人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

海保美化漫画「海猿」の作者が海保の違法行為を擁護

 『海猿』は、海保を美化したとんでもない漫画であるという指摘がある。実際,前に海保勤務の人たちと話したら、その傲岸不遜な思考と態度に驚き呆れ憤ったことがあり、この漫画は刑事ドラマや軍隊広報活劇映画とおなじく正面玄関から取材しただけの奇麗事だと感じたものだ。
 海保は熱心に働いているというが、政治的中立で任務をこなしてなどいない。海上での一般人への暴力行為が酷いことは多くの証言があり今さら言うまでもないし、国会で有事法などが審議されると絶妙のタイミングで不審船が出現するとはどういうことかと作家の辺見庸氏などが問題にしていたが、かつてその質問をしたらTという職員はブチ切れたようになってしまい話にならず、海保を批判するのは許さないという高圧的態度だった。
 そして今回の海保による違法な「流出」について、美化漫画の作者・小森陽一氏は、「やむにやまれず出した、と思いたい」と、勝手な憶測をしたうえ、危険な仕事を一生懸命にやっているからそれに政府は応えるべきだと筋違いな批判をしている。
 もちろん真面目に働いている人もいるだろうが、だからと違法行為とかスタンドプレーを正当化できないことは常識だ。警察や自衛隊でも、身体を張って頑張っている人はいる。しかし、それをもって不正が許されるわけはない。交番の親切なお巡りさんがいる一方で、公安とか機動隊のように政治的に偏向しやすい部署もあり、そこから現実に盗聴とか暴行など違法行為もおきている。
 そして、これが問題になると必ず、弾圧だろうと政治的に正しいというファッショ的な居直りとともに、一生懸命現場で働いている人たちが可哀想だから批判するなという泣き落としが、かならずセットになってきた。
 今回の海保の違法行為も、その典型である。もしも、「中国漁船が衝突してきたので船長を逮捕したが、証拠がないので釈放したというけど、実はそのさいに撮影がされていて、これを政府は隠していたが、見たら衝突の場面が映っていた」というのなら、内部告発としての意義もありうるが、実際にはそんなことではなく、もともと衝突の事実が明らかで、それは中国漁船の船長が悪いという前提で、しかし政治的な意図から当面は映像を非公開として国会内で見て検討しようというだけだった。
 それを証拠隠しかのごとく騒いだうえでの「流出」だから、政府を攻撃するネタを拵えた以外の意義は存在し得ないことだけは確かで、「流出」は政治的意図の疑いがあり、義憤にかられたといういうのは眉唾である。
 だから、本件で擁護論をマスコミで説く小森陽一氏は、喩えれば不祥事続きの米軍(実際これはアメリカでは大問題)を、「ペンタゴンひも付き製作者」ジェリー=ブラッカイマーが、『トップガン』のトム=クルーズみたいなパイロットが国を守るために頑張っているのだからと言って擁護したも同然であるが、そこまで恥知らずなことはブラッカイマーすらしていない。

人気ブログランキングへ投票クリックよろしく
 
社会総合 - エキサイトニュース
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/14966202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 間人 at 2010-11-12 13:40 x
記事を読んで気になったのですが、今回の「流出」が「違法」であるとは、何に照らして「違法」なのでしょうか?国家公務員法100条の守秘義務違反という意味での「違法」でしょうか?

今回の「流失」について、国家公務員法100条1項の守秘義務違反が成立するためには、「流出」映像が国家公務員法100条1項の条文に書いてある「秘密」に該当する必要があります。そして、該当するかについては、最高裁判所の判例に照らしてもよく分からず、法律家の間でも意見が分かれて議論があるというのが現状です。なので、今回の「流出」について国家公務員法100条の守秘義務違反が成立するとは断定できないです。

もちろん、議会の制定した法律ではない、一種の正義法に照らして「違法」であると論じることは構わないといえます。ただ、その場合は、その正義法の内容を明らかにした上で「違法」と言った方が、本記事を読む人にとって誤解がなくていいと思います。
Commented by ruhiginoue at 2010-11-12 14:21
 法的な構成要件と該当要件については、実行犯個人が裁判で争うことだと思います。
Commented by 間人 at 2010-11-12 14:39 x
ということは、ruhiginoueさんは、本件において国家公務員法100条1項の守秘義務違反が成立するかはよく分からないと考えているわけですね。
本記事での「流出」の「違法」とは、ruhiginoueの考える正義法に照らして「違法」というわけですね。
Commented by ruhiginoue at 2010-11-12 17:28
 違います。的外れな議論ということです。
 
Commented by たいざ at 2010-11-12 18:17 x
所詮は「海猿」も「トッキュー!!」もフィクションのマンガに過ぎず、小森氏は単なるフィクション作家が、海保に入れ込んでいるだけの話ですね。

取調べが進んでいますが、当事者はそれほど強い信念でやった事ではないようです。しいて言えば「悪戯」。
Commented by 間人 at 2010-11-12 21:35 x
上で、ruhiginoueさんは「的外れな議論」と言っていますが、それは「違法」が何の法に照らして「違法」かどうかを考えることには意味がないという趣旨なのでしょうか?

用語の使い方の問題として、「違法」とは何かの法に反しているから「違法」だと言えます。ある行為を「違法」だと言うためには、その法を明らかにする必要があるはずです。
本件の「流出」についていえば、「流出」が「違法」といえるには、①現に明文のある法律(命令や規則、条例を含みます)に違反した場合と②それ以外の正義法(明文にはないが、守るべき正義である法のことで、「各人の価値観」と言い換えていいです)に反する場合のどちらかである必要があると思います。
海保の職員に横柄な者がいるのはその通りかもしれませんが、何の法に照らして「違法」かを明らかにしない限り、「流出」を「違法」だと主張しても、その主張は「映像を流出した海保の職員は悪に決まっている」というレッテル貼りの域をでないでしょう。

以上のコメントについて、迷惑だと思われるようなら、コメントの削除をされても構いません。
Commented by maru at 2010-11-12 21:55 x
違法かどうか法律家の間でも意見が分かれている、
ではその法律家達は海保の職員が善か悪か
レッテル貼りをしあっている者同士なのでしょうか?
単に法解釈の違いでしかないものを「○○とレッテル貼りをしている」
などと解釈する必要があるでしょうか。
Commented by 間人 at 2010-11-12 22:34 x
法律家たちは国家公務員法100条の守秘義務違反の解釈で意見が分かれているわけだから、当然レッテル貼りをしているわけではないです。

今回コメントしたのは、本記事の「違法」とは何の法についての違反のことを言っているのかなという素朴な疑問を持ったからです。 ruhiginoueさんは、国家公務員法100条1項の「法的な構成要件と該当要件については」裁判で争うべきと言われているので、ruhiginoueさんは国家公務員法100条1項とは別の、明文にはない正義法(各人の価値観)の違反に関心があるのかなと思いました。つまり、本記事の「違法」とは「正義法(各人の価値観)」の違反なのかなと思いました。

あと、「流出」が「違法」だとするruhiginoueさんの意見を批判するつもりはないことを断わっておきます。
Commented by 間人 at 2010-11-12 22:56 x
あと、補足しますと、上のコメントで、「正義法(各人の価値観)」と表記して両者をイコールで扱ったとしたのは、正義法は明文がないから正義法に違反したかを判断するためには、正義法違反を判断する各人の価値観を基準とするしかないからです。

正義法(各人の価値観)を明らかにした上で、それに照らして「違反」と主張するなら、レッテル貼り(言い換えれば、結論の先取り)ではないです。

数回にかけてコメントをしてしまってすいません。これで、私からのコメントを最後にします。
Commented by ruhiginoue at 2010-11-13 09:27
 取材してるうちにシンパシーを感じてしまう人のことは、よくききますから小森という人もそうなんでしょう。ただ。それは正面玄関からの取材であって実態はわかりません。そういう人が知ったようなことを言うのは、社会に迷惑ですね。
 漫画で言えば本宮ひろしは元自衛官だけど、それゆえ内部事情を辛辣に受け止めています。彼は小川和久氏と同時期に自衛隊学校にいたそうで、同窓生から「本宮はバカ宮」といわれるなど変わり者だったそうですから、本音を平気で言います。
 法律談義は、事件の推移によってそのうち必要が出て来るかもしれないので、そうしたら独立して論じたらいいと思います。
 
Commented by ワイナリー at 2010-11-13 09:30 x
『海猿』は未読ですが、小森氏が久保ミツロウ氏と組んだ『トッキュー!!』は少し読んだことがあります。

・・・当時久保ミツロウ氏は好きな漫画家だったのですが、『トッキュー!!』の体育会ノリのスパルタな研修(指導員が竹刀や拳骨を振り回す、訓練生に「チ〇カス」等と暴言を浴びせる)の描写が嫌で読むのを止めました(←大抵こういうのには、「実はあの怖い先輩は後輩思い」というお約束があるのですが)。


小森氏は、「こういう厳しい訓練に耐えるから海の男として活躍出来るのだ」と言いたいのかもしれませんが、井上さんが海保の人と話していて感じた傲岸不遜さは、「俺達は同じ公務員でも役所勤めの甘っちょろい連中とは違う」という、軍人的?エリート意識から来るのかもしれませんね。
Commented by masagata2004 at 2010-11-13 17:33
意外なのは、沖縄では海保が辺野古の滑走路建設妨害活動家に、海上の櫓に座り込んでも住居侵入罪にならないよっとアドバイスしていたという。つまり妨害行為を応援してくださっていたわけ。そんな人も海保にいるみたい。または別の策略があったのか。
Commented by ruhiginoue at 2010-11-14 20:26
 小森という人は価値観が昭和臭いですね。

 麻生邸見学ツアー事件では、警察が無許可デモとして違法行為にならない方法を指導していたのに、そのあと「公妨だー」と逮捕。
 youtubeで一部始終が投稿され話題でした。
 今回の海保も「挑発」だとか「衝突」したとか海保の乗組員のほうが大げさに騒いでいて、意地悪く解釈すれば「転び公妨」のようでもありました。
 国内では通用しても,国際社会では逆手に取られるだけの心配があります。その点で日本人は甘いですね。
Commented by kero at 2010-12-21 23:04 x
件の海保職員は依願退職となるそうだ。
退職金が出ていいのか。
Commented by ruhiginoue at 2010-12-22 06:10
 あの佐藤優氏が、「こんなのは内部告発ではない。逮捕すべきだ」と言っていたけど、それどころかこの甘い対処は不適切ですね。
Commented by kero at 2010-12-22 13:21 x
「退職金の出ない免職では重すぎる」判断だそう。
ものすごい温情。
Commented by ruhiginoue at 2010-12-23 08:14
 温情ではなく報償でしょう。事実上は首だけどある勢力にとっては貢献したから。
Commented by sen at 2010-12-23 15:46 x
誰かの指示でやったことだったのですかね。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101223-OYT1T00236.htm?from=navr
Commented by ruhiginoue at 2010-12-24 06:13
 問題になったら個人のしたことだとトカゲのシッポ切りするのは組織の常套手段ですね。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-11-12 11:42 | 社会 | Trackback | Comments(19)