井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

『ブレインストーム』とナタリーウッドの死

 1984年の4月にハリウッド映画『ブレインストーム』(内容はSFサスペンス)を新宿プラザ(少し前に閉館した歌舞伎町の大型映画館)で観たのだが、これは同級生が観たいと言ったからで、あまり気が進まなかったというのが正直なところだった。このようなネタはもともと好みではなく、しかしその同級生はこのようなネタをとてもよく好む。

 それで観たところ、『2001年宇宙の旅』『未知との遭遇』『ブレードランナー』の特殊映像を手掛けたり、自ら監督もした『サイレントランニング』もあるダグラストランブルの手法により映像はなかなか見事だったので、時間と入場料の損ということは無かった。
f0133526_05070719.jpg
 しかし物語が半端な感じがして、そうしたら最後に「TO NATALIE」と出て「ナタリーに」と翻訳もあった。
 つまりこれは撮影中に主演のナタリーウッドが急死したためで、おそらく半端な感じがするのは主演者の死で撮影しきれなかったのではないかと考えたのだった。
 こういうことがあるから、よく映画の撮影は最初に最後の場面を撮影しておくことがあるのだろう。

 そんなことを思い出したのは、これが遺作となってしまったナタリーウッドの死について、もう37年も前のことになる水死事故が最近また再捜査となり、地元警察が「重要参考人」として当時夫だった俳優のロバートワグナーへ事情聴取を求めているという報道のためだ。

 スチーブンスピルバーグ監督がリメイクすると言っている『ウエストサイド物語』などで知られるナタリーウッドは、映画『ブレインストーム』の撮影中の1981年11月、ロサンゼルス沖で夫ロバートワグナーらとヨットに乗っていたところで行方不明となり、翌日に入り江で水死しているのが発見された。享年43歳。

 あの当時は事故死とされたが、不審な点があるため殺されたという意見もあり、真相は謎とされている。彼女の身体にはいくつものあざがあり「暴行を受けた可能性がある」という指摘がされた。
 そして新たな情報が寄せられたとして2011年11月にロサンゼルス郡警察の殺人担当部署が再捜査を開始したということだ。
 2012年5月に作成された検視報告書では、遺体には複数の打撲や傷の痕跡があったことを認定し、死因を「事故死」から「水死および不確定要因によるもの」と変更したうえで、警察当局者は「殺人事件とは証明できていない」としながらも、夫だったロバートワグナーに事情聴取を求めたが、拒まれたということだ。

 この報道によって、懐かしい映画を思い出してしまったわけだ。



[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29459662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名無し at 2018-02-04 01:04 x
ロベルト=ヴァーグナーといってはいけないそうです。
他の有名人になってしまうからだそうです。
さてロバート=ワグナーさん、色々と癖のあるおもろい役が多いですが
「華麗な探偵ピート&マック」は誰も憶えている知人いませんでしたが
「探偵ハート&ハート」は大半の同世代人の記憶にありました。
あと「オースティンパワーズ」の「ナンバーツー」とか。
(日本原住民史・地球原住民史なるオマヌケな歴史観ですが)
最近のビッグコミック連載の「赤狩り」では、国教のヘーゲル真理教徒による
近親憎悪なスターリン崇拝者への過剰迫害の視点から描かれていないのが残念ですが
佐野淺夫さんが中の人をしたこともあるエディー=アルバート伯父さんの
名前が出ていたのはマニアックだとも思いました。
Commented by ruhiginoue at 2018-02-04 19:06
ロバートワグナーは七十年代のパニックスペクタクル映画によく出ていましたが、そういうのもありましたね。
Commented by 名無し at 2018-02-11 00:23 x
お師匠さんの方が詳しいでしょうが、ご指摘当時のテレヴィ放映の
「吹き替えシネマ」では、ロバート=ワグナーさんの中の人が必ず
城達也さんという日本語版スタッフのマニアなこだわりが良かったです。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-02-03 18:21 | 映画 | Trackback | Comments(3)