井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

東京メトロが時計じかけのオレンジ

 東京メトロが1月29(月)から「より快適な車内空間をご提供することを目的として」日比谷線13000系車内で日中時間帯の一部運行において「BGM放送を試行運用します!」(公式サイト・ママ)

 これに対して、発表と同時にやめろという声が圧倒的だった。
 「絶対にやめて欲しい」
 「音楽の趣味は個人ごとに異なります」
 「音楽が聴きたい人はヘッドホンを用意して自分の好きな音楽を聴いています」
 「補聴器を使っている人にとっては非常に苦痛です」
 「余計なBGMは車内が不快になるだけ」
 「とくに目の不自由な方にとっては有害である」
 「音楽の垂れ流しは苦痛」
 「もし痴漢に遭ったら、被害者はその時に流れていた曲がトラウマになるでしょう」
 「快適どころか不快・イライラ増強でしょう」
 「好きでもない音楽、雑音としか聞こえない環境での音楽は公害でしかありません」
 「考えるのであればホワイトノイズを流してノイズキャセリングの方向でお願いします」
 「サービス向上策ならもっと他にやるべきことはあるでしょう」
 

f0133526_01533775.jpg

 まったく、どんな音楽でも無理に聴かされたら苦痛だし、あとで音楽を聴いたら条件反射で電車内を思い出してしまうだろう。
 まるで『時計じかけのオレンジ』だ。
 いったい東京メトロは何を考えているのだろうか。筒井康隆の『にぎやかな未来』の結論のとおり、今もっとも贅沢なのは「静寂」である。芥川也寸志の『音楽の基礎』では、音楽を理解するにはまず「静寂」を理解することだと説いている。


 

[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29423970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケーキイーター at 2018-02-01 21:44 x
そうだ! と、腕振り上げているかもしれないケーキイーターであった。地下鉄を嫌がって、自動車使う人増えたりして。中国なみに排気ガスがモクモク出て、公害問題再発な~んてね。これ、かなり、マジ。お師匠さんがブログでも取り上げてくれて、嬉しいです。
Commented by 名無し at 2018-02-02 04:35 x
こういう時にこそJASRACが著作権を盾に大暴れして
禁止措置発動くれるのであれば一般大衆の支持が広がるんですがね
Commented by 名無し at 2018-02-02 04:53 x
5chやブログでのJASRAC支持の大半は工作員ではないと思います。
商店街からヘタクソなアイドルの声が消えてありがとうとか、
公園から盆踊り用お祭り用の練習曲の音が消えて安眠できますだの、
「騒音退治の専門家」と感謝してる一般人は多いですね。
うつ気質の人々にはありがたい存在ですよ、JASRACは。
Commented by ケーキイーター  at 2018-02-03 21:23 x
そう言えば、私って、『時計じかけのオレンジ』って、ちゃんと見たことないのよね。ものぐさ。なまぐさではない。怠け者ではあるが。
Commented by ケーキイーター  at 2018-02-05 21:52 x
何の為の、ウォークマンの発明、そして、ヒット商品になったのか、東京メトロの人は何も…考えていなさそう。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-02-01 12:36 | 社会 | Trackback | Comments(5)