井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

毛染めが禁止だからと毛染めを強要する異常な学校は指導ではなくイジメが目的

 生まれつき茶色い髪を黒く染めるよう教諭らから何度も指導され精神的な苦痛を受けたとして、大阪府立高校3年の女子生徒が、府に約220万円の賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。27日に第1回口頭弁論があり、府は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。
 訴状によると、生徒の母親は2015年4月の入学時、生徒の髪が生まれつき茶色いことを学校側に説明。黒染めを強要しないよう求めた。しかし教諭らは、染色や脱色を禁じる「生徒心得」を理由に、黒く染めるよう指導した。「生来的に金髪の外国人留学生でも、規則では黒染めをさせることになる」とも述べたという。
 生徒は黒染めに応じていたが、色が戻るたびに染め直すよう指示され、2年次の16年9月には黒染めが不十分だとして授業への出席を禁じられた。翌10月の修学旅行への参加も認められず、現在も不登校が続いているという。
 生徒側は、「黒染めで頭皮や頭髪に健康被害が生じた。身体的特徴を否定され精神的苦痛も受けた」と主張。「高校には生徒が健全に発育できる環境を作る義務がある」としたうえで、今回の指導はそれに反する「違法な指導だ」と訴えている。大阪府教育庁は朝日新聞の取材に「事実関係も含め、係争中なので答えられない」とした。

 以上朝日新聞の記事より引用。

 他のマスメディアでも同じ趣旨の報道がされており、かなりの話題になっている。
 そして、毛染めがダメなのに、染めたような色だから染めていないような色に染めろと強制するという滑稽さ理不尽さに対して批判が起きている。

 この事件から、自分の高校のころのことを思い出したが、毛染めは禁止でも生来の色を染めろとは言われなかった。なぜなら、禁止する理由が明確だったからだ。身だしなみ+少々のオシャレならいいが、パーマとか毛染めになると余計に金がかかる。そんな余裕がある人は他所の高校に行けばよい。この高校は私立校のように学費が高い学校ではなく、しかも地域の特徴から公立の中でも特に貧乏な家庭の者が多い、ということだった。

 これは笑いそうになっても笑ってはいけない話で、うちも貧乏だったが、それで貧乏人の多い高校に仕方なく行かされたところ、うちがマシに思える家庭の人がよくいた。そのひどい一例が、前にとりあげた不潔な蕎麦屋の品が悪い息子の話だった。
 これくらい貧乏な人が多い学校だと、指導が明確になる。そうでないと、変なことになる。
 
 もともと、身体的特徴で少数派の人が差別を受けても「気にしなければいい」で一蹴し、差別の正当化でイジメの助長することが日本ではまかり通っている。
 だから、生来の髪色を染めろと強要するけれど、自発的に染めたら違反だと咎められるのだ。周囲に合わせないのは悪いと言ったり、周囲と違うのを気にするのが悪いと言ったり、どちらにしても責められる。

 つまり身体的特徴の少数派をイジメて悦に入っているだけである。こんなのは指導でもなければ価値観の押し付けでもなく、サディスティックな快感を味わっているだけだ。こういう倒錯した感覚の持ち主が日本には昔から非常に多い。そして骨の髄まで染み込んでいるから、そう簡単には抜けない。



[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-10-29 04:57 x
差別された。学校死ね。 今に始まった話じゃないけどね。これっきゃないね。
Commented at 2017-10-29 10:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruhiginoue at 2017-10-29 14:34
今回は大阪ですね。

Commented by ケーキイーター at 2017-10-29 21:39 x
日本どこでもそうさ。て、書いちゃいけないのかも、本当は。沖縄辺りに望みを託す。

Commented by ケーキイーター at 2017-11-02 20:31 x
小三から高三の時まで、散々学校に「排除」をくらったな。今でも心の傷癒えず。

ねえ。希望の党ならぬ、「皮下脂肪の党」ってのは、どうかな?
Commented by ruhiginoue at 2017-11-03 21:18
タヌキうどん食べてばっかりいると油のとりすぎで太りそうですからね。
Commented by ケーキイーター at 2017-11-04 21:13 x
「学校にマンガ本を持って行ってはいけない」という規則の所は多いだろうけど、最近の文学作品の本の中には、マンガ家やアニメーターが表紙(カバー部分も含めて)を描いている事が多い。これらの本を一般のマンガ本と間違えて没収する間抜け教師、まだいるかな? 角川文庫の『兎の眼』と『二十四の瞳』と『伊豆の踊子』は、そのカバー絵につられて買った。前者二冊は読んだ。川端さんのはまだ。ちなみにとある書店で、集英社版のを求めて来たお客さんを見かけた。恐るべし、ジョジョ効果。『兎の眼』は面白かったです。今はその角川文庫のは、またカバー絵が変わったので、その前に買っておけて良かった。
Commented by ケーキイーター at 2017-11-04 21:17 x
「守り人」シリーズは、新潮文庫では無くて、偕成社の軽装版を揃えるつもりでいる。二木真希子さん&佐竹美保さんの絵がいい。というのがその理由。頑張って読破するぞ~。コツコツと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-10-28 14:53 | 社会 | Comments(8)