井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

そもそも姓は必要なのか

 選択的夫婦別姓制度について、「選択的」が付いている意味を理解できない人がいて、夫婦の姓がみんな違うようになると勘違いして反対しているけれど、それは論外として、他にも勘違いして「家族制度が崩壊する」と大げさなことを言う人までいる。姓をみんなが名乗るように決めたのは明治時代のことで、家族制度とは関係がないし、皇族には姓がない。

 この明治時代にいい加減だったため、姓に多様性が乏しくなり区別できないことがよくあって、かえって不便になっている。とくに北海道では役人が仕事を怠けていて、あとから慌てて姓を決めたため特にアイヌ民族は同じ姓ばかりになってしまった。だからあの萱野茂氏が、特例で改姓できるようにしてほしいと訴えていた。
 ところが、姓は個人だけでなく家族にも関わるので、庭裁判所は改姓をほとんど認めない。よほど読みにくい漢字とか不穏当な漢字とかの場合だけである。
 しかし、今では管理が行き過ぎているほどだから、改姓で混乱することなど皆無と言っていい。「マイナンバー」なんてやっているのに戸籍の姓なんて意味が無いという現実を突きつけても、それに家庭裁判所が対応することはない。勝手にやったら上から生意気だとみられるので、最高裁が違憲とするか国会で法改正されるかするまでは逃げまくるのだ。それが日本の官僚組織である。

 もともと、日本で本当に由緒ある姓は「平」「源」「橘」「藤原」だけと言われれ、ほかはあとから作ったものだ。それで木下藤吉郎は羽柴秀吉に姓名を変えたあと、平秀吉と勝手に名乗ったり、藤原一族の独占だった関白の地位を朝廷に要求するため藤原を勝手に名乗ったりもして、そのあと豊臣の姓を作って名乗ることになり、その死後は大阪冬の陣と夏の陣で豊臣家が滅亡ということは周知のとおり。
 このような権力と権威付けの都合のために姓が必要だったわけで、それを明治時代に全国民が名乗り身分階級をいちおう否定して封建時代を終わらせる方便の一つとしたのであるから、そもそも姓それ自体が必要なのかという疑問がある。秀吉の時代の豪商ルソン助左衛門は、東南アジアとの交易で財を成したので、その貿易の地が姓のように呼ばれていたけれど、姓ではなく、それで何も不都合ではなかった。

f0133526_15293446.jpg


 また、かつて宮崎駿は風の谷のナウシカについてレオナルドダヴィンチと同じだと言っていた。住んでいるところと名である。ヤクザが「三ノ輪の」と呼んでいるのも同じだと宮崎駿は言っていたが、あのゴッドファーザーことドン・コルレオーネも、出身地をアメリカ移民局の役人が間違って姓にしてしまったのだった。水木しげるは、水木というところに住んでいた時に、水木の人から転じて水木さんと呼ばれるようになったので筆名にしてしまったと生前説明していた。
 このように住んでいるところが姓になる場合がよくあり、逆に住んでいる人の姓が地名になる場合もある。例えば井上とはもともと井戸の上手に住んでいる人という意味だが、埼玉県の飯能市には井上という地名があり、ここは山の中に井上という家が何件もあってみんな親族らしく、このため井上さんが住んでいるところと言われているうちに地名と化したらしい。

 だから、何処の誰という言い方があるけれど、それでわかるのだから名だけあればよくて姓は無くてもいいのではないか。
 それに、姓で混乱することがある。前にある女性の芸能人が学歴詐称しているとマスコミに取り上げられて、その情報の素とはある興信所だったが、いわゆるお嬢様学校を卒業した年度の卒業生名簿に、載っているのに載っていないと勘違いされ、それは親の離婚と再婚で姓が変わっていたのに気づかなかったという実にお粗末なものであった。
 あまりにひどいので、この興信所は民事だけでなく刑事で告訴までされ、民事で何も争わず全面的に謝罪と賠償することによって解決した。
 これは、ひどすぎるお粗末ではあるが、こんな勘違いをする者がいるのも、なかなか変更を認めない一方で安易に変更を強要する制度になっているためだ。

 ということで、姓の変更を強いられると大変であるから選択的夫婦別姓制度は必要だろうが、姓それ自体が不要ではないだろうか。




[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/28956136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L at 2017-12-24 17:10 x
 こんにちは。なだいなださんが紹介していましたが”江戸時代以前は登録された姓はなかったけど、人々は自由に名乗り名前をいくつも持っていた”そうです。幼名のように歳で変わったり、雅号のようにグループの中での名前があったわけです。
 明治のクーデターで長崎の清国人まで天皇の私物・財産として「ペス」や「タマ」のように戸籍に登録されるまではまことに自由でありました。
 ま、政治家の怪しいお金が取りざたされた頃、ドサクサで匿名やペンネームの口座が禁止されるように変わりましたが、戦後にもその残滓はあったのですけどね。
 今は、中国や韓国、台湾にもない戸籍と「マイナンバー」他で管理されるのですから、トレーサビリティはバッチリですな。
Commented by しんきち at 2017-12-24 21:29 x
日本の現況は、「姓」ではなく、「氏」でないでしょうか。例えば、韓国(朝鮮)などは、男系一族の「称号」を「姓」と称しますが(故に形式的に夫婦は別姓になる)、日本の場合は、必ずしもそうではありませんので。日本では普通「姓名」とは言わず、「氏名」と言いますよね。役所の書類の表記など。
Commented by ruhiginoue at 2017-12-25 19:16
 戸籍制度によって名前が国による管理統制の道具となった日本だから、この感覚で台湾や韓国にも管理統制のやり方を押しつけて恨まれたのは当然ですが、日本人に自覚が足りないので、なんで恨まれているのかピンとこないのでしょう。

 姓を名字と普通に言うし、時代劇で太郎氏(うじ)とかハットリ君の「ケンイチうじ」のように様や殿のように名に氏をつけたりもするので、これはほんとうはどういう使い方をするのか、疑問です。
Commented by 香菜子先生(夫婦別姓、選択的夫 at 2017-12-30 10:12 x
夫婦別姓、選択的夫婦別姓、事実婚が正式に認められれば、日本の少子化問題も少しは良くなると思います。

なぜなら、夫婦別姓、選択的夫婦別姓、事実婚が認められるのならば子供を持っても良いかなと思う人がいると思うから。

自分の姓名とこれまでの実績や成果が紐づいている人、例えば政治家、医師や研究者、弁護士のような高度知的労働者、音楽家や画家のような芸術家の方々は、結婚によって姓が変わると不利益を受けることもありますから。
Commented by ruhiginoue at 2017-12-30 17:55
活躍している人は結婚などで変わることに不利益ばかりですね。
子どもにとっても、家庭に縛られて能力を発揮できなくなることがありますし。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-12-24 15:37 | 社会 | Trackback | Comments(5)