井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

ドイツ統一でコール首相を美化してはいけない

 いまドイツに関する本を連続して読んでいるが、その中に、かつてドイツではナチスが高支持率の一方で増大する軍事費のため税金と社会制度の掛け金が値上げされ国民が苦しみ出す、という話が出てくる。そして無関心だった人からナチスを支持していた人にまで疑問が発生するのだが、その時ナチスは反対を取り締まり弾圧する体制を整えていた、ということで、今の日本もそうだろう。

 だから選挙で共産党の候補者が「憲法九条を守る」と街宣やポスターで謳っているのを見かけて思ったのだが、それだけでは観念的で具体性が無いし、自衛隊を海外に出す危険という話はしているけれど身近さが乏しいのだから、軍拡による高負担が庶民にのしかかってくる恐怖も訴えるべきだろう。

 ところで、ドイツのコール元首相が死去したという報道が先日あった。ドイツ統一(正確には再統一)の立役者という報道しかされていなかったが、この人が中心になって行われたドイツ統一は、その後の世界に多大な害毒を垂れ流したので、実は今の世界の混乱の「戦犯」の一人と言っていい。

 この人の所属する旧西独の政党「キリスト教民主同盟」は、宗教界との関わりがあったのではなく、ただヨーロッパ共通の伝統的価値観という意味でキリスト教を名乗っていただけで、すなわち保守派ということであり、これと同じ名前の政党は旧東独にもあった。
 そして西側の党が東側の党を抱き込んで、西が東を併合する形で統一するという公約を掲げて選挙をしたのだが、統一したら東西の貨幣を等価交換するという条件であり、これだと西に比べて安い東のドイツマルクは突然価値が何倍にもなるわけだから、実質的には有権者の買収であった。そして選挙で圧勝する。

 その後は倒産と失業で混乱が起きるのだが、そこまで見通すより金の力に負ける人が多かった。そういう有権者だけが負けたのではなく、東側で権力から迫害されながら人権や自由のために運動してきた人たちと、その支援をしていたキリスト教会(政党名に掲げただけの保守派ではない本当の聖職者たち)の推す勢力は惨敗した。

 これは世界中に影響し、自由とか人権とか民主とかいうけど要するに金だという風潮が世界中に定着してしまい、進歩的な勢力は無力感に陥り、欧米の資本主義は無条件に正しいので世界中に介入して金任せでも武力任せでもやりたい放題ということにエスカレートしたのだった。
 つまり今の世界中にあるもめごとの原因の、少なくともそのうちの一つであるのだが、そういうことをマスメディはろくに追及していないのでイライラさせられる。



[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/27928409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L at 2017-07-02 13:24 x
 こんにちは。優れた指摘ですね。死ぬといい人にしてしまうというのはやはりだめでしょう。棺を蓋いて事定まると言いますが、石橋湛山のように個人だから益々キチンと評すべき。
 また、政党名の「キリスト教」は枕詞でクリスチャニズムの意味はなく「保守」を暗示するだけだというのはとても勉強になりました。アメリカで政党名にキリスト教が入ればイカレた原理主義政党でしょうし、日本なら内村鑑三などの伝統を汲むリベラル政党なのでしょうが。
 それから、東西のマルクのレートを1:1にして東独の有権者を釣ったというのは老獪狡猾ですね。
一方、沖縄が「祖国復帰」した時は、東京政府は沖縄に不利なレートで円に交換したと。どこまでも足元を見、頭の上でコトを進めたわけで、なお悪いですね。
Commented by ruhiginoue at 2017-07-03 16:06
自民党の国会議員の中には「四国は離れ小島」と言う人までいるのだから、沖縄なんて
眼中に入らないのでしょう。
あと公害原論の宇井純氏が問題にしていましたが、沖縄に本州と同じ基準で建築を強いるから、亜熱帯で雨量が多いため土砂の流出などが深刻であるなど、東京中央のやり方はほんとうにひどい。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-06-27 15:38 | 国際 | Trackback | Comments(2)