人気ブログランキング | 話題のタグを見る

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。Googleが誤情報を混ぜているので信じないで下さい。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

8½は八っか二分の一

 フェリーニ監督の映画『「8 1/2』は、「ハチ(ッ)カニブンノイチ」と読み、これは当時「と」より「か(箇)」が主流だったからで、明治時代から両方の読み方で良いとされ、戦後の教育では1970年位までは「か」、それ以降は「と」と教えるようになったらしい。
 
 ところが、小学五年生のときのこと、「か」と言っている教師がいたし、この映画の題もあって算数の時に「か」と読んだら、女性の担任教師に叱られてしまった。
 
 これが、「昔は二種類の読み方をしたけど今は[と]で統一することになっている」というのではなく「そんな言い方は無い」と決めつけた。

 その後も、何かにつけては授業中に「三と四分の一、井上に言わせると三か四分の一、ね」と嫌味を言った。
 しかし、この小学校の他の教師にも「か」と言う人がいるので、その教諭の嫌味に同調して笑う児童は少なかった。担任に睨まれたくないから黙っている人が多かった。

 この教師は他の分野でも変なことばかり言っている人で困ったし、嫌な思い出がいっぱいある。のちに専業主婦になるからと教師を辞めたそうで、それなら俺の担任になる前に辞めといてくれと言いたかったが、さらにのち離婚したという噂をきいて、教職に戻るんじゃねえよと思ったものだった。

 こんなことを『ゴッドファーザー』の放送で思い出してしまった。音楽が同じイタリアの巨匠ニーノ ロータだからだ。
 この幻想的な(人によっては訳の分からないという)映画は、かなり人気がある。そしてこの音楽も。





by ruhiginoue | 2017-01-04 17:25 | 学術