井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

靖国神社に中国が文句を言うのは内政干渉ではない

 かつて、たまたま見ていたテレビ番組に、自民党の御用評論家で元政治記者の三宅久之が出ていた。今は死んでいる人だ。

 この時彼は、靖国神社参拝について中曽根総理大臣に直接会って話を聞いたことを披露していた。中曽根総理大臣は国内の批判を無視して公式参拝を強行しておきながら、外国から批判されたから取りやめた。これでは外圧に弱いと言われても仕方ない。

 これに対して中曽根総理大臣は、だいたい次のように言ったそうだ。

 戦争で日本の兵士に殺されたり家を焼かれたりした中国人の被害者と遺族は怒っていても、そんな日本の兵士も日本では普通の庶民であって、やらせた当時の日本政府に責任がある、というのが中国政府の立場だ。
 だから、靖国神社にその責任者であるA級戦犯が合祀されていて、そこに日本の国を代表する大臣が参拝することを、中国としては問題にしている。
 そうでなければ、日本政府が靖国神社で戦死者を追悼するさい、中国の代表者が日本に行って日本の代表と一緒に参拝しても良いとまで言った。
 また、政教分離に関しては日本の憲法の規定に基づく問題だから、あくまでも日本の国内の問題であり、外国が口を出せば内政干渉になるから中国政府としては何も言わない。日本国内で解決するべきことである。
 そして、靖国神社は戦後になってから宗教法人として独立することを選んだ。これに対して政府からA級戦犯合祀を辞めることも含めてどんな指図もするわけにはいかない。
 それで公式参拝を取りやめたのだから、国内の声を聞かないで中国の声を聞いたというのとは違う、と釈明した。

 そして三宅久之は、「こういうこと言うと、またいろいろと言われるけれども、仕方がないんじゃないかと思う」と言っていた。
 御用評論家が擁護しての発言ではあるけれども、この内容を聞くと確かになぜ中国が言ったから靖国参拝を中止したのかというのは理屈が通っている。
 そして、よく言われる「内政干渉」というのが間違いであるということがわかる。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-08-16 11:02 | 政治 | Comments(0)