井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue
 店内で飲食できることを売りにしているコンビニ店「ミニストップ」が成人誌などに苦情があるので扱わないことにしたそうだ。未成年者が学校の帰りに寄ったり、子供連れの人がよく利用するため、見えてしまい気になるというわけだ。
 この対応を歓迎する人もいるが、では他のコンビニ店はどうかというと、同じことにはならないようだ。これは飲食する場所が有ったり無かったりすることが影響しているのだろう。

 そもそも、成人向け商品はその専門店で扱うもので、そうではなくても書店などで成人向け商品はそのコーナーに行かないと見えないようにいわゆるゾーニングをされているものだ。なのに、いくら便利や簡便を売りにしている店でも、一緒の棚に陳列しているのは果たしていかがなものかという疑問はあった。
 それを言ったら酒とタバコも成人向け商品である。ただ、成人誌と違い目立たないということは言える。パッケージに中身を示唆する画像があって商品そのものに直接関係があるかどうかが問題だからだ。

f0133526_18205059.jpg

 それにタバコは国会が問題だ。「分煙」すらされていない。三原じゅん子議員が問題にしていたが、とくに自民党がひどいのは、もともと保守政党とは全国から田舎のオッサンとジイサンが集まってくるからマナーが悪くて当然なのだ。
 しかし、欧米では公衆道徳をまもらないと「田舎者」と罵声を浴びせられるが、どうして日本は田舎者という言葉を悪い意味に使用しないのか。それだけ田舎者が幅を利かせているということか。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-25 18:52 | 社会 | Comments(6)

表彰されたことがある

 自民党の山東昭子・元参院副議長が21日の党役員連絡会で「子供を4人以上産んだ女性を厚生労働省で表彰することを検討してはどうか」と発言した。

 これに対し、表彰するだけなら予算も要らないし楽でいいねという皮肉が当然ながら出ていて、また真面目な話として、「表彰されると嬉しいから子供を産もう」と思う人はいないし、政治に求められているのは子供を安心して産み育てられる環境つくりであり、子育てに必要なお金も時間も足りない現実を変えなければならないと指摘されている。

 ところで、自分は少年時代に何度か表彰されたことがある。その一つが「虫歯の無い子」であった。実は子供のころに甘いものが好きではなく、お菓子もケーキも食べなかっただけのことだが、歯磨きを促進するために表彰されたのだった。
 そして、表彰されたところで賞金が出るなどするわけではなかったので、担任の教師に褒められても嬉しくはなく、また同じく表彰された同級生は表彰状なんて役に立たないと言い、「ケツを拭くには硬すぎる。ラクガキしようにも既に書いてある」と皮肉っていた。

 まあ、それでも面白いとか嬉しいとかの表彰状もある。パンアメリカン航空(パンナム)元極東地区広報担当支配人デビッド・ジョーンズ氏(David Mifka Jones, 1915年 - 2005年)が大相撲の優勝力士に「ヒョー、ショー、ジョー」の名調子である。
 これで人気となりテレビのCМにも出演し、食品関係の宣伝で食べながら「美味しい。表彰状をあげたい」と言うものだった。

f0133526_22160562.jpg
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-24 22:40 | 政治 | Comments(6)
 「朝日新聞は捏造」「石破氏らは犯罪者」などと常軌を逸した発言が目立つ日本維新の会の足立康史議員だが、自らは政治資金でバニーガールが接客する高級クラブの支払いをしていたことなどが問題になっている。
 ところで、この足立康史議員はTwitterでの非常識な発言について「炎上商法」だとする。 しかし「炎上商法」とは刺激的な挑発のことであって、虚偽で貶めた後に付け足す言い訳ではない。こんなデタラメをよく言えたものである。しかもテロ教唆も同然の発言は撤回しないと居直っている。

 一方、ヘイト発言についての対応が問題になっているTwitterの日本支社は、そういうことをする者が必ずいるから仕方ないと社長が開き直っている。
 これは企業としての社会的責任という発想が欠落してるが、よく話を聴くと要するに対策は金がかかりすぎるということのようだ。それでは何かあれば会社の責任も問われるけれど、それでいいのだろうかと疑問を持つ人が多く見受けられる。

 しかし、これはアメリカ式の発想だと思えばいい。それならTwitter社の対応は納得である。
 例えば人気があったスポーツカータイプの乗用車ムスタングのことだ。これに欠陥が発見され、事故のさい炎上することが判った。こちらはTwitterとは違い喩えではなくほんとうガソリンに引火して車内が炎に包まれる。
 だが、全車リコールすると莫大な費用になる。それに比べると、欠陥が原因で事故が起きる率およびその被害に対する賠償金を最大に見積もった額のほうが少ないという試算の結果であった。それでリコールせず致命的欠陥を放置し、事故があったときに金を払ったほうが得だと判断した。
 そして事故による悲劇が起きた。アメリカのテレビでも取り上げられたが、その犠牲者の女子高校生は学園祭の女王にも選ばれた美少女だったが、ムスタングに乗っていて衝突されると普通はあり得ない炎上となり体中に大火傷を負った。死にはしなかったが全身の皮膚と毛と人生を失ったと報じられ、そのむごい姿の写真がテレビに映ると視聴者は驚いたり悲鳴を上げたりであった。

 これと同じで、ヘイト対策に人を雇うなどする費用より、なにかあってから賠償金を払ったほうが安いということだろう。名誉毀損も深刻なことになるが、差別は暴力にもつながり、特に民族や人種などの少数派や、女性や身障者など弱者が被害に遭いやすい。
 それでもムスタングの発想にするというわけだ。

 しかし、いくらアメリカ万歳でも、これは真似してはダメだろう。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-23 22:20 | 社会 | Comments(0)

祝ビッグトゥモロー休刊

 青春出版社(東京都新宿区)が、月刊誌『BIG tomorrow(ビッグ・トゥモロウ)』を来月発売号を最後に休刊すると公式ホームページで告知した。休刊の理由は「諸般の事情により、としか言えません」とのことだが、広告収入の減少や雑誌全体の不景気もあるらしい。
 同誌は1980年に男性誌として創刊され、金稼ぎと出世や処世術などの記事で構成されていた。日本雑誌協会の「印刷部数公表」によると2008年4~6月の約13万7700部に対し、2017年4~6月は約8万2300部まで落ち込んでいる。

 この出版社は自己啓発本が売りで、その代表格が『ビッグ・トゥモロー』だった。看板雑誌というべきだろう。こうした書物は、自己啓発により成功して世俗の成功をしようということで、あくまで時流に乗ろうということだから、社会に目を向けることではなく、世の中のことでも自分のことでも問題を解決することにはならないし、ほんとうに知りたい情報を提供してはくれない。
 だから、現状への服従と刹那的快楽へと洗脳することがまず必要なので、渡部昇一や鈴木健二ら保守系マスコミ人が毎回出てきて自慢話と説教をする、というのが創刊当時の誌面だった。
 そして、人生とは金と女をどう手に入れるか、であり、では金と女とではどちらを優先するかといえば絶対に金だ、という露骨な俗物雑誌であった。

f0133526_19014094.jpg



 この雑誌を最初に知ったのは、知り合いの大学生のお兄さんが買うのを見たからだ。そして読んで驚いた。こんなものを読んでいるのか、と。彼の家は富裕で自民党を支持して信心深い人だから保守的であるのは当然だが、信心深い人が何でこう自分の俗な成功ばかり考える雑誌を読むのかと疑問だった。
 その後、彼とは転居などで音信不通になったが、あの幸福の科学を見て、あの感覚じゃないかと思い、おそらく『ビッグトゥモロー』の読者を続けていたら今頃は幸福の科学の信者で、読者をやめていたら日本会議ではないかと、推測している。

 どうであれ、俗物雑誌が売れなくなったことは祝すべきことである。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-22 19:02 | 雑感 | Comments(0)
 急に気温が低下したのは客観的な事実である。
 これをどう感じるかは人それぞれだろう。やや薄着で外を出歩いていたら、会う人から「よくそんな服装で平気だな」と言われるが、この程度では寒いうちに入らない。人がなんと言おうと「♪ありのーままの~・・・・少しも寒くないわー」という歌のとおりである。

 しかし植物は温度をそのまま受け止めるから、葉の中の糖分が循環しなくなり化学変化して紅葉する。
 このことは「深代淳郎の天声人語」という本で読んだが、コラムで社会派のネタを避けるとき季節の話は挨拶と同様に便利だなと感じたものだ。そして、朝日新聞の天声人語って大したことないなと思った。

 ところで、Twitterで立憲民主党のアカウントに「ネトウヨ」が、「寒いのは安倍総理のせいなのか」と意味不明のからみ方をし、これに同アカウントは「質問の意図は分かりませんが、真面目にお答えすると寒いのは首相のせいではなく、寒波のせいだと考えております」と大真面目な反応であった。
 もちろん庶民の懐が寒いのは経済政策が悪いからなので安倍総理のせいである。

 ただ、かつて松川事件や三鷹事件の当時、「列車が脱線した」「きっと共産党の仕業だ」・・・そして「今日は暑い」とか「寒い」とか「台風が接近している」でも「共産党の仕業に決まっている」という笑い話があった。
 これは共産党を弾圧するために党員らを冤罪に陥れて破壊活動したことにしてしまい、物的証拠が無くても、証言が強要されたものでも、とにかく共産党の仕業だと決めつけるから、勢い余って自然現象までそうだと決めつけてしまう、という皮肉の笑い話であった。
 これを逆手に取るほどの思考力がネトウヨにあるわけないので、皮肉ではなく本気で言ったのだろう。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-21 18:49 | 政治 | Comments(0)
 「1ふくろに8こ入りのチョコレートが7ふくろと、ふくろに入っていないチョコレートが17こあります。ぜんぶでチョコレートは何こありますか」
 しき 8×7+17=73
 答え 73こ

 これが間違いにされ、不可解に思った母親が小学校の教師に問い合わせたら、「掛け算」をまだ教えていないので不正解にしたという返答だったそうだ。
 これに対してTwitterで怒っている人たちがいた。むしろ「教えていないのに偉いね」くらいのことを言うべきだと。
 この怒りはごもっともだ。その教師のしたことが適切なら、あの「1 から 100 までの数字すべてを足す課題」で、1+2+…99+100=というように児童たち皆がせっせと計算しているのを尻目に「1 + 100 = 101、2 + 99 = 101、 …50 + 51 = 101 なので答えは 101 × 50 = 5050 」と瞬時に回答した小学生時代の大数学者ガウスのしたことは間違いとして学校で否定される。日本の学校教育がお仕着せで才能を潰すものだという、よくある指摘のとおりである。

 ただし、習ったことを解っているか試験するという趣旨に拘るなら、式が間違いで答えは正解とすべきだろう。そうでないと指導にならない。だから不正解にした教師は「まず習ったことを使いなさい」という指導としても不適切である。

 また、この問題文も不適切である。
 この言葉使いでは掛け算と足し算によって合計せよという問題文になるから、それなのに、まだ習ってない掛け算を使用してはダメというのは不適切である。
 そういうダメ出しをしたければ、問題文を「ぜんぶ【たす】と何こになりますか」に、しなければいけない。
 つまり出題した先生の、算数ではなく国語にそもそも難があったということだ。

 これと同じことが、前にもあった。やはりTwitterで問題になったことだが、他の小学校の理科の試験で「じかんがたつと、かげのかたちがかわるのはなぜか」という問題に「地球が回るから」と回答したら不正解で、「太陽が動くから」が正解だという。なぜなら地球の自転はまだ習っていないからで、習ったことにもとづいて回答しなければダメということだった。

 しかし天動説はとっくの大昔に否定されたもので、そんなことを学校の理科でやってはいけない。だから、習ったことを憶えているかに拘るなら「太陽が動くから」ではなく「太陽の位置が変わるから」とすべきで、なぜ太陽の位置が変わるのかというと地球が回るから、だけど、自転はまだ習っていないから答えを書くのに必要ではない、ということになるはずだ。

 これらは、指導の仕方の問題ではなく、算数や理科の問題でもなく、要するに教師の国語の問題なのだ。
 先日、大学生が教科書などの文を読解できないことがあるという問題について、これを大学の先生に言わせると、新入生の英語力がガタ落ちしていて、そもそも国語に問題がありそうだということだが、しかし生徒とか学生の語学力を教諭や教授がとやかく言うよりも、教える側がいい加減な言葉遣いをしているほうを先ず問題にすべきだ。教える側がいいかげんでは教えられる側がちゃんとするはずがない。
 よく、教える側の言葉使いに深刻な誤りがあり、これを教えられる側が指摘すると、「細かいことはいいんだ」とか「理屈を言うな」とか「生意気だ」などと感情的になるものだ。この原因は、何より立場が重要だという日本の「文化」にある。そして、偉い人はいいかげんでも許されてしまうことになる。
 こういうことから改めないと、学問は衰退はしても向上はしない。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-20 15:01 | 学術 | Comments(9)
 成人向け動画(AV)の村西とおる監督が、従軍慰安婦は売春婦であると被害女性を誹謗したうえ、これは朝日新聞の捏造記事が原因であると根拠もなく発言した。それも引用するのははばかられる口汚さである。
 まさにネトウヨ発言であり、これに対してデタラメであると指摘して事実と証拠をつきつける人たちがいるけれど、村西という人はしょせん「炎上商法」を狙っているだけのような発言ばかりであるから、ここでも平気でいる。

 しかし、そもそもこの村西とおるAV監督は、女性に対する深刻な人権侵害として今問題のAV出演強要の元祖的存在であり、未成年者使用などで何度も逮捕歴のある人である。これらについても、彼はまるで武勇伝のように語っているので、女性を性的に貶めることなど彼は何とも思わない人格なのだろう。
 そういう意味で、外国からは性的奴隷と批判されている従軍慰安婦を売春婦だと罵ることは、村西とおる監督にとっては一貫性があるということだ。

 また、これら村西とおる監督の発言は高須クリニックの高須克弥院長とまったく同じ内容であり、やはり炎上商法狙いの姿勢も共通するうえ、女性を人と見做さず商売のため食い物にして傷つけたことを否定するためには被害者を中傷、という態度が完全に一致している。彼らは個人的に親しいということも、よく聞く話だ。

 この高須克弥という人はナチス礼賛とアウシュビッツや南京虐殺を否定する発言のためアメリカの美容外科学会から「追放」されたことで最近また話題であるが、一方で日本の形成外科学会は別件で問題になったもののゴネて居残ることに成功したと言っていた。
 ところで既に述べた自分の裁判経験のとおり、被告側の医師が形成外科の専門医を自称しているけど手術当時は日本形成外科学会の認定医でなかった事実を内部文書で挙証し指摘したところ、当該医師は「そんなもの申請すれば自動的に得られる」と開き直ったのだった。
 つまり「そんなもの」をTwitterで「会員です」「えっへん」と自慢する高須克弥医師ということだ。

f0133526_16502048.jpg


 さて、南京大虐殺が日本では完全に否定されていると断言した高須克弥院長だが、旧陸軍のOB組織である偕行社や、フジサンケイグループから正論大賞を受賞した秦郁彦、防衛研究所で戦史研究センター長をしている庄司潤一郎、なども当事件の存在を認めており、無かったと言っているのはデタラメ極論を吐きたがる一部の人だけであることは、周知のとおり。
 しかし高須院長は「美容外科医」である。この手の医師はだいたいが、客観的にどうであろうと関係なく、自分が成功だと言えば手術は成功だし、かえって醜くなったと言う人ばかりでも自分が美しくしたと言えば美しく、後遺症がひどくても自分が無いと言えば無いわけで、だから被害者を嘘つきとか言って侮辱するものだ。だからこれは一種の職業病というべきである。

 しかし、そもそも女性をどのように見て商売しているかということが高須クリニックの危険性であり、このことは拙書『朝日新聞の逆襲』の従軍慰安婦問題で既に詳しく解説したとおりだが、その点で村西とおる監督と高須克弥院長は体質が共通しているということである。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-19 15:20 | 社会 | Comments(1)
 国民的とも言われる人気アニメで主人公の父「ひろし」が二人いて、もちろん『ちびまる子ちゃん』のさくらひろしと『クレヨンしんちゃん』の野原ひろしだが、両者はお人よしであることだけは共通していて、他は大違いだと言われている。
 前者はぐうたらふうで、出勤して帰宅するような場面がたまにあるが仕事をしている場面がなく、自宅ではもっぱら酒に酔っていたりタバコふかしていたりだし、見識ある言動は皆無と言っていいから、ダメな夫・父と受け取られることが多い。
 後者は仕事に熱心な場面がよく出てくる働き者で、新聞の他に読書もするし見識ある言動がしばしば見受けられ理想の夫・父とも言われる。

 この二人の「ひろし」は、バザーで極端に違う行動をしている。
 さくらひろしは、引き出物の食器があるけどいっこうに使わないのでバザーに妻が出品したら、そうとは知らずにそれを買ってきてしまい、あればいつか使えるだろうし安かったから得したと満足げに言って妻を唖然とさせる大間抜けであった。
 野原ひろしは、妻がマフラーを編んでバザーに出品したのを見ていたが、なかなか売れないので密かに自分で買い、そうとは知らない妻が売れたと喜んでいるのを見て嬉しがり、仕事に行くさい家を出てから隠し持っていたマフラーを取り出して自分の首に巻いていた。

 ところで、このバザーに迷惑することが今もあるらしい。
 たとえば、ある小学校でクラブ活動用の備品を購入する5万円のためバザーを開催することになったが、ここで保護者約50人を動員し、商品の供出だけでなく一週間前から打ち合わせに何回か集まって当日は準備のために早朝集合したということで、これでは手間暇など色々と考えたら赤字に決まっていて、なら各家庭から1000円出したほうが効率がよくて楽なはずだ。

 このようなことは昔からだった。自分が小学校のとき、バザーをするので「不要なものを出してください」ではなく、引き出物とか似たようなものばかりでは売れないからと「これを出してください」と学年や組ごとに指定され、「うちに無かったら買って出してください」と言われてしまい、「それならお金を直接寄付すればいいのに」と親たち皆が言うのだが、教師とPTA役員たちの中にどうしてもバザーを行事としてやりたがる人がいて、誰もが迷惑したのだが強要されてしまったのだった。

 これは、親睦のための行事なら他にやることがいくらでもあるのに、役立つことをしようとバザーにしてしまい、みんなで力を合わせて資金を集めるということに拘るあまり、手段が目的と化してしまった、ということだろう。
 こういうことは他にもありそうだが、特にバザーは、金を作ることが目的であるけど、使途が教育とかチャリティーとかであるため資金は「浄財」でありたいということから、滑稽なことになりやすいのだろう。

 どうバザーがあろうと、自分の夫または父は、どちらの「ひろし」が良いかでは、みんな同じではないだろうか。
f0133526_16383120.jpg


[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-18 17:06 | 雑感 | Comments(3)
 日本維新の会(実質は大阪ヤクザ党)の足立康史議員が立憲民主党や希望の党の議員を一方的に「犯罪者」呼ばわりして、立憲民主党は同議員に対して懲罰動議の提出を検討するなど問題になったので、陳謝・撤回することになった。

 これは当然だが、あれだけ威勢のいいことを言っておいて組織内で自らの立場が危うくなるや突如「断定していない」と後退したうえ撤回ということだから「犯罪者だと思う」の発言には何の根拠もなかったわけで、これこそ彼の言う「捏造」「印象操作」そのものではないかと指摘されている。

 そのくせ足立康史議員は、「朝日か嬉しそうだが、朝日新聞の加計報道「捏造」発言については、微塵も反省してないし、撤回してませんので、念のため」 と居直っている。
 これはTwitterでの発信であるから議会のように免責されない。よって司法の場で争うべきことだ。これもやはり何の根拠もないのだから、朝日新聞社は足立康史議員を訴えるべきだろう。
 もちろん政治家の発言それも総理に擦り寄ってのものだから司法が公正な対応をする期待が乏しいという問題もある。
f0133526_16383097.jpg

 また、Twitterだけの放言ではなく国会の委員会で足立議員は、加計問題の報道について朝日新聞の捏造だと自分が思うというだけで、だから「朝日新聞の捏造と言ってください」と大臣に迫った(大臣は拒否)が、こんな滅茶苦茶をなぜ平然行うのかと言うと、反論とか反証ではなく権力によって都合の悪い報道を否定できると確信しているからだ。
 これは、すでに朝日新聞が政治的圧力に屈して吉田証言を捏造だと自ら言って撤回したことなど色々と「実績」があるからだ。

 しょせん日本とは、その程度の国なのである。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-17 16:42 | 政治 | Comments(1)
 韓国で14歳の女子が大学に合格したそうだ。韓国南東部の釜山にある霊山大学の法学科に、2018年度新入生の随時選考(日本の推薦入試に該当する試験。高校の内申点や面接、論述などの方式で進められる)に合格したという。
 同じ年齢の子は中学3年生で来年は高校に入学するが、その女子はすでに小卒認定試験と中卒認定試験に合格していて、2017年に入って高卒認定試験に受かり大学入試に応募する資格を得て、ついに大学に合格した。
 このイ・ジヨンさんは小学2年生の夏休みからホームスクール(自宅学習)をはじめた。彼女の母親は「ジヨンが幼い頃に英才教育の対象者として判定を受けるほど、非常に賢い面があった。従来の、学校という閉ざされた枠よりは、自由に学習できるホームスクールを選んだ」と明かした。
 また「近所にはホームスクールの家庭があまりなく、生徒間での交流ができなくて残念でした。ジヨンが、10歳の弟の面倒を見て、家で勉強をしていたのが一番大変そうで、それが偉いと感じた部分」とも。
 イ・ジヨンさんは「弟と携帯電話の使用をめぐってたびたび喧嘩した。それを協約書で解決した」「その時から、周囲の法的紛争に関心を持つようになった」と言い、それで法学科を選択したそうだ。
 彼女は、大学に通って一番やりたいことを訊かれると「思う存分、図書館で本を読みたい」と語った。家庭環境のため、読みたい本をすべて読めなかったという。そして大学の総長と面談した後、すぐ図書館に向かってプラトン『国家論』を借りた。学校側は、彼女があまりにも本が好きなので、入学前の図書の貸し出しを特別に承諾したという。
 このように、特別に熱心で優秀だったということだが、親が自由に意欲と才能を伸ばすべきだと考えた結果でもあり、また家庭の事情から大変でもあったというわけだ。

 ここで日本の反応は、学校や職場などでみんなと一緒でなければいけないという同調圧力に悩んだり、過度にみんなとつながろうとして疲弊したり、という問題が指摘されている。
 もともと、繋がることが奨励され、ひとりで過ごす人は「ぼっち」「非リア」などという言葉とともに、否定的なイメージで語られる風潮も指摘される。
 これが問題として語られるということは、それだけ日本も洗練されてきて変わったということだ。一昔前には無下に否定されただけだったから。

 かつて登校拒否の中学生が父親の理解により自宅で勉強し続けて司法試験に合格した、ということがあり、この報道に刺激されて自分も学校で教師や同級生に邪魔されず勉強したいと親に言ったことがあった。同級生も良くなかったが、それ以上に学校の教師たちがひどすぎた。
 しかし、そういうことは羽仁進(映画監督)の娘みたいに親が文化人で祖父母もインテリ(羽仁五郎と羽仁説子)の家庭なら、家庭の環境が良くて世間からも一種の異端として認められるからできるが、そうでないと勉強する環境がなくて不可能なうえ近所の目もある。うちのような下流家庭では到底無理だと母親に言われてしまい、泣く泣く諦めた思い出がある。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-16 15:58 | 学術 | Comments(4)