人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

北斗の拳とブラック企業と居酒屋

 今でもまだ人気があり映画化もされている80年代の漫画『北斗の拳』の面白さは、もちろん、まず活劇として迫力があり、さらに残酷描写も含めた派手な暴力場面にもあるが、それを支えているのが、ヤラレ役の小悪党どもの性格と行動だ。
 これを描いている漫画家が言うには、よく見かけるような憎たらしい奴らを漫画の中で死刑にするそうだ。だから『北斗の拳』は、クライマックスだと主人公が大物の敵役たちを相手に死闘を演ずるが、それまでのイントロでは、小悪党どもが小物ゆえの嫌らしさをむき出しにしながら、善良な人たちに暴力をふるい、これに激怒した主人公が必殺拳によって小悪党どもを血祭りにあげるので痛快だ。
 例えば、米を作ろうとする老人の話だ。荒廃した未来の大地で、希少な種籾を苦労して集め、収穫できたらみんなに食べさせようとするのだが、その種籾を無法者が奪おうとする。しかし量が少なくて腹一杯にはならないのだから、奪って食べてもほとんど意味がない。植えて育てて収穫できたら貴方にも食べさせる。こう老人が言って説得しようとしたら、無法者は、それを聞いてますますその種籾が食べたくなったと言い嫌らしく笑い、老人を殺害する。そこへやってきた主人公の怒りが爆発する、というわけだ。
 この悪党は、小物だから発想が貧困で合理性を欠き、それで嫌らしさをまとった残酷さを発揮する。自分がほとんど得をしないのに他人を迫害し、それがいずれは自分の損につながるのだが、そこまで考えず、他人に意地悪をすることで自分だけ得する錯覚によって悦に入る。
 このような小悪党は現実に身近にいて、それがただ嫌われているだけならまだいいが、しばしば漫画に描かれるのと同様に、いちおうの力を持っていたりするから、困ったことになる。その最たるのがいわゆるブラック企業の経営者だろう。
 もともと悪徳経営者というのはいるもので、大きくなった企業はよく悪どいことをしているものだし、ケチとかセコい経営者も珍しくない。ところがブラック企業というのは、ただ悪徳というのではない。利益とはあまり関係が無いと思われる部分にまで、従業員に対して意地悪にしかなっていないことをして、そうまでしても経営者がさほど得をしてはいない。
 そして、そういう企業の商品が売れるのは、ただ安いからというだけでなく、その客になれば自分も従業員をいじめている側になったという倒錯した快感を得られるからだ。飲食店でこき使われている店員に、横柄な態度をとって悦に入る客は、その最たるものだろう。
 だから、大学生のとき、居酒屋なんかに行くのは止めようと同級生たちに提案し、店に行かず飲食物をまとめて購入して、誰かの自宅に集まって宴会や打ち上げ会をすることにした。
 そうすれば、まず安上がりであるし、精神衛生上も良い。自分が安い時給でバイトして稼いだ金を、同世代の学生などがやはり安い時給でバイトしている店に払い、客をカモにするよりむしろ労働力となる若者からピンハネすることで経営者が儲ける、という図式にはめ込まれるなんて、馬鹿げているのだから。
 しかし、その図式をどうしても理解できない者もいた。ただ、安い店に行けばあまり金もかからないとしか考えられないのだ。そのうえ、大忙しの従業員に早く持ってこいと威張って命令するのが楽しい、という嫌な人もいた。
 そういう人とは付合うのをやめたほうがいい。社会にとっても自分にとっても、経済的かつ精神的に悪すぎる。
 その『北斗の拳』のエピソード結末では、主人公が殺された老人の墓を作ってやったうえ種籾を供えるように撒く。そんなことしたら種籾の無駄だが、しかし老人の意思を継いで栽培しても、実れば実ったで奪い合いなど争いのもとだ、という主人公の諦観なのだろう。
 


トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/19783862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from SUMMER OF FR.. at 2014-09-28 23:05
タイトル : 北斗の拳並みの悪党がいるブラック企業と居酒屋
 北斗の拳に関連したサイトをネットサーフィンしていたら、とある興味深いブログの記事を見つけた。まずはその記事を読んでほしい。 楽なログ「北斗の拳とブラック企業と居酒屋」  この記事では、北斗の拳に数多く登場する悪党ども(おそらくモヒカンども)のような、いじめなどの目先の快楽に甘んじて長期的な損をしても、それでも目先の快楽ばかりを満たそうとする輩のことについて述べている。それも北斗...... more
Commented by ? at 2013-06-11 00:22 x
ワタミのことですか?
Commented by ケーキイーター at 2013-06-11 17:20 x
確かにお酒は外で買って来て家の中で飲む方がお金は貯まり易いみたい。という訳で、私のお父さん凄ーい。但し、泥酔すると凄ーく格好悪ーい。
Commented by ruhiginoue at 2013-06-12 08:52
 選挙に出ると話題の経営者の会社は、とくにそうなのかもしれないけど、他もだいたい同じですね。
 
 近所の同級生の父親は、いつも自宅で飲むから、大した収入ではないけど、高い酒を多く飲めました。
 そうしろと、うちの母が父に言うけど、父は隣に女性が座ってお酌してくれる店によく行きました。
 しょうがない父だなあと思っていたけど、小学生のとき父と出かけたさい、ガード下の店に行って、こういうところのほうが安くて量も献立も多くていいんだと言って、息子に食事をさせながら、父は色々なものを飲み食いしながら楽しそうにしていたから、不可解でした。
 大人になってわかりました。母のような配偶者なら、父ではなくても、仕事が終わって真っ直ぐ帰宅する気にならないと。
 また、そんな配偶者しか得られなかったのは、父がその程度の人だったと。
Commented by nakatsu at 2013-06-16 18:14 x
値段そこそこの割には悪くないなと、一時期は普段着はほぼ全てUNI○LOにしてましたけど、
最近は店員さん見てるだけで気の毒に感じてあまり行かなくなりました…。
値段も西友やシマムラが安かったりしますし…。


漫画のそのエピソードは、最期にケンシロウがパットに「どうせ無駄だろ」とか言われながらも、
「実るさ」とか返事して種籾を蒔いたのでしたかね…(記憶が曖昧です)。
Commented by nakatsu at 2013-06-16 18:32 x
居酒屋に行く機会は殆ど無いのですけど、少し前まではブラックと言えば白○屋だったように思いますけど最近ではワ○ミが確固たる地位を確立したみたいですね。

社員を自殺に追い込み老人ホームの入居者は溺死させてもバングラデシュの学校に血道をあげてるのが何とも救いようがないと言いますか…。
Commented by ケーキイーター at 2013-06-16 20:22 x
あの…。カルーアミルクって飲み屋さんでは一杯いくらするんですか? 私は自宅内でしか飲んだことが無いので。
Commented by ruhiginoue at 2013-06-17 06:34
 ユニクロはシマムラと同じ経営だったけど、それが都心の一等地でしゃれたデザインのものを売るようになって、変わってしまったと言われますね。
 ダイエーが、消費者のため安売りする哲学を中内氏が自ら捨ててしまったことを連想します。
 最後に種を蒔くのは、言われて思い出しました。そうでした。
 白木屋はあのパンチパーマの会長のもとで、サービス残業が横行して裁判にもなっていたはずです。それがワタミに地位を追われましたね。
 カルーアミルクは店に置いてあるのを見た記憶がありません。
 
Commented by ケーキイーター at 2013-06-18 07:01 x
お師匠さん以外に、居酒屋等でのカルーアミルク一杯の値段を知っている方はいないかな?
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-06-10 00:51 | 経済 | Trackback(1) | Comments(8)