井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

狛江市の高橋市長が公用車で公私混同のうえ非常識な弁解

 女性の職員や議員に対する間接キッス強要が明らかになったうえ、他にも立場を利用した痴漢行為などのセクハラ疑惑が問題になっている東京都狛江市の高橋都彦(くにひこ)市長(66)が、昨年1月に西東京市長選候補の選挙事務所を公用車で訪れていたことが判り、このため市議会で「選挙期間中に公用車で選挙事務所に行くのは公務か」と質問された。
 また、市民からも公私混同であるという批判の声があがっている。

 ちなみに、あの舛添要一都知事が辞任する一因にもなった公用車の私的利用は、杉並区の田中良区長(57)が昨年5月に都議選での立候補を予定していた2人の集会に公用車で駆けつけていたことが判明している。

f0133526_15352573.jpg
 市のホームページより高橋市長

 さて、狛江市の運転日報によると、(西東京市長選挙の公示から2日後である)昨年1月31日午後2時50分に狛江市役所を出発し、午後3時40分に西東京市の丸山浩一市長(70)の選挙事務所を訪ねて30分滞在し、午後5時に狛江市役所に戻ったことになっている。
 これについて高橋市長は「(狛江市に)関係することを公約として述べてもらうため」「公約に狛江市との関係も含めてもらえればありがたいということも(丸山氏との)意見交換の中に含めた」ただし丸山氏には「私の記憶では会えなかった」と述べた。

 だから公務の一環と言いたいらしいが、しかし相手が現職の市長であっても、訪問したのはその選挙事務所であり、話が政策のことだとしても選挙公約についてだから、相手は市長としての立場ではなく選挙の一候補者である。
 また、選挙が終わってから当選者を訪問したなら、そこで市政の話をしたのが事実とすれば公務と言い得るが、選挙前に特定の候補者に会って選挙公約の話をしたのでは私事ということになる。
 こうなると、そこへ行くのに利用するのは公用車ではなく自家用車かタクシーかバスにして費用は自腹でないといけない。

 こんな当たり前の簡単なことを、どうして理解できないのだろうか。非常識にもほどがある。



[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29640931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Neutralizer at 2018-03-10 18:21 x
以前のコラムで我儘を言う人は他のところで抑圧されていると書いてありましたけど、それはこの市長に限らず我々日本人の無意識に常に抑圧されているという気持ちが強くあるからではないでしょうか?
 というのも私自身もトラブル等で他人から怒鳴られたり、言葉でやり込められた時とかに他人からの圧力につい負けてしまっていると感じることがあるからです。さらに言えば7、8年前にそこを付け込まれて詐欺の被害に遭いました。
 だからこそ、いざ強者の立場になればその抑圧の解放感からもう何をしてもかまわないという感情に満たされて法もマナーもデリカシーも全て力でどうにでもなると思ってしまう傾向が我々日本人にあるのではないかと考えております。井上さんはどうお考えですか?
Commented by ケーキイーター at 2018-03-10 21:32 x
舛添さんの誕生日は覚えているが、歴代の平成仮面ライダーの名前を覚えられないでいる。今日は、キース・エマーソンの命日だ。で、この後が本題。

以前、NHKに詐欺(だと私は信じている)に遭いそうになった時、「嫌ーっ!」て叫んじゃったけど、人が置かれた立場などでは、それも難しい。
Commented by ruhiginoue at 2018-03-11 12:12
この問題の市長は、神輿に乗せて担がれたけど「落下傘官僚」でもありました。
日本には倫理とか道徳が存在したことが歴史上皆無なので、すべては力関係で思いやりという発想がありません。だから踏みつけるか踏みつけられるかのどちらかなのです。強者の都合に弱者を合わせるのが道徳教育と本気で信じているほどですから。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-03-10 12:47 | 政治 | Trackback | Comments(3)