人気ブログランキング | 話題のタグを見る

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。Googleが誤情報を混ぜているので信じないで下さい。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

ブログの引っ越し

 このブログの左側に表示されている「外部リンク」のホームページに付いているブログに投稿を始めたので、今後の訪問を是非。
# by ruhiginoue | 2020-06-09 13:27
 都知事選で、現職の小池百合子都知事選が、学歴詐称疑惑を騒がれている。
もともと、カイロ大学卒業と自称しているにしてはアラビア語を使えそうな様子が無いと指摘されていた。ほんらい政治と学歴は無関係だが、政治家になるため選挙に立候補したさい嘘をついてはいけないので、学歴詐称も違法行為となるから問題になる。
 いまは亡き野村沙知代と同じことで、野村監督は妻の死後にその虚飾について語り、みんな嘘だったと率直に述べていたし、その前に大学どころか高校も行ってないと実弟が証言していた。しかし告発されて調べたけれど昔すぎるので不明だったから違法性は問われなかった。

 ところが小池都知事は、留学していたという当時に同居していた女性が、その当時の生活ぶりからして大学卒業はありえないことだと証言している。
 これで思い出すのが中国の江青女史である。彼女は毛沢東と結婚すると夫の威光を利用して勝手なことをしまくっていて、その身勝手は安倍昭恵夫人も似たようなものだと言われるほどだが、それら勝手なことした一つに、警察に手をまわしルームメイトだった女性を逮捕させたことがある。後に毛沢東が死んで、江青は散々イジメた鄧小平に逆襲されて失脚し、身柄を拘束されていたところ、そのルールメイトが面会に来て「どうしてあんなひどいことしたの。私、あなたのことを他人に話す気なんか全然なかったのよ」と言われたそうだ。
 しかし、今の小池都知事のようなことを江青女史は心配して予防措置をとったのだろう。

待てどもカイロの証書なし小池百合子_f0133526_16542387.jpg

 そもそも、選挙に立候補した時に学歴なんて言わなければいいし、カイロ大学って詐称するほど自慢になる名門なのかも疑問である。周辺の国々では、優秀な人や特権階級や大物政治家とその子供などは、ヨーロッパの一流大学や士官学校に留学している。
 もっとも、タナボタ式に地位を得た一方の嘘で問題なのは、花粉症ゼロとか満員電車ゼロとか、そういう無理な公約をして実現しなかった、というより最初から嘘だったとしか思えない、口から出任せの数々だろう。





ブログランキング・にほんブログ村へ 

# by ruhiginoue | 2020-06-09 04:48 | 政治
 横田滋氏が死去し、安倍総理が「断腸の思い」と言ったが、すでに様々な指摘があるとおり事件を利用するばかりで、それどころか懸命な訴えに対して嘲笑っていたとか、仕事するふりしてマスコミ向けのアピールしたあとサッサと帰宅してしまったとか、いろいろ告発があったものだ。

横田滋氏の死去と右と左の異常な日本人_f0133526_16373800.jpg

 ところで、人さらい事件にも色々あるが、日本で行方不明になった日本人が朝鮮にいた事件では、何故よく女性が含まれているのか。
 もともとは日本人と入れ替わり成りすまして南側に偵察しに行くためだったはずだ。例えば、貿易の仕事やらないかと持ちかけ朝鮮に連れて行き、その間に入れ替わった。それでバレて捕まった者もいる。だから天涯孤独とか家族と音信不通とかの日本人を探していた。行方不明になって騒がれてる人のパスポートを持って来たら一発で怪しまれる。なのに、なぜ騒がれる女性を誘拐したのか。それは潜入工作ではなく女が欲しかったからだ。

 かつて北朝鮮に、「赤軍派」一派の過激派がハイジャックで亡命した。いちおう政治亡命の形式だから同国政府は保護したが、正直とても迷惑だったらしい。その後も「お荷物」の状態で、それで密かに日本に帰国して逮捕された者もいる。そして平壌に残る者たちは日本のメディアに対して、結婚に至らず独身のままでいると言っていた。外国人それもハイジャック犯であれば相手がいなくて当然だ。
 このため日本人の女性を引き込もうとしたことがあり、北朝鮮にいて事情を知っていた日本人の女性が、誘拐は知り合いの仕業だと言って、行方不明者の家族に謝罪したことがある。

 こうして日本の警察は、ハイジャック犯たちが拉致事件に関与した疑いで逮捕状を取った。外国にいるから執行できないけれど、ここまで捜査した結果を示すつもりだったらしい。
 これに対してハイジャック犯たちは、逮捕状で精神的苦痛を受けたと主張し、日本国に対して慰謝料を請求する訴訟を、日本の裁判所に起こした。盗人猛々しいとはこのことだが、外国にいるのにどうやったのか。
 それは日本にいる仲間たちが代理になったのだ。その中心となったのは井上清志という赤軍派の活動家だった老人で、かつて極左過激派と言われる活動がやりたくて、そのために左翼運動が活発な大学に入り法政大から同志社大へと渡り歩いた。このため爆弾事件に関与した疑いで逮捕されたこともある。
 そして、彼はいくつかの人権擁護運動団体に割り込み、北朝鮮に亡命した拉致事件関与疑惑のハイジャック犯たちを擁護しはじめた。その延長線上にある訴訟である。
 まるで国家賠償請求訴訟にそぐわないし、政治的なパフォーマンスでしかなく、一部の極端な人たちの仲間ウケだけだから反対された。しかし押し切って訴えを起こした。

 これがマスメディアに取り上げられ、一般人から反感を持たれるだろうと指摘されると、普通の市民が支援してくれているという嘘を井上清志は繰り返した。
 しかも、そう偽装するためでしかないから、自分らは権力犯罪の被害に遭った市民の支援などせず、それどころか権力による一方的な暴力で重傷を負い身体に障害を持つ人をザマアミロなどと言って指刺して大口空けて大笑いするなど、政治的な狂信性というより人間的な異常性を疑われる言動が執拗だった。

 こんな井上清志らの訴えは裁判所に一蹴された。それで井上清志は怒っていると言うだけで、不当判決であるという具体的な反論はしなかった。
 こんなことをされてしまったので、民族差別や軍拡を批判していた市民にとっては大変な迷惑であった。もちろん、あれは学生運動世代が老人になってボケはじめたのであり、今は老人が全体的に非常識だから極左に限らないという指摘もある。
 そうであっても、こんな人たちがいることは、安倍のような人たちがのさばっていられる一因であるから、しつこく告発しなければならない。




ブログランキング・にほんブログ村へ 

# by ruhiginoue | 2020-06-08 04:30 | 社会
 Twitterの日本支社は安倍内閣から買収されているらしいと言われている。
 そう言われても仕方ない対応をしていて、安倍内閣支持者のヘイトスピーチは抗議されても放置していて、反対に批判的なら使用できなくなるように弾圧しているからだ。
 もともとTwitterは、例えば「豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまえ」という決まり文句に対して、死ねとは不穏当だから削除しないと凍結すると通告するなどバカなことばかりしている。

 もともと評判が悪いのはGoogleだった。
 昔日本で「グーグル八分」と言われる恣意的で悪意ある検索外しが指摘されていたけれど、今でもナレッジパネルでデタラメな情報を載せて、抗議されても受け付けず、なぜなら現実と違ってもネット上の情報の方が信用できると言う滑稽さで、他にもプライバシー侵害で裁判に訴えられたことがある。

 またWikipediaも管理者ボランティアにネトウヨが多いから、書かれた内容を信用してはいけない。
よく政権批判した有名人はネトウヨに荒らしをされたと言うが、こういうとき権限を持った匿名の管理人は、荒らしを保護したり荒らされたのを戻した者をブロックしたり、という悪意ある対処をしている。
 
 このようなことは日本に特徴的で、本家の米国では違い、日本よりは良識ある対応をしていて、はるかにまともである。
 それだけ日本が従属的ということだろう。だから世論も操作される。こういうことを防ぐために、中国などは対抗措置を取っているが、それを知らない人たちが、日本は自由で良いとか言ってボケまくっている。

 それだけ日本では敗戦後に米国の占領政策がうまくいって、今も変わらずということだろう。


GoogleもTwitterもWikipediaも日本ばかりデタラメ_f0133526_19352218.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ 


# by ruhiginoue | 2020-06-07 04:32 | 国際
 ジャッキーチェンが香港で反対運動が起きている国家安全法について支持を表明した。
 このところ彼は中央政府寄りの発言が目立ち、地元だった香港での評判は低下しているが、ちっぽけな香港に対して圧倒的に人口が多い中国全土での商売を考慮した結果だろうと指摘されている。

 それだけでなく、彼は中国では愛国者としてふるまい米国を批判するけれど、もともと米国でも大変人気だったので行くと愛想よくしていたし、日本に来ると一番好きな外国という意味のことを言うし、韓国ではファンたちに対して自分は半分韓国人のようなものだとまで言ってのけた。
 まったく、国際的な大スターとしては大変ということだが、それにしても露骨な八方美人である。

ジャッキーチェンの八方美人_f0133526_19305823.jpg

 ジャッキーチェンは主役を張るようになる前はブルースリー主演の映画でスタントマンをしていた。意識して観ていると、ブルースリーに襲い掛かって返り討ちにされるのがジャッキーチェンであると判る。
 もう一人ブルースといえばブルースウイリスが、無名時代にノンクレジットで『評決』に出ていた。こちらはポールニューマンの弁護士が法廷に立っている場面で、その後にいる原告夫妻のさらに後の傍聴席に座っている傍聴人だった。小さく映っていて動きもないけれどエキストラではなく、法廷のやりとりに反応する表情だけだが俳優として演技をしている。
 やはり意識して観ないと気づかないし、言われて見れば顔がそうだけど、若いので少し風貌が異なる。なにより頭髪がある。
 
 ブルースウイリスもアクション映画で売れてから政治的には保守的な立場を表明しているが、それにしては『ファーストフードネイションズ』という告発ものに出ていたのは意外だった。
 とかく芸能人は、信念なのか処世術なのか不明なことがある。





ブログランキング・にほんブログ村へ 

# by ruhiginoue | 2020-06-06 05:27 | 映画