人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

「網走番外地 北国の決闘」

 仁侠映画でもっとも人気があった「網走番外地」シリーズの「北国の決闘」で、死体を消毒したアルコールの残りを飲んでしまう囚人たちが描かれているが、実際に堺市の堺拘置支所で、数人の男性受刑者が消毒用アルコールと食事のお茶やオレンジジュースなどを混ぜて“カクテル”をつくり飲んでいたそうだ。
 矯正施設内での受刑者の飲酒は規律違反行為で懲罰の対象だし、身体に悪いはずだが、それでも飲みたい人は我慢出来ないのだろう。
 ところで「網走番外地」の石井輝男監督は、山際永三監督の師匠にあたるそうで、そう言われてみればどちらも最初は新東宝にいて、後に石井プロダクションは山際監督が代表を務めていた。
 舞台が北海道だから開拓地が舞台ということで、「網走番外地」は、ヤクザ映画のよくあるパターンではなく、西部劇の面白さを取り入れているのが受けたのだろう。
 同じ高倉健主演の、山田洋次監督「遥かなる山の呼び声」も、「幸福の黄色いハンカチ」の姉妹編で北海道が舞台だが「シェーン」を下敷きにしていて、題名もその主題歌からとっている。
 日本のマカロニウエスタンというところだろう。


 人気ブログランキングへ投票にここをクリックして下さい

社会総合 - エキサイトニュース
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/15617153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-03-06 13:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)