井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

売れ残り廃棄の恵方巻とマスメディアに乗せられる幸せな人

 突然、ずっと忘れていたことを思い出したのだが、今から思うと笑ってしまう話だ。
 それは、かつて半年くらい働いたバイト先でのこと。責任者に「あがらせて(バイト契約解除という意味の、よくある隠語)ください」と言ったところ「いつ」と訊き返えされたので「今月の15日(給与の締め日が毎月15日だった)で」と答えたところ「だめだよ。早すぎるでしょう」と。
 まあ、今になって思い出すと、やはり通告が急だから、だめだと言われても仕方なかった。それで可笑しくなるのだが、しかし同業他社で給料が良いところがあったからという事情は話さなかった。言わなくてよかった。言ったら怒るだろう。しかし仕事が大変な割に給料が安かったのは現実である。

 それはともかく、最近ではブラックバイトという呼び方をされるが、こういうのは昔からあって社会問題だった。
 この一つとして、売れない商品を就業員に買わせるということがある。昔からあったことだけれど、最近ではコンビニ店業界が販売促進のイベントとして季節の商品を強要し、もともと無理なことだから売れ残り、従業員が押し付けられ、それが問題になると大量廃棄ということになって、大規模だから無駄も大きいということになってしまう。

 これが今の時期ではまた恵方巻ということで、相変わらず売れ残りが大量に捨てられているそうだ。
 この恵方巻だが、もともと習慣だった人なら結構だが、そうではなく宣伝に乗せられてそうするものだと思って「方角を向いて丸かじり」をやりたがる人もいる。そういう人に対して、バカバカしいからやめろと言っても無駄である。

 ただ、それに困っている人の話を聞いたことがある。その人と結婚を前提に同棲していた女性は、ことごとくマスメディアを鵜呑みにするから、そういう生活習慣は主体性が無いうえ無駄な出費が多いからよくないと言うと「なんでアタシの言うとおりにしないのよ」とブチ切れられてしまうそうだ。そして、そういうことが重なり、彼女の方から「アンタは頭が固い」などと罵声を浴びせて一方的に出て行って凄い田舎にある実家に帰ったそうだ。

 それで良かったと彼は言っていたが、その通りだろう。あれでは価値観が違いすぎてうまくいくはずがない。その女性のように何も考えないから幸せな人は、同じような人と結婚すればいい。
 ただ、そんなに数は多くないのだから、コンビニ店業界は期待しすぎないで欲しいものだ。現に売れ残りばかりで当てが外れているではないか。

f0133526_05493364.jpg


[PR]
Commented by ケーキイーター at 2018-02-04 21:34 x
恵方巻ねえ。食わず嫌いかもしれないが、買う気になれないな。因みに、今晩のおかずは、麻婆豆腐だった。明日もこれの残りを食べるつもり。こっちの方が、美味しいよ~ん。
Commented by ruhiginoue at 2018-02-04 23:11
季節のものならともかく料理は気が進まないときにいくら騒がれても食べたいとは思わないでしょう。
Commented by ケーキイーター at 2018-02-05 10:22 x
恵方巻にしろ、パンにしろ、食べ物を「売れない」て解っていて、作るのは、「捨てちゃう」てことを考えたら、もったいない~。食べ物を粗末にすると、ばちが当たる。って、よく言われているけど。
Commented by L at 2018-02-08 17:16 x
 こんにちは。コンビニのスキームは本社がフランチャイズを搾取し倒す仕組みです。コンビニ会計なる合法詐欺がありまして、廃棄分は売れたことにしてオーナーから正規のマージンを取るのです。また、本社からコンビニに卸す価格自体が高いので2重に搾取です。加えて、指導料を取りますから3重の搾取です。これでは人件費が出ないので家族がタダ働きし、違約金が払えないのでやめることも出来ず貯金を切り崩し、どうかすると借金で回して最後は土地を手放して辞めるありさま。
 ですから、コンビニ本社は、フランチャイズの個人オーナーのお店がすべて廃棄でたとえお客への売り上げゼロでも儲かるのです。オーナーのタダ働き+オーナーの資産吸い上げを前提とし、売り上げゼロでも儲かるのがコンビニのビジネスモデルです。セブンイレブンの利益率が異常に高いのは当然といえましょう。
Commented by ruhiginoue at 2018-02-10 10:09
 コンビニとくにセブンイレブンは契約で騙されたとフランチャイズオーナーたちが訴訟を起こしたりで騒がれているのですが、そういう現実を絶対に受け入れようとせず、宣伝されていたらそのまま信じ込んで愚かな消費者になるのが幸せだという人が、とくに田舎に行くと多いものです。
 あと、店に同情して恵方巻でもなんでも買ってやろうという人もいて、そういうことしても大して店は助からず本社が喜ぶだけなのですが、そこまで考えられない人もいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-02-04 12:55 | 社会 | Comments(5)