井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue
 小選挙区で落選したら議員をやめると公約していたはずなのに議席にしがみついている足立康史議員は、朝日新聞の社説が気に入らないから「朝日新聞、死ね」とツイートして問題になっている。

f0133526_15252877.jpg


 ところが足立議員は、あの匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね」の真似したのだそうで、それを前に山尾志桜里議員が質問で取り上げたから、自分も同じことを言って何が悪いと居直っている。
 これがアホとしかいいようがないことは、すでに指摘が色々とされている。山尾議員は、そのブログを書いたわけではないし、取り上げたのは、保育園が足りないという問題の中で話のきっかけとして例に挙げただけだ。
 
 そもそも、これは前にも指摘していることだが、今も総理官邸のホームページには「すべての女性が輝く社会づくり本部」と記載され、「輝く女性応援会議」にリンクがある。このブログの「SHINE!」が「死ね!」に見えると話題になっていたのだ。

f0133526_17065488.jpg


 そして、働く女性が輝くと言いながら保育所が足りず、一方でオリンピックなどに無駄づかいしている、ということを例のブログは問題にし、政府側の標語「女性活躍日本shine」を「保育園落ちた日本死ね」と捩ってパロディ化したのだ。
 この事実を知らない人が意外と多い。だから「保育園落ちた日本死ね」を、日本に死ねと罵っていると勘違いする。
 
 この話をツイートで紹介したら、似たようなアカウントで同じことを言うネトウヨどもが「何がソースだ」と言ってきたので呆れた。安部内閣を支持しているはずなのに総理官邸のサイトから判ることを知らない。やはり「サポーター」という金で雇われているだけの連中ということだろう。

 とにかく、ようするに「保育園落ちた日本死ね」は政府の無策がひどすぎて日本に死ねと言うも同然だという趣旨だったから、「日本を殺す気か」と政府を批判したもので、日本に死ねとか、まして誰か日本人に死ねとか言う話ではなかった。
 それに対して足立議員の「朝日新聞、死ね」は、政治家が気に入らないマスコミ論調に対して自らの憎悪を殺意として表現したもの。「保育園落ちた日本死ね」とは大違いであり、言論・報道の自由を暴力的言質によって脅迫・迫害するものであり、民主主義社会に対する公然たる挑戦である。

 もっとも、『月刊紙の爆弾』の今月号に書いたとおり、足立と同じ「維新」の長谷川豊という元フジテレビアナウンサーが立候補し落選したが、この人は「透析患者を殺せ」という暴言をテレビで吐いた男である。
 つまり気に入らないとか邪魔とか自分が思ったら「殺せ」「死ね」と公言するのが「維新」ということだ。異常で狂気の集団ということになる。これが支持されるということは、かつて森喜朗もと総理が「大阪は、言葉は悪いがタンツボだ」と言って、そこの住人のジコチュー体質を罵ったが、これは当たっているのかもしれない。

 しかし、それ以前に足立康史議員は小選挙区で落選したら議員を辞めると公約したのだから、これを遵守すべきである。
 「小選挙区落ちた。足立康史、辞めろ」である。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-15 16:04 | 政治 | Comments(5)
 風邪の季節になったので注意しようという話があちこち散見されるようになった。
 それなら数日前まで少し喉などをやられていたが、すぐに回復した。

 ところで、風邪を治療する方法は存在せず、免疫によって回復するのを待つしかない。それを手助けするために安静にしたり温かくしたりで、葛根湯や生姜湯を飲むこともある。
 そういえば、SF小説では、未来も風邪は克服できないという話があり、『銀河英雄伝説』には、無理がたたって風邪をひいてしまい、いくら医学が進歩してもこれだけは温かくして寝るしかないという話がでてくるし、アランEナースの短編小説『コフィン療法』は、風邪をひかなくなる方法が発明されたら臭いに過敏になって大混乱してしまい、風邪は必要悪であると療法が否定される。

 ところで、風邪はウイルスが原因なのだからバイキン対策の抗生物質は効かないのだが、これを知らずに飲む人やテキトーに処方するいい加減な医師がいることで問題になっている。
 ただ効かないだけでなく、意味もなく抗生物質を使用すると耐性菌ができてしまい危険という指摘もある。

 このことで、風邪をひいて寝込んでいるときに、妹から無理やり抗生物質を飲まされたという人の話を聞いたことがあり、これがひどい話だった。
 そのとき、効かないし有害だからと拒否しているのに「なに!ひとがせっかく!」と怒鳴って、空腹で飲んではいけないと言うから、食事を作ってくれるとか、何か食べたいものがあれば買ってくるとか、そうだと思ったら大間違いで、ジャーの中で干からびた古い飯をもってきて食えと強要する。気分が悪くて臥せっていなければ殴っていた、と言うほどひどい態度だったが、それをわかっていてわざとやっていたのが明らかだったそうだ。

 これに親は、思いやりのないどころか冷酷で残忍な意地悪をする娘を心配していたが、この性格はついに変わらず、とうとう結婚もできなかったそうだ。
 しかし、こちらに言わせると、その性格は親によく似ていたのだ。ただ、親に輪をかけたような、親以上のひどさだったから、こういうのは性格の拡大再生産なのだろうかと考えてしまった。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-14 16:05 | 社会 | Comments(0)
 映画『スターウォーズ』の制作を引き継いだディズニー社が、さらに新作を作って発表するという話に、映画ファンの間から、もううんざりという声が出ている。飽きたということとともに、もう『スターピース』にして欲しいということだ。現実が無邪気ではいられないのに、映画で楽しんでいられるか。いつまでも戦争が続く感覚に浸っていては、ほんとうの世のなかに平和がこない。
 そういうことだ。

 かなり前から、『スターウォーズ』が大ヒットして映画がつまらなくなったと言われている。
 それについて、『スターウォーズ』に大きな影響を与えた黒澤明監督は、どう思うかとインタビューで問われて「『スターウォーズ』は面白かったけど、それが大ヒットした影響で表面的な刺激の映画ばかりになってしまったからだ」と言っていた。
 もともと、『スターウォーズ』が最初に発送された70年代、「アメリカンニューシネマ」の全盛で暗かったり厭世的だったりして、わざとハッピーエンドを避けていたりもした。
 そして『タクシードライバー』などにみられるようにベトナム戦争の影を引きずっていた。

 ところが、77年になり、長らく停止されていた20世紀フォックス社のロゴの音楽(映画音楽の巨匠で同社の音楽部長でもあった作曲家アルフレッドニューマンによるファンファーレ)が復活して威勢よく♪パンパカパーンと鳴り響き、SFなのに「昔、昔、」という説明の字幕とともに映画が始まると、往年の無邪気な勧善懲悪物の活劇は、このとき本格実用化されたドルビーシステムによるサラウンド音響が轟音を蹴立てながら開始されたのだった。

 こうして、SFだからと戦争を堂々と娯楽と化した。例えば爆撃機映画など現実の戦争の悲惨な犠牲者を考えれば絶対に楽しめないということになっていたのだが、娯楽で空想に遊ぶものだからということで、回転式砲座で迎撃機を無邪気にぶっとばすのだ。
f0133526_15541327.jpg

 それから10年経ち、東京国際映画祭で、当時『プラトーン』が大ヒットしていたオリバーストーンが来日し、もう一つの大ヒット映画『トップガン』を戦争美化の軍国主義映画だと批判しながら、『スターウォーズ』もアメリカでは右翼に利用されていると問題にした。
 現実の戦争には政治や経済が絡み、敵にも味方にもそれぞれ言い分があるのに、『スターウォーズ』の銀河帝国とダースベイダーなど、とにかくSFは単純で、絶対悪を倒すのが正義だという図式で、そんなものを観る人々に押し付ける。これが「悪の帝国」を倒すという国策臭さに転じたということだ。

 これだから80年代に入ると映画はダメになったのだと言う指摘があり、そこでウォーレンビューティーは「黒澤明監督の作品のようなものはハリウッド映画には無理になってしまった」と言った。
 これに対しオリバーストーンは、それでも80年代のハリウッド映画は傑作ばかりだと反論していた。80年代の傑作は60年代と70年代の傑作を合わせた数より多いと言う。自分は『プラトーン』を作ったし、ウォーレンビューティーだって『レッズ』を作った。他にも『ブレードランナー』や『ブルーベルベット』などがあった、ということだ。
 そう言われればそうだという映画は色々あった。

 このような経緯なのだから、もう『スターウォーズ』の新作はけっこうである。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-13 16:35 | 映画 | Comments(4)
 東京大学法学部卒の愚かしさが3パターン出揃う。

 まず舛添要一元東京大学助教授(今の准教授)、元東京都知事。

 座間の9遺体遺棄事件で被害者の氏名・顔写真が報道されたことにつき、「日本国憲法は加害者保護に偏しており、被害者保護が不十分。自民党第一次改正草案も25条の3として『犯罪被害者は、その尊厳にふさわしい処遇を受ける権利を有する』という条項を付加する改正を提案している。この改正には反対はなかろう」
 
 これは憲法の範疇じゃないと、早速の指摘がされていた。今の憲法の下、法律で出来ること。舛添氏も自民党も、憲法の本質を理解していないと言うことがよくわかる。
 そもそも、被害者は他殺でも自殺でも死に追いやられたことが人権侵害で、加害者は権力から追及される立場として人権を配慮されなけばならず、遺族はそっとしておいてもらうことと個人情報を保護される(両方を合わせてプライバシーという)ことが人権で、これらはそれぞれ尊重されるもので比較するものではない。
 
 だいたい、憲法と刑法そのほかの法律の区別ができたら、こんな滑稽なことは書けないはずだ。大学院は政治学専攻でも、学部で基礎は踏まえているはず。いったい彼はどうしてしまったのか。
 つまり、本当に法学部を卒業したのかというお粗末。


 次は山尾志桜里もと検察官、衆議院議員。

 「改憲論議に先手打つ」
 「これまでの改憲議論は『一文字でも変えたい改憲派』と、『一文字も変えさせない護憲派』による二項対立の構図に絡めとられてきた。だがもうこうした不毛な構図からはいい加減脱却すべきだ」

 これは私生活の不倫疑惑よりはるかに深刻だ。改憲と護憲の対立や論争は「不毛」と両方をこき下ろしたうえで、自分はもっとハイレベルと言ってのける上から目線の独り善がりである。
 まるであの三浦瑠麗という人がやっているお粗末と同じである。そんな三浦氏を小林よしのり氏は「東大出とは思えないバカ」と言うが、それと同類の山尾氏のことは、どうやったらあんなに持ち上げられるのか不可解である。
 
 東大卒の女性がみな変ということではないが、政治の話になると、片山さつき、豊田真由子、山尾志桜里、三浦瑠麗、などおかしなことになるのはなぜか。共通しているのは、なんとしてでも他人を見下そうと腐心して滑稽な言動をとることだ。
 つまり、高学歴らしさが自然に発揮できず、下手に偉ぶりたがるという醜悪さである。
 

 あとは木村草太首都大学東京教授(正式肩書)、「新進気鋭の憲法学者」(マスコミ用語)

 「我が家では、思春期以降の深刻な悩みに備えて、『親に相談したくない悩みができたら、弁護士のところに行くように』と伝えている。彼らは守秘義務があるから、必要があれば、親にも秘密にする。でも、話を聞くだけじゃなくて、とり得る具体的な措置を提案してくれるはず。」

 ほとんどの事を相談に乗ってもらえて、かつ信頼関係が築かれているという、有り得ないに近い前提の話である。未成年者なのに、費用の事もあるのに。
 そもそも弁護士は紛争の「敗戦処理」をするだけで、本質的な解決はできない。そして法律家が思春期の悩みに応えられるとも到底考えられない。
 これはやっぱり学者サマの意見にすぎないということ。実務は全然違う。だいたい弁護士は守秘義務なんて守らない人がざらにいる。そのことで懲戒請求されても弁護士会も日弁連も屁理屈をこねて庇う。裁判に訴えても、やっぱり裁判官は身内だし弁護士会は天下り先だから、無茶苦茶な屁理屈をこねて庇う。

 どうやらこの法学者の先生は裁判沙汰になった経験がないようで、弁護士に係らないでいられたのは実に結構、幸せなことではあるが、それでこんなことを公言するとは「幸せ」というより「オメデタイ」というべきだ。しかも、これでは子供のころに悩んだことも多分なかったのだろう。
 つまり、学校の勉強はがんばったが世間の現実を知らないという井の中の蛙ということ。

 「やれやれ」である。見事に3パターン揃い踏みである。

f0133526_03142288.jpg






[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-12 12:15 | 司法 | Comments(4)
 NHKに委託された業者(グッドスタッフ)の訪問員が、テレビを含む一切の受信機を持たない人に契約を強要したので、その会話を録音して抗議したところ、NHKおよびグッドスタッフは非を認めて謝罪訪問と謝罪文の提出をしたそうだ。
 この証拠を提示するまでは非を認めなかったそうで、だからNHKが来たら必ず録音や録画をするべきだと、その人は言っていた。たしかに、「ちがうだろ」「ハゲー」のように録音など証拠が決め手となることはよくある。

 そのNHK委託業者を名乗る男は先日こちらにも来た。例の「テレビがなくてもワンセグがあるだろう」と脅迫的言質を奏する周知のとおりの話だろうから、録画しながら話すと通告した。
 「ネットに載せるのでは」
 「投稿しないのに録画するか」
 「ではダメです。インターネットに掲載されたら困る」
 「公開されて困る話なのか」
 「じゃあ結構です」
 と、慌てて帰って行った。
 つまり最初からやましい気が連中にはあるということだ。

 この前日、NHKは『NW9』で、「タイヤのパンク事故」、イバンカお嬢様の「優れた政治能力」、「トランプの感情分析」、そのうえ「石田えり56歳のヌード」という内容。この日は国会前で4万人が熱く政治危機を訴えていたのだが、その事実をNHKは7時のニュースと同様に無視して一切報じなかった。
 これは安倍総理を支持する「日本会議」が経営委員に送り込まれたためであろうと、NHKに対して公共放送失格だという怒りが巻き起こっていたが、その翌日には強引に受信契約を結ばせて金を取ろうとする。
 つまり、魅力ある番組を作って勧誘して回るのではなく、異常な放送をして怒りを買いながら力ずくで金を奪い取ろうという狂気で、もともと問題があったNHKがさらにここまで堕落したのかと驚かされる。

 また、北朝鮮が脅威だと煽り、米大統領の「武器を買え」に言いなりの総理に好都合な話ばかりして、高額な武器がさらに日本に売られると割高のぼったくりである事実を隠し、そんな政治に苦しめられる庶民に受信料を払えワンセグも同額だと迫るNHKは、その汚れ仕事も委託業者に丸投げであり、正職員の給与は高い。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-11 18:11 | 社会 | Comments(5)
 ユダヤ人権擁護団体のSWC(サイモン・ヴィーゼンタール・センター)は、権威あるとされるアメリカ美容形成外科学会(AACS)が、日本の高須克弥医師の会員資格停止を決定したことを賞賛する声明を発表した。
 これは高須クリニック院長の高須克弥医師が、ヒットラーを礼賛したり歴史修正主義の主張をしたりで、そうした一連の発言が問題になっていたためだ。
 そして「高須クリニックはナチスクリニック」と批判されたり、その宣伝コピー「イエス高須クリニック」が「ナチス高須クリニック」と皮肉られたりしてはいた。
f0133526_16502048.jpg
 ところが、同医師の診療所は派手な宣伝を繰り広げて多額の広告費を払うスポンサーであるため、日本のマスコミは及び腰であった。
 しかし、これは海外に知れるとSWCが同学会に働きかけ、そして会員資格停止となり、権威ある美容形成外科学会から追放されたようなものだと騒がれたのだった。
 これに対して同医師は、それなら自分から退会すると宣言した。追放される前に出て行くと言うことについて彼は「処刑されるくらいなら自決する」と比喩したらしい。

f0133526_17450317.jpg

 まるでベルリン陥落寸前のヒットラーだが、エヴァ ブラウンと同じ立場の西原理恵子という女性は、どう思っているだろうか。
 そもそも、先にSWCやメンゲレ博士については述べたが、この反省が医学界とくに美容形成外科界に求められてきたので、高須院長の発言は問題になるのである。

 また、先日、高須クリニック院長は、訪韓のトランプ氏が夕食会で慰安婦被害者と抱擁したことについて 「このいかさま売春婦を何と紹介したのか?不快である。」 と発言している。
 これに対して、医師にあるまじき言葉だと非難する人たちがいる。元慰安婦が、年端も行かない頃に日本軍の慰安所にかどわかされ、どんな目に遭わされて、その後どんな思いで生きてきたか。それを知ろうとするほんの少しの良心と誠意とがあったら、あんな醜悪な言葉は絶対に吐けない、ということだ。普通の人間の感覚なら、そう感じるだろう。

 しかし、被害に遭った人とくに女性を侮辱して加害責任を認めないのは美容外科医にとってごく普通のことである。いわば、あれは職業病である。
 これについては、従軍慰安婦とからめて拙書『朝日新聞の逆襲』で述べたとおり。




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-10 17:46 | 国際 | Comments(5)
 覗き趣味の写真を撮って週刊誌やタブロイド紙に売るカメラマンが、ダイアナ元皇太子妃を盗撮しているうちにとうとう室内で裸でいる姿を撮影したため、やりすぎどころではないと問題になったことがある。
 これについて英国のジャーナリストが「私なら絶対にやらない。違法行為なのでやってはいけないことだが、だからやらないのではなく、人権侵害だからやらないのだ。もしも盗撮して重大な告発になり、それによって逆に人権を守ることにつながるなら、違法行為でもやるだろうし、それで逮捕されたり刑務所にぶち込まれたりしても、本望だ」と喝破して話題になったことがある。

 ところで、先日、朝日新聞のスポーツ担当カメラマンが盗撮をしたと報じられた。これは密かに女性の姿を撮影するスリルなどが楽しくて、この劣情から繰り返しやったと、当人は述べてたそうだ。
 このような話では、朝日新聞とは直接の関係がない。前置きしたように、もしも朝日新聞に掲載された写真が盗撮によるもので、プライバシー侵害などの問題を起こすものか、報道する意義があるのか、というような議論になるならともかく、そんな要素は皆無である。

 それを産経新聞や日本テレビが「朝日新聞のカメラマンが盗撮」と鬼の首でも取ったように騒いでいた。そもそも業務とは無関係の話だ。盗撮したものを朝日新聞が掲載したわけではないし、そんなことがありえる内容の被写体でもなく、個人の迷惑防止条例違反の行為にすぎない。そんなことをした者が朝日新聞と雇用契約していたというだけの話だ。

 これは前から言われていることだが、従業員が犯罪を起こして就業先とは無関係でも日本では問題になる。これが諸外国と違うところだ。
 また、これについて外国に滞在する割合の多い人が指摘していた。
 なにか従業員が不祥事を起こしても、それが仕事と関係無ければ、イギリスやアメリカ、カナダ、イタリアの会社は謝らない。従業員は家族でも運命共同体でもなく、単に労働力を提供してもらっているだけの商取引関係にある商売相手だから。
 ところが「場の論理」に支配された日本では話が違う。日本では会社は「場」であるから、誰かが罪を犯すと「A新聞の記者のNが窃盗を犯した」などと報道される。そんな報道は日本だけ。会社と従業員は雇用関係にあるにすぎず、なのにどこに勤務しているかなんて報道する意味がないのだが、この当たり前のことが日本では通用しない。

 つまり、日本では奇妙な発想が常識よりも優位にあるのだ。そこへ他のマスコミが付け込んで、無意味な嫌がらせ報道をしたということだ。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-09 12:53 | 社会 | Comments(0)
 前に深夜ひっそり放送されて地味ながら好評だったアメリカの社会派テレビドラマ『事件記者ルーグラント』に、先住民との文化の違いが学校教育で問題になっていることを記者が取材しに行く話があった。
 まず学校では、目上の人の話を聞くさい相手と視線を合わせないと失礼であると教えていたが、先住民のマナーだと目上の人に対しては視線を逸らすのが礼儀とされていて、先住民にも公教育を受けさせる場合にどうするべきかと議論になっていたのだった。

 これは日本だと、目を見て話したり聴いたりするのが礼儀である一方で相手を見返すのは敵意の表現ともされ、やくざの言葉では「ガンを付ける」と言うが、武士は攻撃の意図を持たないと意思表示するため視線を逸らしてお辞儀をする。
 また、やはり武道がらみで『燃えよドラゴン』の冒頭ではブルースリーふんする主人公の武術家が弟子に稽古をつけるさい、挨拶の礼で視線を逸らしたら頭を叩き、礼の時も相手から視線を逸らすなと躾けていた。

f0133526_14490137.jpg


 これが握手をする文化だと、素手であることを示す意味がある。だから利き手を差し出すもので、そうでなければ利き手に武器を持っているという意味になるから敵対の意思表示になる。

 このたび来日したトランプ米大統領が天皇と握手したさいお辞儀してなかったと指摘する人たちがいる。まったく首を垂れなかったのではなかったが、日本式の握手は同時にお辞儀の礼をするもので、それを知ってか前のオバマ大統領は来日したさい天皇と握手するさいにそうしていて、これと比較して言っているのだ。

 あと、韓国の季明博大統領も天皇と握手は日本式にやっていたが、中国の習近平国家主席はそうやってなかったと怒る人もいた。そのうち「ネトウヨ」の連中が、習主席には怒ってトランプ大統領には怒らないので、やはり安倍総理の支持者らしい「アメポチ」の態度だと揶揄されていた。

 ただし、習主席と天皇とは互いに目を合わせてに微笑み合っていたから、これは単に日本式でないという程度のことだろう。ブルースリーが弟子に注意したような、目を逸らすと攻撃を受けるという相手ではない。
 これが政治の駆け引きをする相手であれば、握手のさい視線を逸らさないだけでなく、握った手を強く大きく振るのが中国式だ。田中角栄総理と握手した周恩来総理がそうだった。

 このように握手にも色々あり、それを単純に比較しても意味が乏しい。それより問題なのは、相変わらず金を取られてばかりの安倍外交のほうだろう。 




[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-08 15:27 | 国際 | Comments(3)
 アメリカの人気テレビドラマ『トワイライトゾーン』(日本放送では『ミステリーゾーン』後に映画化で『トワイライトゾーン』と原題と同じに)には、幻想的な物語に風刺や社会批判が込められていたが、その中でも特に「暗闇の男」という挿話にはこの傾向が強かった。
 これは翻訳も当時のままで繰り返し放送されている。

 かつて再放送で観たのと同じものが、誰かによって動画サイトに投稿されているので、改めて観た。監督がスチュワート=ローゼンバーグだったとは気づかなかった。
 ただ、一部音声が消えていて、差別的な言葉だったからだろうが、二か所のうち前のほうでは、右翼の青年が街頭でアジ演説して野次られるなどしたあと「あいつらはアカだ」と言っていたはずだ。差別ではないが、政治的だから音声を消したのだろうか。

 ところで、ここでは観た人たちのツッコミがテロップになることは周知のとおりだが、最初、右翼の青年が友達数人と政治結社をつくり街頭演説していて、「国際金融資本が~」と言ったり人種差別発言したり、また今ちょうど百田尚樹が吐いた暴言と同じことまで言っているのだが、ここで「ネトウヨと同じだ」とツッコミがあり、また過激な演説をしても本気で相手にされていないから「まるで外山亘一だ」というテロップ、それが今でいうヘイトスピーチと危機扇動によって次第に支持を集めてくると「石原慎太郎だ」「橋下徹だ」というテロップ、ところが仲間割れになると「維新だ」とツッコミが入るので可笑しい。

 しかし、今にも通じる普遍性のある風刺であるから、観たことが無い人にはお勧めである。





[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-07 15:24 | 映画 | Comments(0)
 今日、掲載誌が送られてきて思い出した。
 久しぶりに月刊紙の爆弾に書いたのが、この表紙の一番右側の見出しの記事。きっかけは、ある医療事故の被害者が当誌に訴えてきたこと。
  
 そこから、マスコミがどうして医療事故を報道しないのか、病院やスポンサーへの「忖度」、弁護士が儲かる仕事へと「変節」する実態、あの議員の議会質問で話題の「イエス○○クリニック」について、精神医療の「業界」と政治の癒着、医療最悪といわれる千葉と群馬の実態、など。
 
f0133526_19103448.jpg

 あと、隣の前川氏の話も興味深いので、関心がある方はぜひご購読をお願いいたします。



[PR]
# by ruhiginoue | 2017-11-06 19:22 | 雑感 | Comments(8)