井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

ブレードランナーの続編は長すぎて鑑賞不可能

 『ブレードランナー』の続編が二時間四十分を超える長編だそうで、これでは鑑賞は不可能だ。

 ただし長いから退屈とか忍耐とかいう問題ではない。映画の上映時間が長いと感じるのは内容との均衡だ。
 かつて『マルコムX』が公開されたとき存命だった黒澤明は、三時間物なのに長い感じがしないのは内容が詰まっているからだと指摘していて、このことは映画の原作である『マルコムX自伝』を読んでから観た人たちが一様に、省略されすぎていると言ったことから明らかだ。
 だから『ハリーポッター』は、原作を読んだ子供たちが観ることを前提にしているから省略しないで映画化している。このために、長いと耐えられない子供が観るにしてはかなり長尺であり、このほうが子供にウケるのだ。

 そして『ブレードランナー』の続編は、前の作品を観た人たちが、そのあとどうなるかと考えることに対してなるべくきっちり応えようとしているから長くなっていて、だから観客にとっては長ったらしくて退屈とはならないらしい。

 しかし、このところ映画館に行くことが全くない。それは映画館が途中入退場の煩さを気にする観客が多いので指定制にしてくれたのはいいが、途中で気分が悪くなるなどで退場して次の回に観るというわけにはいかなくなったからだ。
 こうなると、上映時間が長い映画はいつも最後まで観ることができない。

 このため、前に東大医学部で教授に相談したことがある。まず自分で医学文献を読んで、だからこういう対策はできないかと訊ねて、しかしそれにはこのような問題があって無理だという答え、という問答の繰り返しとなったことがあり、まったく『ブレードランナー』でロイバッテイとタイレルが問答したような会話だった。

 余談だが、原作の小説では人造人間の寿命が設定されてるのではなく新陳代謝が無いから短命ということになっていて、またロイバッテイはデッカードにあっさりと退治されてしまう。それを映画では死闘にしている。知能はあるが感情は無いというのは、明らかにチャペックの『RURロッスムのユニバーサルロボット』の影響だ。

 そういうことで、体調が悪いから『ブレードランナー』の続編も駄目ということだが、そのため、このところ娯楽の類をまったくしない。
 あと仕事で雑誌の原稿を書いたり取材の電話をかけたりしている間に、ちょうど映画でタイレルが仕事の合間に投資の話をして株だか債権だかを「売れ」とか指示している場面があるが、そんなふうにしていて、このため金はけっこう入ってくるのだが趣味や娯楽に使わないので、また投機に回し、こうなると貯まるばかり。
 しかし、ぜんぜん面白くない。技術の進歩で身体が治るようになった時に期待して、治療費としてため込んでいるのだと思うようしている。


f0133526_13102427.jpg
 原作がうちの書棚にあったのを思い出した。ペーパーバック版である。




[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/28399155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケーキイーター at 2017-10-31 21:27 x
映画が長すぎると、おしっこが心配。後は愚痴っぽくなるので、止めておく。

『ブレイドランナー』ねえ。これも難解な映画だなあ。と、私は思っている。レイチェルが煙草吸っているシーンがあるけど、これにも、いちゃもん付ける人いるのかな?
Commented by ruhiginoue at 2017-11-01 14:47
『ブレードランナー』と同じ時期でアカデミー賞で話題の『レッズ』は長編だけど途中で休憩がありましたね。
レイチェル役のショーンヤングーはタバコをふかしているスチールが気に入っていると言っていたけれど、原作ではレイチェルって痩せっぽちで魅力が乏しい女性でした。
Commented by ケーキイーター at 2017-11-02 10:03 x
以前、やはり何かの長編映画を観に行って、やはり途中で休憩時間がちゃんと設けられていました。実写版の「ハガレン」観に行きたい~。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-10-31 13:13 | 映画 | Trackback | Comments(3)