井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

シリア情勢とタカ派リベラルという問題

 ついに米英仏がシリアを攻撃し始めたが、トランプ大統領としては、強硬な口きいて不実行と国内で責められたり、英仏から不満が出たり、では困るから、内心では消極的でも、いちおうやっておくはずだから必然的である。
 
 この件でトランプ大統領を非難する人たちがいるけど、けしかけているのは英仏である。イラク攻撃はブッシュ大統領というのとは事情が異なる。
 また、欧州ではドイツとイタリアが距離を置き、戦争に不参加を表明した。リビアの時は国内の反対にもかかわらず米英仏から強硬な同調圧力がありドイツは協力を強いられ煮え湯を飲まされていたから、こんどこそ我慢できないということだろう。イタリアの場合、リビアは目と鼻の先でローマ帝国時代には植民地だったうえ、ムッソリーニのファシスト党政権に抵抗したので殺したレジスタンス・オマー=ムクターと同様にムアマル=カダフィは抹殺したい不俱戴天の仇だったが、そういう事情がシリアには存在しない。

 この軍事攻撃の大義名分について、西側諸国にはマスコミ報道とSNS情報しか存在しないとロシアのラブロフ外相が指摘しているが、そもそも米英仏の軍事介入の口実になることを軍事的に必要がないのにするのは考えにくいうえ証拠もない。第三者機関の調査が入る直前に、米英仏だけで証拠があると言って攻撃し始めたから、調査されては困るのではないかと疑いをもたれている。
 だが、いつも戦争に批判的な人でさえ米英仏側の一方的な主張を鵜呑みにして「アサド大統領は狂気の独裁者」と戦争プロパガンダの定石である「悪魔化」を口移しし、地域の歴史を隠蔽して被害者に寄り添うふりをする。反権力のジャーナリストとして活躍している人も同じ紋切型だ。シプレヒコールではなくジャーナリズムなのだから、相手がアサド大統領であれトランプ大統領であれ安倍総理であれ金正恩委員長であれ、このような表現とレッテル貼りをすべきではない。

f0133526_08073923.jpg

 いつも熱心な反戦主義者でさえこれだから、安倍総理など自民党が対米追随するのも当然のことだと納得させられる。
 それだけ、日本は敗戦コンプレックスが強く、またアメリカの占領政策がうまくいったということであり、おかげで辺野古では米軍基地の建設のため美しい海にコンクリートが投下され、上空ではオスプレイが轟音とともに飛び回るのだが、反対している人たちは無力なのだ。

 その象徴ともいえるのが朝日新聞である。森友問題では安倍内閣に一矢報いたが、一方では村中璃子を称え薬害被害者らを侮辱し、また池上彰と佐藤優の対談を乗せ、国際面では相変わらずのNATO軍記者クラブ垂れ流し情報と戦争の露払い記事だ。そのくせ社説ではシリアとロシアを非難しながら、トランプ大統領に「武力では解決しない」と上辺だけ取り繕い、実に空々しい。
 この欺瞞に気づかない人が多すぎる。

 もっとも、国際面のひどさはどこも同じ。同じ情報源からしか知ることができないようにして各国の報道が金太郎飴になるよう、アメリカはイラク戦争からずっと体制を整えてきたからだ。これは20年以上前から日本でも元TBSの岡庭昇や元朝日新聞の本多勝一らに指摘されていた。
 ただ、最近は朝日新聞の戦争翼賛が特にひどいということだ。日本では中東やイスラム圏には関心が薄いから、変だと気付かない人が多いので問題にならないだけだ。北朝鮮のことも、かつて金日成首相がエジプトの「反アラブ主義」を支持したからアフリカ諸国で共感された、なんて朝日新聞GLOBEは書いてしまう。これは「反」ではなく「汎」だろう。panが語源の。エジプトのナセル大統領が提唱し、リビアのカダフィらが強く影響を受けたこと。誤変換にしても意味がまるで変わってしまう間違いだ。
 こんなお粗末なのだ。

 よく「安倍政権を批判する者は在日」とか「裏に中国」とか言う陰謀論に反発する者たちが、なぜかトランプ政権への批判は陰謀論ではなく本当に悪いとし、そんな悪い政権から悪いと言われて軍事攻撃されるシリアのアサド政権もなぜが実際に悪く、陰謀論はシリアの後ろ盾であるロシアの陰謀だと言って否定するのは、どうも視線が揺れて一貫性を欠き不可解であるが、これはおそらく今欧米で流行りの「野蛮国に軍事介入で民主化」というタカ派リベラルの影響だろう。ナショナリストが自国優先を主張するとエゴイズムだと反対し、人道の名のもとに外国に対し積極的に戦争すべきだと主張する。
 こういうタカ派リベラルを危惧したから、戦争告発映画をよく作るアメリカの監督オリバー=ストーンなどは、保守だが小さな政府として軍縮を求めるリバタリアンを応援し、また、さんざん批判してきたトランプを、それでもヒラリー=クリントンよりはマシと言ったのだろう。

 これらの問題を語っても、なかなか理解されない。特に中東やイスラム圏に力を入れてカダフィ語録の邦訳も出している出版社から朝日新聞の報道を問題にする本を出している者としては、一般と認識に齟齬があって当然ということで、ここは堪えるしか今のところないのだが。

f0133526_18030977.jpg



[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29722372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケーキイーター at 2018-04-16 20:36 x
イギリスのメイ首相の自宅、本当に幽霊の出る屋敷になっちゃったりして。同じお化けでも、トトロなら大歓迎。

ところで。その後、お師匠さんはR・ウェストールの『弟の戦争』は、読まれたのでしょうか? ウェストール作品、本当に私は読破できるのか? 日頃からのらりくらりして、なかなか読書が進まないなあ。
Commented by ケーキイーター at 2018-04-16 21:03 x
トランプさん、「偽ニュースだ~」て言いだすかな。さあて、朝からドーナツ食べようかな。と思ったが、肝心のドーナツは今、持ってない。私、揚げ物しないので、ここ数十年、ドーナツを作ったことが無い。そうだ、山下達郎の『ドーナツ・ソング』聴こうかな。相変わらず、しょうもないコメント。
Commented by ruhiginoue at 2018-04-16 21:41
日本にはサツキがいて英にはメイがいて「おまえんち、お化け屋敷」ですが、世界各地の報道が共通しているから真実だと思ったら大間違いで、元はAPとかAFPとか出所が同じで拡散されているだけだから、大手マスコミもネットとレベルが大して変わらず、むしろ金かけるほど大規模に独占的にできるから犯罪的です。
Commented by ケーキイーター at 2018-04-17 21:02 x
因みに、今日の昼食はミスドのドーナツだった。
Commented at 2018-04-22 21:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-04-16 12:43 | 国際 | Trackback | Comments(5)