井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

菊池直子被告の無罪と不真面目なテレビ

 1995年の東京都庁爆発物事件で殺人未遂ほう助罪に問われたオウム真理教の元信者・菊地直子被告の上告審で、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は裁判官5人全員一致の意見で検察側の上告を棄却する決定をしたとのこと。
 これで、裁判員裁判で懲役5年とした1審判決を破棄して逆転無罪を言い渡した東京高裁の2審判決が確定する。

 この裁判で菊地元信者は、事件で使用された薬品を運搬したことを認めながらも、しかしそれが爆弾の原料とは知らなかったとし、無罪を主張した。
 そして最高裁の小法廷は、有罪とした一審の判断について「事実認定で飛躍や過剰な推認がある。不合理と言わざるをえず、破棄を免れない」と批判。この地裁判決を覆した高裁判決については「地裁判決の事実認定の不合理さを具体的に指摘しておらず問題だが、無罪とした結論は是認できる」と支持した。

 かつて最高裁は、裁判員が参加した裁判の認定について覆すには、それが経験則や論理に反していることを具体的に指摘しなければならないと判示していた。なので、その点を二審判決は欠いているが、結論には影響しないということだろう。
 また、それが被告人の利益となる結論であるから、結果が正しいならよしとすることに理があるということだ。

 こうして、結局は無罪が確定したが、これまでマスメディアは警察が疑いをかけた段階で犯人と決めつける報道をしていて、これが今また批判されている。単に結果論ということではなく、そもそも最初から犯人視する報道は許されないので、マスメディアは批判されているのだ。
 それに、この問題とは別に、前からずっと、テレビはこの事件の扱いで視聴者から批判されていたのだ。この元信者が嫌疑をかけられた当時から、陸上選手として活躍していた写真とともに「走る爆弾娘」とワイドショーが騒いだためである。
 これには多くの視聴者から「テレビは不真面目だ」と批判が起きていた。面白おかしくするつもりだったのだろうが、これは深刻な事件であるのだから、そういうことをしてよい話ではないし、そもそもそんな悪ふざけをしたところで、ちっとも面白くない。

f0133526_20055079.jpg

 そして当時から、新聞のラジオテレビ欄の投書欄に載った視聴者の意見でも指摘があった。悪ふざけならとんでもないことだし、こんなことをして面白いと本気で考えているのだとしたら、テレビ番組の製作をしている人たちは視聴者を舐めているかバカにしているかだ、と。

 このオウム真理教事件のあたりから、テレビがつまらないうえ不愉快だとよく言われるようになり、そしてしばらくしてインターネット時代が到来したら、テレビを全く見ない人ばかりになったのだ。




[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-12-28 20:06 | 司法 | Comments(0)