つ人である。だから、それでも「大学教授らしい」という皮肉になるのだが、その自覚がないので分からないのだろう。

 先日、法政大学の教職員で作る憲法を考える会の学内勉強会が開催され、写真家の島崎ろでぃー氏にも辺野古・高江写真の公開と話で協力を受けたとのこと。教員相互で勉強会を開いていて、今後も学外に公開するつもりだそうだ。
 しかし、憲法が謳う権利を差別的侮辱的な表現で貶める教育者にあるまじきことを、同大の教授が公然と行ったのだから、教職員が憲法を考えるなら、まず身内の行為を問題にするべきだろう。  



法政大 に対する画像結果




[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-29 18:43 | 運動 | Comments(0)
 子供の習い事の調査で、東大生にピアノ経験者が圧倒的に多いという結果だったそうだ。
 そのわけについて東大生に訊いたところ、楽譜を学び手を動かすことで身体で憶えたりすることが他の勉強に役立ち、これが受験勉強にも影響したはずだと言う。また、それを親も意識してやらせていたとのことだ。

 たしかに、受験に役立つ頭の体操ではあるだろう。
 しかしそれ以前に、習い事の月謝やピアノを買うゆとりと置く場所のない貧乏なうちでは進学どころではないだろう。

 もともと、東大生に限らず試験の難しいところへ進学する人は、子供の頃から楽器をやっている人が多かった。
 そうでない人には、まるで楽器に興味が無い人を別にすると、興味をもっても買えないので諦めるか、買えなくはないけど親が反対する、という家庭の事情が目立つ。
 そして、親から反対される人の多くは、勉強の邪魔になると言われることが多い。しかし、実際には成績が良くて進学する子供のほうが楽器をやっていて、逆に親が「勉強の邪魔」と言って楽器をやらせてくれない子供のほうが成績も進学も結果が良くない。

 これは結局、勉強の邪魔になるから楽器はダメだと言うほんとうのわけとは、貧乏でゆとりがないということであり、それを言うと惨めだから勉強を口実に持ち出しているだけで、これが進学にも反映するということだ。
 もともと、こういうことだったのだから、今回の調査を引き合いに出して、勉強に役立ち現に東大生の多くもピアノを習っていると言っても、ダメだと言っている親を説得することはほとんど不可能であろう。
 
 


[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-28 19:20 | 社会 | Comments(8)
 Twitterで『中一コース』という雑誌の話をしている人がいて思い出した。これは学研が発行していた中学生むけ雑誌で、ライバルは旺文社の『中一時代』だった。もちろん二年生むけと三年生むけもある。
 どちらもテレビCМを流すなど派手な宣伝していて、必ず人気アイドルが出ていた。『時代』が山口百恵なら『コース』は桜田淳子ということがあったし、大人気だったピンクレディーと松田聖子は両方だったのではないか。
 これを年間予約すると、安物の万年筆などオマケがついてきた。小学六年生のところにはダイレクトメールが両方から必ず来たが、今では個人情報の問題で事情が違うのだろうか。とにかく、昭和の時代は一世風靡したということで、ネットで検索したら色々と思い出を語っている人たちがいた。

 これらの雑誌を配達している書店もあり、年間購読している同級生も多かったが、うちは貧乏だったので中二のとき年に五冊だけ買った。つまり中間テストと期末テストの対策が付いている号を、一学期と二学期にそれぞれ二冊、三学期は期末だけなので一冊、合計に年で五冊というわけだ。

 これをやると確かに成績が上がった。中一のときは試験対策が付いていることを知らなかったので買ったことがなかった。二年生のときに同級生に知らされて買った。不確かな記憶だが『コース』の方だったと思う。この試験対策のため一年に比較して成績がかなり上がったから、教師から「よく頑張ている」と褒められたが、教材のため要領が良くなっただけだ。

 ところが、三年生になって、同級生から『進研ゼミ』をやらないかと持ち掛けられた。誰かを紹介するとオマケが付くからだった。このとき親戚からもらったお年玉をためていて、この金額が「オビに短しタスキに長し」だったところ購読料と同じくらいなので、やることにした。 
 そうしたら、こちらの試験対策がもっとよくできていて、同じくらいの時間と手間の勉強をしただけでもっと成績が上がった。
 それで思い知った。学校の成績なんで金次第だと。

 そして成績が上位に食い込んでいくと、やはり面白くなってきた。しかし両親が怒り始めた。「勉強しろと口やかましく言いはしたが、進学しろとは言ってない」「勉強しろというのは『中一コース』のレベルにしろということだ。『進研ゼミ』だと受験校に入りさらに大学というレベルになってしまいそうだからダメだ」というわけだ。

 その三学期に、『進研ゼミ』発行元の福武書店(当時。現ベネッセ)から電話がかかってきて、どこの高校に入ったかという結果報告の葉書か封書が送られてこないので、どうなったのかという問い合わせだった。
 このとき、見るに見かねた親戚に引き取られていたので、親元に居なかった。親は電話の問い合わせに対して高校名を言い、また報告は用紙が同封されているのに気づかなかったのだろうと答えたらしい。『進研ゼミ』の冊子が送られてくると開封する前に親が捨てたという真実は言うわけなかった。

 こうして、高校さらに大学と進学はしたが、その間は親戚のもとにいて、姓も合わせて名乗っていた。だから、戸籍名を知らない人とか、親戚を親だと思っていた人とか、勘違いしている人たちが結構いる。




[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-27 18:23 | 雑感 | Comments(7)
 もうじき四月なのに冬に戻ったような寒さと雨になるという天気予報に備えていたら、予報が当たった。
 この天候に備えて、陽気がよいうちに洗濯や布団干しをした他、雨の中を買い物に行かなくてもよいように食材を買い込んでおいた。
 そして焼肉をしようとタレの「ジャン」を買った。

 かつてジャンのテレビ宣伝に、先日亡くなった渡瀬恒彦が出ていた。
 子供のナレーションが「海で焼肉をしようと、お父さんが張り切っている」という意味のことを言い、映像では背広姿の渡瀬恒彦が休日の前日の勤めの帰りの様子でスーパーで肉などを選び、主婦たちと一緒に会計に並び、用意したものを自宅でチェックし指さし確認で「ジャン」と言う。
 だけど次の日は雨だった。雨の降る窓の外から、家族で焼肉をしている渡瀬恒彦らの楽しそうな様子が見え「どこで食べても美味しいね」と子供が言う。

 過日、この焼肉のタレの宣伝について、在日系企業の商品であることから民族差別で困難があり、それでも意を決して出演した名優・米倉斉加年のことを述べたが、それから二十年くらい経過したら、米倉斉加年とは異質な俳優である渡瀬恒彦が、あの大人気だった入浴剤の宣伝と同じように出演できるようになったということだ。

 ただ、八十一年の『青春の門』で、渡瀬恒彦は在日の役を演じていた。米倉斉加年がジャンなどモランボンの宣伝に出た直後である。
 そこで彼は金山朱烈という役に扮し、最後に「これからは金朱烈として生きていく」と言う場面がある。ここで穏やかな調子で話すけれど、差別があるわけだから一大決心であるはずだ。
 そのあたりを渡瀬恒彦は素朴だが力強い感じで実に上手く表現しており、活劇の印象が強かった印象が一変したものだった。

 そんなことがあったのを思い出して、雨ならばとジャンを買ったのだった。


f0133526_14302631.jpg




[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-26 18:36 | 映画 | Comments(9)

愛国詐欺と反権力詐欺

 このところ国会で問題になっていることなど政府とその関係者が肩入れする勢力について「愛国詐欺」という適切な表現により批判されている。
 この一方、逆にというか「反権力詐欺」と呼ぶのが相応しい運動もあり、そのなかで特に醜いのが、かつて極左過激派や暴力学生だった老人の世代であることは、言うまでもないだろう。

 その件で、また「救援連絡センター」の機関紙に寄稿した元爆弾事件刑事被告人の赤軍派が、自ら中心となっている「国賠ネットワーク」という団体について、相変わらずのことを述べている。
 ここで、彼自身も含めて国賠ネットワークは高齢化しているというが、それは故意にそうしてきただけである。彼らと同類の極左過激派老人だけの団体になるようにしてきたのだ。
 
 今号の「救援」でもまた「よど号事件」を美化して取り上げているが、あのハイジャック事件を起こして北朝鮮に亡命した犯人たちが拉致事件に関与したことについては、その身内が被害者の家族に謝罪していた。
 ところが、この事件で日本から逮捕状を出された人たちが、「不当な逮捕状を撤回し、逮捕状を出されたことで被った精神的苦痛の慰謝料を払え」と日本国を訴えた。ハイジャックで亡命し北朝鮮にいるので今ところ逮捕さることはないし、日本にいないから日本の裁判所に訴えることは不可能である。

 これを「国賠ネットワーク」の中心となる元赤軍派の爆弾事件刑事被告人であった老人たちが、北朝鮮にいる亡命赤軍派のハイジャック犯たちに代わって、日本で国家賠償請求訴訟を起こしたのだった。
 このとき、国賠訴訟をしていて「国賠ネットワーク」に参加していた「左翼」ではない市民たちは反対した。そもそも国家賠償請求訴訟にそぐわない内容だ。それに政治的パフォーマンスでしかないから、まず共闘できないし、また他の訴訟をしている人たちまで妙な偏見を受けてしまい、権力の側から付け込まれて悪宣伝に利用されるだけだ。
 
 それでも国賠ネットワークの過激派世代老人たちは強行したうえ、「よくそんな裁判を仕掛ける気になるものだ」とか「世間一般からはもちろん進歩的な市民からも共感を得られず逆に反感を持たれるのではないか」とか疑義を呈されると、そんなことは無いと否定し「国賠ネットワークの人たちが支援してくれている」と繰り返した。これが一部メディアにも取り上げられてしまった。
 そして、当然ながら敗訴である。
 
 しかも、実際には支援どころか普通の市民たちからは反対されているうえ、普通の市民たちの国賠に対しては協力しないどころかその被害を嘲笑している。権力犯罪により身障者にされた人を侮辱したり指さし大口あけて笑ったり、それはそれはひどいもので、この様子を直接みたときは、この老人たちは言動と顔つきから完全に脳が狂っていると確信した。これでは同類の老人以外は耐えられなくなって出て行く。
 そんな彼らは自らをこう持ち上げる。
 「我々は反体制活動をして逮捕されたことがあるんだ。お前たちと違ってエライんだ」

 まさに、右派の「愛国詐欺」の一方にある左派の「反体制詐欺」だ。左派の方は老人限定だからもうじき死んでくれるが、しかし、この老人世代のせいで左翼ぎらいになる人たちが激増し、そして右派が勢いづき「愛国詐欺」も横行する一因となったのだから。車軸の両輪である。

f0133526_14111996.jpg



[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-25 17:46 | 政治 | Comments(0)
 あの籠池氏の証人喚問に先立ち、自民党の国体幹部が「国家に対して喧嘩を売るってことがどれだけ大変なのか分かってないよ」と発言したと報じられている。

 これと同じようなことを、防衛医大の医療過誤で国家賠償請求訴訟を起こしたときに言われた。
 「国を裁判に訴えるとは天に唾する行為だ」
 これは、警察が民事介入してのことだ。医者の側の弁護士が担当警官を唆した。
 そして警官は「医者からどんな被害を受けたのか聴きたい」と呼び出しておいて、警察署に行ったら「防衛医大を訴えた政治的背景はなんだ」と質問した。
 そんなものは無いと言ったら「とぼけるんじゃねえよアカ野郎、自衛隊に難癖つけるのが目的だろう」と机を叩きながら怒鳴ったのだった。
 そのうえで、何度も「国を裁判に訴えるとは天に唾する行為だ」と。

 これに原告の弁護士が「警察が介入する事件ではないはずだ」と毅然として通告した。
 また、防衛医大の側でも「手術の内容からして裁判沙汰も当然だ」と他の医師たちが指摘し、現職自衛官も「人間がやることなのだから国にも間違いはあり、自衛隊だって例外ではない。被害の救済を求めて裁判を起こすことは国民の正当な権利だ。それに、責任を追及してくれたほうが医官の質向上になり自衛官とその家族と国家のためになる」と喝破した。

 このあたりは拙書『防衛医大の場合はドキュメント医療裁判』で詳しく述べている。これはアマゾンに、まあ綺麗なほうで値段が安い古本もあるので、それでもいいから読んでいただきたい。

 後に、その問題の医師からは非常に有名な芸能人も被害に遭ったので、これを週刊誌がとりあげ、当方にも取材がきて記事になったこと、さらにNHKまでが取り上げたことは先述した通りだ。
 この医療裁判のことは新聞とテレビが取り上げていたが、被告が防衛医大というだけで医師の誰が問題かは追及されなかった。それで医師について知らない人が多く、また問題が起きたということだ。

 とにかく、同じく公的な地位にいても、その防衛医大同僚医師や現職自衛官のような立派な人がいる一方で、唆される警官や自民党国対幹部のように驕った人もいる、というこことだ


f0133526_14111996.jpg



[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-24 17:56 | 政治 | Comments(3)
 「餃子の王将」というチェーン店が読売新聞と提携し、紙面に「無料クーポン券」を載せているが、これを図書館の新聞から切り取って持って行く者がいるそうだ。
 このようなことは器物損壊罪になるので、警告を表示する図書館もある。
  
 これで思い出したが、理科の授業で使うから新聞に載っている天気図を切り抜いて学校に持ってこいと言われて、うちで新聞をとってない貧しい家の子が図書館の新聞から切り抜いたという話が昔あった。これは無料クーポン券を切り取るセコイ感じとは違い悲しい感じがする話だった。

 この天気図だが、中学のときに理科の教師が頭にくることを言ったので、今も忘れられない。今日の新聞から切り抜けと言うので、それでは裏面の記事が読めなってしまうから、古新聞で日付を指定して統一すればいいという提案が生徒からあったのだが、その教師は「どうせ天気図の裏面なんて政治や経済の欄だから読まないだろう」と言った。生徒だけでなく親らもバカにしている。

 まあ、大人でも新聞を細かく読まない人の方が多いという現実もあるが、教師がこれでは困る。
 また、理科の教師だから政治や経済なんて無関心だったのかもしれないが、天候は軍事機密だったこともあるし、商売に天気が影響して株価も動く。そういう総合的な視野がなく自分の専門しか興味がない人も少なくない。テレビ欄とスポーツ欄にしか関心がない人は、教師にもいる。

 そういう人たちは、アンチジャイアンツでもない限り読売新聞を読んで、ついでに餃子の王将のクーポン券を切り抜けばいいだろう。
 そうでないハイレベルな朝日新聞は、受験に役立つ天声人語という宣伝をしているが、それでこの広告はなんだろうか。
 
 
f0133526_17224766.jpg


 この場合は「関心」ではなく「感心」じゃないのか。「なるほど」なんだから。アンケートで主婦が書いたことから抜粋したにしても、間違った言葉の使い方を大きく宣伝に使うというのはお粗末だ。
 あと、「本質」は「迫る」とか「捉える」もので、「突く」なら「核心」などになるはずだが、「本質を突く」という使われ方もされていて間違いとは言いにくいが、語彙からすると不自然ではある。
 どうであれ、「なんだろう」というなら「関心」もつだろうが、「なるほど」というなら「感心」するものである。
 こんな広告するなら、天声人語ではなく餃子の王将とか他のどこか飲食チェーン店のクーポン券で売ったほうがいい。
  


[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-23 17:34 | 社会 | Comments(0)
 顔の変形、痣、傷、麻痺、などにより人とは違う外見の人たちが受ける学校でのいじめや恋愛や就職の苦労などの「見た目問題」について、朝日新聞の岩井建樹記者がその当事者に本音を尋ねる記事を発表した。
 この記事は、細かいところに難があり、例えば、同じような外見の問題でも原因は異なるのだが、それを病気や怪我が原因としか書かれていない記述があり、生まれつきの奇形もあることに触れていないなどの不備がある。

 それでも、このように当事者から率直な話を聴き、その現実を報道することには大いに意義があるので、記者はよくやってくれたと感じる。
 なぜなら、顔に変形や傷跡や痣がある人たちが、やはりそれゆえ悩んでいるということを周知させて欲しいからだ。身体的な問題を抱えていれば色々と不都合があるなどするから悩んで当たり前だが、そんな常識ともいうべきことを否定し、そうすることで人を苦しめたり傷つけたりすることが横行しているからだ。

 この中には、苦悩して当然なのに明るく元気に振る舞っている人、ということで見世物にして悦に入る「感動ポルノ」もあり、そのいやらしさが批判されているけれど、さらにこれを利用していやがらせが行われているのを、よく見聞きする。
 それは、傷跡などが顔ではなく服で隠れる身体の部分の人に、学校の教師などが無神経や時にはいじめ感覚で曝しものにすることだ。不幸中の幸いで服に隠れるというのに、それを「ほんとうの自分を隠すのは良くない」とか無茶苦茶なことを偉そうに言って、それで羞恥や屈辱を味合わせ、いじめの対象にする。

 そして「顔の人は隠せないから気にしないでいる。そんなこと気にしなければいいんだ」と正当化し「気にしないで明るくしている立派な人に、おまえもなれ。いくらいじめられても我慢するんだ」と説教や訓示をし、他人を苦しめ傷つけることで自分が見識をもつ偉い人だと自己満足する。
 これをわかっていてやっている確信犯も明らかにいるが、しかし、よく教師や宗教家などは自分のしていることの罪深さに気づかず本気で自分は立派だと錯覚している。そうすることで手前は幸せなのだろうが、その種の幸せな人は迷惑でしかない。
 
 そういう連中が変なネタにしないように、当たり前のことを当たり前にするための報道をして欲しいということだ。だから今回の記事は有意義である。





[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-22 17:16 | 社会 | Comments(0)