コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

かつてソ連がやっていた

 歌舞伎を撮影して劇映画として上映し、安価で気軽に親しんでもらう試みが好評で、これで初めて歌舞伎を見たという若い人もいると言う。
 こういうことはかつて旧ソ連がやっていた。国技(?)のバレエを中心に伝統的舞台芸術を大衆化して普及させた。
 日本ではNHKがテレビ放送してはいたが、中継とか教材という感じで、映画館のような楽しみにはほど遠かった。それがやっと、というわけだ。


%u65E5%u672C%u306E%u82B8%u8853%u3092%u3001%u6620%u753B%u9928%u3067%u582A%u80FD | Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-07-13 23:49 | 映画 | Comments(0)
 事件や関わった人について特定できない形にし、しかし描き出すべきところだけ描き出すことは可能だ。
 少年事件に限らず、社会の正当な関心ごとではあるがプライバシーは尊重すべきという内容の本は、実際にそうしてきたのが普通だ。
 ところが奈良県で少年が自宅を放火した事件について書かれた本「僕はパパを殺すことに決めた」は、少年の心理や家庭環境を警察の捜査資料に基づいて詳細に綴られており、このため出版社と著者が、著しく少年のプライバシーを侵害したとして法務省から謝罪勧告を受けた。
 著者は、ためらいながらも社会的意義からあえてこのように書いたと説明しているが、先述したとおり社会性とプライバシーは両立できるし、ワイドショーなどで誤った報道がされていたならこれを是正させる権利はあくまで当事者にある。
 そのうえ刺激的な題名と、挑発ともとれる著者の記述から、伝えたいのではなく売りたいというのが本音であることは明らかだ。出版した講談社と著者の草薙厚子は猛省すべきだ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-07-13 23:24 | 社会 | Comments(4)
 テレビで討論相手押しのけるようにしゃべって「国民は私の話を聴きたい」と言った安倍総理。
 その爺さんの弟・佐藤総理は、国民に対して「話したい」だったが、安倍総理は国民が「聴きたがっている」と勝手に決めちゃったというわけだ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-07-12 23:18 | 政治 | Comments(0)

日本も昔はこうだった

 中国製品の安全性について騒動となっているが、これはかつて日本も辿ってきた。「安かろう悪かろうのメイドインジャパン」と欧米から散々叩かれ、心ない業者が粗悪で危険な商品を市場へ垂れ流し、死傷者も出た。
 これではいけないと日本政府は日本製品の信用向上に勤め、品質でも定評ということが実現した。
 そして、この経緯を過去の物とする人たちが「日本は役所がうるさすぎ。規制緩和しろ。社会主義国ではないぞ」と叫び、社会主義のはずの中国が規制しなさすぎで問題を起こし、しかし安い中国製は幅を利かせ、日本の産業は空洞化し、こうした危険性をとっくの昔に指摘していたのがマルクスであった。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-07-11 16:49 | 国際 | Comments(0)
 労組が環境保護などの活動をする団体として「ウルトラ警備隊」を設立し、円谷プロも協力の姿勢らしい。
 活動するなかで様々な利害対立やジレンマがなければいいと願いつつ、しかし必ずノンマルトの使者が現れると予想している。

 ちなみに当方もMATという任意の団体を主催していて、名称はメディカル・アタック・チームの略。もちろんシャレの名称で、山際永三監督にお願いし特別名誉参謀の冠を捧げさせていただいた。  
 だが、あくまで医療問題について医師・看護士・薬剤師・医療事務員・弁護士・医療裁判原告などの協力で情報と助言を得る研究班としているのであって、雑誌などに問題のある医療機関の告発文を掲載したりはしたが、なにかあったときに「ワンダバダバ」と出動するわけではない。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-07-11 16:32 | 社会 | Comments(0)
 ミートホープの食肉偽装事件はコストのためだが、そのうち材料不足から偽装が始まるのではないかと想像してしまう。
 実際、牛肉のBSE騒動があり、鳥インフルエンザがあり、マグロが獲れなくなって、値上げと不正漁獲が横行している。
 すでに、メロを「銀むつ」と称して食卓に上げたり、地球の花対側の海で獲った見慣れないはずの魚を、切り身にしたり衣つけて揚げたりすることで良く知られた魚の料理に似せて売るなどの「偽装」ならすてに行われている。
 それすらも、そのうちできなくなる可能性があり、人口爆発と高齢化によって、あとはSF映画「ソイレントグリーン」のように、いくらでもある材料とは死んだ人間で、このことが国家機密か企業秘密ということになるのだろうか。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-07-11 00:25 | 社会 | Comments(0)
 山口県光市事件で、弁護士に脅迫が相次いでいるが、これはそそのかしている人たちがいて、そのそそのかし方の中身には、かなり問題があることは既に指摘され続けている。
 その一つだが、こちらは別の意味で問題だ。下のアドレスのブログを見てほしい。 
 http://ameblo.jp/fujii-seiji/entry-10034695526.html ルポライター藤井誠二という人のブログ
 ある人から「腹が立ってしょうがなかった」「被害者への同情を商売にしてる」「恥知らずがいる」と教えられた。
 そこで見ると、記述内容に「まず事実を調査しろ」とか「裁判の話するなら法律の基礎くらい勉強しろ」などとツッコミいれたくなるけど、しかし公開コメント受け付けていない様子だ。
 そして盛んに「遺族の本村さんのため犯人を死刑に」「弁護するのはケシカラン」という趣旨をブログで叫びながら、それを読み続けさせた先には、結局はそのことを書いた自著を表紙の画像貼って紹介している。
 報道サイトへトラックバックし、意見を述べるというより商売の宣伝への誘導である。他人の不幸をネタにしてのものだ。この種の題材である場合は、著書があっても同じところでの紹介は控えるものだろう。それが最低のけじめとか礼儀であるはずだ。自著紹介を許されるのは、事件の当事者本人だけだろう。
 この事件にはいろいろな人やメディアがいろいろな対応をしているが、ここまでの鉄面皮は他にないだろう。



Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-07-09 01:22 | 司法 | Comments(15)
 辞任要求まででた。
 ゴーン社長はブラジル生まれのレバノン系フランス人だそうだが、それはともかく、「コストカッター」と異名をとるけれど、それは効率を良くして無駄を省いたのではなく、何をカットしたかというと研究開発費。これは莫大だが、将来への投資だ。しかし、雇われ社長として短期間に成果を上げて見せ認められることしか考えていなかった。
 そして一時的にはたいへんな業績ともてはやされたが、好調のトヨタのようなハイブリッドカーは駄目で、それでいて手前はトヨタよりたくさんの報酬をもらっているなど、惨憺たるありさま。
 カリスマ経営者どころか、とんだペテン師である。辞任より背任で告発するべきだと指摘する人もいる。
 余談だが、次にこういう問題になるのは、サッカーのオムシ監督だろう。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u7D4C%u6E08%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-06-22 01:07 | 経済 | Comments(2)
 報道ステーションというバラエティー番組でお粗末なミスが相次いでいるそうだが、これらはケアレスミスであり、それが連発というのはただのトンマである。
 ただ、ウケ狙いばかりして報道ではなくなっていることが、この番組から緊張感をなくさせていて、だからミスも出やすいということも出来る。ウケ狙いよりまず正確さと迅速さの両立であり、それを頑張っていれば面白おかしくしようなんて考える余裕は無いはずだ。それが逆になってしまっているのだ。
 最近の例で言えば、福岡で、追突された自動車に乗っていた子供が三人死亡した事故があった。この裁判が始まり、危険運転致死罪か業務上過失致死罪かで争われている。
 そこで、被告が当時どの程度酔っていたかが問題となり、かなり酔っていたという根拠として、職業を訊かれたとき「サラリーマン」と答えたのが歌うような口調だった---と警察が言ったらしいのだが、これをそのまま検証もせず垂れ流している報道には、裁判で争われている段階で客観的証言ではないものを持ち出すのは不公正ではないかという指摘もある。
 それについては、事実かどうか確認が必要だが、少なくとも「報道ステーション」の取り上げ方は悪質だった。ただ伝えるだけでも問題があるのに、そこへさらにナレーションとは別の声が「サぁラぁリぃ~マぁン~ 」と演技を加えていた。
 こんなのは報道ではない。ただの見せ物だ。前身の「ニュースステーション」を「クレヨンしんちゃん」で主人公の園児は「小宮悦子ショー」と言ってたが、ほんとうにショーだ。それもギャグではすまされない内容である。報道の客観性を損なうとか、裁判の公正を妨げるとか、いろいろ問題はあるが、それ以前の問題である。 
 つまり、こんなくだらないことしてウケると思われている視聴者はバカにされていのだ。そして、くだらないウケ狙いして肝心の正確さはないがしろにされている。そんなものを見せられている視聴者はバカにされているのだ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-06-20 23:05 | 社会 | Comments(2)
 こんにゃくゼリー窒息死問題で、法規制は難しいという話だが、それはしょうがない。
 あれは原料が問題なのではなく、ちょうど喉に栓をするくらいのまさに絶妙な形状と大きさなだから危ないのだ。
 おでんの三角形こんにゃくで死者が出て飲み屋やセブンイレブンが槍玉に挙げられたことはない。
 だからと、大きさを法規制するのは変だ。
 製造業者は、一口サイズというのを、成人向けと子供&老人向けに分けて大きさ二種類にしたらどうか。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-06-20 22:33 | 社会 | Comments(5)