井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

学力テストは何の為か

 アメリカの場合、同様のテストを行い、平均より著しく得点が低い地域があると、中央政府は教育予算の交付金を増やし、そうした地域に特定の人種が多い場合は人種差別と貧困について調査する。
 日本は事情がちがう。
 もともとは、霞ヶ関の方針が日本全国津々浦々まで行き渡っているかを確認するためだった。つまり中央統制。だからこの嫌らしさと役人根性に反発してボイコットした学校があり、中央の圧力で多くの教員や、北海道など校長までが、教壇を追われた。それで裁判沙汰になったこともある。
 今は、競争させるため。一人一人が自分の学力を知り、さらに伸ばすためではなく、他の人と相対的化するもの。学校選択制度の導入にも関わっている。
 そうなると競争に勝てない子供と、競争に加われない事情のある子供は平均点を低下させて地域の迷惑となる。だから実際に、そういう子と親に対して校長が露骨に邪魔することを言って問題となった学校がある。
 これに対して、民主党は政権に就いたら、抽出方式に変更する方針を発表した。調査であるなら、それが本来のやり方である。それに、成績が良い所はなぜか調べて他の手本とし、悪い所は対策を講じるべきで、それがなく調査だけしても有害無益だと指摘されてきたのに、まるで改まっていないのだから、ほんとうは調査自体もやめたほうがいい。

人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 政治ニュース 
[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/11801825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from トンボの空 at 2009-08-27 22:08
タイトル : 結果が問題ではない。本当の課題は、それをどう生かすかなのだ。
 政権が過渡期にあるとき、通常、重要な施策(勿論緊要なものは例外だが)はひとまず様子見を決め込み、選挙に影響を与えそうなデータを行政側が出すことはない。  しかし、今週はこれが2つ続いた。 1 人事院勧告の完全実施の決定。 国家公務員給与、年15万円減 人事院勧告を完全実施 2 全国学力調査の結果発表。 学力テスト、上位県の固定化鮮明 09年度、文科省が結果公表 学力テストは何の為か 私はこれを、中央官僚が民主党側にすり寄ったと見た。民主党の支持母体同盟傘下の「官公労」にしてみれば、...... more
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-08-25 14:27 | 政治 | Trackback(1) | Comments(0)