井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

仕組まれたリビアの政変

 常識で考えれば簡単に判断できることだ。
 銃砲撃戦が始まろうとしている のに外に出て身を曝す危険を侵す一般人がいるはずない。政治が変 わって欲しいと願っても、動乱が起きて日常生活が破壊されてしま うことを迷惑がらない庶民はいない。
 ところが、日本の新聞とテレビは、一般大衆が外で歓声を上げていると報道している。米国と西欧に追従した宣伝を、日本のメディアは報道として垂れ 流している。
 その件について、海外の報道ではちゃんと告発する記者もいる。下の動画で、インタビューを参照してほしい。
 また、数ヶ月前はリビアの海外資産を凍結という報道で、これらはカダフィ個人が私腹を肥やしているとしていた。それにしては莫大すぎる。当時から、リビアの国の公金を個人の資産であるとすり替えていると指摘があったけれど、やはり今となったら単に国外資産だと報じている。
 


国際総合 - エキサイトニュース

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/16462926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by デカ at 2011-08-25 21:37 x
劣化ウラン弾を使ってしまっているから、最後に残された綺麗なリビア砂漠がなくなったというのが、今回の政変での私の悲しみだね。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-08-25 10:53 | 国際 | Trackback | Comments(1)