人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

サンタロースは実在するか

 近所のスーパーに買い物に行き、なんでこんなにローストチキンが積まれているのかと不可解に思った次の瞬間に、クリスマスなのを思い出すのが毎年の恒例のようになっている。かつて飲食店などでバイトしていた時は、いわゆるクリスマス商戦というのがあったから自覚していたのだが、今では商売と無関係なので忘れてばかり。
 そしてローストチキンにより意識してみると、店内ではクリスマスソングが流れているし、アイドルグループのポスターが貼られているけど、どうしてみんな赤い服を着ているのかを理解する。このアイドルグループの真似のようなことを中国がやって「またかよ」と言われていたが、面白いから他の国でもやってみたらどうか。ロシアなんかもプーチンさんの肝煎りで「KGB48」とかいって。
 この赤い服は、もちろんサンタクロースだが、サンタクロースの実在を子供が信じるかどうかは、家庭の経済状況によるという調査があった。富裕な家の子供ほど信じ、貧乏な家の子供ほど信じないそうだ。
 これは家庭の経済状況によって子供が現実主義になるかどうかということのようで、自分の育った家庭のことを思い出すと信じないのが当然なのだが、実は折衷のような感じだった。「サンタクロースは、本当はセントニコラウスという人だ」と、母親に教えられたのだった。
 この母親は若い頃に、子供に本当のことを教える主義だった。だから「怪獣」も、ほんとうは一億年くらい前にいた「恐竜」であり、映画とテレビに出て来るのは、もう亡くなったけれど「円谷英二」という天才的な映画監督がいて「特殊撮影技術」を考案して、だから怪獣とかウルトラマンの人形の足の裏には「円谷プロ」と書いてあるのだ、と教えられた。
 そこまで言うのは少々珍しいが、これには母親の実家が映画館を経営していたことが影響していた。田舎の小さなものだったから、「こらガキ、映写室に入るな」というあのイタリア映画のような雰囲気だったらしい。それでもかなり儲かっていたけれど、結局は畳んでしまった。
 なぜなら映画館の設備に金がかかりすぎるようになってしまったからだ。まず大画面化があり、「銀幕」というように適正な反射をする特殊な材質のスクリーンは大きくなると値段が高くなり、しかもそこに拡大投射するための映写機は、レンズだけで何十年前の物価でも一千万円近くした。
 この「シネマスコープ」はアメリカで開発された画質の優れたもので、日本の大型画面映画は最初アメリカに技術的な依頼をしていたが、そのうち「東宝スコープ」とか「東映スコープ」というのが独自に作られ、しかし画質などで劣っていた。
 そのときアメリカと覇を競うソ連が、色々と開発を始めており、そのため北朝鮮は、日本でも駄目なのだから無理なので、技術者がソ連に派遣され、技術を習得して来いと命じられたそうだ。これは映画製作に熱心な金正日の直々の指示だったらしい。
 それだけ高度な技術だったということで、だから、そうした装備を購入することは田舎の映画館では負担が大きすぎた。さらに音響設備まで、「ステレオ」さらに「ドルビーサラウンド」となり、映画で儲かっても設備投資に消えてしまい、設備が充実していないと客は入場料を払ってまで来てはくれない。
 こうして多くの映画館が消えたわけだが、そのローストチキンを売っている近所の店の隣の敷地でビル工事をしていて、「シネコン」も入るという噂で、地元の議員に訊いたら、たしかにその計画もあるというが、実現するだろうか。実現したら地元にすばらしいプレゼントなのだが。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/16986702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケーキイーター at 2011-12-24 21:25 x
私は日本のクリスマスは「子供の忘年会」だと割り切っていますが。
Commented by ruhiginoue at 2011-12-26 00:46
 もともとクリスマスは忘年会だから「メリークリスマス&ハッピーニューイヤー」というんですね。
 イエス・キリスト生誕といっても、羊飼いが出て来るとか福音書の描写のようなことが真冬のはずありません。
 金正日の誕生日だって複数説がありますけど。
 子供と大人のクリスマスの違いは、シャンパンのアルコール有無とか、ローストチキンがハーブ味か照り焼きか、などでしょう。
Commented by ケーキイーター at 2013-04-15 16:41 x
「誰にでも誤りはある」で思い出したんだけど。ここのタイトルの『サンタロース』が私に未だにバカ受けしているの。「鶏肉にロースってあるっけ」って。ついでにここも食べちゃおう。いや、直しちゃおう。
Commented by ruhiginoue at 2013-04-15 16:47
 ローストチキンと引っ掛けたのか、ただ脱字だったのか、忘れてしまいました。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-12-24 01:11 | 文学 | Trackback | Comments(4)