井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

教員の国語に深刻な難があり児童や生徒は迷惑する

 「1ふくろに8こ入りのチョコレートが7ふくろと、ふくろに入っていないチョコレートが17こあります。ぜんぶでチョコレートは何こありますか」
 しき 8×7+17=73
 答え 73こ

 これが間違いにされ、不可解に思った母親が小学校の教師に問い合わせたら、「掛け算」をまだ教えていないので不正解にしたという返答だったそうだ。
 これに対してTwitterで怒っている人たちがいた。むしろ「教えていないのに偉いね」くらいのことを言うべきだと。
 この怒りはごもっともだ。その教師のしたことが適切なら、あの「1 から 100 までの数字すべてを足す課題」で、1+2+…99+100=というように児童たち皆がせっせと計算しているのを尻目に「1 + 100 = 101、2 + 99 = 101、 …50 + 51 = 101 なので答えは 101 × 50 = 5050 」と瞬時に回答した小学生時代の大数学者ガウスのしたことは間違いとして学校で否定される。日本の学校教育がお仕着せで才能を潰すものだという、よくある指摘のとおりである。

 ただし、習ったことを解っているか試験するという趣旨に拘るなら、式が間違いで答えは正解とすべきだろう。そうでないと指導にならない。だから不正解にした教師は「まず習ったことを使いなさい」という指導としても不適切である。

 また、この問題文も不適切である。
 この言葉使いでは掛け算と足し算によって合計せよという問題文になるから、それなのに、まだ習ってない掛け算を使用してはダメというのは不適切である。
 そういうダメ出しをしたければ、問題文を「ぜんぶ【たす】と何こになりますか」に、しなければいけない。
 つまり出題した先生の、算数ではなく国語にそもそも難があったということだ。

 これと同じことが、前にもあった。やはりTwitterで問題になったことだが、他の小学校の理科の試験で「じかんがたつと、かげのかたちがかわるのはなぜか」という問題に「地球が回るから」と回答したら不正解で、「太陽が動くから」が正解だという。なぜなら地球の自転はまだ習っていないからで、習ったことにもとづいて回答しなければダメということだった。

 しかし天動説はとっくの大昔に否定されたもので、そんなことを学校の理科でやってはいけない。だから、習ったことを憶えているかに拘るなら「太陽が動くから」ではなく「太陽の位置が変わるから」とすべきで、なぜ太陽の位置が変わるのかというと地球が回るから、だけど、自転はまだ習っていないから答えを書くのに必要ではない、ということになるはずだ。

 これらは、指導の仕方の問題ではなく、算数や理科の問題でもなく、要するに教師の国語の問題なのだ。
 先日、大学生が教科書などの文を読解できないことがあるという問題について、これを大学の先生に言わせると、新入生の英語力がガタ落ちしていて、そもそも国語に問題がありそうだということだが、しかし生徒とか学生の語学力を教諭や教授がとやかく言うよりも、教える側がいい加減な言葉遣いをしているほうを先ず問題にすべきだ。教える側がいいかげんでは教えられる側がちゃんとするはずがない。
 よく、教える側の言葉使いに深刻な誤りがあり、これを教えられる側が指摘すると、「細かいことはいいんだ」とか「理屈を言うな」とか「生意気だ」などと感情的になるものだ。この原因は、何より立場が重要だという日本の「文化」にある。そして、偉い人はいいかげんでも許されてしまうことになる。
 こういうことから改めないと、学問は衰退はしても向上はしない。



[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/28649205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケーキイーター at 2017-11-20 20:50 x
JBの歌じゃないけど。もう何も言いたくない。しかし、韓国等にあっさり抜かれる日は近い。いや、もうある意味で抜かれているのかもしれない。

雑誌で、中国で日本の大使を務めた丹羽宇一郎氏のインタビューを読んだ。石原爺ちゃんを、品格のある言葉で、すっきりと批判していた。
Commented by ケーキイーター at 2017-11-20 20:57 x
学校で習わなくても、人生に必要な事はいくらでもある。え~い、クソ教師め~っ!

やっぱり、何か言わずにいられない、私がいるのさ。
Commented by ruhiginoue at 2017-11-21 18:51
必要なら学校でちゃんと教えないといけないのに、そんなことどうでもいいというのが
日本の教育制度です。
Commented by Neutralizer at 2017-11-22 10:46 x
学校で教えるべきことを『どうでもいい』と考えているのではなくて『ただの労働者』という奴隷を大量生産する所が学校であるという見方を行政がとらえているだけのことではないでしょうか。
Commented by ruhiginoue at 2017-11-22 19:35
そういう教育行政の問題はあるけど、それに批判的な教師でもいいかげんであることは同じだから、日本に学問の伝統が無かったことが根本的な原因です。
Commented by ケーキイーター at 2017-11-23 20:33 x
バザーの事などもひっくるめて、学校なんか当てにするのはやめよう。てことになりそう。寒い世の中だな~。
Commented by ruhiginoue at 2017-11-24 18:40
学問や科学や教養などは有益だけど、学校とか病院とか教師や医師は無益どころか有害であるほうが圧倒的に多いものです。
Commented by ケーキイーター at 2017-11-24 20:47 x
こんな事を思い出した。例えは、NHKの「ブラタモリ」のナレーションをしている草彅剛さん。彼の「ナギ」て字は、こうしてWP変換されない限り、私はきちんと書けない難しい字なんだけど。学校では一般的に教えない漢字じゃないの。「学校で習わなかった字だから書けません」て訳には行かないじゃん。この意味で、学校は役立たず。になるのかな。

英語でも「f**k」みたいな言葉、学校で堂々と教えない言葉でも我々は知ってしまう。という考え方もある。文句あっか~? クソ教師め~っ!
Commented by ケーキイーター at 2017-11-25 15:27 x
さっき、「昭和の黒幕100人」なるムックみたいな本を買ったところ。確かにこういうのを正々堂々と学校では教えないだろうな。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-11-20 15:01 | 学術 | Trackback | Comments(9)