井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue
 「志位さん 晩餐会などに招かれなくてもいいんじゃないですか。孤高の精神で闘うこと。宮本顕治さんならそうしたと思います。黙して毅然と対処することです。」
 これは有田芳生議員のツイートである。
f0133526_16521419.png

 これに対して共産党員たちが、意見するなら共産党に戻ってくればいいと言っていた。有田議員は共産党員だったけれど党の規律に違反したからと除籍されたが、国会議員となったのだから戻りたいと言えば歓迎されるということだろうか。それとも自ら離党したと勘違いしているのだろうか。そのあたりはわからないが。
 この有田議員除籍の原因とされる本は図書館で読んだ。かなり前のことで、当時住んでいた世田谷区の自宅近くにある図書館だった。本は外部から共産党に意見する内容で、これに関与したことが党の規律に違反とされ、同氏にとっては不満だったらしい。

 それはともかく晩餐会の件は、有田芳生議員が問題の所在を解っていないということだ。外国から来賓があって政府が会を催し、なので党は関係ないから超党派でもてなしているのだが、それなのに安倍政権は野党をのけ者にしていて、外交に悪影響が指摘されているのだから。
 また、この件で産経は、共産党は安保破棄を標榜しているくせに北米合州国の歓迎会なんて出なくていいと非難めいたこと書いているけど、そのことで共産党は、北部朝鮮共和国やイランなどのように対立するのではなく穏便に軍事同盟関係の解消を目指すということなのだから、合州国大統領のもてなしに政府が主催する会へ共産党が参加するのは重要なことである。

 にもかかわらず、このように有田議員が志位・現共産党執行部委員長に対し、同党の宮本・大昔代表を引き合いに出し、古めかしい孤立主義を今さら開陳する様子を見せつけられると、有田議員が大昔は共産党員だったけど追放されてしまったという話に、そりゃ無理ないよと言いたくなってしまう。
 しかも、有田議員は共産党と関係が親密な新日本出版社に勤務してたそうだが、ここは古い共産党の体質を維持し続けているため今の共産党とは相いれない部分があるという話を、同党の議員や同党機関紙しんぶん赤旗の若い記者から聞いたことがある。

 今回、有田議員は民進党を離れて立憲民主党へ移るそうだが、共産党を追い出されてからは保守のリベラルというスタンスの政党を渡り歩いているけれど、実は古い共産党の体を引きずっていて今の共産党とも合わないのだから、はたしてうまくやっていけるのか、どうなるだろう。
 それとも社民党支持の佐高信が化石言葉として「宮本顕治が~」と言いたがるように古めかしいにすぎないのだろうか。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-12-15 17:00 | 政治 | Comments(0)

文系は猿回しで理系は猿

 70年代に大好評で何度も映画化されて今も人気がある漫画『エコエコアザラク』に「逆転猿回し」という話がある。
 あるとき主人公の黒井ミサは、大ウケしている猿回し芸に出会うが、その直後、猿回し芸人が失踪してしまい、猿だけが残されていた。黒井ミサは代わりに猿回し役をやるよう猿が懇願するような態度なので、やってみたがうまくできない。それで猿が不機嫌そうにする。
 そして彼女は猿回しの男を偶然発見するのだが、彼は途方にくれた様子だった。なぜ猿を残し出て行ったのかと訊ねると、猿回しの男は家出したのではなく追い出されたのだと言う。猿回し芸がウケてたくさん稼いだと喜んでいたら、猿が怒りだした。ご機嫌で晩酌していた彼から猿が酒を取り上げて、芸をしているのはこっちなのに、お前はやらせて儲けを独り占めにしていると言いだし、それで猿に自宅から追放されてしまったそうだ。
 まさかと信じられない思いの黒井ミサだったが、その猿が電柱に貼り紙をして回っている姿を目撃し、その貼り紙を見たら「猿回し芸人を募集。真面目な人を求む」と書いてあり、彼女は唖然とする。という話だった。


f0133526_15482138.jpg

 前に、青色発光ダイオードの開発に尽力した人が、その開発をするときにいた会社から支払われた報酬が安すぎると裁判に訴え、その主張はいちおう認められたが大幅に値切られてしまった、という報道に、この『エコエコアザラク』の「逆転猿回し」を連想した。
 この人は「日本は文系国家」と不満を言っていたが、この場合、文系は猿回し芸人であり、理系は猿である。つまり猿が人間に向かって文句を言っているわけだ。
 もちろん、反乱を起こして『猿の惑星』にするとか、あるいはチャペックの『ロッスムのユニバーサルロボット』や『山椒魚戦争』のようにするなら、それも結構である。
 しかし、文系だって文学部を出て作家になれば猿である。これは芸人と同じである。場合によっては、法学部や経済学部や商学部も、猿回しのつもりが猿となるのだから、どこの学部かなんて関係ない。
 それが青色発光ダイオードの人にはわかっていなかったということだろう。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-12-14 15:50 | 雑感 | Comments(0)
 東北地方に住んでいる従妹がいる。この従妹が、当地出身の芸能人について、高校の先輩だと言っていた。その人が芸能活動を始めた当時、同級生たちの間で「最近、芸能活動を始めた先輩がいる」と話題になったそうだ。

 この従妹が結婚したとき、その高校の同級生の一人が来たのだが、なんと山口県からなので、ずいぶんと遠いところから来てくれたものだと、みんな感心していた。
 その人は、大学に進学するために東京に行き、卒業してから東京で就職していたが、そこで知り合い結婚した相手がもともと山口に住んでいた人で、後に一緒に山口へ行ったということだった。
 その芸能人になった先輩も、結婚してから山口に住んでいる人も、同じ高校の多くは進学とか就職とか夢を求める活躍の場とかで、卒業後に東京に行ったということだが、対して従妹は地元で就職し、結婚してからも転居しないで住み続けているという次第である。
 そして従妹は、進学して東京にいる同級生が寂しい思いをしていると言うので、よく写真や手紙を送って地元について知らせていて、これがその同級生にとっては嬉しかったそうだ。何もないときはダイレクトメールが来ただけでも気がまぎれるほどだったと言うくらいだから、さぞありがたかったのだろう。
 こういうことがあったので、結婚式となったら、はるばる来たというわけだ。この話に、みんな感心や感動をしていた。

 ところで、これとは違って質の悪い同級生が自分にはいて、そいつが任意で同窓会のようなものを開催するというとき、自分だけの都合で時間も場所も決めてしまい、それでは無理だという同級生にむかって「そんなこと関係ない。お前が来ればいいんだ」と言い放った。
 それでも「しょうがねえなあ」と合わせていた同級生がいたけど、こっちは頭にきて「ふざけるな」と電話で言って、それからは無視である。考えてみると、なんでそんなのから電話がかかってきたのか不可解である。
 これは、自分が従妹と違って、良い同級生と良い付き合いをしなかったことが原因だ。あとから考えると、ほかにもっと良い同級生がいくらでもいたのに、なんであんなのと付き合ってしまったのかと後悔している。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-12-13 16:03 | 雑感 | Comments(0)
 NHKは、「見ているのに受信料を払う人と払わない人がいるのは不公平だ」と言うが、それならスクランブルをやればいいと指摘されている。すると「公共性があるのだから料金を払わないので見せないという対応は不適切だ」と言うのだが、それならなぜ、住民税が非課税かつ障害者のいる世帯または生活保護というごく一部の極端な貧困者にしか減免をしないのか、という疑問が生じる。
 このようにNHKの説明には疑問だらけで説得力がない。

 ほんとうは、NHKは番組に自信がないのだろう。スクランブルをやったら、料金を払ってまで見たいとは思わない人が大勢いると判ってしまう。これが怖いのだ。
 現実に、知人の中でNHKが好きでよく見ていた人も、最近のNHKの番組は面白くないどころかイライラするほどつまらないので、受信料が高すぎると感じて頭にきてしまい、集金に来ても居留守をつかって払わないようになってしまったと言っている。
 また、過日ここで話題にした、障害者のいる世帯から取り立てるNHKの汚い手口にあきれていた役所の人も、そのさい「NHKはあんな高い受信料をとっておいて、あんな退屈な番組しか作れないのか。昔はもっと面白い場組があったのに」と言っていた。

 昔は面白い番組があったけど今はダメというのはフジテレビその前はTBSというように民放でも同じことが言われているれけど、民放はつまらないなら見なければいいし、そうすればスポンサーが降りてしまうのでテレビ局が焦るということになるが、NHKは番組がつまらなくても受信料を強制的にとるから反省しない。そしてさらにつまらなくなるという悪循環なのだろう。

 もちろん、民放と同じことをすれは面白いわけではない。民放もつまらないと言われて久しい。だからNHKは、まず受信料を取るというなら公共放送としての義務を果たすことだ。国会中継は変な編集をしないでノーカットで放送、などをすべきだ。それは政府にとって不都合だから圧力がある。
 しかし、そうした政権寄りをごまかせるような面白い番組を作れる才能と人材がもう無いのだから、あきらめて公共放送の義務だけでも、せめて果たすことだ。
 それも無理そうだから、NHKは解体がもっとも現実的な道である。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-12-12 15:41 | 社会 | Comments(0)
 話題の映画『否定と肯定』(Denial)を観た人たちの多くが、「ホロコースト」否定論者の手法が日本の歴史修正主義者やネトウヨと驚くほど同じであるという感想を述べている。被害者を侮辱し、収容所の扉が右側か左側かなど証言のどうでもいいディテールの記憶違いなどで揚げ足をとり、事実をそのものをなかったものにしようとするからだ。

 この手口は、防衛医大の医療裁判でも同じだった。
 例えば、医師の不手際により患者が高熱を出しているのに、その不手際を認めようとしない医師が直ちに適切な処置をしなかった問題について、防衛医大(国)の代理人は、その熱が何度だったか患者が記憶違いをしているとし、それはどちらにしても高熱であり、医師の不手際と不適切の事実はその後の処置の記録から明らかであるのに、患者の記憶が不正確であると法廷でこき下ろした。
 また、医師の言ったことについて、事実かという質問に対して患者はただそのとおりであると答えたが、その質問のさい防衛医大(国)の代理人は、医師の言い方が乱暴なのでヤクザみたいだと自分の感想を付け加えていて、それはあくまで質問する側の印象であるのに、患者がそれに同意したと牽強付会したうえで、医師がヤクザのような口のききかたをするはずがないと根拠もなく言い(実際には医師が暴言を吐いて問題になることがあるというのに)、この患者は嘘をついていると誹謗したうえ、さらに、たったこれだけを根拠として、患者には虚言癖があると断定し、だから他のこともすべて嘘であり、最初から訴えは全部が虚偽であるから不当な訴訟であると主張した。

 あまりにもバカげているし医学的にも荒唐無稽であるから、防衛医大の他の医師たちもひどすぎると指摘し、このおかげもあって裁判官はその防衛医大(国)の代理人の戯言をいっさい採用しなかった。
 この代理人について、話したら実に失礼な人で大嫌いだと明言した自衛隊の元関係者もいる。
 これは、国と自衛隊に良識があったと言えることだが、なのに東京弁護士会は違った。その嫌らしいことをした代理人が同会に弁護士として加盟しているので庇いだてし、批判する患者の側を営業妨害だと言って中傷したのだった。
 つまり、歴史修正主義者と酷似した手口について国と自衛隊はすべてを容認したのではなかったが、東京弁護士会は積極的に擁護したのである。
 この会にはもともと批判が多かったけれど、話に聞いていたより酷いと実感したのだった。そして同会は何かにつけて組織的に狂信的なほど右翼的である。要注意だ。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-12-11 16:12 | 映画 | Comments(0)
 昨日のこと。
 Twitterに実名や顔写真まで堂々と出して差別的な発言をしている医師がいて、こういう人は政治的とか社会的とかいうことだけでなく業務についても医師として患者に向き合う姿勢が悪いので危険であると述べた。

 その一方、Twitterしているのは自称医師や匿名医師が多く、このため無責任な発言が目立つ。自称は論外として、実名・匿名どちらにしても、Twitter上の医師たちは、世間知らずとか社会常識が欠落しているとかいうだけでは済まず、よく観察すると薬などにも不勉強だという指摘が多くなされている。

 これについて実際どうなのかと医師に訊ねてみたところ、その知り合いの医師がTwitterについて言うには、他の仕事に就いている人がどうなのか、自分の職業とは違うのでわからないが、ただ、医師は、仕事しているときの他は仕事のための勉強で忙しいもので、Twitterどころではない、のだそうだ。

 また、インターネットの利用も、仕事とその勉強のためが主で、やっとこさ余暇ができたら趣味に利用し、時には職場の閉塞感から出逢いを求めたりもするが、こういうこととTwitterはまるで性質が異なり、仕事および職業柄の行動とは相いれないと言っても過言ではない、とのことだ。

 そして、こう断言したのだ。
 それでもTwitterやってる人がいるのは知ってるけど、そんな医師にだけは診てもらわない方が身のためですよ、と。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-12-10 14:38 | 社会 | Comments(0)
 実際にあった裁判に基づく映画『否定と肯定』が話題である。これは「ホロコースト」をめぐって名誉毀損が争われた話だ。

 かつて七十年代にアメリカのテレビドラマ『QBセブン』があり、日本でも何度か放送されているが、これも同じくホロコーストと名誉毀損の裁判が題材ではあっても、これは関与したとされた人が無関係であると主張して名誉毀損で裁判に訴えた話である。
 これに対し『否定と肯定』は、残虐行為それ自体が存在しなかったという「歴史修正主義者」を批判した人が、そのため「歴史修正主義者」から名誉毀損で訴えられるという話である。
 つまり、前提となる戦争犯罪それ自体の有無が争点となっている。

 また、この裁判の被告となったのは女性である。ほかの人でも同じように訴える対象にできそうなのに、その原告の男性は女性だけを訴えた。彼は「ミソジニスト」(差別的な女性嫌いの人)であり、そうした発言を法廷でも行っている。
 これは女性を見下しているため、女性は弱いだろうから攻撃目標にしやすいと考えたのだろうと推測されている。

 このことだけでなく、何かにつけて、女性が対象だと差別的だったり威圧的だったする者およびその野次馬がいるもので、これはあの元TBS記者の件でも実証ずみである。
 この点、美容外科もそうである。被害者は女性が多いので、失敗などの被害があっても強く出れば泣き寝入りさせられるということを前提にしている医師が多いというより殆どである。

 そして、この種の医師には歴史修正主義者を兼ねていることが目立つ。被害が在っても無きものとし、それは相手が女性だとやりやすい、という発想の構造から当然のことだ。
 だから、この映画のモデルとなった女性は、そうした相手の手口にむざむざと乗らないことを法廷での戦術として戦い、これについて「歴史を否定する人と同じ土俵に乗ってはいけない」と述べていた。
 これと同様に、「歴史を否定する医師の手術台に乗ってはいけない」ということであるが、美容外科だけのことではない。

 よくTwitterなどで実名や顔写真まで堂々と出してネトウヨ発言している医師がいるけど、その医師の発言は政府に媚びたうえ何かというと「東京新聞の望月衣塑子が~」さらに「イソコみたいな~」と、官房長官を追及したことより、むしろ女性であることを強調している。
 こういう医者は権力に媚びているだけでなく差別主義者だから危険である。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-12-09 12:26 | 社会 | Comments(0)
 誰とは言わないが、政府を批判しない、または政府ベッタリ、という態度の大手マスコミを批判している人でも、自分が出ている、または自分が出たい、というマスコミのことは批判しない。
 例えばNHKのことは批判しない芸能人がいる。自分が出演しているからできないという人もいるけれど、将来の商売を考えて自粛しているとしか思えない態度の人もいる。また週刊文春などの雑誌に対しても同じことである。
 こういうことは、Twitterを見ているとよくわかる。政府とその手先の大手メディアに対して手厳しいことを書いていても、そこからNHKにでも文春にでも、必然的に話が及ぶが無視してやりすごし、決してリツイートや「いいね」はしない。すでに関わりがある場合はもちろんだが、そうでなくてもいずれは親座敷に上がれることを期待しているのだろう。

 そして勝手に気をまわしたり、今年の流行語大賞である「忖度」をしているのが見え見えである。みんなTwitterで観察してみるといい。よくわかる。
 そうなってしまうのも生業にしているからであり、つまり手綱につながれた自由業というわけだ。
 そういうことをこちらは気にしないので、その調子で話していると迷惑がられてしまう。NHKにも文春にも朝日にも、言うべきことは言うし、これは必要だからであって、商売だからではない。昔は商売だったが、次第に、他にもっとしたいことや、しなければならないことができて、そちらが将来の希望や生業になり今に至っている。

 ただ、先月『紙の爆弾』には久しぶりに書いたが、これは読んで下さった方はわかるとおり、同誌に読者からの訴えがあり、その内容から話がこちらへ振られたものだった。
 こうなったのは同誌の編集長の是々非々と寛容によるもので、前に同誌の記事についてどうしても看過できない問題があったので公然と批判したのだが、それはそれ、ということである。
 このことには感謝しなければならないが、常にこうなるとは限らない。だからみんな気にするのだろうが、みんなとは違うということだ。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-12-08 17:39 | 雑感 | Comments(0)
 NHK受信料制度が契約自由を侵害する憲法違反であるか否かという問題で、最高裁が15人の裁判官全員を揃えた大法廷で判断するというので注目されたが、これにより最高裁の限界が露呈する結果となった。

 すでに、NHKの受信料については問題の指摘がいろいろと出ているので端折り、そのうえで最高裁の判断司法の問題をここで分析してみる。

 この裁判で最高裁は、まずNHKが勝手に契約したことにしてしまうことは許されないという判示をしていて、これについてはNHKを批判して運動してきた人たちが注目している。
 そして、テレビを設置すれば契約する義務があるということは公共性の観点から合憲であると判断した。これに対して、現実はNHKが公共性などまるで無視しているのに契約を強いているではないかと多くの人が憤っている。
 だが、これはあくまでNHKの実態が問題なのであって、制度について法的な問題を最高裁が判断するさいには言及できない部分である。

 こうなると、あとはNHKの契約違反をどう問題にするかである。
 このNHKとの契約について、過日このblogで紹介したとおり、NHKは契約について勝手に作成したひな形を各役所に送り付けて市民に渡せと権限もないのに命令している。そして、その内容には非常に深刻で重大な不正がある。
 この指摘をして、そんなものは使用しないように地元の役所に進言したところ、役所のほうでも聞き入れ、問題のある部分は塗りつぶしてから市民に渡すことにすると返答した。こういうことがあることを前にここで紹介した。

 そうしたら、最高裁判事の中で弁護士出身の鬼丸かおる裁判官は、契約を義務付けるならNHKが勝手に契約内容を決めてしまっている現状は問題だから法律を定めるべきだと意見していた。
f0133526_15473463.jpg
 昔、「毒親」に苦しむ少年に無料法律相談してくれた弁護士が、最高裁判事に出世してから制約が多い中で変節せず良識を発揮してくれることがあったので安堵していたが、今回は自分が問題にして役所に言いに行った話を意見してくれたので、少々救われた気がした。

 しかし、最高裁の判決がダメであることは変わらない。当事者らも、これでは何のために大法廷に全裁判官を集めたのか、意味がないと批判していた。多数意見が押し通され、これに難があることを見抜いた一部の裁判官ら(学者出身と弁護士出身の女性二人)が、それぞれ意見を付け、その他一人だけ部分的に反対、という具合で、まるで合議になっていない。

 これは制度の不備なのか、それとも最高裁が怠慢で判断から逃げてばかりいたため、いざというときに議論することができないのか、どちらかだろう。
 また、最高裁は、テレビに公共性がまだあるという前提に立っているが、そんなもの今では通用しないという時代の変化について、まるで認識がないようだ。
 しかし、これはメディア論の範疇であるから最高裁は対応できない。できるわけがない。無理なのだ。

 ということで、NHKの受信料訴訟は、NHKの抱える問題(これを言ったら際限ない)とは別に、法的見地に絞っても、最高裁にとってしょせん限界なのだ。それが露呈した。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-12-07 15:48 | 司法 | Comments(3)
 広島県のガン検診の啓発キャンペーンで、ポスターにデーモン小暮を起用していることが意外性があると話題になっている。彼は広島の出身だそうだが、しかし悪魔が健康を気遣うということだから意外ということらしい。

f0133526_12561445.jpg


 もちろん、彼は商売だからなんでもありなのだろうと言われていて、原発の宣伝にも出ていたので、これと同じことだと指摘されている。

 また、彼のバンド「聖飢魔Ⅱ」のライブで、デーモン小暮はアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の主題歌をヘヴィメタル風にアレンジしたうえ歌詞の一部を替えて「♪悪魔は死なないー、病気も何にもない」と唄っていたけど、それから何年かのちステージで転倒し骨折入院していたから、芸風と実体の乖離は周知ということで、いまさら意外もないということだろう。

 ところで、この『ゲゲゲの鬼太郎』の主題歌は原作者の水木しげる自身による作詞だが、作中では時々「妖怪病院」が出てくるので「♪お化けは死なないー、病気もなんにもない」という歌詞とは辻褄が合わない。

 あと、この主題歌には「♪お化けにゃ学校もー、試験もなんにもない」というくだりもあるが、これを「♪悪魔にゃ学校もー、試験もになんにもない」とデーモン小暮は歌っていて、しかし彼は早稲田大社学部を卒業したと言っている。その卒業証書をテレビで見せていた。このとき名前の部分にシールが貼ってあって「小暮」としか読めないようにしていた。

 そして、テレビの音楽番組では、視聴者の相談に親身になって答えるというコーナーで、受験のことで悩んでいるという人に、その「♪悪魔にゃ学校もー試験もなんにもない」の録画を見せて、自分とは無縁な話だと言うので、司会者から「ぜんぜん親身になっていない」と突っ込まれていた。

 と、いうことで、デーモン小暮のことは真面目に受け取るものじゃない。
 かつて海外のテレビが、日本のロックバンドは真面目ではないという話をしていて、その例としてデーモン小暮のプロモーションビデオが流されて、これはアメリカ製のSFやホラーのパロディであり、あくまでギャグであると紹介されていた。
 そんなタレントを起用しているのだから、広島の医療啓発は真面目ではないと思ったほうが賢明である。
 そもそも、健康と生死にかかわる話でイメージのポスターですませてしまうというのが不謹慎というべきだろう。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-12-06 17:55 | 芸能 | Comments(4)