人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

呂(Lu)さん

 先日、日本に来て仕事をしている中国人の呂さんに会った。
 いつも彼は自分のことを「ろ」と言っているが、「ルーさん」と呼ばれると「それは中国の発音です」と言う。
 しかし中国人はもちろん、アメリカ人など日本人以外の人からは「ミスタールー」と呼ばれている。
 
 これで思い出したが、台湾から日本に来て活躍したプロ野球選手でルー=ミンスーという人がいて、日本では「ロ選手」と呼ばれていた。
 これを呂さんに話すと「聞いたことがあります。巨人に居た人ですよね」言った。

f0133526_11584795.jpg

 ロ選手ことルー=ミンスーは88年に、試合で骨折したウォーレン=クロマティの代わりに出場すると、強打者として大活躍した。
 それで、アメリカから大金を払ってクロマティ選手のようなメジャーリーガーを招かなくても、同じアジアに優秀な人がいるじゃないか、という話になったのだった。

 この話は、今、日本に来て仕事している呂さんは若いので知らなかった。あくまで姓のことから日本で誰かに言われただけらしい。
 しかし、日本は労働人口が減ってきたけれど、隣の中国に人が大勢いて、そこから選べばいいということが本格的なってきたことは確かだ。
 かつては、中国人というと当たり外れが極端なので面倒くさいから避ける経営者が多かったけれど、それが今では方法が確立したのか選びやすくなったということか。

 あと魯迅の魯も「ルー」だけど、中国人の留学生に「『阿Q正伝』の作者なら『ろじん』で通るよ」と言われたことがある。

 また、クロマティ選手はホームランを打つとガッツポーズで拳を突き上げていたが、このとき風船ガムを膨らませて見せることがあり、試合中にガムは不謹慎と言う日本人がいたので、そこは文化の違いだった。
 文化の違いといえば、ロ選手はホームランを打つとガッツポーズとして走りながら拍手していた。中国では議会の開会式などで気勢を上げる意味で拍手するから、これは中国式かと言われたものだ。

 ということで、呂さんから色々と思い出したのだった。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 
# by ruhiginoue | 2019-11-22 12:54 | 体操 | Trackback | Comments(0)
 高校生の時に生徒会の役員をしたが、選挙では激戦だったけれどトップ当選だった。
 なんてことはない、所詮は高校の選挙だから、立会い演説会でパフォーマンスが受けた者ほど得票が多いものだ。

 ところが、同級生の中に、投票したから奢れと言ってきた者がいて、もちろん投票した人全員に奢るような金なんかあるわけないだろうと言ったら、生徒会の予算があるだろうと真顔で言う。
 そんなことできるわけないと言ったら、投票した甲斐がないと不満そうだ。冗談だと思ったが、ほんとうに怒っている。
 だいたい、生徒会の予算は部活などの費用にするもので、個人的な流用はとんでもない不正だと言った。言うまでもないことのはずだ。
 
 すると、そいつは「お前は共産党だ」と言い出し、その後も何かにつけては「共産党」と指差して叫ぶのだが、この一人だけ極端だったけれど、同じようなことを言ってきた同級生は他にもいた。
 さらに、事情を知らないから具体的な内容を解ってない者が同調した。なぜなら、何やらお金の不正はいけないことだと言うのは「共産党」だと信じているからだ。

 これが日本では、特に田舎では、当たり前なのだ。
 ただ、大人になれば節制しながらやるものだけど、安倍総理は頭が大人になっていないから、田舎者であるだけでなくガキと同じになっている。二代目、三代目、四代目、となるにつれて酷くなるもので、今の自民党に同調ている人たちも何らかの形で同類であるはずだ。観察すると気づく。

f0133526_11520117.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
# by ruhiginoue | 2019-11-21 11:40 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 最近では高齢者たちの間で グランドゴルフが流行ってきていて、こちらはゲートボールより広い場所が要るので、よく子供が遊び場を取られてしまい、ひどすぎると大人が唖然とすることもあるそうだ。

 かつて、小学生の作文「今の子どもはビデオゲームばかりして外で遊ばなくなったという人がいるけれど、外に遊ぶ場所がありません。近くの公園はおじいさんおばあさんがゲートボールをして、ぼくたちにサッカーをさせてくれません」がマスコミに取り上げられて話題になった。
 また、電車やバスの中で、元気のよすぎる老人がシルバーシートでもないのに「若い人は遠慮しなさい」とか「どけ」とか言って座ろうとすることがあり、よく出くわした人の新聞投書が掲載されていたものだ。

 こういうことは昔からあったが、最近では若いサラリーマンが怒っていたりする。
 「あんたがた年金生活して遊んで帰る途中だろう。こっちは働いて疲れているんだ。若いけれど疲れてしまうのは、あんたがたの年金の分まで働かされているからだ。そのうえ働いて掛金を取られて将来もらえないだぞ」

 しかし元気だが脳は確実に衰えている老人が多いらしい。
 もともとゲートボールは相手方の妨害をすると有利になる陰険なルールがあり、これをやられると頭にくるが、堪え性が壊れてきた老人だとブチ切れてしまう。
 そして、ちょぅどよいハンマーがあるから殴ってしまう。これは振り回すと勢いがつくので殺傷力がある。だから昔からゲートボールしていて老人が老人を撲殺する「ゲートボール殺人事件」がマスコミに報じられていた。
 そして「あんなものを高血圧の人に持たせては危ない」と言われていたのだ。

f0133526_11032316.jpg

 そして今、駅などで老人の暴力事件が多発している。
 少し前に、ここで自分の体験を述べた。急に混んできたので、赤ん坊を抱いた女性が後から乗り込んできた人たちに押されないようにしていたら、後ろから「もっと詰めろ」と蹴りを入れられてしまった。
 その爺さんは、すぐ事情に気づいて謝ったが、そんな短い間の我慢ができず口より先に膝が出てしまったのだ。

 だから満員電車に乗ると、痴漢に間違えられないよう女性を避けるとともに老人を避けないと危ない。困ったものである。

 
 


ブログランキング・にほんブログ村へ
# by ruhiginoue | 2019-11-20 11:01 | 社会 | Trackback | Comments(0)
 タレントつるの剛士が、安倍政権による税金の私物化を追及するなんて「くだらないこと」とTwitterで発言した。

 このトンデモ発言がいかに酷いものか。

 まず、徹底追及されて当然ということ。
 税金が私物化されている問題は「くだらないこと」では到底ない。その「桜を見る会は「内閣の公的行事」と閣議決定されていたが、実質は後援会の接待行事だった。政府は公共性のない催しに税金を使ってはいけない。
 しかも公選法違反の疑いがある。政治資金収支報告書への不記載も問題になっている。
 つまり民主政治の根幹を揺さぶる大問題である。これがつるの剛士の脳では理解できないということだ。

 また、つるの剛士は唐突に災害被災者を持ち出して野党批判をした。
 このほうがよほど「くだらない」し実に下品なことだ。
 そもそも「桜を見る会」の問題と被災地復興は全く別の話である。今の日本の制度では、複数の省庁があって、大臣・副大臣・政務官・多数の官僚がいて、両者を同時進行するのに支障はない。
 ようするに「桜を見る会」を問題にさせない為に全く関係ない被災地復興を利用しているのだ。

 それに、災害対応に気配りせよというのであれば、安倍政権の災害対応が後手に回ったことはどうなのか。
 つるの剛士は「桜を見る会」問題で窮地の安倍政権を擁護するため台風の被災をこじつけたが、その台風15号のとき周知のとおり安倍は組閣祭りをしていた。これには触れないつるの剛士。
 何より、つるの剛士も過去に「桜を見る会」にお呼ばれして悦に入っていた。なんとも解り易す過ぎる。

 上記の指摘は既に多くの様々な人たちによってなされている。では、これについて自分としてはどう考えるか。
 まず上記の指摘は正しい。つるの剛士はデタラメなことを言っていて、権力に媚び、被災者を勝手に利用しているのだから、みんなに言われているとおり「恥知らず」「恥を知れ」である。同感だ。
 
 では、彼はなんでこうなのか。
 つるの剛士というと昔ウルトラマン役だったらしいが、見たことない。
 それが、このところは政権の悪事を擁護するためデタラメ発言ばかりしていて、ヒンシュクを買ってばかりいた。
 そうしたら、過日、ピアノと朗読による物語のコンサートがあって、そのライブ録音がFMで放送されたが、大ベテランの高橋アキがピアノ弾いてる横で語り部を担当していたのがつるの剛士だった。
 これを聴いて呆れた。つるの剛士は声が汚い。演技も下手糞。声の汚さはヤンキーダミ声というやつで、不良がよく故意に発する音だ。これは爺さんダミ声とは違った下品さである。
 これだから、歳食って行き詰まっての処世術だろうと解った。


f0133526_11101615.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
# by ruhiginoue | 2019-11-19 11:05 | 芸能 | Trackback | Comments(0)
 女優の沢尻エリカが麻薬の所持で警察に逮捕された。
 このことについて、ちょうど政権が政治スキャンダルの渦中なので、そこから国民の意識を逸らそうとする陰謀だと言う人たちがいる。
 そこには芸能人が何人もいて、Twitterなどで説いている。

 もちろん、芸能スキャンダルの類は時期を狙って発表するものだ。
 たとえば新年とか新年度とか新学期には、多くの人たちが希望に燃えているので他人のことなど構わないから、それから暫くして現実が見えてきて皆がガッカリしているところで発表する。自分が幸福でないと他人の不幸を喜ぶ。そこで芸能人が餌食になる。

 また、沢尻エリカが逮捕される直前の様子をテレビ局が狙って撮影していた。
 焚き付けるためマスコミに予め垂れ流す「リーク」があっただろう。そのうえで、逮捕されたら放送し、これにより政治スキャンダルが他所に退けられた。時期を見計らってリークと逮捕したのだろう、というわけだ。

 これについて、根拠のない憶測だから無意味だと指摘する人たちもいる。面白おかしく語ることはできても、政治とは関係がないのだから。
 そんな憶測より確実なのは、政治的な意図があろうとなかろうと、とにかくテレビが、政治の不正を追及するより芸能ネタを優先させたことだ。
 だから、憶測によって陰謀を説くよりも、明らかな事実に基づいてマスコミを批判すべきだ。

 ところが、芸能人たちとしては、商売の都合でマスコミ特にテレビを批判できないから、陰謀論でお茶を濁している。それだけのこと。
 それに、商売ということなら民放は視聴者にウケそうな芸能人ネタになびくもの。
 そこでNHKは違う対応をすべきなのに「何をやっているのか」と批判しないといけないはずだが、やはりNHKの影響力を気にしているようで芸能人たちは絶対に批判しない。政権に批判的なら、その政権を最も擁護して延命させているNHKを問題にして当たり前だが、これは芸能人には不可能だ。

 はっきり言って、「勇気をもって」でも「格好つけて」でも、どちらにしても、いくら政権批判したところで、所詮は芸人、というより所詮テレビタレント、ということだ。
 
 
f0133526_10472186.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
# by ruhiginoue | 2019-11-18 10:55 | 芸能 | Trackback | Comments(0)
 東京オリンピックで一部の大企業が利益を優先させているから、テレビ中継の都合で酷暑の中の開催など異常なことになっているけれど、それなのにボランティアを募っている。
 そんなことに協力するなんて、馬鹿げているし危険もあるからやめておけと警告されている。
 すると、高校生などに強引にやらせようと、学校に人数の割り当てまで。これでは最早ボランティアではない。

 このような志願の強制は、かつて戦争でたくさんの悲劇があった。
 これについて、権力に騙され良かれと信じて協力してしまったと反省する教師たちもいたが、そうではなく生徒を迫害して悦に入る異常な教師もいて、それが解っている生徒は志願するべきだと言われても拒否し、すると教師に教室でなじられたとか、こんな奴は殺していいと他の生徒たちをけしかけられたとか、そういう話がいろいろとある。

 これは今でもあることだろう。東京オリンピックのボランティアなんて不純だから生徒に薦めてはいけないと教師に対して忠告している人たちがいるけれど、不純だと解っていて悪意で生徒に強制する教師もいるはずだ。
 もともと、病気や怪我の生徒に奉仕活動や献血を迫り、断ると利己主義だと罵り、やる気があっても不可能なら駄目な子の烙印を押し、生きていても意味がないとか生まれたのが間違いとか言って貶め罵るなど、公共の名の下に虐待してサディスティックな快感を味わう変態の教師は多い。それができるからと教師を志望する者がいるからだ。

 よく親の中には、学校で教師にいちいち注文をつけ文句を言ったりする人がいて、これはこれで困ったことだが、しかし一切文句が言えないとなると、それだから何でもやれると志望する危ない人が教師になってしまうので、学校の教師は外部からの監視を強化するべきなのだ。 
 
f0133526_15435361.jpg

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
# by ruhiginoue | 2019-11-17 16:30 | 社会 | Trackback | Comments(0)
 政府が主催する花見の宴会で、総理大臣が自分の選挙区の支持者たちを招いたことは違法であると指摘されている。私費であっても買収になるし、それが公費となれば犯罪としてさらに悪質である。
 これでは大臣も国会議員も辞職しなければなららないが、前に妻が関与していたら大臣だけでなく議員も辞職すると国会で答弁しておいて居座っているのだから、また同じだろう。

 こんなことを国民がさせているのは、日本人の陰湿な体質によることだ。

 もともと買収という以前の問題として、国と社会に対する功績あった人たちを招待しているにしては、そうではない人たちが呼ばれていて、公私混同だと批判されていた。
 しかも、総理大臣は自分にオベンチャラやゴマスリをする人たちの所業を「功績」だと思っているようで、この図々しさが反感を招いていた。
 また、芸能人を招いて華やかにするもの、それによって全国民がテレビを見るなどにより楽しめるから税金を使っても許されるはずなのだが、この芸能人たちも政治的な基準により、力関係や宣伝のため決定されている。

 そして、政府の関係者と、政府に招かれたから「勝ち組」になったと好い気になっている連中は、それ以外は蚊帳の外でザマミロと見下している嫌らしい態度が露骨である。これでは多くの国民が不愉快である。
 ところが、その他大勢の人たちが便乗している。本当は蚊帳の外なのに内側にいるような妄想に浸り悦に入っている。

f0133526_15285419.jpg


 前に「イートイン脱税」なんて嫌な言葉だと指摘する人の話をしたが、これがごもっともなのは、もともと「お上」の不手際による税制の不自然さと穴だらけが原因だったのだから、責任を持たない庶民は無視しておけばいいはずなのに、それを極少額なのに「脱税だ」とチクって騒ぐからだ。手前だって決して金持ちではないのに。もっと大きな脱税している人たちに対しては何も言えないくせに。
 これと根っこは同じだ。

 このような陰湿な体質は、日本人が支配されることに慣れきってしまったからだろうが、今の時代になって昔から相変わらずな人が多数なのは「三つ子の魂百まで」ということなのだろうか。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 

 
# by ruhiginoue | 2019-11-16 15:19 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 大学入試に民間企業の英語検定試験を取り入れるのはベネッセの陰謀だと指摘されている。実際にベネッセは、それにより業績が向上すると期待していて、これを恥知らずにも露骨に公言していた。

 前には、センター試験のヒアリングに使われた機材がコストからするとぼったくりだと言われていて、これでソニーが大儲けしたはずだ。
 まったく、入試を利権化して受験生を食い物にするの、いい加減やめてほしい。

f0133526_15494342.jpg

 この件で、先日、民放のAM放送を聴いていたら、親の七光で評論家している大宅映子が出ていて、民間試験導入の問題を指摘していた。
 そのさい、彼女はよく外国に行き英語を話すが、どうやって英語を憶えたかと、番組で同席の人に尋ねられると「歌だった」と答えた。最初は英語の歌詞を翻訳して記憶したそうで、そういう人は結構いるものだ。

 ところで自分はどうかというと英検三級でやめてしまったが、それにしては外国人と喋ってたりする。
 そして「英語を憶えたのは学校ですか」と問われるが「いいえ、ラジオです」と答える。十代前半の時、NHKのラジオでマーシャ=クラッカワーさんに習いました」と。
 とても発音と声と顔も綺麗な女性で、今だったらNHKのラジオに出ているハンナ=グレースさんか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
# by ruhiginoue | 2019-11-15 11:24 | 学術 | Trackback | Comments(0)
 「共産党」と言えば悪口になると思ってる人は、昔からいて、特に田舎では普通のことで、そうであろうとなかろうと関係なく片っ端から言うもので、珍しいことじゃない。
 珍しいのは、総理大臣ともあろう者が国会で違う政党に所属してる議員に言ったことだ。

 もしかして、立憲は自民と変わらないと思っていたけどそうじゃなかったと言う意味だったのだろうか。
 「立憲民主党は自民党の亜流だから大企業がスポンサーのマスコミが取り上げてくれているのに、そんな厳しく政府を追及するようでは共産党と同じじゃないか。共産党のようにマスコミから、田原総一朗や佐高信など自民党を批判するふりして自民党の味方しているマスコミ人に、disられていいのかよ」
 などと皮肉を言うつもりだったとは、安倍総理の頭からすると考えにくいけれど、その野次が出た国会で、共産党の議員が厳しい質問で追及している一方、立憲民主党の議員が馴れ合いだと批判される質問をしていたことは事実である。

 しかし、安倍総理の野次はあくまでネトウヨ感覚である。これと、無知な田舎者がよく言うのとでは性質が異なる。
 だいたい田舎者は、批判的でなくても、政治的でなくても、なんとなく小難しいことを言ったり考えていそうだったりの人を、漠然と「共産党」と言う傾向がある。何でもナアナアで済ませてはいけないと言うのは田舎でない所では常識だが、田舎では何でもナアナアで済ませるのが常識である。それが飛躍して「共産党」になる。
 また、「理屈っぽい」など意味で使われるが、これは論理的な思考を苦手とする者が、反論はできないけれど否定したい時に便利である。昔から権力から迫害されている共産党に喩えて中傷するなら、権勢に媚びながら自分の無学を隠せるだろうという期待がある。

 だから、反対に共産党を応援してる人の多くは、田舎によくある馴れ合いや田舎者に安住する人の無学が嫌いだ。逆に言うと、自民党にあるような田舎臭さが嫌いで共産党を応援する。
 いい例が落語の名人の林家彦六であった。よく「とんがり」「インテリ」と言われた彼は、共産党の理念よりも書生っぽさに好感をもっているから贔屓していると言っていた。

f0133526_11172202.jpg
 



ブログランキング・にほんブログ村へ

# by ruhiginoue | 2019-11-14 11:16 | 芸能 | Trackback | Comments(0)
 田原総一朗は、「アベノミクス」に代わる経済政策がどの野党にも無いから国民から支持されず政権交代できないとデタラメ発言している。
 いつも田原総一朗は、その根拠として自分は直接聞いたと言うが、これが怪しいとか嘘臭いとかインチキとか、そういう指摘をされてばかりで、裁判に訴えられて謝ったことまである。

 この問題でも田原総一朗は、どの野党にも聞いたと言っているが、すぐバレる嘘である。
 この党で政策の担当者にこのように質問したという具体性がないから、こういう話は信用してはならないし、そもそも「アベノミクス」とは経済政策ではないのだから、そこから代わりの政策が野党から出るなんてありえない。
 
 だいたい、「アベノミクス」の意味を解っている国民は非常に少なく、そもそもマスコミ用語だったのがキャッチコピー化したのだから、これが経済政策であり野党には無いというのはマスコミによる演出にすぎない。
 また、数値を見れば「アベノミクス」が滅茶苦茶なものだと、もう明々白々なのだから、これに代わる経済政策という発想になるわけがない。実質が伴わなずただマスコミが喧伝するものを野党が持たないというだけのことで、これ故もしも有権者が野党を支持しないのであれば公正に報じないマスコミの責任なのに、それを田原総一朗はごまかして野党のせいにするインチキなのである。

 もともと、与党と野党どちらも悪いと言うのは、後でどちらに転んでもいいようにしておく姑息な処世術であるし、いちおう政権を批判しているようでいて実は嘘で野党を貶め結局は政権に媚びている田原総一朗のやり方はマスコミで商売するための手口としてスタンダードだ。
 こんなのに騙されてはいけない。
 
f0133526_10553000.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ

# by ruhiginoue | 2019-11-13 11:10 | 政治 | Trackback | Comments(0)