人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue
 親の仕事の関係で北米で過ごした人が、日本に帰るという時、アメリカ人の女性から言われことで呆れたそうだ。
 それはアメリカだけが素晴らしい国なのに他所へ行くなんて信じられないということだった。なぜなら―
 「アメリカにはピザがあるのよ」
 もともとイタリアの料理で、それが世界中に伝わってアメリカにもあるということなのに。だからアジア各国にもあり、日本にも中国にもある。韓国にもあるし、南だけでなく北にもある。首都の平壌では本格的に窯で焼いている店が普通に営業している。
 その米国人女性は地方の庶民だったから、そんな感覚だったのかもしれない。
 
 日本にも、外国で過ごして帰国し和食を食べ「日本人でよかったと実感した」なんて言っている人が昔から今でもいるけれど、それは慣れ親しんでいるだけだろう。日本に滞在した外国人が帰国して慣れ親しんだ料理を食べたら、やはり安堵する。
 これが寿司や蕎麦ならともかくラーメンやカレーを食べて「いやー日本人でよかった」と言う人までいるから、アメリカにはピザがあるからと言う人を笑えない。


f0133526_15185310.jpg

 他にも「日本には四季があるから良い」と迷信に基づいて言う人たちが昔からいるけれど、四季なんて世界各地にある。冒険活劇の観すぎで日本の他は赤道直下や極点だと思い込んでいる人が昔はいたということだ。今は違うけれど、何か良いことがあると言わないといけないと強迫観念になっていて、そこで昔の迷信を口移しするのだろう。
 だいたい、オリンピック開催時期で問題になっている夏の異常な暑さなど、日本の気候は快適からほど遠い。むしろ、その辛さを紛らわすため風流と言っているだけなのを、四季が良いとすり替えているのが日本の現実だ。

 それに、もともと日本の食べ物は手間ばかりかかる割に美味しくないうえ、さらには添加物や汚染物質ばかりの食品になってしまっている。なのに「食べられるだけでも日本人で良かったと感謝」と言う人。その多くは脅迫や洗脳で言わされている。
 また、日本は水が豊かとか言うけれど、水害や農耕の水争いで昔から水に苦しめられてきたことは歴史をちゃんと見ればわかるし、現代の水道だって処理法に難があり水質が昔からずっと問題にされてきたのに、日本人の多くは「いつも蛇口から水が出て飲める日本は凄いのだ」と言いくるめられている。

 まったく、劣悪な医療と高すぎる保険税で苦しむ人が多いのが実態なのに「国民皆保険制度で誰でも医者にかかれて日本人は恵まれている」と言いくるめられている人が少なくないけれど、これは、賞味期限切れや汚染の食材を学校給食に使い、子供たちに「両手を合わせて感謝して食べなさい」と威圧しているのと同じ構図だ。

 この調子だから、おそらく、自国だけが素晴らしいと勘違いしている人が世界で最も多いのは日本だろう。
 



ブログランキング・にほんブログ村へ



# by ruhiginoue | 2019-09-21 05:10 | 社会 | Trackback | Comments(0)
 これは英語圏で最近よく話題にされていて、特にIT技術者や管理系に目立つことだが、仕事である程度の実績ができたらサッサと在宅勤務にしたり自由契約や請負の自営に転じたりする人たちがいる。
 こうすると収入は減ってしまうが、それ以上に支出が減るから困らない。出勤しないから服はいつもラフで、スーツは無用だしビーチサンダルにTシャツなんて恰好したりもする。会社に通うなら毎日のことなので交通の便を考慮するが、その必要がないので住む場所が安くなり生活費が倹約できる。時間があるから旅行に行けるし、みんなが行く時期を避けられるから交通も宿泊も安くなる。
 
 なんともダラダラした仕事と生活だが、緩い生活でストレスはナシとういうことだから「クール」なのだ。

 これは、どんな仕事でも同じだろう。

 例えば、銀座でホステスすると給料は多いけど、それに相応しい服など出費も多くて割が悪いし、人に気を使うから大変である。これと、会社に行けば収入がそれなりでもスーツとか対人関係とかで割が悪くなるのは、共通した構造である。
 だから自分もそうだが、フリーランスとか自営だと、毎日着るビジネス用のスーツはいらないから二着で割安なんてものは買わない。たまに出かける時はダーバンで普段しまむら。
 ということになる。

 

f0133526_09362985.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ



# by ruhiginoue | 2019-09-20 05:29 | 経済 | Trackback | Comments(0)
 先日、母親が無思慮なせいで子供のころに傷ついた経験を述べたが、この話は学生の時に韓国人の留学生に話したことがある。

 この韓国人留学生は、もともとはスポーツマンだったが写真に傾倒し、体力に自信があるから工事現場で働いて稼ぎ高価なカメラを買っていた。
 それで軍事境界線を撮影したことで警察に目を付けられてしまい、ソウルを逃げ出して田舎に行き親戚のうちに隠れていたが、大統領が変わったおかげで実家に帰ることができたと言う。

 それくらい緊張感があって、日本とは差があったわけだが、親のことでも「カブトムシならマシ」と言う。
 彼は小さい頃に犬を買っていて、とても可愛がっていたし、犬も彼になついていた。それを、彼の父親の知り合いの男性が見て「美味しそうですね」と言った。それで彼の父は「お召し上がりになりますかと」言った。社交辞令だったが、その男は「ええ、ぜひ」と本気だった。
 それで犬は殺されて食べられてしまった。

f0133526_10454013.jpg

 こんな奴がいるから「韓国人は犬を食べるのが好き」と外国人から悪口を言われるのだと、その留学生は憤慨していたが、それ以上に嘆かわしいのは父親の方であり、また、それをやらせるのは、子供が悲しむとわかっているのに世間体を優先させる韓国の社会常識だから、こんなことは軍事政権と同様にお終いにしなければならない、と説いていた。
 それで、カブトムシならマシと言うのだ。もちろん、そのカメラマンの父さんもクソだと言い添えてはいたが。




ブログランキング・にほんブログ村へ


# by ruhiginoue | 2019-09-19 05:38 | 国際 | Trackback | Comments(2)

犯罪者の家系

 福岡県みやま市の松嶋盛人市長が、先祖の悪行は子孫の精神・身体障害、犯罪者の有無などに影響するとする文書を作成し、職員研修で配布していたことが分かった。
 これが報道されると、市長は「思慮が足りず反省している」とのこと。
 まるで発想がオカルトである。

 ところで、広瀬隆氏が「細川もと総理は戦争に反対した近衛総理の子孫」と持ち上げながら「安倍総理は戦争推進した岸総理の子孫」とこき下ろした時、もともと広瀬氏はロックフェラーやモルガンやロスチャイルドが閨閥で政治経済を裏から牛耳っていると暴いていたのに、家系で決め付けるようになっちゃったのかと落胆したものだ。
 もちろん、原発反対の原点は水俣病だと言っていた広瀬氏が、細川熊本県知事の冷酷な対応を知らないか、忘れたか、あるいは政治的な事情でとぼけたか、という問題もある。
 
 もちろん、遺伝などの意味ではなく、親などの影響ということなら、非科学的ではない。しかし、そうなると本当に影響されているのかが問題になる。
 これを逆手にとったのが橋下徹氏である。この問題の境界線があやふやになりやすいことに目を付けた彼は、親がヤクザだったから影響を受けたと言われても自分は公人だから甘受しないといけないが、家系が良くないように言われたら子供たちが可哀想だ、と言ってマスコミ攻撃した。

 だから、こういうことを安易に言うのは良くないけど、その一方で言われる側にも悪知恵の働く人がいるから、この問題は厄介である。

f0133526_11105764.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ



# by ruhiginoue | 2019-09-18 04:49 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 防衛医大などが人工血液を開発し、動物実験で成功したという論文を米輸血学誌に発表した。研究チームの木下学・防衛医大准教授は「離島など十分に血液を準備できない地域もある。人工血液でこれまで救えなかった命を救える」と話している。
 これを朝日新聞が報じた。

 かつて防衛医大の輸血に対する認識には問題があった。この危険性について他の医療機関の医師たちからの指摘があったことを既に述べている。ここで繰り返しはしないでおく。

 それより、これは論文発表の段階という話だ。
 その程度のことなのに、よく新聞が面白おかしく書くもので、このせいで過剰な期待をしてしまう患者がいて迷惑すると、かつて防衛医の助教授(今でいう准教授)が言っていたものだ。
 また、研究が防衛医大だからとマスコミが大袈裟に取り上げて結局ダメの例は過去に何度もあった。その一つで読売新聞だったが、同じ紙面に自衛隊の活躍を美化した記事が載っていたこともあり、政治的な意図を伺わせるものだった。
 なにより、同じような成果が発表されたことは過去に何度かあり、しかし難があったのだが、今回は違うといえるのかと疑問も出ている。
 
 なので、今ところ確実なのは映画のネタできることだ。自衛隊が血を好む怪獣をおびき寄せるために使うのだ。


f0133526_10401205.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ


# by ruhiginoue | 2019-09-17 05:35 | 学術 | Trackback | Comments(1)
 先日、今年はキャンプ場で子供たちにクワガタムシを捕ってやれなかった話をしたが、最近ではクワガタムシがカブトムシより子供に人気があるらしい。子供たちと話していていても、売られている値段からも。

 やはり自分も子供のころカブトムシやクワガタムシを捕って飼っていた。昆虫学の矢島稔の文に松本零士が挿絵の共著『昆虫おもしろブック』は大いに参考としていた。今から思うと認識が古い部分もある本だが、面白かった。

f0133526_10441203.jpg


 この当時、近所の四歳か五歳くらい年上の女の子から、彼女のお父さんが仕事で必要だからカブトムシを譲ってくれと言われた。彼女のお父さんはカメラマンで、外国の子供むけに日本の珍しい昆虫を紹介するということだが、どこが珍しいのか。日本は生息する種が少ないのに。日本からすると外国の昆虫が珍しいということならあるけれど。例えば世界最大と言われるヘラクレスオオカブトムシなどが話題になる。
 それが呆れたことに、日本のカブトムシに塗装して撮影して東洋の珍しい種ということにしてしまい、この写真を外国の子供むけ雑誌に売るというのだ。子供を騙して金儲けするというわけだ。
 
 これは子供を被害者にする犯罪である。
 もちろん激怒して断った。すると彼女はうちの母親に説得するよう頼んだ。そして、近所づきあいだから納得できなくても言う通りにしろと母親に命令されてしまった。まったく根っからの田舎者がすることであり、この母親のため子供のころから筆舌に尽くし難い思いをしてきた。今思うと、ウッカリ蓋を閉め忘れてカブトムシがみんな逃げてしまったことにすればよかったけど、当時は小学二年生だったから、そんな知恵は浮かばなかった。もっと聡明な子供なら、やっただろうが。

 それから数か月後、そのカメラマンのお父さんは、モデルの女性と駆け落ちしてしまった。
 しかも、何か仕事がらみの横領をして持ち逃げしたそうで、警察が調べていた。私服の刑事が聞き込みにやってきて、とくに近所だからと、うちの母親にあれこれ質問していた。そのさい刑事が言っていた。カメラマンお父さんは、派手な雰囲気の女性と一緒に歩いているのを街で知り合いに目撃されもしたそうだ。
 
 こうして残された家族は、かなり立派な家に住んでいたけれど、収入が途絶えたので引っ越し、その後は消息不明である。
 うちの母親は「あの娘(こ)、お父さんを慕っていたのに、可哀想ね」と言った。そんな男に自分も協力したこと、しかも強制された自分の息子だって可哀想だ、とは気づいてなかった。

 ずっと後に、この話について、ある出版社の編集者が「カメラマンって、そんな奴が時々いるね。奥さんが美人だったりもするけど」と言った。
 だから、時々このBLOGでカメラマンとかフォトジャーナリストは信用できないと言って時には実名を挙げて名指し批判しているけれど、もともと子供のころから体験によって不信感だったところへもって「やはり」と思うことがあるから、自信をもって批判しているのである。「食い物の恨み」というのがあるが、これは「カブトムシの恨み」である。




ブログランキング・にほんブログ村へ

# by ruhiginoue | 2019-09-16 04:39 | 自然 | Trackback | Comments(1)
 千葉県の深刻な被災に、政府の対応は後回しであった。
 これで、千葉県の森田健作こと鈴木栄治知事が言ってきたこと即ち前に国会議員だったから中央政界とパイプが通じていて安心というのは嘘であったと明らかになった。田中康夫もと長野県知事から「パイプは糞詰まり」と皮肉られもしていた。

 これは小渕内閣の当時だったが、内閣改造を五日後にずらして災害の対応を優先させたことがある。ところが安倍内閣は違ったのだ。
 かつて自然災害で被害甚大のとき、安倍総理がのんきに天ぷら会食していたのは、被災地の山梨は自民党の実力者だが派閥の違う金丸信の地元だから冷淡だったのだと指摘された。
 そして今回、内閣改造が先で被災地なんか後回しとなったのは、自民党に東京大田区を放逐された森田健作が落ち延びて知事になった先の千葉だからだろう。

 もしも野党系の千葉県知事だったら、この対応は不公正だと非難されたけど、与党で粗末に扱われていた人が知事なのだから、安心して放置できる。
 ただ政治家先生の虚名が欲しいだけの芸人が、ご都合主義で政党や会派を渡り歩き自民党に落ち着いた。それが森田健作こと鈴木栄治であった。
 だから森田健作は、自分とゆかりのある東京大田区で商店街を練り歩き握手して回るなど精力的な選挙運動で開拓した選挙区なのに、それを公明党に譲れと自民党に命じられてしまった。このひどい扱いに森田健作は泣きっ面だった。さすがに見ていて可哀想だったが、しかし自業自得である。

 もともと俳優で、昔テレビの学園ドラマに出て有名になった、という経歴は、森田健作と三原じゅん子で共通している。
 しかし、決定的に違うことがある。
 なにより三原順子は、自民党が下野したときにあえて立候補した。だから自民党から信頼されている。この事実が、芸能人なのでパフォーマンスが得意という以前に存在するのだ。
 ところが森田健作は、時々の都合で政党と会派を渡歩いたあげくに、やはり政権与党は得だという態度だったから、自民党に信用されてない。千葉県知事選挙でも、自民党員だが公認は受けず無所属で立候補し、それをもって「無党派」と標榜して当選した。虚偽だと批判を受けたが、もと芸能人ということ以外に特徴がないので「たしかに無党派」だと皮肉交じりで言われたものだ。

 こうした粗末な知事のため、千葉県も粗末にされたのだ。

f0133526_10542101.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
# by ruhiginoue | 2019-09-15 04:49 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 原田環境大臣が「汚染水は海に放出するしかない印象だ」と発言したことに対し、漁業関係者から反発が起きていると報じられた。復興と漁業の再開を目指しているのに、そんなことをしたらダメになってしまうというわけだ。

 もっともな反発で、大臣ともあろう者が何も考えていないことが、この無責任な発言によって良く解る。
 そもそも、オリンピック招致のさい、原発事故は完全に収束したから大丈夫と言っていたはずだ。これが嘘だったわけだ。もうオリンピックは中止するしかないだろう。

 また、中止しないとしても、この暑さでどうなるかと言われているのだから、これも招致のさい言っていたとおり、気候がよくてアスリートたちが存分に力を発揮できる時に実施するべきだ。
 つまり、前の東京オリンピックが開催された体育の日の頃である。毎年、運動会が各地で開催されるけど、気候がちょうどいいからだ。
 
 それなのに、アメリカのテレビ局が、プロスポーツ中継と競合になっては商売に影響するから時期をずらせとごり押しした結果、真夏の異常な暑さの中でやることになった。
 それで熱中症で倒れる人がいるのではないかなどと危惧され、奇をてらって効果は皆無の暑さ対策をあれこれ言うなど虚しい騒ぎである。
 つまり、一部の企業の我儘に振り回されているのだ。なんとバカバカしいことか。アメリカのテレビ局がなんと言おうと10月にやればいいのだ。
 ほんらいは中止すべきだが。
f0133526_10373235.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
# by ruhiginoue | 2019-09-14 04:33 | 運動 | Trackback | Comments(1)

騒音で警察に通報する人

 『ジョーズ』という大ヒットした映画で、主人公の警察署長はニューヨークから物語の舞台となる田舎町に赴任してくるのだが、すると都会と違って駐車違反の苦情などが主な仕事になってしまう、という場面がある。
 これが原作の小説より具体的に描かれているのだが、喚く田舎者と、そんなことで一々警察に言うのかと困る主人公の姿が滑稽であった。

 ところが、今の東京で、駐車違反どころか日常生活騒音で警察を煩わせる人がいる。
 ただし、駐車違反なら違法行為だから警察に対応を求めてもいい。だが騒音の場合、勝手に工事しているとかであれば別だが、深夜にテレビの音などで迷惑をかけられ法的措置をとるにしても民事が普通であるし、集合住宅の場合は管理人などに訴えるものだ。
 
f0133526_10503572.jpg

 それに、ベランダでの喫煙による悪臭と健康被害および火の不始末による火災の危険でさえ、集合住宅の管理人はまともに取り合わないし、まして警察はボヤ騒動にでもならないと対応しないものだ。
 ところが、騒音で警察に訴える人が、よくいるのだ。いちおう警察が話を聴いてくれるからだろう。
 これは、昔から、騒音が原因で隣近所の揉め事になったら暴力沙汰に発展することがあるからで、何度か殺人事件に至ったこともある。

 例えば、子供の弾くピアノがうるさいと怒鳴り込んだ男が、母親と子供二人を殺害したのち自殺を図ったが死にきれず逮捕された事件とか、女性が自宅前で自転車のベルを鳴らしたのを、近所に住む仲の悪い女性が聞いて煩いと思うと同時に、これは自転車に乗れない自分をからかっているのだと思い、包丁を持って押し掛けて女性をメッタ突きメッタ斬りにして惨殺した事件とか。

 こういうことがあったので、警察としては事件になった後で捜査しやすいように、犯行動機をあらかじめ把握しておこうとする。まだ事件となる前に迷惑行為をやめさせようということではない。せいぜい、苦情を言いたいが、逆恨みされて怖いかもしれないから、代わりに言ってくれ、という程度だ。

 これを知らない人たちがいるわけだ。だから、煩いから逮捕してくれという通報がたまにあると、警官をやっている人が言っていた。
 


ブログランキング・にほんブログ村へ


# by ruhiginoue | 2019-09-13 04:49 | 社会 | Trackback | Comments(0)
 野暮用があって官庁街に行き、それで地下鉄に乗っていたら、車内のテレビ広告が消費税率上げについて、これは所得が少なくて小さい子供がいる家庭のために使われるのだと繰り返し喧伝していた。

f0133526_11564228.jpg


 すっかり政府の広報だと思ったけれど、そうではなく日経新聞の電車版だった。いくら海外で「モスト・コンサバティブ・ペーパー」と呼ばれてはいても、在野の民間会社である。それが政府の広報をやっているのだ。 

 そして、本物の政府広報も流れていた。
 そこで消費税率上げに伴い生活必需品には軽減税率を適用の配慮をすると執拗に強調しているのだが、そこで対象外となるものとして挙げられている中に理容など生活に必要なものが含まれていて、この一方、対象となるものとして挙げられている中に生活で必須かと疑問なものがあり、これに新聞が含まれている。
 なるほど、ずっと前から、軽減税率の対象にしてやるから政府に都合がよいことばかり言えと新聞社に迫っていた結果ということだ。
 これは前から新聞社が批判されていた。報道に圧力や懐柔の政府はろくでもないが、そのエサに釣られるなんて、むしろマスコミのほうが愚かすぎるからだ。これでは報道として失格だし、そのうえ新聞社は評判が悪くなる。
 そもそも、税率が他より低いからと新聞を買う気になる人などいるまい。

 また、駅構内には東京新聞の大きな看板が掲げてあった。
 最近の同紙は日経新聞などと違って気骨あることを売りにしていたが、これはあくまで朝日新聞などの堕落が前よりひどくなったから「隙間産業」を始めたにすぎない。しょせんその程度であることは読めば内容から判る。
 そしてダメ押しなのが、この大きな看板である。イメージキャラクターとしてモーリー=ロバートソンの顔ドアップ写真である。これでは「気骨ある」こととの間に「ちょっと違和感」がある程度では済まない。

 このように、税金で庶民を苦しめる政府に媚びた新聞が、それで料金に上乗せされる税金がちょっとだけ安いから買えよ、なのだが、こんなこと言われて、庶民として従う気になる人はいるのか。




ブログランキング・にほんブログ村へ


# by ruhiginoue | 2019-09-12 04:49 | 社会 | Trackback | Comments(1)