人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

ドナルド=キーン先生について

 外人の中で日本文学研究の第一人者といわれるドナルド=キーン氏は、今年、コロンビア大学名誉教授を退任してから日本国籍を取得し、日本への永住を決めた。
 彼は、住井すゑの代表作『橋のない川』を読んで、ぜひ海外に紹介したいから翻訳させてほしいと申し入れたが、断られたそうだ。
 『橋のない川』は、日本の近代史を壮大に描きながら、その陰にある差別問題を正面から見据えた社会派の文学で、翻訳されたらノーベル文学賞確実とまで絶賛されていた。
 ところが、住井氏はキーン氏に対して言ったそうだ。
 「『雪国』なんかを文学だと思っている人に、私の作品が解るわけがない」
 彼女らしい辛辣な言葉だが、実際、あそこまで褒めそやされるのは訳が解らないと言う人はたくさんいるはずだ。
 そんなキーン氏が、日本を終の棲家とし、日本人になろうとした思いについて語るところによると、東日本大震災の悲劇的があっても、そこで日本人が美徳を見せている、と。
 農業でも補助金なしにはやっていけない土地に、さらなる補助金で顔をひっぱたき、大都市部で浪費される電力のため原発を建設し、地元の真の利益にならないと反対した知事が冤罪濃厚の汚職で失脚させられ、マスコミにも金で提灯記事を書かせて批判を封じ、外国ではそのまま何度も放送された原発爆発の場面を少しだけしかも音を消して放送した日本のテレビ、危ないところへは近寄らなかった米軍の「トモダチ作戦」の真実も隠し、子どもの命の安全を無視して汚染に合わせて基準を甘くしてしまい、そんな緊急事態を政争の具にして不信任の茶番劇、というように、挙げていたらきりがないのだが、そうして貝にされた国民の姿を美徳と言う。
 それなら、ノーベル文学賞の受賞講演で、川端康成が「美しい日本の私」、大江健三郎が「あいまいな日本の私」、と演目にしたけれど、ドナルド=キーン氏は「現実はどうであれ美しいと感じる、あいまいな日本の私」というところだろう。

 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

国際総合 - エキサイトニュース
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/16098941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by デカ at 2011-06-10 18:36 x
祇園ですばらしい接待を受けたんだろう。
いや、吉原かな?
Commented by ruhiginoue at 2011-06-10 23:18
 純文学ではなくSFが好きな外国人は、祇園でも吉原でもなく、新宿の都庁や思いで横町に、特にこんな雨の日に連れて行くと、大喜びします。
Commented by 石畳 at 2011-06-11 09:02 x
「日本人の美徳」など、皮相なオリエンタリズムによる妄想の産物に過ぎない。それに媚び、「精神の国、日本」を売りにすることが、対外・対内両面において、この国の支配階級にとって好都合であることは、新渡戸稲造による「武士道」賛美の例を見ても明らかであろう。
Commented by ruhiginoue at 2011-06-11 23:25
 それで住井すゑ氏は言ったんですね。「雪国」なんかと。
Commented by ケーキイーター at 2011-06-12 10:40 x
もし『橋のない川』を英訳というか、外国語に訳したら。あの「うふふふふふふん」て笑い方はどういう風に表現されるのだろう。(そんなこと気にしてどうなる?)
Commented by ruhiginoue at 2011-06-13 22:08
 手塚治虫が、自分の漫画の外国語訳を依頼したら、翻訳家が、セリフは良いけどオノマトペをどうしたら良いか困ってしまって挫折したと言ってました。
 難しいですよね。
Commented by デカ at 2011-06-14 20:37 x
狼も熊もみんな小柄でやさしげな国だからね。
小柄なだけでも美徳だと思うね。
Commented by ruhiginoue at 2011-06-14 22:01
 「巨大は悪」という格言もあります。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-06-08 20:44 | 文学 | Trackback | Comments(8)