井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

沖縄県名護市長選挙で自民党が勝ったのは「争点隠し」ではなく威圧

 沖縄県名護市長選挙で自民党の基地容認側が当選した。
 期日前投票が莫大で、出口調査とは逆の結果になった。こうなると組織票の影響が考えられる。前回は自主投票だった公明党が今回は自民系を推薦し、支持母体である創価学会の原田会長が現地入りしてまでしていたのだから、組織票の勢力からすれば自民系が勝って当然という指摘もされている。

 もともと沖縄は宗教団体の組織率が高い地域性があり、いろいろな宗教団体が進出し根付いている。特に創価学会はかなり幅を利かせていて、離島になると買い物しようにも創価学会員の店しかないところが目立つ。みんな信仰というより組織からの恩恵を受けたがっているし、そもそも宗教とは自ら考えるのではなく上からの押し付けに従うものだ。

 また、この選挙で最大の争点は辺野古基地問題であった。小泉進次郎が反復して訪問し、そのさい小泉進次郎来るの顔写真入りポスターが、基地反対運動の看板の上から圧殺するかのように貼られていたことも話題だった。なるほど「蛙の子は蛙」で、宗主国様のため属国の傀儡酋長としての仕事を熱心にこなしたのだ。

f0133526_05520575.jpg



 なのに、ここで自公は徹底的にこの問題を避け、ひたすら争点について触れないという戦術であった。こういうのをマスコミは「争点隠し」と呼ぶけれど、違うだろう。
 たしかに、争点で不利ならこれを隠すというのは常套手段であり、この戦術が功を奏することも珍しくない。地方だけでなく国政選挙でも同様である。しかし、大体はとうてい隠せない大きな争点である。それを空々しく隠すのはなぜか。そしてこれが普通なら反感を持たれるはずなのに功を奏するのはなぜか。

 この選挙について、自民党の山田宏参議院議員は「激戦です。 沖縄を反日グループから取り戻す大事な選挙。11月の沖縄県知事選や那覇市長選を控え、名護市長選挙のとぐちさんの勝利は極めて大事です。名護市の方に一言を!」とツイートし、まるでネトウヨ、それどころかテロの赤報隊だと批判が起きた。
 そして新潟県の米山隆一知事は「私はどちらの味方でもないのですが、物には言いようがあると思います。方向はお互い真逆かもしれませんが、どちらもそれぞれに国を思っての事でしょう。自分の思う以外の方向を目指す人を『反日グループ』などと断じて恥じない方には、正直辟易とします。民主主義を何だと思っておられるのでしょうか」とツイッターで批判した。

 しかし、この山田宏参議院議員は、議員ともあろう者がその立場を忘れて下品な言葉使いをしただけ、とは考えられない。そんなバカでは務まらない。
 はっきり言って自民党の目的は民主主義の破壊である。非常識だから「辟易」という水準のことではない。街では「反日」とか「赤報隊支持」「殺せ」などの絶叫が野放し状態で、これらに抗議しようとすると警察に制止される、なんてことが横行している。だから、みんな怖くて萎縮してしまう。
 そこを狙ってかかる罵声を浴びせたのだ。脅しと威圧により意図する方向へと結果を誘導する企みだ。だから、単なる下品や非常識ではないのだ。

f0133526_02415004.jpg


 そして名護市長選である。不利なら「争点隠し」するのは常套手段とはいえ、もはや隠せない大きな争点である。なのに空々しくシカトとハグラカシするのは「触らぬ神に祟りなし」だぞ、という無言の脅しなのだ。
 だから沖縄の米軍基地問題など特にそうだけど、選挙で自民党は肝心な問題で不利になると議論や論争をしないことによって勝つわけである。これは「逃げるが勝ち」ではなく、逆に威圧して勝っているのだ。

 こうした構造を見据えて対応しないと本質を見誤ってしまうだろう。
 もうひとつ大事なことは、そもそも戦後、米軍関係の問題が争点の選挙で反対派が勝つことは珍しく、勝っても阻止はできないものだった。情けない恥な日本政府だがアメリカに媚びてのことだから当然だ。それで諦めてしまう人が多いということ。
 もともと、そうなんだから簡単でなくて当たり前。これはムダやダメなのとは違う。



[PR]
Commented by 名無し at 2018-02-05 13:34 x
あと、安倍派サポーターと創価学会や維新の「わかりやすい説得」も
ありますね。「(アベノミクスや橋下改革のお陰で)中国様や
東南アジアから来ている爆買い客や観光客がいなくなったらどーすんの?」
とか「共産党や立民党候補が続いたら、過去に中共に断交されたことあるから
 未来だってあり得るかもよ」とかですね。
竹中労氏ではないですが「自民党や閣外(当時)協力野党は、与党で
いるためには誰とでも寝れる強みがある」ですね。
Commented by ケーキイーター at 2018-02-05 22:06 x
沖縄にディズニーランドの様なテーマパークを作ってあげよう。て、誰かが馬鹿調子のいいこと言ったんだっけ。そんなのに釣られる人はいないだろうけど。やはり、私、不勉強だね。的外れなこと書いているね。テレビの『グレーテルのかまど』を、そっちのけにして、PCの前にかじりついている状態。
Commented by ruhiginoue at 2018-02-07 00:43
創価学会と維新はプラスアルファで、基本的には自民党の兵糧攻めでしょう。田中角栄がやったことだし、もっと昔は豊臣秀吉がやってます。
Commented by Neutralizer at 2018-02-07 10:17 x
兵糧攻めですか、それは言えてます。元々金権選挙なんて当たり前になっている現代ですから交付金を減らすなぞ政府にとってはわけないことです。
 ましてや後ろにアメリカがついていればまさに虎の威を借る狐ですからね。泣く泣く自民党候補に入れたのが多かったというのが今回の名護の人々の心境でしょう。
Commented by ruhiginoue at 2018-02-08 09:36
さっそく名護市に交付金30億円の政府支給再開へと報じられていて露骨です。
なのに大手マスコミは「基地より経済振興を市民が選んだ」とし、「圧力」とか「バラマキ」とは言いません。SPAなんてひどいもので、やはりフジサンケイだと納得です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-02-05 12:49 | 政治 | Comments(5)