井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

共謀罪を批判しても空々しい日弁連と保阪正康

 「共謀罪なんて自分には関係ない。警察はそんな暇じゃない」と言う人は勘違いしている。そんな人ほどやられる。現にこれまで、ケチな違反をとがめるほうが楽して一件になるというのが警察の実態だった。

 また、ただでさえ大学病院などが「クレーマー対策」と警察に依頼したりOBを雇い過誤や事故の訴えを封じようと威圧しているのに、共謀罪が施行されたら凄いことになるだろう。特に防衛医大は医師が劣悪で訴えも多い。警察病院も問題があり、これまで警官の暴行などを隠蔽してきた。外国人が被害者の時には裁判に大使館のナンバーつけた車で外交官が傍聴にきたけど、日本の司法に呆れていた。

 防衛医大の裁判の時は、東大医学部や防衛医大内の医師まで手術を批判して不利になった医師の弁護士は警察に依頼。警官は原告に「国を訴えた思想的背景は何だ」。ただの医療過誤被害者と言うことに対し「惚けるなアカめ」。自衛隊も監視していたことがマスコミにリークされてスクープ記事となったから国会で問題になった。
 このように、共謀罪なんて無くても、この国の権力はやりたい放題だった。

 しかも、裁判の真っ最中に、医師に雇われた弁護士が原告の元患者を「ストーカー」と荒唐無稽な法解釈で告訴し、その告訴状には原告を逮捕し口封じするよう請求が記載されていた。これを警察は受理はしたが、いくらなんでも法的に間違いだと相手にしなかった。
 このデタラメ告訴状の作成と提出をした弁護士は、所属する東京弁護士会に懲戒請求されたが、東京弁護士会と日弁連は、どんな内容であっても弁護士の仕事であると正当化。これだから日弁連など弁護士団体が「共謀罪反対」と恰好つけた声明を発しても全然信用できない。マスコミむけに声明を出すだけの弁護士団体は、実質何もせず、裏では権力に協力してきた。だから弁護士はあてにせず聞く耳持つ政治家に陳情する人が増えたのだ。

 あと、「強行採決を中継しないNHKは許せない」とか「受信料なんてもう払わん」とか、物書きとかジャーナリストとか、あまりテレビに出ない人は発言している。しかし勇気を持って政権にズバズバ言っているけれどもテレビに出ているタレントは、やっぱりNHKには遠慮している。これはある程度は仕方ない。

 しかし、後から場当たり的に受け狙いする者の空々しさはひどすぎる。
 これで最低なのが『報道特集』に出た「ノンフィクション作家」保阪正康だ。漫画家の小林よしのりとまったく同じ。共謀罪は一般人に関係ないという政府を批判して「想像力も日常の批判の目も現実に対する意識も全部捨てて、政府の言いなりになっている人が『一般の人』じゃないですか」と、もっともなことを言うが、もともと彼は右翼丸出しで、進歩的文化人を誹謗し、市民運動を敵視してきた。

 そのなかで、彼は歴史の他に医療問題も一時は書いていたが、そのさい患者に寄り添うような発言もあったが、一方では防衛医大を批判する市民は裏に政治性があると書くなど、まさに一般人を一般人でなくする共謀罪の恐怖を実践する側にいた。

 これらは既に『防衛医大…』などで説いてきたが、本を読んで納得する人のほとんどは、実際に自分でも体験した人ばかりで、そうでない人は「まさか」という反応であった。


f0133526_19050549.jpg


[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-05-22 21:01 x
 単なるミリタリーマニアにとっても、とんでもない法律ですね。そうなるとしか思えない。それから、アニメーターにとっても。例を挙げていたらキリがない。ひたすら、文化衰退。でめたし、でめたし。
Commented by ケーキイーター at 2017-05-24 20:21 x
 何たって、「共謀罪」て言われているくらいだから、一匹狼タイプのテロリストには、どうやって対応するなんだろう。かくて、でめたし、でめたし。
Commented by ruhiginoue at 2017-05-25 15:54
急に思いついて直ちに実行というのがけっこううまくいくものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-05-22 19:43 | 政治 | Comments(3)